カテゴリー
通貨ペア

FXの通貨強弱ってどういう意味?通貨の強さ・弱さを把握してトレードに活用する方法を解説

FXトレードをはじめると、通貨強弱という言葉耳にしますよね。

今回は通貨強弱とはどういった意味なのか、取引に活用する方法について詳しく解説していきます。

FXトレードは、レート方向を予想するために分析をします。

分析方法は大きく分けて2つあり、テクニカル分析・ファンダメンタル分析があります。

これから解説する通貨強弱は両方の分析方法を強化することができるので必見です。

分析能力を強化したいと思っているトレーダーは参考にしてください。

このページのもくじ

通貨強弱は通貨が売られている・買われている状況を表す

通貨強弱は名前どおり、通貨の強さ弱さを表しています。

通貨での強い・弱いは買われている・売られているという意味で、通貨ペアで取引しているFXと密接に関係しています。

通貨ペアは2つの通貨から成り立っています。

例えば米ドル円の場合、米ドルが買われ強くなれば比例して米ドル円チャートも上昇します。

米ドル需要が高まり円の価値が下がったので円安トレンドになります。

上記の例のように、通貨の強弱によって通貨ペアのトレンドが発生しています。

FXで売買する通貨ペアは2つの通貨を組み合わせていて為替市場では通貨単体で売買している

多くのトレーダーは通貨を通貨ペアとして認識しています。

しかし、通貨ペアは本来2つの通貨が組み合わさっているものです。

通貨単体を大口購入している企業などが現れると市場に大きな変動をもたらします。

FXトレーダーが売買して動かしている変動幅は市場の動きからすると小さく、大きな影響を与えていません。

為替市場が大きく動くのは企業や銀行が色々な理由で売買する時に大きく変動します。

つまりトレーダー達がみているテクニカル分析は、大きな組織が通貨を売買して変動している動きを分析していることになります。

トレーダーが狙っているレートの大きな波は通貨強弱によって引き起こされていることがわかります。

FXトレーダーが取引している規模は市場からすると小さい

FXトレーダーが取引している規模は為替市場からみると小さく、通貨ペアのレート変動に大きく反映されることはありません。

通貨強弱は世界規模で売買している組織・ヘッジファンドが大きく関係しています。

しかしトレーダーは世界規模で売買している組織の動きを予測することは難しく、チャート画面で反映されている結果を見て分析しています。

企業や銀行が市場に参加すると通貨の強弱が大きく反映される

企業や銀行、機関投資家といった団体が市場参加するとチャートに価格変動が反映されます。

変動の幅が大きければ大きい程、市場に大きな変化をもたらしていることになります。

結果大きな変動に乗るトレーダーが加速して強いトレンドが発生します。

トレンド相場は大きな団体が売買をおこなって通貨強弱が通貨ペアに反映されて形成されるということです。

通貨強弱をみることによってトレンド発生を見つけることができる

通貨強弱をみることによってトレンド発生を見つけることができます。

例えば米ドルが強く、円が弱い相場状況の場合米ドル円のレートは強いトレンドが発生します。

強い通貨と弱い通貨が組み合わさっている通貨ペアはトレンドが発生しやすくなるということです。

強弱の差が大きければ大きいほど変動幅が大きくなり、チャート画面にもはっきり現れます。

通貨の強弱は通貨ペアのレート変動に直結している

通貨の強弱は通貨ペアのレート変動に直結しています。

組み合わさっている通貨の強弱が同じレベルの場合、値動きが鈍くなりレンジ相場が続きます。

各通貨の強さ関係をみて強弱が大きい通貨ペアで取引すると強いトレンドで取引することが可能です。

通貨強弱はテクニカル分析から読み取ることができる

通貨強弱はテクニカル分析から読み取ることができます。

通貨強弱によってレート変動が起きているので、レート変動を分析するテクニカル分析は逆算方式で通貨強弱を理解することができます。

例えば豪ドル円のチャートで下落トレンド発生をテクニカル分析で察知した時、円が強く豪ドルが弱くなっていることがわかります。

他の通貨ペアでも円が強くなっている場合、円がかなり強い状況になっているので強い下落がおきると予想できます。

通貨の強弱をテクニカル分析で察知するには、1つの通貨ペアだけでなく同じ通貨を使用しているペアのチャートも分析して為替市場の全体感を掴みましょう。

個人トレーダーはいつ大口取引がおこなわれるか把握できない

個人トレーダーはいつ大口取引がおこなわれるか把握することは不可能です。

大口取引のシグナルはレート変動で察知することができるので、チャート画面をみて大きな波を察知しましょう。

大口取引によって通貨強弱がはっきりしている相場観になると様々な通貨ペア変動が激しくなります。

通貨強弱をみるツールもあるので、強弱ツールとチャート画面を見比べるのも1つの分析方法です。

FXはテクニカル分析だけで勝てる?通貨強弱を理解することも大切

FXはテクニカル分析のみで勝つトレーダーもいます。

通貨強弱はレート変動に直結している部分なので、テクニカル分析と併用することによって通常分析以上の強い根拠をもって取引することができます。

通貨強弱は大口取引がおこなわれた事を可視化することができるので、テクニカル分析を強化できます。

もちろんレート変動から強弱を読み取ることもできますが、通貨強弱をみるとわかりやすいのでおすすめです。

通貨強弱とテクニカル分析を使うことによってシンプルな取引ができる

通貨強弱をみることは特に初心者トレーダーにおすすめです。

特にデイトレードをしている人は通貨強弱によって相場観を把握して分析できるので、シンプルな考え方で取引することができます。

デイトレードは1日のレート変動幅で取引する人が多いです。

