カテゴリー
LINE FX

LINE FXは最低金額いくらから始められる?4万円からって本当?必要最低証拠金が少ない通貨ペアも紹介

LINE FXは2020年にから始まった新FXサービスで、LINE 証券が大元のFX会社です。

スプレッドは業界最狭水準で提供しており、スワップポイントも高水準なので色々な取引方法で収益を望むことができます。

通貨ペアの種類がすくない所が欠点ですが、他のサービス内容が高品質なのでうまくカバーしています。

LINE FXの口コミ・評判と気になるメリット・デメリットを徹底解説!

今回はLINE FXで取引開始すると必要最低証拠金はいくらになるのかについて紹介します。

資金運用するにあたって必要最低証拠金の把握は重要なポイントなのでしっかり理解しておきましょう。
LINE FXの公式サイトはこちら

このページのもくじ

LINE FXは10000通貨単位から取引可能!

LINE FXは10000通貨単位から取引可能なFX会社です。

1Lot=10000通貨単位となっているので、1米ドル100円計算すると米ドル/円の必要最低証拠金は4万円となります。

LINE FXの必要最低証拠金はレバレッジ25倍かかっている状態の金額を提示しています。

1000通貨単位取引ができない

LINE FXには1000通貨単位取引がないので、数千円で取引できる通貨ペアの種類がすくないです。

米ドル/円といった通貨ペアの取引を数千円単位ではじめたい人は、1000通貨単位可能なFX会社をおすすめします。

LINE FX で少額取引したい人は南アフリカランド/円で取引しよう!

LINE FXで少額取引したい人は南アフリカランド/円がおすすめの通貨ペアです。

南アフリカランドの通貨がかなり安いので数千円からはじめることができます。

LINE FXのスワップポイントは高水準で提供しているので、スワップ目的でも少額資金運用することができます。

LINE FXが提供している通貨ペアの必要最低証拠金について

現在の通貨レートからLINE FXの必要最低証拠金を計算しました。

LINE FXの場合、証拠金の4%を持っていると取引が可能となっています。

例.
1米ドル100円だった場合、LINE FXは10000通貨単位取引となっているので1Lot100万円必要になります。

必要最低証拠金は全体の4%となっているので、4万円で取引をはじめることができます。

LINE FXの各通貨ペアの必要最低証拠金(2020年6月15日)
通貨ペア レート 必要最低証拠金
米ドル/円 107.08円 42832円
ユーロ/円 120.37円 48148円
ポンド/円 133.74円 53496円
豪ドル/円 72.79円 29116円
NZドル/円 68.47円 27388円
南アフリカランド/円 6.20円 2480円
トルコリラ/円 15.69円 6276円
ユーロ/米ドル 1.12pips 448pips(約48000円)
ポンド/米ドル 1.24pips 496pips(約53500円)
豪ドル/米ドル 0.67pips 268pips(約29000円)

南アフリカランド/円が断トツで安く、少額資金ではじめることができます。

トルコリラ/円も安めなのでおすすめです。

LINE FXの高金利通貨ペアは高水準のスワップポイントなのでおすすめ!

LINE FXで少額取引をするなら南アフリカランド/円・トルコリラ/円がおすすめと紹介しましたが、スワップポイントが高いのでスワップ取引もおすすめです。

LINE FXの高水準スワップポイント
通貨ペア スワップポイント
南アフリカランド/円 110円/日
トルコリラ/円 20円/日
米ドル/円 37円/日

他社とくらべてもスワップポイントは高く設定している会社なので、チャート状況を把握しつつスワップポイントも狙っていきましょう。

少額資金ではじめられる南アフリカランド/円のスワップポイントが高い!

少額資金ではじめられる南アフリカランド/円のスワップポイントは110円/日と高く設定されています。

ただし、南アフリカランドのレートは変動が激しくロングポジションを長期間保持しておくとロスカットになってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

