カテゴリー
LINE FX

LINE FXのスキャルピングは公認していないが取引可能!短期売買できる理由とは?

LINE FXは2020年からはじまったFXサービスで、LINE証券が提供しています。

スマホ専用FX取引サービスなので、アプリ機能が充実しており他のスマホトレードにはない機能を搭載しています。

初心者にも優しい操作性になっているので、初めての人でも簡単にFX取引をはじめられます。

今回はLINE FXのスキャルピング取引について解説します。

スキャルピングは数秒~数分の間におこなわれる短期取引で、長期取引のように損失リスクを徹底管理する必要がないので初心者に人気のトレードスタイルです。

スキャルピングは短時間で取引を終えるので、拘束時間も少なく損切りも徹底できるので損失を抑えることも可能です。

人気の高いトレードスタイルですが、スキャルピングトレードを禁止しているFX業者もあります。

LINE FXはスキャルピング可能かどうか詳しく説明するので、これからLINE FXで短期取引を考えている人は参考にしてください。

LINE FXの口コミ・評判と気になるメリット・デメリットを徹底解説!

このページのもくじ

LINE FXはスキャルピングを公認していないが可能

LINE FXは公式さいとでスキャルピングを公認してはいませんが、取引ルールに短期取引禁止とは書いていません。

つまり公認してはいませんが、スキャルピングトレードは可能です。

ただし公認していないので100%保証できないので注意しましょう。

LINE FXで短期トレードをしているトレーダーから口座が凍結された事例もでていないので、スキャルピングは公式で認めていないが黙認されているのが現状です。

スキャルピングで口座凍結した事例がない

スキャルピングを禁止しているところはスキャルピングトレードをすると、最悪口座が凍結してしまいます。

スキャルピングを禁止しているDMM FXやSBI FXトレードで実際に口座凍結になってしまった人がいます。

LINE FXはトレーダーの口コミを見る限りスキャルピングで口座凍結した人はいません。

公式サイトの取引ルールにも禁止事項として短期取引を取り上げていないので、黙認している可能性が高いです。

スキャルピングをしても問題ないという口コミが多数

LINE FXでトレードしているトレーダーの口コミでスキャルピングをしている人を多数みかけましたが、問題無いとコメントしています。

スキャルピングの回数は不明ですが、現在スキャルピングで問題になった人はいません。

LINE FXでスキャルピングすることは可能でうすが、公認していないので気がかりという状態です。

スキャルピングが禁止と言われる理由

そもそもなぜスキャルピングが禁止というFX業者があらわれたのか解説します。

スキャルピングは超短期トレードで、FX業者の約定が間に合わなかったりFX業者側に損失がうまれてしまったりするからという理由で禁止しているFX業者がいます。

スキャルピングによってスプレッド分FX業者が稼げる利点もありますが、サーバーが追いつかず落ちてしまうと取引自体不可能になってしまいます。

カバー取引がおいつかなくなる

トレーダーが所有しているポジションのバランスが不釣り合いになってしまうとFX業者が足りない分を補っているシステムがあります。

これをカバー取引と言います。

スキャルピングをおこなうと、カバー取引が間に合わなくなりFX業者が損失をおってしまう可能性が高くなるので禁止しているFX業者があります。

大量注文を繰り返しされるとサーバーが落ちる

スキャルピングは数秒間の間に取引を終えるので、大量取引を短期間に何回もやっているとサーバーが重くなってしまい最悪の場合落ちてしまいます。

約定力に響くので、禁止というFX業者もあります。

約定力をうりにしているFX業者等はサーバーが重たくなると大変なので、スキャルピング禁止している傾向にあります。

LINE FXはスキャルピングを公認してはいないが取引ルールに禁止と書いていない

LINE FXはスキャルピング公認しているFX会社ではないが取引ルールに短期取引禁止とは書かれていません。

そもそもスキャルピングは政府も禁止していないので、公認していなくても禁止でなければ問題ない取引です。

公認していないからといっていきなり口座凍結になる心配はないので安心して取引しましょう。

100%保証することはできないが禁止ではない

取引ルールに書いていないから取引可能と説明しましたが、公認ではないので100%保証することはできません。

今後取引ルールが変更される可能性もあるので、LINE FXの情報を常に把握しておきましょう。

スキャルピングで凍結した事例が無いため取引可能

100%保証できませんが、凍結した事例が無いので取引することは可能です。

LINE FX自体初心者向けのFXサービスをだしているので短期取引を厳しく取りしまることはありません。

