カテゴリー
少額でFX

FXを10万円から始めて稼げるの?

FXは実は会社によっては約4円から始められるほどに、手軽にできる投資です。

実際にFXを始める人は4000円などの少ない金額から始める人などもいるので、10万円から始めるのは資金的には十分だと言えますし、おすすめします。

ここからはFXを10万円から始めるべき理由を解説いたします。

FXをなぜ10万円から始めるべきか

極端な少額ではなく、FXを10万円から始めるべき理由は、主に2点あります。

①通貨単位を選ばず、資金に余裕のある取引ができる

FXの取引自体は最低でも約4円さえあれば、FX会社によっては取引を開始することができます。

しかし、FXでは証拠金に余裕がないと、証拠金維持率を維持すること出来ず、本も少しの値動きで損失を負った場合、ロスカットを負い可能性が高くなります。

ロスカットされると、強制的に損失で決済されるので、証拠金には余裕を持っておくことがベストです。

そういう意味で10万円からFXを始める場合、通貨単位が10000通貨であっても約4万円なので、約6万円分の余裕を持った取引をすることができるので、10万円からFXを始めることはおすすめできます。

②レバレッジを利かせると利益も見込める

10万円の証拠金にレバレッジを利かせると、最大で250万円で取引をすることができます。

国内FX会社では、投資金額の最大25倍のレバレッジを利かせた取引ができるので、損失を負うリスクも増えますが、利益を出す確率も増してきます。

また海外FX会社では最大888倍のレバレッジを利かせることができるので、更に大きな利益を生み出すことが可能となっております。

しかし、利益を追い求める分、大きな損失を被るリスクもありますので、初心者はリスクを抑えた取引を覚えて、くれぐれもロスカットでの強制損失には気をつけましょう。

なぜ仮想通貨や株ではなくFXがおすすめなのか

投資といえば、仮想通貨や株式投資も10万円あれば気軽に始められる投資手法ですが、その中でもなぜ、FXがおすすめなのかを解説します。

仮想通貨よりFXを始めるべき大きな理由

なぜ10万円から投資を始めるなら仮想通貨ではなくFXを始めるべきかというと、変動の要因が論理的に不可解である場合が多いからです。

仮想通貨の場合、値動きなどチャートがなぜ動いたかも分からないこともあり、ギャンブル的な要素があり、利益をだすのが難しいですが、FXの場合は経済的な要因に基づいてチャートの変動がありますので、正しく密に分析することで、利益を出しやすいですし、長く続けるつもりなら、FXをおすすめします。

株式投資よりFXを始めるべき大きな理由

株式投資もメジャーな投資の1つとして有名ですが、10万円から投資を始める場合にはFXをおすすめします。

なぜかというと、株式投資では1回の取引における手数料が80~100円ですが、FXでは3円程度な場合が多く、取引コストに差があるからです。

10万円から始める場合、極端な少額ではないですが、毎回の取引ごとに約100円程度の手数料がかかると、かなり負担になってきますよね。

また株式投資の場合、FXのように高倍率なレバレッジをかけることができないので、少額での取引であると、リスクをある程度とって、利益を狙いに行くことができないなど、最低限必要な資金が多くないと利益を出しにくくなっています。

上記のような理由から、10万円から投資を始めるのであれば、株式投資や仮想通貨よりもFXがおすすめできます。

FXを10万円から始めるメリット

FXを10万円から始めるのがおすすめなのは理解できたかと思いますが、具体的にどのような点がおすすめであるかを解説していきますので、これを参考にFXを始めてみるきっかけにしましょう。

複数のポジションが持てる

10万円というある程度余裕のある資金でFXを始めると、複数のポジションを保有できることがメリットになります。

複数のポジションを持つとなぜメリットとなるかというと、まずリスクを分散できるからです。

複数のポジションを持つことで、一方のポジションでは損失を出してしまっても、正しく損切りし、他のポジションの利益と相殺したり、トータルでプラスにすることができます。

どれだけ分析を重ねても、どのポジションが伸びるかを100%見定めることは不可能です

確実に過去の分析通りで言ったらこのポジションだ!と決めつけてしまうと、そのポジションとは逆方向の値動きをされると対応ができません。

複数ポジションをもって取引することは、最大限リスクを減らすことができますし、10万円のように資金的にも余裕がある場合は、1つのポジションで大きくかけることなく、リスクを分散し、細かく利益を積み重ねていくことが重要でしょう。