通貨強弱を元にわかりやすく相場観を把握するとシンプルにトレードできます。

通貨強弱が明確に現れたとしてもレート変動は上下を繰り返して動くので、予想とは逆に動く可能性もあります。

上記のことから、通貨強弱だけでなくチャート画面をみてテクニカル分析をすることも必要になります。

通貨強弱を判断する無料ツールを紹介

通貨強弱を簡単に判断する方法があります。

通過強弱を可視化している無料ツールが存在し、無料で閲覧することができます。

有料のツールもありますが、通貨強弱ツールをはじめて利用する人は無料提供ツールから使用してみましょう。

「Currency Strength Chart」は主要通貨の強弱を判断できる

「Currency Strength Chart」

「Currency Strength Chart」は主要通貨8種類の通貨強弱を可視化しています。

直近の通貨強弱を把握できる上に更新頻度が5分なので、リアルタイムの通貨強弱を把握することができます。

デイトレーダーやスキャルピングをしている人におすすめです。

初心者トレーダーも簡単に使えるので、通貨強弱をとりあえず見てみたいという人は利用してみましょう。

「Mataf」は7年前の通貨強弱まで遡れるツール

「Mataf」

「Mataf」は「Currency Strength Chart」と同じく8種類の主要通貨の通貨強弱を把握できます。

「Mataf」の強みは過去7年間のチャートまで遡れるので、過去の傾向を分析することができます。

無料で7年間のチャートを把握できるツールは中々ないのでおすすめです。

長期的な流れを把握できるのでスイングトレードやスワップトレードをしている人に向いているツールです。

OANDラボでは口座開設していなくても通過の強弱チャートを見られる

OANDA

FX会社でも通貨強弱を表示しているところがあります。

OANDAjapanは8種類の通貨の強弱をチャート表示しています。

5分ごとに更新されるので、直近の強弱も把握することが可能です。

FX会社が提供しているチャートなので信頼性もあります。

通貨ペアのチャート見ながら通貨強弱をみると逆張りトレードも可能

通貨強弱のツールを利用しながらチャートをみると、信頼度の高い逆張りトレードも可能です。

テクニカル指標でも逆張りシグナルを見つけるものがあります。

通貨強弱ツールと併用するとより逆張りタイミングを明確に見つけることができます。

チャート画面でトレンド相場に見えても、通貨強弱が逆転している場合トレンド転換が起きる可能性があります。

逆張りトレードはこの転換期タイミングでエントリーします。

先読みしてエントリーするので、ある程度スキルが必要ですが予想がピタリとハマれば大きく稼げるのでおすすめです。

一見トレンド相場に見える相場も実はトレンド転換期で逆転することがある

テクニカル分析だけで見るとトレンド相場になっていても、通貨強弱をみることによって異変に気づくことができます。

トレンド転換期を素早く察知することができるので、エントリーのミスリードがありません。

通貨強弱とチャート画面をみて分析する方法

通貨強弱とチャート画面を見て分析する方法を紹介します。

今回紹介する分析方法は初心者でも簡単にできる方法なので、初心者も実践で使ってみましょう。

根拠をもったトレードとなんとなくではじめたトレードは稼げる確率がかなり違います。

ビギナーズラックは長続きしないので、エントリーポイントを明確に見つけましょう。

通貨強弱チャートと通貨ペアのチャート画面を見比べる

通貨強弱チャートを開き、取引している通貨ペアのチャート画面を見ます。

まず、通貨強弱で強さ・弱さを確認してレートにどう反映しているか分析します。

強弱が明確にあらわれている場合、トレンド相場になっている可能性が高いです。

通貨強弱がはっきりしていてもレートは上がり続ける・下がり続けることはないので、テクニカル分析で折り返しポイントを把握しましょう。

上昇トレンドの場合上昇を確認してエントリーするのではなく、上昇していったん反転し再びあがるタイミングでエントリーしましょう。

エントリーポイントを探る

相場の方向感をつかめば、あとはエントリーポイントを探すだけです。

エントリーポイントはトレーダーが強く意識している数値でエントリーすると、勝率があがります。

過去のチャートを見て、意識されている価格帯を調べましょう。

トレンド相場で動いている上がり下がりの値幅や意識されている価格を把握しておくと、どのタイミングでエントリーするのが正解かはっきりわかるようになります。

通貨強弱を見極めて初心者トレーダーから卒業しよう

通貨強弱を見極めることができれば初心者トレーダーから卒業することができます。

テクニカル分析について学び始めたけど難しくてわからないという人は、通貨強弱ツールを使用してみましょう。

テクニカル分析は利用するテクニカル指標によってシグナルの意味合いが異なります。

分析結果を間違った方向で読み取ると損失してしまうので、通貨強弱ツールで相場の全体感を把握しつつ分析結果を正しく読み取りましょう。

トレード根拠を強めることができる

通貨強弱は取引する根拠を強める要因になります。

通貨強弱によって通貨ペアのレート変動が引き起こされているので、勝率をあげるトレードをする為にも通過強弱チャートを見ておきましょう。

無料ツールで判断できるから便利

通貨強弱は無料ツールで判断できるので便利です。

特にこだわりの無い人は無料ツールで充分なので、無駄にコストをかけないようにしましょう。

無料ツールを使用していくうちに必要な機能が出てきた場合は有料ツールの購入を考えましょう。

今回紹介した無料ツール以外にも通過強弱を表すツールは提供されています。

自分が1番使いやすいと思うツールで分析するのが良いので、最初は色々なツールを使って比べてみましょう。

関連記事