カテゴリー
セントラル短資FX

セントラル短資FXは証拠金維持率100%以下でロスカット!強制決済回避する為にワーニングメールを有効活用しよう

セントラル短資FXは取引実績が100年以上ある老舗FX業者です。

預託金の安全性や約定力の高さから、信頼度重視しているトレーダーに人気のFX業者です。

スキャルピングを公認しているので超短期売買も問題なく取引できます。

今回はセントラル短資FXのロスカットについて詳しく説明します。

ロスカットになると最悪の場合自分の資金をすべて溶かしてしまいます。

借金しないようにするシステムですが、資金に大打撃を与えるので回避しなければなりません。

これからセントラル短資FXで資金運用しようと考えている人は必見です。

このページのもくじ

セントラル短資FXは証拠金維持率100%以下で即ロスカット

セントラル短資FXは証拠金維持率100%以下でロスカットとなります。

証拠金維持率というのは入金資金と取引している金額でコントロールできるもので、証拠金維持率が低ければ低いほど大損失の危険性が高くなります。

証拠金維持率とレバレッジは比例していて、レバレッジが高くなるほど証拠金維持率は100%に近づきます。

ロスカットの数値は各FX業者によって違いますが、100%に設定しているところは追証が発生しにくいFX業者です。

ロスカットはFXでマイナス資金にならないようにするシステムなので、最終手段と捉えておきましょう。

セントラル短資FXのシステムが検知した時点で判定される

セントラル短資FXはシステムが証拠金維持率100%以下のポジションを検知した時点でロスカットが執行されます。

証拠金維持率が100%以下になっている状態でロスカットを回避する猶予はないので、100%以下になる前に対処しなければなりません。

強制ロスカットで追証が発生する場合

強制ロスカットになった時に資金がマイナスになってしまった場合は、マイナス分を支払う必要があります。

上記のことを追証と言います。

追証が支払えない場合は、セントラル短資FXと相談して分割支払いできるようにしましょう。

マイナス資金を放置していると口座凍結になるので注意してください。

払えなくても連絡することが重要なので、まずはセントラル短資FXに相談しましょう。

セントラル短資FXは証拠金維持率125%以下でワーニングメールを送信する

ワーニングメール

セントラル短資FXは証拠金維持率125%以下でワーニングメールを送信します。

ワーニングメールを受けた場合、即刻ポジションを手放すか資金を追加して証拠金維持率を高くしましょう。

含み損が増え続けると資金を増やし続けなければロスカットになってしまうので、追加資金でポジションを延命しようと思っている人は、レートがプラス域に動く根拠を持って入金しましょう。