デモではない取引経験を積みやすい

2つ目のメリットはデモトレードではなく、実際に自身の資金をかけた取引をすることで、精神的な負荷のかかる取引を経験できることにあります。

デモトレードでは取引の実際のやり方や、トレード手法を試してみることなど、FXの取引のほぼすべてを経験することができ、初心者にとってはとてもためになりますが、実際に自身のお金ではなく仮想の通貨をかけて取引をするため、精神的な負荷がかかることはなく、実際の取引時の精神状態とはかけ離れた状態での取引となります。

FXメンタルも大きく作用する投資であるため、この経験をしているかどうかは非常に大きな意味があります。

またデモトレードの場合だと、極端な話負けても大きな損失はありませんので、適当な取引をし、分析も的外れになってしまいがちです。

10万円でもよいですし、自身がここまでなら損失が出ても、生活に支障はきたさないが、負けたくはない程度金額をかけることで自身にサンクコストをかけ、本気度の高い取引ができ、成長のスピードも早まるでしょう。

資金に余裕があるのでロスカットされにくい

10万円からFXを始める場合、資金に余裕があり、多少値動きがあっても、証拠金維持率が下がりにくいため、強制的にロスカットされにくくなり、損失を出しにくいのがメリットです。

証拠金維持率とは、FX口座の残高と保有しているポジションの比率を示すもので、証拠金維持率が各FX会社で設定された数値を下回ると、強制的にロスカットをされ、損失が確定してしまいます。

基本的にレバレッジをかけすぎず、証拠金に見合った取引を行っていれば、ロスカットのリスクは減らすことができますが、10万円からFXを始める場合、資金に余裕があるので証拠金維持率が下がりにくく、ロスカットされにくいので、ぎりぎりの資金でFXを始めるよりも、損失のリスクを減らせる点はメリットといえるでしょう。

FXで稼ぐためにやるべきこと

FXを10万円から始めたほうが良い理由は、主に損失を抑えられることが理由でしたが、
実際には損失を抑えながら利益を生み稼ぐことも可能です。

ここからは、FXで利益を稼ぐためにやるべきことをまとめたので、初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

基礎知識を身に付ける

ビジネスにおいて稼ぎたいなら知識を身に付け、経験をアウトプットすることは常識ですが、投資の世界でも必ず基礎知識や専門知識は必要になります。

では、初心者の方はどういった勉強方法を利用すると効率が良いのかを解説していきます。

セミナーに参加する

まずは、プロの講師が登壇するセミナーに参加してみることを推奨します。

セミナーには初心者のFXの取引方法から業界で何十年とトレードしてきたベテランの取引の考察まで様々な話を安価で聞くことが可能です。

会社によっては無料で行っている会社もあるので、ぜひ調べて参加してみるようにしましょう。

FX会社勤務の講師の話などは、毎日相場を見ている方が多く、詳しい方が多いですし、少し浮かんだ疑問などもすぐに質問し、自身の中で昇華することで、より定着する知識として普段から利用できるでしょう。

デモトレードを活用する

デモトレードを行うことで身に付けた知識を実践の場で検証し、自身の感覚に落とし込み、明確な取引方法を身に付けましょう。

デモトレードを活用すると、実際の取引と同様の操作を最初から最後までお金をかけずに学べることや、初心者の右も左も分からない中、取引し、資産を損失のリスクにさらすこと
を防ぐことができます。

投資に関わらず、最初から知識も何もなく物事を始めて、全てがうまくいくことは、あまり多くないです。

実際に大きな金額をかけて取引をする場合には必ずデモトレードで事前にできるだけの予習をし、損失のリスクを極力抑えるようにしましょう。

少額の投資で相場やトレード記録の分析をする

10万円からFXを始める場合、10万円より少額の取引で経験を積み、回数を重ねることで、自身に相性のいいトレードスタイルを確立することや、過去のトレード経験を分析することで相場の値動きを読むことができる可能性が高まります。

10万円あれば相当な数の取引を行うことができるので、次第にチャートの動きや時間帯や経済状況など様々な指標に合わせて柔軟に取引を行えるようになり、安定した利益を出すことができます。

また、利益を出した際も、損失を出した際も毎回の取引に対して原因を追究し、今後同じ状況下でのミスをなくすことで勝率も上がり、自身の勝ちパターンの見極めができるようになり、大きな金額での取引をする際にも、過去の取引データに基づいた根拠のある取引ができるようになります。