不正取引をしている場合は100%口座を凍結されてしまうのでだめですが、スキャルピングは不正取引とは違うので、安心して取引してください。

スキャルピング公認が良い人におすすめ!短期取引大歓迎のFX業者を紹介

LINE FXで取引可能といっても公認じゃないから怖いという人はスキャルピング公認のFX会社で口座開設します。

スキャルピング公認のFX会社はスキャルピングを公式が公認しており、スキャルピングをしても100%大丈夫なFX業者となっています。

万が一のことを考えて絶対にスキャルピングできるFX業者で口座開設したいという人におすすめのFX業者を厳選しました。

GMOクリック証券はスキャルピング公認FX業者!スプレッドが狭いからおすすめ

GMOクリック証券

GMOクリック証券はスキャルピングを公認しているFX業者です。

スプレッド・スワップポイント共に高水準で提供しているのでおすすめのFX業者です。

情報ツールが充実しており、自分のトレードを細かく分析してくれるので初心者でもしっかりFXを学ぶことができます。

GMOクリック証券の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

ヒロセ通商「LION FX」はスキャルピング取引OK!豊富な通貨ペアで取引をはじめよう

ヒロセ通商「LION FX」キャシュバックキャンペーン内容

ヒロセ通商「LION FX」はスキャルピングを公認しています。

通貨ペアの種類が50種類と豊富で、使いやすいスマホツールを提供しています。

キャンペーンを常に実施しているので、自分が参加できるキャンペーンを厳選して参加しましょう。

ヒロセ通商「LION FX」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説 

セントラル短資FXはスキャルピング公認!100年以上の取引実績があるか信頼できる

セントラル短資FXの入金・出金方法

セントラル短資FXはスキャルピングを公認している老舗FX業者です。

100以上取引実績があるので、信頼性の高いFX業者です。

約定力も高くすべることがないので思い通りの取引を短期間でもおこなえます。

セミナーも定期的に開催しているので、FXについて勉強したい人は積極的に参加しましょう。

セントラル短資FXの口コミ・評判は?メリット・デメリットを徹底解説 

LINE FXはスプレッドが業界最狭水準だからスキャルピングに向いているFX業者

LINE FXのスプレッドは業界最狭水準で提供しているのでスキャルピングに向いているFX業者です。

通貨ペアが少ないので、限られた通貨ペアで取引しなければなりませんが、レート配信がおくれることもないので思い通りのタイミングで取引することができます。

約定力も高いから滑らない

LINE FXは大手FX業者に劣らない約定力の高さを誇っています。

どんな取引でも滑らず取引してくれるのでおすすめのFX業者です。

チャート画面のリアルタイム配信は、主要通貨ペアで止まってしまうことがないのでサクサク取引を進められます。

マイナー通貨ペアの場合、ローソク足が少し飛んでしまうことがたまにありますがマイナー通貨ペアはどこも多少飛んでしまうことがあるので問題ありません。

トレードアプリが使いやすく速攻性がある

LINE FXのトレードアプリはデザインがシンプルなうえに操作性もシンプルにできています。

簡単操作で取引開始できるので初心者でも使いやすい仕様です。

FX初心者の人でも戸惑うことなく取引に集中できるのでおすすめです。

LINE FXはスキャルピング公認していないが禁止ではない!スプレッドが狭いから短期取引におすすめのFX業者

LINE FXはスキャルピングを公認していませんが、禁止もしていません。

スプレッドが狭いのでシンプルな操作で取引をはじめたい人はLINE FXで始めましょう。

LINE FXは高い約定力をもっているので、思い通りのタイミング取引を動かすことが可能です。

1000通貨単位取引不可能なので少額投資したい人は注意

1000通貨単位取引は取り扱っていないので、少額取引をスキャルピングで増やしたいと思っている人は1000通貨単位で取引したい人は他のFX業者を選びましょう。

LINE FXでも数千円で取引することは可能ですが、取引できる通貨ペアが少ないので取引したい通貨ペアがLINE FXにない人は他のFX乗車で口座開設しましょう。

スキャルピングする人はスプレッド幅に気を付け取引しよう

スキャルピング取引をする人は取引コストで損益が変化するのでレプレッジ幅を重要視して取引をはじめましょう。

原則固定スプレッド時間外で取引するとスプレッドが広がった状態ではじまってしまいます。

できるだけコストをおさえる為に原則固定スプレッド時間内で取引しましょう。

関連記事