カテゴリー
FX初心者の入門講座

FXを4000円から始めるのはおすすめしない!その理由と安全なやり方・注意点を解説

FXは少額でも始められますが、4,000円取引開始することはおすすめできません。

ここではなぜ4000円からFXの取引を開始すべきではないかの理由を解説していきます。

それでもなお、4000円からFXの取引を始めようと思う方のために4000円からFXを始める場合の注意点やおすすめの始め方も解説していますので、合わせて確認していきましょう。

FX初心者は少額で取引を始めよう!資金10万円(1000通貨)以下での始め方

なぜ4000円からFXを始めるのをおすすめしないのか解説!

FXは1000通貨単位から取引できるため、4000円から取引自体は開始できますが、なぜおすすめしないかを詳細に解説していきます。

必要証拠金に余裕がないから

上述の通り、FXは4000円の必要証拠金さえあれば、1000通貨単位までの通貨を利用した取引が可能です。

しかし例えば米ドルでの取引の場合、1000通貨=約4000円のため、取引自体を余裕をもって行うことができません。

必要証拠金に余裕がないと、ロスカットされるリスクが高まったり、追加で証拠金を入金するように強制される追証が発生してしまいます。

いくら取引自体は可能だからといって、必要証拠金に余裕のないままに取引を始めてしまうと、自身の実力とは関係なく、そもそもまともに取引することが難しいことから、4000円からFXを始めるのはおすすめできません。

ハイレバレッジでの取引になるから

FXを4000円から始めると1000通貨単位の取引をするとレバレッジが25倍の取引となるためおすすめしません。

25倍などのハイレバレッジでの取引となると、大きな利益を出すこともちろん可能となりますが、大幅な損失につながるリスクも同時に高くなります。

レバレッジが高まるとチャートの少しの変動で大きく損益が出ることになりますが、初心者の場合、経験値や精神的な部分から冷静に判断することが困難となります。

初心者の方にハイレバレッジの取引は難易度が高いですが、取引せざるを得なくなってしまうため、4000円からFXの取引を始めることをおすすめはできません。

ロスカットのリスクが高まるから

上述の通り、必要証拠金に余裕がないと複数のデメリットが存在することわかりますが、必要証拠金に余裕がないと更にロスカットのリスクが高まることからも、4000円からFXの取引を行わないことをおすすめします。

ロスカットは、各FX会社の基準の数値に保有しているポジションの損失が到達したら、更なる大幅な損失を生み出さないために、強制的に決済されることです。

必要証拠金に余裕がないと、ロスカットのリスクが高まり、強制的な損失が出してしまうことにつながるので4000円からFXの取引を始めることはおすすめしません。

4,000円からFXを始める際のデメリット

4000円からFXの取引をすることをおすすめしない理由を解説しましたが、4000円から始めることによるデメリットを更に解説していきます。

利益が少ない

4000円だと最高で1000通貨での取引が可能ですが、1000通貨以下の取引だと、得られる利益が少ないことはデメリットの1つです。

1000通貨以下の少額の取引だと、リスクが10000通貨での取引に比べかなりリスクは低いですが、その分利益も出しにくいです。

4000円から始める場合、1000通貨以下での取引となると思いますが、利益を出すことではなく、10000通貨での取引を行う際のための感覚をつかむ練習だと思って取引する必要があると思います。

少額でも大きな損失を出すリスクがある

4000円からFXの取引を開始すると通貨単位は1000通貨以下の取引となるのでリスクは10000通貨での取引より比較的小さいですが、0ではなく大きく損失が出ることもあります。

FXは相場の変動に大きく影響されるため、戦争や自然災害などおきると、暴落したり、普通には読むことができないようなチャートの動きをするので、大きな損失を出す可能性がないとは言い切れません。

4000円からの取引においても、損切を徹底するため、ストップ注文をエントリーと同時に入れることで、リスクを少しでも減らし、安定した取引をするように心がけましょう。