長期取引を目的としている人は、なるべく余裕をもった資金で取引しましょう。

LINE FXの公式サイトはこちら

必要最低証拠金ギリギリで取引をはじめるのはNG!ロスカットリスクをケアしよう

必要最低証拠金ギリギリで取引をはじめるのは大変危険な行為です。

ロスカットのリスクをケアする必要があるので、ある程度の金額を口座に入れておきましょう。

ロスカットは資金をマイナスにしない為の最終手段ですが、強制決済になるのですべてのポジションを失います。

かなりの損失を出すことになるので。なるべくロスカットにならないような取引をしましょう。

LINE FXは証拠金維持率100%以下でロスカット

LINE FXは証拠金維持率100%をきるとロスカットが発生するシステムとなっています。

例えば資金40000円で1米ドル100円だったとします。

1Lotをロングで注文します。

結果1米ドル110円になったとします。

必要証拠金は44000円となり、証拠金維持率を100%きってしまっているのでロスカットが発生します。

上記の様に、証拠金ギリギリで資金運用するとレート変動によってロスカットされる可能性が高くなるので注意しましょう。

特にLINE FXで少額取引できる南アフリカランド/円の為替変動は激しいので、約3000円からはじめることができますが、1万円程度入金してはじめましょう。

レバレッジ25倍は危険

レバレッジ25倍かかっている状態が必要最低証拠金となっています。

レバレッジがかかっている状態は、少しの為替変動で損失が大きくなってしまうのでチャートから目を離さず取引する必要があります。

ハイレバレッジがかかっている状態はリスクも高く、ロスカット率も高くなってくるので初心者はなるべく控えましょう。

レバレッジ1倍の状態でも南アフリカランド/円の場合約6~7万円で取引することができます。

低リスクを重視したい人はレバレッジ1倍の金額で取引をはじめましょう。

主要通貨ペアで少額取引したい人はLINE FXに向いていない

主要通貨ペアで少額取引したいという人はLINE FXに向いていません。

10000通貨単位取引からとなっているので、最低でも10万円程度の資金が必要になってきます。

10万円も資金がないという人は、1000通貨単位取引可能なFX会社をえらびましょう。

1000通貨単位取引したい人は他社がおすすめ!

1000通貨単位取引したい人は年々増加傾向にあり、1000通貨単位可能なFX会社も増えてきました。

少額取引を色々な通貨ペアで試したいという人は、他のFX会社をおすすめします。

勿論LINE FXでも少額取引することは可能ですが、通貨ペアが限定されています。

SBI FXトレードは少額取引で低リスク取引可能!

SBI FXトレードSBI FXトレードはなんと1単位通貨取引から可能で、数円から本番のFX取引を体験することができます。

資金金額に合わせた取引ができるのでおすすめのFX会社となつています。

まだ初心者で損失リスクを限りなくゼロにしたいという人ははSBI FXトレードで口座開設を検討してください。

低スプレッド・高水準スワップを少額資金で取引できるみんなのFX

みんなのFXは初心者向きFX会社で、1000通貨単位から取引することができます。

スプレッド・スワップポイント共に業界高水準なので色々な取引方法を少額で実践することができます。

FX初心者は低リスク取引でなれる必要があるので、みんなのFXを検討してみてください。

みんなのFXは業界最狭水準のスプレッド!初心者でも低コストで手軽に始められる理由を徹底解説! 

