カテゴリー
GMOクリック証券

GMOクリック証券「FXネオ」の使い方・注文方法を徹底解説!初心者はスピート注文がおすすめ

GMOクリック証券「FXネオ」はGMOクリック証券が提供しているFX会社で、8年間連続取引高NO.1を維持しています。

初心者から上級者まで充実したトレードをおこなえることから、幅広い層から高い支持を得ています。

今回は「FXネオ」の使い方や注文方法を徹底解説します。

初心者におすすめの注文方法も紹介するので必見です。

これからFXネオで取引しようと考えている人は参考にしてください。

GMOクリック証券「FXネオ」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

このページのもくじ

GMOクリック証券「FXネオ」はiphone・Androidで利用可能

GMOクリック証券は「FXneo」というトレードアプリを提供しています。

スマホで取引できるので、外出先でも素早くトレードすることが可能です。

外出の多い人はトレードアプリで取引することをおすすめします。

App store・google Playからダウンロードできる

FXネオはApp store・google playからダウンロードできます。

ダウンロードする前にスマホのOSがしっかりアップデートされているか確認しましょう。

動作環境に満たしていないスペックのスマホでは利用できないので注意してください。

FXネオの使い方

FXネオの使い方を紹介します。

基本的な操作情報を解説するので、これからFXネオを利用する初心者はしっかり把握しましょう。

FXネオの使い方に関する情報
  • IDとパスワードは保存できる
  • チャート画面やトレード画面で注文する
  • マーケット情報を取得することが可能
  • ウィジェット機能でスマホのホーム画面に為替情報を表示する事が可能

FXネオはデザインがシンプルなので、初心者でも手軽にトレードをはじめられるアプリです。

シンプルデザインですが、テクニカル指標や描画機能もしっかり備わっているので初心者を卒業しても充実した取引を続けられるトレードアプリです。

IDとパスワード入力でログイン

FXネオはIDとパスワードを入力しないとログインすることができません。

口座開設完了後、IDと初期パスワードを取得するので必ず忘れないようにしておきましょう。

FXネオは一度IDとパスワードを入力すると保存することができるので2回目のログイン以降は入力する必要がありません。

保存機能は便利なので、入力作業を極力省きたいという人は最初の入力時に保存をチェックしましょう。

チャート画面やトレード画面で注文可能

FXネオはチャート画面やトレード画面から注文することができます。

チャート画面を見ながら取引できるので、素早く行動することが可能です。

スキャルピングも対応できるので、短期売買をメインにしている人はおすすめです。

マーケット画面で各国の経済情報を取得できる

マーケット画面を開くと各国の経済情報を取得することができます。

経済カレンダーもあるので、重要指標をしっかりチェックすることが可能です。

経済指標に影響してレートが大きく変動することもあるので、しっかり確認しておきましょう。

FXネオはウィジェット機能搭載

FXネオはウィジェット機能を搭載しています。

レートやチャート情報をホーム画面に表示することができます。

Androidの場合、経済カレンダーも表示できるので、アプリを起動しなくても取引状況を把握することが可能です。

【初心者必見】FXネオでスピード注文する方法

FXネオでスピード注文する方法を紹介します。

スピード注文は1番手軽にできる注文方法なので、FX初心者はスピード注文からはじめてみましょう。

FXネオで注文する流れ
  • 【STEP1】ログイン後下のメニュー欄にあるスピート注文をタップ
  • 【STEP2】取引数量を入力する
  • 【STEP3】売買アイコンのどちらかタップすると注文完了