もし4,000円からFXを始める場合のおすすめの通貨単位

ここまでは4000円でFXを始めるべきでない理由を具体的に解説していきました。

ここからは、4000円から始めるべきではない理由を確認してもなお、4000円からFXを始めたい人のために、始める際の知識や注意点を学びました。

4000円からFXを始めるなら、100通貨以下の通貨単位を選ぶべき

必要証拠金が4000円の場合、1000通貨単位以下の通貨単位でしか取引できません。

1000通貨単位で必要証拠金が4000円の取引だと、必要証拠金がギリギリなので、1~100通貨を選ぶべきです。

1~100通貨であれば、4000円から始めても資金に余裕を持った取引ができるのでおすすめです。

1,000通貨単位以上の取引は初心者向けではない

初心者がFXをする場合には、1000通貨以上の単位で取引するべきではないです

なぜかというと、10000通貨の取引には約40000円が必要で、大きな利益を出す可能性も上がりますが、大きな損失を出してしまう可能性の方が上がってしまうからです。

取引する通貨単位が大きくなればなるほど、為替レートの少しの動きにより、大きく損益が動きます。

そのようなことから、初心者でまだ相場の値動きに対応できない期間は少額で取引を始めるのが無難でしょう。

4,000円からFXを始める場合のメリット

4000円からFXを始めるべきでない理由でデメリットについて解説しましたが、実はメリットもあります。

デメリットと見比べてみて、本当に4000円でFXを始めるのか検討してみましょう。

4,000円ですぐに取引可能

1つ目は4000円の資金さえ集めれば、すぐにでも取引を始められることです。

4000円を用意できない人はほとんどいないでしょうし、莫大な金額が必要な投資であれば、始める前に資金の調達に追われ、やる気を削がれかねませんが、そのような心配なく取引できることはメリットの一1つです。

しかし全ての通貨での取引ができるわけではありませんし、余裕を持った取引を行うためには少ない金額ですので、資金管理に注意する必要があるでしょう。

副業としても利用できる

4000円からFXを始める場合、多額の投資金額をかけるよりも、副業として利用しやすいことはメリットといえます。

副業をするのも普通の時代の今、FXを副業としている方も多いと思います。

副業にするにあたって、4000円の金額であれば、精神的負荷が少なく、本業に集中しながら片手間で取引することができるので、少額での取引のメリットといえるでしょう。

もし大きな金額で取引をすると、常に値動きが気になったり、FXさえ利益が出ていれば仕事を頑張らなくていいやといった考えや行動が表れてしまい、本業に支障をきたしかねません。

もし本業を持ちながら、副業としてFXの取引を行うのであれば、4000円などの少額での取引を安定的に行うのがよいでしょう。

実際のトレードの練習になる

FXの取引はデモトレードとは違い、実際に損益が発生するプレッシャーなどの精神的負荷がかかる状況での判断力が問われます。

デモトレードにはない緊張感を少額ながら、実際に味わえるのは大きなメリットといえるでしょう。

大きな投資金額や通貨での取引を行うための練習としての認識を持つとよいでしょう。

リスク分散して取引できる

4000円のような少額でFXの取引を行う際に、リスク分散した取引ができることもメリットであると言えます。

4000円のような少額での注文の場合、保有しているポジションを決済して利確し、その他のポジションを継続取引することで、リスク分散することができるので、少額の取引時にはメリットとなるでしょう。

複数口座を開設できる

4000円からFXの取引を始めた場合のメリットとして、複数口座を保有し、取引することができます。

メリットである理由は、各FX会社で口座を持ち取引することで、各FX会社で実践的な取引をし、自身の取引スタイルと合う会社を見極めやすいからです。

最低取引通貨単位が100以下のFX会社であれば、4000円でも複数口座を持つことができますので、初心者であればメリットとなるでしょう。

しかし上述の通り、4000円からFXの取引を始める場合は、利益を出すという意味ではなく、自身の取引スタイルに合った会社選びや、そもそもの取引スタイルの確立など、今後10000通貨のような大きな投資額をかけて取引するための練習、という位置づけとなることを頭に入れておきましょう。