高水準スワップポイントを提供!スプレッドも狭く低リスク取引可能!GMOクリック証券

GMOクリック証券
GMOクリック証券は口座保持数国内2位と人気が高く、幅広い層のトレーダーが認めているFX会社です。

取引ツールも高性能で、これからFXについて勉強したいという人も充分学ぶことができます。

1000通貨単位取引から取引できるので、少額資金で取引練習も可能です。

GMOクリック証券の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説 

LINE FXで主要通貨ペア取引すると最低10万円資金が必要

LINE FX出主要通貨ペア取引する場合、最低10万円の資金を用意しましょう。

10万円からはじめるとしてもレバレッジがかかっている状態なので、損失リスクを徹底して抑えなければなりません。

米ドル/円は値動きも鈍く、レンジ相場続くと言われている通貨ペアですが2020年初旬からコロナウイルスの影響で予想外のレート変動がおきています。

レバレッジをかけて主要通貨ペアで取引する人は、FX基礎知識を最低限身につけてから取引をはじめましょう。

充分な資金確保ができない人はデモトレードをしよう

南アフリカランド/円の必要最低証拠金でも資金運用が厳しいという人はデモトレードからはじめましょう。

資金を貯めつつデモトレードをすると、本番でもスムーズに取引することができます。

デモトレードは本番に必要なスキルを向上することはできませんが、FX取引になれることができます。

操作ミスで損失がでてしまうことがあるともったいないので、デモトレードで取引に慣れておきましょう。

LINE FXはデモトレード非対応

LINE FXは新しいサービスなので、まだデモトレードが対応していません。

LINE FXで口座開設を後にするとして、デモトレードできるFX会社でデモ口座を解説することをおすすめします。

デモトレードからはじめたい人はデモ口座開設できるFX会社がおすすめ

デモトレードで取引ツールに慣れたい、もしくは資金が貯まるまでデモトレードで練習したいという人は、デモ口座があるFX会社をおすすめします。

デモアプリがあるFX会社を選ぶと、外出中でもデモトレードで練習することができます。

仮想資金なので現金がなくなることはありません。

デモ口座開設は基本無料なので、無料で本番の様な取引を体験できます。

仮想初期資金を選択できるYJFX!

YJFX!YJFX!は仮想初期資金を設定できるので、よりリアルな取引体験をすることができます。

自分がこれから取引する額を想定しながらデモトレードをはじめましょう。

YJFX!は1000通貨単位から取引可能なので、本番口座で練習しても損失リスクが低いのでおすすめです。

YJFX!でデモトレードをしたい!デモ口座の開設方法と使いやすさ・デモ取引の注意点を詳しく解説 

本番を想定したデモ取引をしたい人はヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商「LION FX」キャシュバックキャンペーン内容ヒロセ通商「LION FX」は初期資金を設定できる上に50種類の通貨ペアでデモ体験することができます。

主要通貨ペアだけでなくマイナー通貨ペアでもデモ取引できるのでおすすめです。

裁量トレードのスキルを磨きたいという人はヒロセ通商「LION FX」でデモ口座を開設してみましょう。

ヒロセ通商「 LION FX」のデモ口座の特徴を解説!ログイン方法・使い方・土日のデモ取引の注意点を分かりやすく紹介

とにかく手軽にデモトレードをやりたい人はDMMFXがおすすめ

DMM FXはスキャルピング禁止?
とにかく手軽にFX取引を体験したいという人はDMM FXのデモアプリがおすすめです。

初期設定する必要がなく、初期仮想資金も決められているのでスムーズにFX取引を体験することができます。

デモ口座は有効期限がきまっているので、期限切れした場合は再度登録する必要があります。

DMM FXのデモ口座は使いやすい?取引ツールの口コミ・評判と開設の方法を詳しく解説

LINE FXで少額取引は可能だが通貨ペアが限定されているので注意しよう

LINE FXは南アフリカランド/円の必要最低証拠金が約3000円で、少額取引可能となっています。

ただし、少額取引できる通貨ペアが限定されているので色々な通貨ペアで取引したい人に向いていない環境となっています。

LINE FXで自由に取引したいと思っている人は最低10万円資金を用意しておきましょう。
LINE FXの公式サイトはこちら

南アフリカランド/円で売り注文する人はスワップポイントに気を付けよう

南アフリカランド/円で裁量トレードする人は、ショートポジションの保持に気をつけましょう。

日をまたいでしまうと、スワップポイントが発生します。

ロングの場合プラス110円/日ですが、ショートの場合マイナスになってしまうので注意しましょう。

南アフリカランド/円自体レート変動が激しいので、長期に渡ってポジション保持する人はリスク管理を徹底しておきましょう。

南アフリカランド/円で取引を始めようと思っている人は、最低でも1万円は入金しておきましょう。

スワップ取引をする人は、1万円よりもっと多い金額ではじめることをおすすめします。

ロスカットのリスクを常に考えた金額で資金運用しましょう。

少額投資は低リスクだが収益も低い

少額投資は低リスクで、安全性が高くなりますが収益も少なくなります。

思った以上に稼げないと感じる人も多いので、事前に自分の資金だといくら稼ぐことができるのか大体予想しておきましょう。

今の資金でFX取引は難しいと感じた人は、資金がある程度貯ってからFX取引をはじめましょう。

南アフリカランド/円はスプレッド幅が広い

南アフリカランド/円のスプレッド幅はマイナー通貨ペアということもあり1銭となっています。

取引コストを考えるとスキャルピングに向いていない通貨ペアとなっているので注意しましょう。

原則固定スプレッド時間外は1銭よりももっと広い状況になっています。

早朝取引は損失リスクが高くなるので、なるべく控えましょう。

関連記事