カテゴリー
みんなのシストレ

みんなのシストレのスワップポイントは非公開!一般公開していない理由を徹底解説

みんなのシストレはFX自動売買を提供しているFXサービスで、自分で取引画面をみていなくてもシステムが自動で取引してくれます。

拘束時間が裁量トレードに比べて少なく、多忙な人もしっかりFX取引できるので人気のFXサービスです。

初心者向けのFX自動売買なので、取引ツールもシンプルで見やすく初めてFX取引する人でも手軽にはじめることができます。

今回はみんなのシストレのスワップポイントについて紹介します。

スワップポイントとは金利差で得られるポイントのことで、近年スワップ取引で収益得ているトレーダーが増加しました。

通貨ペアの中でも高金利通貨ペアが効率よくスワップポイントを取得できるので、南アフリカランド円・トルコリラ円・メキシコペソ円といった通貨ペアでスワップ運用している人が多く存在します。

みんなのシストレは上記に書かれている通貨ペアすべて取引可能となっています。

これからみんなのシストレでスワップ取引しようと考えている人は参考にしてください。

みんなのシストレの評判・口コミと実際に運用したトレーダーの実績を紹介 

このページのもくじ

みんなのシストレのスワップポイントは非公開

みんなのシストレはスワップポイントを非公開にしています。

実際FX自動売買のスワップポイントを非公開にしているFX業者は沢山あるので、みんなのシストレだけが特別というわけではありません。

みんなのシストレのスワップポイントを知りたい人は口座開設して確認するしかありません。

売買損益に係る為開示していないのが理由

みんなのシストレがスワップポイントを開示していない理由として、売買損益に関わっているからという事柄が挙げられます。

ストラテジーの売買損益の中にスワップポイントが含まれている為公開できないということです。

正当な理由に聞こえますが、みんなのFXに比べてスワップポイントが低いから公開しにくいのでは?と思っているトレーダーも多くいます。

27通貨ペアのスワップポイントを知りたい人は口座開設しよう

みんなのシストレはスプレッドもすべて公開していないので、スプレッド・スワップポイント両方しっかり知りたい人は口座開設して見る方法しかありません。

みんなのシストレは口座開設費用が無料で、口座維持費もかからないので無料でスプレッド・スワップポイントを閲覧することができます。

自分に合ったFX自動売買でないと判断した場合、入金せずに放置して他のFX業者で口座開設しましょう。

FX口座は複数口座開設できるので、複数FX口座を所持していても問題ありません。

みんなのシストレのスワップポイントはみんなのFXよりも低い

みんなのシストレのスワップポイントは非公開になっていますが、実際にみんなのシストレでトレードしている人達がみんなのシストレのスワップポイントはみんなのFXに比べて低いとコメントしています。

口座開設しないと見ることができないので、憶測ですがスワップポイントはみんなのFXのように得ることは厳しい可能性があります。

みんなのFXより高スワップポイントを得られない理由

みんなのFXより高スワップポイントを得られない理由として、FX自動売買を無料で提供していることが挙げられます。

元々FX自動売買はソフトを購入してMT4に組み込むのが主流でした。

FX業者がFX自動売買を無料で提供し始めたことによって、多くのトレーダーがコストをかけずに自動売買で取引できるようになりました。

無料で提供するということは、開発費や維持費をどこかで補う必要があります。

FX自動売買で取引手数料が発生したりスプレッドが広かったりするのは、自動売買システムの開発費をそこで補っているからです。

どのFX業者もFX自動売買を無料提供していますが、裁量トレードのようなスプレッド・スワップポイントを提供していないのは無料で提供する代わりに取引コストで費用を補っています。

みんなのシストレのスワップポイントがみんなのFXよりも低いのは当然のことなので、高スワップポイントで取引したい人は裁量トレードが向いています。

みんなのFXのスワップポイントは業界最高水準だがみんなのシストレは違う

みんなのFXは裁量トレードのFXサービスなのでスワップポイントを業界高水準で提供しています。

みんなのシストレはFX自動売買なので裁量トレードのFXサービス内容を超える可能性はかなり低く高スワップポイントを取得したい人はFX自動売買に向いていません。

みんなのシストレでスワップ運用は可能か解説

みんなのシストレでスワップ運用することは可能です。

みんなのシストレは高金利通貨ペアも対応しているので、スワップ取引にも対応しているFX自動売買です。

ただし、ストラテジーの選択を間違えると損益がかなりマイナスになってしまうので注意が必要です。

高金利通貨ペアはスワップポイントが高い

高金利通貨ペアは他の通貨ペアに比べてスワップポイントを高く設定しているので、みんなのシストレでスワップ運用したい人は高金利通貨ペアのストラテジーを選択しましょう。

