カテゴリー
FXとは?

学生がFXを始めるべき理由と失敗しない方法

難しい印象のあるFXですが、現在は学生の間でも人気を集めています。

投資に興味のある学生なら、もはやFX一択!といった雰囲気さえありますが、経済力の低い学生がFXを始めてリスクはないのでしょうか?

学生がFXを始めて、どれくらいの期間で収益を得ることができるのでしょうか?

今回は、FXを検討している学生の悩み・疑問を徹底解説していきます!

学生でもFXで利益を得ているトレーダーは多い!

経済学部の学生のように専門知識がなくても、FXで利益を得ているトレーダーは多いです。

始めた段階でFXや経済の知識がなくても、努力を怠らず勉強を継続することで徐々に利益を上げられるようになっていきます。

多くのFXトレーダーは、事前知識のないまま取引を始めています。

事前に膨大な学習は必要なく、やっていく中で成長できるのもFXの魅力です。

経済や国際情勢の知識がつく!

FXは2国間の通貨の価格差と政策金利差に応じて利益を得る仕組みです。

ニュースの最後に、「本日の為替相場は○○円です」といった内容が放映されるのをみたことがあるでしょう。これこそが、FXの基盤となる情報になります。

FXを始めると毎日の情報収集が欠かせなくなるので、自然と世の中の情報がインプットされます。

また、FXは細かいチャートの値動きだけでなく、国外で何が起こっているかを知り、事前にチャート変動を予測する必要もあります。

アメリカと中東の対立関係など、国際情勢にも明るくなるので大学の勉強に役立ちます。

南アフリカやトルコといった、日本人には知名度の低い国の現状なども勉強する必要があるので、深い知見を自然に手に入れることができるのです。

FXは少ない資金で始めることができる

FXは経済力の少ない学生でも、1万円以下で取引をはじめることができます。

元手が少なくても、最大25倍のレバレッジをかけることで実際には存在しない高額資金をもって取引をすることができるためです。

このレバレッジこそが、少額の資金でも高利益を得られるFX最大の魅力です。

ただ、少額資金に高いレバレッジをかければ、その分損失時のコストも高まるので注意しましょう。

FXは18歳から始めることができる!

FX会社の多くは、口座開設年齢を20歳以上と定めています。

しかし、一部のFX会社は年齢制限を高校生以外の18歳以上からとしています。

大学1年生からFXを始めることができるのです。

LIGHT FXは18歳から取引可能!シンプルで初心者でも取引しやすい

(枠)
LIGHT FXは、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運用するFXサービスとなります。

スペックはほぼ同じなので、「どっちか一方でいいんじゃない?」と考える方も多いです。

ただ、投資家の中にはスペックが同じ2つの口座を併せて開設し、別々の方向で取引することで確実に成功を出す方もいます。

少し取引スタイルを変えて回すことで、片方がロスカットされた時の保険にもなります。

LIGHT FXはFX取引に特化

LIGHT FXはFX取引に特化したサービスなので、ニュースの閲覧などができません。

スペックは同じでも、その他コンテンツサービスなどは「みんなのFX」と全然違うのです。

まずはみんなのFXを開設し、追加で開設する場合にLIGHT FXを選ぶというのが自然な流れでしょう。

学生がFXを始めるべき理由

FXは専門知識のない方でも始めやすい、国際情勢に明るくなるといったメリットがあることを説明しました。

しかし、それ以外にもFXを学生から始めるべき理由は多数あります。

続けていれば必ず利益が出る

FXは2国間の通貨の差に応じて利益が出る仕組みです。

世界的に不景気の時代が来ても、2国間の通貨に差は必ず存在します。そのため、長くFXを続けていれば必ず利益が出る訳です。

また、FXにはスワップポイントという仕組みがあり、保有する通貨ペアに応じて毎日利益を積み上げることができます。

国内の株式投資は、日本が不景気だとどの銘柄でも利益が出にくい状態になります。

FXは海外通貨で取引できるので、国内の経済状況にあまり影響されないのが強みです。

FX=資産運用!資金を着実に増やせる

FXは投資というイメージがありますが、実際はNISAなどと同じ資産運用の部類に入ります。

つまり、今の資金を増やす手法のひとつがFXなのです。

FXを知っていれば、少ないバイト代を低リスクで増やすことができます。

生活資金が増えれば好きなものが買えたり、趣味にお金を使えたりと幅が広がりますね!