ワーニングメールは取引終了前に送られるのでロスカットに間に合わない可能性がある

ワーニングメールは証拠金維持率125%以下になって即時送信されるものではありません。

ワーニングメールは取引終了前におくられるので、ワーニングメールが来た時にすでにロスカットになっている可能性もあります。

セントラル短資FXでポジションを保有した場合は常に取引状況を把握するか、証拠金維持率を安全圏まで引き上げて取引しましょう。

証拠金維持率300%~の場合、いきなりロスカットになる心配はありません。

長期運用したい人は証拠金維持率が500%~を目安にして取引数量を調整しましょう。

土日のポジション持ち込みはロスカットの危険性大

FXは土日市場がクローズしているので取引することができません。

市場がクローズして取引することができませんが、レートは動いています。

土曜日の取引終了前にワーニングメールがきた人は、土日のレート変動でロスカットになる危険性があります。

ポジションを土日挟んで保有する人は、証拠金維持率を引き上げておきましょう。

土日の間に証拠金維持率100%以下になってしまった場合、月曜日の取引開始時にロスカットになります。

セントラル短資FXでロスカットを回避する方法

セントラル短資FXでロスカットを回避する方法を紹介します。

セントラル短資FXはロスカット前にワーニングメールを受け取ることができますが、メール送信がリアルタイムじゃないので、間に合わない可能性があります。

自分で資金管理を徹底する必要があるので、ワーニングメールに頼らない取引方法を考えましょう。

実効レバレッジを抑えて取引する

取引画面を24時間眺めながら取引できる人は問題ありませんが、大半のトレーダーは不可能です。

ポジションを保有している人で取引状況を常に確認できないという人は、実効レバレッジを抑えて取引しましょう。

通貨ペアによってレート変動幅は異なりますが、主要通貨の場合経済状況の急変が無ければそこまで大きく変動することはありません。

実効レバレッジが10倍程度であればロスカットの心配はほぼ無いと考えておきましょう。

損切りできる注文で取引する

ロスカットを回避する為に、予め損切りする為替値を設定して注文するとロスカットになる前に損切りでポジションを手放すことができます。

OCO注文やIFDO注文は損切り設定可能なので、損切りを設定して取引しましょう。

損切りはどんな取引でも設定しておく必要があるので、損切りが分からないFX初心者は学んでおきましょう。

セントラル短資FXのロスカットは警告なしで執行される可能性が高い

セントラル短資FXはロスカットの警告が無いまま執行される可能性があります。

ワーニングメールという警告システムがありますが、送られるタイミングが取引終了前なので即時反映ではありません。

ポジション状況を常に把握できない人は、絶対にロスカットにならない状況を作って取引する必要があります。

マーケットアラートシステムを利用してロスカットを回避することができる

マーケットアラート

セントラル短資FXはワーニングメール以外にもアラートシステムを搭載しています。

マーケットアラートは自分の設定した為替レートになると通知されるシステムで、取引画面を見ていない状況でもポジション状況を把握することができます。

取引画面は見られないけど取引状況を把握しておきたいという人はマーケットアラートシステムを利用して低リスク取引をしましょう。

ワーニングメールがきても取引終了直前だから対処できない可能性が高い

ワーニングメールはロスカット回避するための警告ですが、取引終了直前に送られるので対処できない可能性があります。

週末の場合2日間取引内容を変更することができないので注意しましょう。

証拠金維持率の低い取引をする人は、週末にポジションを持ち越さないように意識しましょう。

レバレッジを高くした取引は投資効率をあげるメリットがありますが、損失確率も比例して高くなるので、状況を考えて使い分けましょう。

ロスカットを回避する警告通知をリアルタイムで知りたい人は他のFX業者がおすすめ

ロスカットを回避する警告通知機能をリアルタイムで受け取りたい人は他のFX業者がおすすめです。

各FX業者によって警告する証拠金維持率が変わりますが、セントラル短資FXのようにタイムラグが発生しないので便利に利用できます。

LINE FXはロスカット前に2回警告してくれる!LINE通知機能があるから取引画面を見ていなくても即時判断できる

LINE FXはどのポイントサイトを経由して口座開設するとお得か解説

LINE FXはロスカット前に2回リアルタイムで警告してくれるのでロスカットを警告で回避することができます。

すべてLINEで通知してくれるので、どんな時でも即座に判断できます。

2段階にわけて警告してくれるので、ポジション保有の危険度も正確にしることが可能です。

LINE FXはスマホ専用FXサービスなので、外出時でも充実した分析で取引することが可能です。

指定レート通知機能もあるので、取引チャンスを逃しません。

充実した通知機能でFX取引したい人におすすめです。

LINE FXのロスカットは証拠金維持率100%以下で発生!アラートシステムを利用して大損を回避する方法

YJFX!は証拠金維持率100%以下でロスカットアラート執行!早めに損切りできるから安心

YJFX!