2020年現在の高金利通貨ペアは右肩下がりになっているので、自動売買のスワップ運用は難しくスワップ運用をしたい人は裁量トレードの方が安全に取引できます。

スワップポイントとは?スワップで利益を得る方法とメリット・デメリットを解説

買い注文のストラテジーを選ぼう

スワップポイントは買いポジションを持ち越すことによって発生します。

売りポジションで発生する通貨ペアもありますが、高金利通貨ペアはすべて買い注文でスワップポイントが発生します。

裁量トレードとちがって自動売買は組み込まれたシステム通り取引していくので、相場急変時に対応できない可能性があります。

高金利通貨ペアの変動はかなり激しくなっているので、レートが暴落しはじめた場合システムを止めて一旦様子見しましょう。

高スワップポイントで取引したい人は裁量トレードがおすすめ

高スワップポイントで取引したい人は裁量トレードがおすすめです。

2020年現在の高金利通貨ペアはコロナショックによって安定していません。

金利も低くなっているので、思ったよりも稼げないのが現状です。

スワップ運用をどうしてもしたいという人は、裁量トレードでチャート状況を見ながら運用する方法が最適です。

FX自動売買より高スワップポイントで提供している

裁量トレードを提供しているFX業者はFX自動売買のスワップポイントより高いポイントで提供しています。

スワップ運用で稼ぎたいとおもっている人は、裁量トレードで超長期売買をしましょう。

初心者にはあまり向いていない取引方法なので、FXについてしっかり学んでからはじめてください。

高金利通貨ペアで自動売買を運用するとリスクが高い

高金利通貨ペアで自動売買を運用するのはリスクが高く、大損失してしまう可能性があります。

世界的に経済状況が安定していない2020年のスワップ運用は控えてデイトレやスイングトレードで収益を狙いましょう。

みんなのシストレはスワップ取引よりもデイトレ・スイングトレードが向いている

みんなのシストレは高金利通貨ペアも提供していますが、デイトレやスイングトレードが向いています。

スワップポイントも取得したいという人はデイトレやスイングトレードで持ち越したポジションから少しずつ回収していきましょう。

レート変動幅で収益を得ることをメインにした方が利益率もあがります。

みんなのシストレはスワップ取引に向いていない

みんなのシストレはスワップ運用に向いているFX自動売買ではありません。

値動きで得る収益を積み重ねる方が確実に資金を増やせるのでおすすめです。

スワップ運用は資金に余裕があって年間を通して貯金を少しふやしたいという人がやる取引なので、自動売買に任せるより裁量トレードでポジションを保有して監視している方が効率よく運用できます。

デイトレ・スイングトレードで運用しつつ買い注文でスワップポイントを取得しよう

スワップ取引をメインにするのではなく、デイトレ・スイングトレードで得る収益プラスαで考えるとうまくいきます。

高金利通貨ペアでも1万通貨辺り20円程度しかプラスにならないので、スワップポイントよりレート幅を狙った取引のほうが稼げます。

みんなのシストレでどうしてもスワップ運用したい人はリピート系注文がおすすめ

みんなのシストレでどうしてもスワップ運用したいという人はリピート系注文がおすすめです。

みんなのシストレはリピート系注文ができるようになったので、レンジ相場に強い自動売買取引が可能になりました。

高金利通貨ペアがレンジ相場になっている間にリピート注文で取引するとスワップポイントを稼ぐことができます。

高金利通貨ペアでみんなのリピート注文を利用しよう

みんなのリピート注文で高金利通貨ペアを設定すると効率よくスワップポイントを取得することができます。

ただし買い注文でないとスワップポイントを得ることができないので、右肩下がりの通貨ペアで利用しないように気を付けましょう。

みんなのシストレのスワップポイントは低い!スワップ運用したい人は裁量トレードで取引しよう

みんなのシストレはスワップポイントが低く、スワップ運用に向いていないことがわかりました。

スワップ運用を考えている人は高スワップポイントを提供している裁量トレードのFX業者で口座開設しましょう。

みんなのシストレでスワップ運用をどうしてもしたいという人はレンジ相場に強いリピート系注文で高金利通貨ペアを取引しましょう。

ただし、レンジ相場でない相場状況で利用すると損失してしまうので注意して取引してください。

スワップ運用は自動売買に向いていない

スワップ運用は自動売買に向いていません。

2019年代までは自動売買にスワップ運用を任せても安定して利益を得えることができていましたが、2019年年末あたりから高金利通貨ペアは暴落しはじめコロナショックで更に暴落しています。

今後レートが安定する保証がないので、裁量トレードでもスワップ運用はおすすめできません。

超長期売買は裁量トレードが最適

超長期売買でスワップポイントを狙っている人は裁量トレードが最適です。

レバレッジを抑えて1番下落している時期に買ってポジション状況を見守りましょう。

超長期売買は、数千万円以上の資金運用している人に向いている取引方法です。

少額資金だと利益率が低くなってしまうので、把握しておきましょう。

関連記事