大きな金額での取引を行う場合、過去の分析量による、確固たる自信は、精神的支柱となりますので、必ず全取引に対して考察をし、原因を追究するようにしましょう。

テクニカル分析を覚える

過去のトレード記録やチャートの動きなどから、トレンドやパターンを把握して、今後のチャートの値動きを予測する分析手法をテクニカル分析といいます。

FXでは過去と同じパターンのチャートの動きであれば、同じような値動きを繰り返すといった性質があるので、その法則に則り、今後の値動きを予測します。

ファンダメンタルズ分析のように経済の動向を知る必要はあまりなく、過去のチャートの動きの分析精度を高めると、予測の精度も高められることがメリットとなります。

初心者の場合、少額投資でトレードの回数を重ねながら、自身のトレードスタイルと合わせて分析することができるのでおすすめの分析手法です。

ファンダメンタルズ分析を覚える

FXのトレードで景気の動向や、金融政策などの経済的指標をもとにチャートの動きを分析する手法をファンダメンタルズ分析と言います。

世界的なニュースや、著名人の発言、各国の金融政策など様々な経済の動きに左右され、チャートの値動きが大きく変わるので、幅広く世界経済の専門的な情報を収集する必要があるでしょう。

初心者の方は、どこで情報を収集すれば良いか分からないといった悩みをお持ちの方は、まずは取引口座を開設したFX会社の発信する情報を逐一収集するとよいでしょう。

また、情報収集のために、複数のFX会社の新規口座を開設し、情報発信のメディアだけを利用するのも1つの手段でしょう。

損切りラインの設定

初心者の場合、取引には必要のない少しでも損失を減らしたいといった感情が芽生えやすく、結果的に損失を大きくしてしまっているケースが非常に多いです。

そこで損切のラインを設定し、どのような状況であろうとそのラインに達したら、一度損失での決済を行い損切りすることで、含み損が拡大し、大幅な損失となるのを防ぐことができます。

損切りの回数が増えることで勝率自体は下がりますが、適正な損切りラインを設定すれば、確実に損失額は減り、トータルでの利益は増えるので、取引に感情移入せず、機械的に損切りを行うようにしましょう。

目標利益を設定

FXの初心者の場合、目標である利益を設定し、必ず守るようにしましょう。

なぜかというと、損切りの項目でも記載したとおり、大きな金額の取引になると、損失を減らしたい、もっとポジションを持っておけば稼げるかもしれないといった感情から、過去の分析の関係ない根拠のない取引をしてしまいがちです。

FXのチャートは扱う通貨によっては、今利益が出ていても、1秒後には損失に変わっていることもあるほど、激しい変動をすることがあるので、目標利益を設定し、感情に左右されることなく、機械的に決断できるようにしましょう。

自身の設定したマイルールを破らず、感情に左右されない取引を行うことが、大きな金額を取り扱う場合にも活きてくるので、必ず実行するようにしましょう。

FXを10万円から初めて1億円まで増やす方法

FXの業界でよく耳にするのが億り人という言葉ですが、10万円からFXを始めて、1億円を稼ぎ出すことはできるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、理論上は可能です。

しかし普通にコツコツ利益を生み出すやり方では、膨大な年月がかかってしまうので、できるだけ早く、10万円からFXを始めて億り人になる方法を解説します。

複利運用をする

10万円からFXを始めて1億円稼ぐためには、単利ではなく、複利での運用をしたほうが良いです。

なぜかというと、単利での取引の場合、元手の金額は増えることはなく、運用する金額が少ないままですが、複利だと利益を出せば出すほど、運用金額が増え、取引する通貨の量が増えるので、当然同じ利益率だとしても、利益額が変化します。

実際には、経済の動向などがチャートの動きに関わることから、同じ成果を上げることは難しいので、安定して複利での運用をすることは難しいですが、1億円を稼ぐのであれば、効率が良いのが、複利運用でしょう。

スキャルピングでの取引をしよう

スキャルピングとは、数銭単位の利幅を狙い、短い期間で何度も取引を行い、利益を積み上げてトータルでプラスを狙う手法です。

スキャルピングをすることで、通常よりかなり早く多くの取引経験を積むことができますし、ロスカットされる危険性が少なく、損失のリスクを抑えることができるので、初心者が少額で経験を積むには、もってこいの手法となります。

しかし短時間での取引となるので、集中力と判断力を養うことも必要ですし、ギャンブル感覚となりがちなので、分析やマイルールを忘れることなく、取引を行うようにしましょう。

まとめ

FXを10万円から始める場合はある程度資金に余裕がありますので、場合によっては1億円を稼ぐことも可能です。

しかし複利運用でも、勝ち続け、投資金額を増やしていくことが重要ですし、初心者にとっては簡単なことではないです。

初心者がFXを始める場合は、利益を出すことよりも、いかに損失のリスクを抑えられるかに着目し、コツコツと分析を行い、安定した取引を目指しましょう。

関連記事