FXは24時間取引可能!幅広い生活スタイルに対応

国内の株式市場は平日の日中しか開かれていないので、日中に授業やバイトがある学生には始めにくいです。

一方、FXは世界中の通貨が取引の対象になるので、どの時間でもどこかしらのマーケットが空いています。

24時間365日取引可能で、自分の生活スタイルやスケジュールに合わせて柔軟に対応することができます!

FXの経験は金融系の就職で活きる

余談になってしまいますが、FXで得られる知識や経験は金融機関の中でもかなり重宝されるものです。

伝統的な慣習を持つ一部の地銀などはFX経験があることに対してうがった見方をするかも知れませんが、新興の金融機関への就職にはかなり役立ちます。

関係のない業界へ就職しても、FXの経験を活かして副業トレーダーとして活躍することも可能です!

学生がFXを始めるポイント

学生でもFXを始めることはできますが、開始条件をクリアするには一定の基準があります。

まずはFXの口座開設をスムーズにおこなうことを意識しましょう。

口座開設の審査では嘘をつかない

FXを始める際には、まず口座開設の審査に通る必要があります。

FXを始めるにあたって十分な年収と資産をチェックされますが、審査基準自体はそこまで高いものではありません。

学生で年収が気になる方でも、年齢制限をクリアしていればスムーズに審査へ通る可能性が高いです。

ただ注意してほしいのが審査申込で嘘をついてしまった場合。信用情報をチェックされれば一発で嘘と分かり、審査に一生通らないかも知れません。

FX口座開設の申込は自己申告になりますが、故意に年収を水増しするのはやめましょう。

審査に必要な書類をミスなく提出する

FXの口座開設に必要な書類は、本人確認書類とマイナンバーカードの2種類です。

本人確認書類に関しては、学生証を認めていないところも一部あり、運転免許証や住民基本台帳カードの提出が必要なケースもあります。

また、未成年の学生が口座開設する場合は保護者の同意書一式(親の戸籍謄本、身分証明書など)が必要になります。

顔写真がない、最新の情報ではない場合は受理されない可能性もあります。書類提出はミスなくおこないましょう。

学生がFXで成功するポイント

学生がFXで成功するのは、決して難しくありません。

ただ、いきなり大きな成功を目指すのではなく、月数万円、10万円…といった成功体験を積み上げていくことが最終的に高額利益を得ることにつながります。

学生がFXで成功するには、まずは堅実に取引を始め、成功体験を重ねていく必要があります。

知識の吸収は必ず結果につながる

FX未経験でもビギナーズラックで利益が出てしまったり、逆に一生懸命勉強をしたのに失敗してしまったりする方がいます。

最初のうちは、FXの知識や経験が結果とあまり比例しないような錯覚に陥ります。
ただ、FXを数年継続していくと考えれば、地道に勉強をしている方は確実にその成果を出せるようになります。

まずは基本用語の勉強から始めて、その後にチャート分析などより難しい分野へチャレンジしていきましょう!

失敗しても良い環境を作る

チャートは常に推移しています。それに応じて、FXも必ず失敗と成功を繰り返す仕組みになっています。

FXを必要以上に恐れると、トレーダーとして成功しませんし、小さな利益しか得られません。

値動きに乗じて高額利益を得るということは、その分リスクも大きくなるという仕組みは変えられないからです。

FXを始める大学生にとって重要なのは、絶対に失敗しないことではなく、失敗しても余裕を持ち続けられる環境整備です。

少額資金は低リスクと言えない

FXを始める際に資金を少額で設定をして取引する方が多いです。

確かに、いきなり高額の資金でFXを始めるのは初心者にとって大きなリスクです。ただ、超少額で始めたほうが失敗のリスクが大きいケースもあります。

FXには強制ロスカットという、元手(証拠金)の一定水準を下回った場合に強制的に損失が確定し、取引できなくなる仕組みがあります。

ロスカットの受けやすさは、少額資金で始めたほうが大きくなるのです。

資金を減らすよりも、取引手数料、スプレッドの低いFX会社を選ぶほうが、リスク軽減につながります。

FXに興味を持ったらまず口座開設から!

FXに興味を持ったら、まず口座開設から始めましょう!

FX会社は多数ありますが、どんなツールを使っているのか、チャートの実際の様子はどうなのかという情報は、実際に口座を開設してみないとわかりません。

口座を開設してもエントリーしなければリスクは一切ないので、まずは1社の口座を開いてみてアプリの確認をしてみましょう!

関連記事