カテゴリー
MT4

MT4のデモ口座開設方法を解説!おすすめデモ対応のFX会社やダウンロード手順も紹介

MT4は世界的に有名な取引ツールで、国内でも多くのトレーダーが利用しています。

しかし操作性が国内ツールと異なる為、経験者でも操作に手間取るケースがあります。

FX初心者の場合、どの機能を利用したらいいのか分からず挫折してしまう人もいます。

MT4は上記のような困った人に対応する為、デモ口座で利用することができます。

デモ口座は仮想資金でトレードする口座で、資金を失うことが無いので、損失の心配なくツールの操作性を確かめられます

今回は、MT4のデモ口座開設方法やダウンロード方法を紹介します。

デモ口座対応のFX会社の紹介やログイン方法まで説明するので、MT4のデモ口座を利用したいという人は参考にしてください。

FX取引ツール「MT4」とは?5つの特徴や取引方法を初心者でもわかりやすく解説

MT4のデモ口座はどこで開設できる?

まずMT4ツールは、MT4に対応しているFX会社からダウンロード出来ます

よってデモ口座も同じでMT4に対応しているFX会社から申し込み、ツールをダウンロードする事によって利用できます。

デモ口座の開設は本番口座と違って即時開設できるので、手早く操作性を知りたいという人にもおすすめです。

MT4対応のFX会社から口座開設可能

基本的にMT4対応のFX会社から口座開設することが出来ますが、MT4の本番口座を開設していないとデモ口座を利用できないFX会社もあります。

FXTFやOANDA Japanはデモ口座開設のみでも利用できますが、楽天証券などのデモ口座は本番口座が必要になるので注意しましょう。

おすすめのMT4デモ口座対応のFX会社と開設手順を紹介

国内FXでMT4のデモ口座を無料で作成できるFX会社を厳選しました。

これから紹介するFX会社は、本番口座を開設した後も充実したサービスを受けられるのでおすすめです。

MT4のデモ口座を利用して将来的に本番口座を開設しようと検討している人は参考にしてください。

OANDA Japan

OANDA Japan

総合
3.90
【スプレッド】
売買のコストパフォーマンス
4.0
【スワップポイント】
金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】
安定性・レスポンスの速さ
4.5
【取引ツール・アプリ】
サービス充実度・モバイル対応度
4.5
【情報力】
配信の充実度・コンテンツの質
5.0
最小取引単位スプレッド米ドル/円 スワップ
1,000通貨~0.3銭(米ドル/円)2.(買い)
-13(売り)
※2021/08/02時点
※100,000通貨単位
OANDAラボがMT4ユーザーに人気!
OANDA Japanは外資系のFX会社で、世界各国に拠点があります。
OANDA JapanはMT4を搭載しており、無料インディケータを配布しているOANDAラボがMT4ユーザーから高い人気を得ています。
また、為替情報が詳しく分析されており本格的にトレードしたい人におすすめです。
  • パンローリング社から投資本をプレゼント!(先着300名様限定)
  • DZHトレダーズウェブFX有料プレミアムサービス会員1ヶ月分(先着100名様限定)