スピード注文はワンタッチで発注できるので、素早く取引を進めることができます。

短期売買をしている人はスピード注文を使うとスムーズに取引をすすめることができるのでおすすめです。

下のスピード注文をタップして注文画面を開く

FXネオにログインするとホーム画面に移動します。

下の部分にメニュー欄があります。

メニュー欄の中にスピード注文があるので選択しましょう。

スピード注文をクリックすると注文画面に移動するので、注文画面に移動したら取引する内容を設定します。

取引数量を決めて売買ボタンをタップすると注文完了

スピード注文画面では、取引数量と売買注文を決定する項目があります。

取引数量を入力したら、買い注文・売り注文のアイコンをタップして注文を完了しましょう。

売り注文が青いアイコン、買い注文が赤いアイコンとなっています。

間違えてタップしてしまうと損失してしまうので注意してください。

スピード注文を通貨ペア毎に設定できる

スピード注文画面で歯車アイコンをタップすると通貨ペア毎のスピード注文設定をすることができます。

スピード注文で設定できる内容
  • スリッページ
  • 取引数量
  • 両建ON/OFF
  • 決済タイプ

スピード注文で細かく設定しておくと、次回注文する時に素早く取引を開始することができます。

スピード注文はチャート画面をみながら取引できる

スピード注文はチャート画面を見ながら取引することが可能です。

スピード注文画面の左下にあるチャートアイコンをタップすると、チャート画面を見ながらスピード注文で注文を発注することができます。

チャート画面をみながらベストタイミングで取引を開始できるのでおすすめです。

FXネオはスピード注文以外の注文方法もある

FXネオはスピード注文以外の注文方法もあります。

FXネオでできる注文方法
  • 成行(スピード注文)
  • 指値/逆指値
  • IFD
  • OCO
  • IFD-OCO

スピード注文はシンプルに取引を開始することが可能ですが、細かい設定をしていないので損失リスクが高くなってしまう場合もあります。

注文する時点で損失リスクを軽減する方法もあるので、自分のトレードスタイルに合わせて利用しましょう。

損切りが苦手な人はOCO注文がおすすめ

OCO注文とは

OCO注文は損切り設定を注文する時に設定できる注文方法です。

損切りルールは初心者トレーダーでも必ず決めておく必要がありますが、損切りルールを決めても中々ルール通りに従えないトレーダーもいます。

損切りを自分でおこなうことが苦手な人はOCO注文で損切りを予め設定しておきましょう。

IFD注文は取引画面を開いてなくても取引可能

IFD注文の仕組み

IFD注文は取引画面を開いていなくても、指定レートに到達すると決済してくれるシステムです。

利幅を自分で設定して注文できるので、取引画面を長時間見続けることができない人におすすめです。

損切り設定もできるので、損失リスクを軽減して運用できます。

成行・通常・OCO・IFD・IFD-OCOの使い方

スピード注文以外の注文方法のやり方を紹介します。

成功・通常・OCO・IFD・IFD-OCO注文はトレードというアイコンをタップすると注文することができます。

トレードアイコンをタップすると画面中央に注文方法を選ぶボタンがあるので、利用したい注文方法を選択しましょう。

決済同時発注機能を利用したい人は、ホーム画面に戻って注文設定で設定してください。

トレードアイコンをタップして注文画面に移動

トレードアイコンをタップすると注文画面に移行します。

各注文方法を選択する欄があるので、自分が利用したい注文方法を指定してください。

指定すると、注文設定画面が表示されるので取引数量や損切りレートを入力して発注しましょう。

設定したあとに売買アイコンのどちらかタップすると発注完了です。

FXネオのトレードアプリは使いやすい?シンプルデザインだからトレード初心者でも手軽にはじめられる

FXネオのトレードアプリはシンプルデザインなので初心者に優しい取引ツールです。

スピード注文はワンタッチで完了するので、簡単に取引することができます。

難しい設定いらずで取引をはじめられるので、とにかくFXトレードに慣れたいという人にもおすすめです。

操作方法はシンプル!スピード注文で素早く取引できる

スピード注文は簡単操作で取引することができます。

スピード注文以外の注文方法も他の取引ツールより簡単に操作できるのでおすすめです。

設定画面も見やすく、わかりやすいので色々な注文方法を試してみましょう。

テクニカル指標や描画機能も充実!しっかりテクニカル分析できる

FXネオはテクニカル指標や描画機能が充実しています。

注文方法も豊富ですが、分析方法も豊富なのでしっかりチャート分析しましょう。

トレードアプリとは思えない種類のテクニカル指標と描画機能が搭載されているのでおすすめです。

FXネオに関する注意事項

FXネオに関する注意事項をまとめました。

FXネオに関する注意事項
  • 入力ミスで注文を発注すると損失してしまうので注意
  • 初心者は損切り設定をしっかり考えておこう
  • 取引タイミングをしっかり考えて注文を発注しよう

取引ツールがどんなに高性能でも、トレーダーがミスをしてしまうと損失に繋がります。

うっかりミスで損失しないように充分注意して操作してください。

【注意事項1】入力ミスで注文を発注すると損失してしまうので注意

取引数量の入力ミスや売買注文のタップミスをしてしまうと損失に繋がります。

自分の意図している注文と真逆の注文をしてしまうこともあるので、どの注文方法でも軽率にタップしないようにしましょう。

特に最後の売買アイコンのタップをミスすると大損失に繋がります。

発注する前に自分の注文内容が正しいか確認してください。

【注意事項2】初心者は損切り設定をしっかり考えておこう

初心者はスピード注文で取引になれることも大事ですが、損失リスクを軽減させることも重要です。

スピード注文になれてきたら、予め損切り設定できる注文方法で注文してみましょう。

【注意事項3】取引タイミングをしっかり考えて注文を発注しよう

エントリータイミングをしっかり考えて取引開始しないと勝率は下がります。

スピード注文はワンタッチで取引を開始することができますが、むやみやたらにエントリーすると損失が増えてしまいます。

取引回数より取引の質を重視して、収益向上につなげましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」は初心者でも使いやすい!トレードアプリは外出先でも取引できるからおすすめ

GMOクリック証券「FXネオ」は初心者でも扱いやすい取引ツールということがわかりました。

パソコンの取引ツールに劣らない機能性を持っているので、初心者を卒業してからもしっかり利用することができます。

トレードに慣れたいという人はスピード注文から始めてみましょう。

関連記事