4,000円からFXを始める際の注意点

4000円からFXの取引を始める場合のメリットをご紹介しましたが、ここからは取引時の注意点について解説していきます。

最小限の損失に抑えるようにする

FXの取引において大幅な損失を出すことは、当然防がなければいけません。

初心者の間はチャートの動きなども分からないと思いますので、大きな損失が出やすいため、ある程度のラインで損切りする必要があります。

しかし初心者の場合は、損切りするべきタイミングがそもそも分からないことから、取引を続け、損失を生み出してしまうことが非常に多いです。

損切のラインは人それぞれ考え方がありますが、一般的には投資金額の約3%と言われているので、初心者のうちは自分の感覚にこだわらず、取引すべきでしょう。

利益目標を設定しよう

FXの初心者にありがちなミスとして、自身が設定した利益目標を破り、損失を取り返そうと長く取引をしてしまうことです。

FXの取引では相場の変動が激しく、現状利益がでていても、数秒後には暴落したりと、初心者に値動きを見極めるのは非常に難しいです。

自身が設定した目標を達成したけどもっと利益をだしたい、かなり損してしまったから少しでも損失を少なくしたいなどの考えは危険で、あくまで設定した目標の数値を基準にし、ルールを守って取引することで安定した取引を行うことができるでしょう。

ストップ注文を必ずいれよう

FXの取引を行う際にストップ注文を同時に必ず入れるようにしましょう。

ストップ注文で損切り価格を設定することで、損失を最小限に食い止めることに繋がります。

初心者の間は損失を取り戻そうと躍起になり、さらなる損失を生むことが非常に多いので、ストップ注文を設定し、リスクを抑えた取引にして4000円という少額の資金を守りましょう。

4,000円からFXを始める場合におすすめのFX会社

4000円からFXを始める場合、最低取引通貨単位が1000通貨以下のFX会社を選ぶ必要があります。

ここからは、最低取引通貨単位が1000通貨以下の会社でおすすめの会社をご紹介いたします。

外為オンライン

外為オンライン

まず1000通貨での取引におすすめなのが、外為オンラインです。

外為オンラインでは最低通貨単位が1000通貨なので、4000円からFXの取引を行うことができます。

また、自身の代わりに自動で取引してくれる、iサイクル注文を搭載しているので、初心者の方でも気軽に取引をすることができます。

更に口座開設費などもなく、時期によってはキャッシュバックキャンペーンなども行っているので、4000円から始める場合の追加資金を得ることもできるので、非常におすすめなFX会社です。

外為オンラインの口コミ・評判は?メリット・デメリットと特徴・口座開設の流れを徹底解説

LION FX

ヒロセ通商「LION FX」のトレードアプリの使い方

4000円からFXを始める場合におすすめなFX会社の2社目はLION FXです。

LION FXでは、1000通貨単位で取引することができるのは当然のこと、手数料や取扱銀行数、サポート体制など総合的に見てもおすすめです。

また、スキャルピングのような短時間での複数回の取引も認められていることや、食品キャンペーンのようなユニークなキャンペーンも数多く実施していることも非常に魅力的でおすすめの会社の1つです。

ヒロセ通商「LION FX」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBI FXトレードは最低取引通貨単位が1通貨で約4円からの取引が可能です。

また、FXの取引時にかかる手数料のスプレッドが業界で最狭基準であり、ドル円であると0.09銭のスプレッドで取引できます。

また、期間によっては新規口座開設後に対象期間内のログインを行うだけで、500円の入金特典がもらえるので、4000円から取引を始めようとしている方にはメリットであると言えます。

少額の資金でFXの取引を始めようとしている方には、とてもおすすめな会社ですので、ぜひ利用してみてください。

SBI FXトレードの評判・口コミは?メリット・デメリットと初心者におすすめの理由・口座開設の流れを解説

4000円からFXを始めるポイントまとめ

4000円からFXの取引を始めるのは、基本的にはおすすめしません。

しかし今回はどうしても4000円で始めるといった方向けに、注意点などを解説していきましたがいかがだったでしょうか。

いずれにせよFXの取引は資金に余裕を持つことと、資金に余裕がないなら、今後投資金額を大きくしたときの事前練習として活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事