OANDA Japanは2004年からFXサービスを開始しており、三井住友銀行で信託保全を行なっている為、安心できるFX会社です。

OANDA JapanはMT4に対応しており、デモ口座を無料で開設することができます。

またサーバーによって口座開設コースが異なり、ご自身のトレードスタイルに合った環境をコースで選べるので、しっかりFX取引で収益を得たい人におすすめです。

またOANDA Japanが提供しているOANDAラボでは、情報ツールや為替相場の分析情報を提供しているので、情報収集口座としても役に立ちます。

OANDA Japanの評判と口コミは?メリット・デメリットや口座開設時の注意点を解説

OANDA Japanのデモ口座開設手順

OANDA Japan

OANDA Japanのデモ口座開設手順は簡単です。

まず、OANDA Japanのデモ口座を開設する為に、デモ口座開設ページに移行します。

申し込みフォーム1

デモ口座申し込みフォームに名前・性別・連絡メールアドレス・電話番号を記入します。

申し込みフォーム2

下にスクロールすると、同意・承諾する箇所があるのでチェックボックスにチェックして「無料デモ口座を開設する」をクリックしましょう。

登録したメールアドレスにデモ口座のID・パスワードが送られてくるので、ID・パスワードを利用してデモ口座にログインします。

デモ口座

ログイン後、fxTrade Web版を選択して画面左部にある「MT4 MetaTrader(MT)4ダウンロード」をクリックするとMT4をダウンロードできます。

上記のダウンロードを終えると開設したデモ口座でMT4を利用できます。

FXTF

FXTF

総合
3.90
【スプレッド】
売買のコストパフォーマンス
5.0
【スワップポイント】
金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】
安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】
サービス充実度・モバイル対応度
4.5
【情報力】
配信の充実度・コンテンツの質
3.0
最小取引単位スプレッド米ドル/円 スワップ
1,000通貨~0.1銭(米ドル/円)20(買い)
20(売り)
※2021/07/16時点
※100,000通貨単位
国内最高峰のMT4
FXTFは国内最高峰のMT4ツールを提供しており、海外のトレーダーからも人気を博しています。
海外サービスと比較して安全性の高いMT4を搭載した希少な国内口座ということで、中級レベル以上のトレーダーから特に支持されています。
  • 口座開設&取引で最大10,000円キャッシュバック
  • スプレッド縮小キャンペーン
  • 一律キャッシュバックキャンペーン

FXTFはMT4に対応しているFX会社で、米ドル円のスプレッドを0.1銭で提示しています。

他の通貨ペアのスプレッドも狭めに設定されており、短期取引をメインにしている人におすすめです。

またFXTFは無料でインディケータを配布しており、MT4の分析能力を高めることも可能です。

FXTFは無料のMT4デモ口座が開設可能で、簡単にID・パスワードを取得することができます。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットやMT4の使い方・口座開設時の注意点を解説

FXTFのデモ口座開設手順

FXTFのデモ口座は、基本情報を記入することなく口座を開設できます

FXTFの公式ページ左部に「デモ申し込み」があるのでクリックします。

FXTFデモ口座

デモ申し込みをクリックすると、ログインID・パスワードが自動的に記載されているので、スクリーンショットなどで記録しておきます。

次にデモ申し込みの下にある「取引システムはこちら」を選択してMT4をダウンロードします。

FXTFMT4

FXTFのMT4をダウンロードした後は、最初に獲得してデモ口座のID・パスワードを入力するだけで利用できます。

MT4のデモ口座にログインする方法

MT4のデモ口座にログインする方法を紹介します。

どのFX会社でもログイン方法は統一されています。

しかしデモ口座を搭載していないFX会社の場合デモ口座でログインすることができないので注意してください。

MT4を起動して「ファイル」から「取引口座にログイン」を選択

MT4デモ口座にログイン

まずMT4を起動して「ファイル」から「取引口座にログイン」を選択します。

ID・パスワードを入力してログイン

取引口座にログインをクリックするとログイン画面が表示されます。

ログイン画面

ログインID・パスワードを記入して、サーバーがデモになっていることを確認してログインしましょう。

ログイン後、画面右下にある回線シグナルに問題がある人はログインできていないので、再度入力してログインしなおしましょう。

MT4で「回線不通!」と表示された時の原因と対処法を解説!

MT4のデモ口座に関する注意点

MT4のデモ口座に関する注意点をまとめました。

デモ口座はあくまで取引の練習や操作性を確かめる為のツールなので、長期間利用してもトレードスキルを向上させることはできません

ある程度FX取引になれた人は本番口座に移行して実戦経験を積みましょう。

FX初心者は国内FX会社のMT4デモ口座がおすすめ

MT4は海外FX業者でも取り扱っている所が多く、海外FX業者のMT4ツールでもデモ口座を開設することができます。

しかし海外のMT4は取引時間が海外仕様になっていたり、表記が英語になっていたりするので使いづらい状態になっています。

信頼性も国内FX会社のほうが高いので、FX取引の練習や操作性の確認をしたいという人は、国内FX会社でデモ口座を開設しましょう。

デモ口座に慣れた人は本番口座を早めに開設しよう

MT4ツールをデモ口座で慣れた後は、早めに本番口座に移行して本番取引を始めましょう。

FX取引に必要なスキルは、実践経験でしか学べない部分が多いのである程度期間を決めてデモ口座を利用してください。

基本的にMT4のデモ口座は無期限で利用することができます。

最高でも1ヶ月利用したら本番口座に移行すると考えておきましょう。

MT4のデモ口座はMT4対応の国内FX会社から開設できる

MT4のデモ口座はMT4対応の国内FX会社から利用できます。

本番口座のように本人確認の提出が不要なので「ちょっときになるかも?」と思っている人は気軽に作ってみましょう。

また本番口座と同じ機能を利用できるので、MT4の機能をしっかり使いこなせるようになってから本番に挑みたいという人にもおすすめです。

関連記事