YJFX!は証拠金維持率50%でロスカットされる取引ルールです。

ロスカットアラート通知が証拠金100%以下の時点で通知されます。

多くのFX業者がロスカットになる数値でアラート警告があるので、余裕をもってロスカット回避することができます。

ただし、証拠金維持率50%の状態はマイナス資金になる可能性が高くなります。

ロスカットアラートを受けた時点でポジションを手放すか資金を追加して証拠金維持率を引き上げましょう。

YJFX!のアプリは使いやすい?人気アプリ「Cymo」「外貨exアプリ」の使い方・評価を詳しく紹介!

DMM FXはロスカットルールが厳格で回避できる可能性が高い!

DMM FXはスキャルピング禁止?

DMM FXは原則証拠金維持率50%以下でロスカットが執行されます。

証拠金維持率70%を下回った時点でアラートメールがきます。

証拠金維持率100%以下の時点で資金がマイナスの場合翌営業日の0時59分までに追証を支払う必要があります。
支払わなかった場合マージンコール(強制決済)が執行されるのでロスカット前にポジションを強制的に手放すことになります。

資金の損益によって柔軟に対応できるロスカットルールなので、自分の取引状況に合わせて資金管理することができます。

アラートメールはリアルタイムで受け取ることができるので、ロスカットやマージンコールを回避しましょう。

DMM FXの口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

セントラル短資FXでロスカットにならない為に資金管理を徹底しよう

セントラル短資FXでロスカットを回避するには、資金管理を徹底する必要があります。

OCO注文やIFDO注文で損切り設定を行い、利確ラインを先に決めておく必要
があります。

取引ルールをしっかり持っていないトレーダーの場合セントラル短資FXでロスカットになってしまう可能性があります。

自分でどのような資金運用をするのか目標を立てて取引しましょう。

ポジションを保有している間は放置しない

ポジションを保有している間は、取引状況を常に確認しておきましょう。

ポジションを保有しているまま放置すると、知らない間にロスカットになっている可能性があります。

長期的な取引をしようと考えている人は、実効レバレッジを抑えて大きなレート変動でも耐えられるように設定しましょう。

レバレッジ25倍の取引はリスクが高いので控えよう

レバレッジ25倍の取引はセントラル短資FXの場合ロスカットリスクが高いので控えましょう。

証拠金維持率100%はレバレッジ25倍の状態なので、値動きが小さくてもロスカットになる可能性があります。

スプレッド幅があるので、マイナス損益からはじまることを計算して取引するひつようがあります。

ハイレバレッジ取引でも15~20倍の大きさで取引しましょう。

レバレッジを大きくかけた取引は超短期売買のみ成立します。

長期運用でのハイレバレッジ取引はロスカットになる可能性が高いので注意しましょう。

FXのレバレッジとは?その魅力とリスク・注意点を徹底解説

セントラル短資FXは取引を自己管理できるかが重要

セントラル短資FXは取引を自分で管理できるかが重要ということがわかりました。

ワーニングメールを受け取ることが可能ですが、ロスカットに間に合わない可能性があるので自分で取引状況をコントロールする必要があります。

マーケットアラートを設定して取引画面を見ていなくても相場状況を把握する方法がありますが、1番ロスカット回避できる方法は損切り設定できる注文方法で取引することです。

特に初心者は損切りできないトレーダーが多いので、注文時に損切り設定して資金運用をはじめましょう。

他のFX業者のようにロスカット警告を即時通知してくれない

他のFX業者はロスカット警告を即時に通知してくれるシステムがあります。

セントラル短資FXは取引終了前に警告を設定しているので、送られたときに証拠金維持率が変わっている可能性があります。

取引状況をリアルタイムで知りたい人は通知機能が充実しているFX業者を選びましょう。

長期資金運用を目的にしている人は有効証拠金に余裕を持たせよう

セントラル短資で長期資金運用を目的にしている人は有効証拠金に余裕をもたせましょう。

実効レバレッジを抑えた取引をしないとロスカットになる可能性が高くなり、ギャンブル要素の高い資金運用になってしまいます。

初心者は特にレバレッジを徹底管理して資金運用してください。

関連記事