カテゴリー
新・楽天銀行FX

新・楽天銀行FXの取引時間と年末年始のスケジュールを徹底解説

新・楽天銀行FXは楽天銀行が提供しているFXサービスです。

「新・楽天銀行FXの取引時間が知りたい」、「新・楽天銀行FXの年末年始のスケジュールは?」という人に今回は新・楽天銀行FXの取引時間について詳しく説明します。

メンテナンス時間や、他社の取引時間との違いも解説するので、新・楽天銀行FXで取引を考えている人は参考にしてください。

楽天銀行FXの評判・口コミは?メリット・デメリットと注意点を徹底解説

新・楽天銀行FXの取引時間

新・楽天銀行FXの取引時間は以下の通りです。

新・楽天銀行FXの取引時間
米国標準時間(冬時間)月曜日午前7時~土曜日午前6時55分
米国サマータイム(夏時間)月曜日午前7時~土曜日午前5時55分

新・楽天銀行FXの取引時間は米国標準時間を適用している為、サマータイムで取引時間が変わります。

1時間繰り上げになるので、サマータイム変更時は注意しましょう。

米国サマータイムで取引時間が変わる

新・楽天銀行FXの取引時間は米国サマータイム適用によって1時間繰り上がります。

米国サマータイムの期間は以下の通りです。

米国サマータイムの期間
3月14日日曜日~11月7日日曜日

日本には馴染みのないサマータイムですが、FX会社が提供する取引時間は米国基準で設定しているのでサマータイムが発生します。

取引時間が大きく変わる訳ではありませんが、1時間程度ずれるので取引停止間際と取引開始間際は注意しましょう。

新・楽天銀行FXの日次メンテナンス・定期メンテナンス時間

新・楽天銀行FXの日次メンテンナス・定期メンテナンス時間は以下の通りです。

新・楽天銀行の日次メンテナンス
米国標準時間火~金曜日の午前6時55分~午前7時10分
米国サマータイム火~金曜日の午前5時55分~午前6時10分
新・楽天銀行FXの定期メンテナンス
土曜日午後3時~午後8時

メンテナンス時はログインできないので、取引することは不可能です。

メンテナンス中にレートの急変が起きても対処できないので注意しましょう。

「日次メンテナンスがある所はどうしても怖い」という人は平日メンテナンス無しのFX会社をおすすめします。

数は多くないですが、日次メンテナンスをおこなっていないFX会社は複数存在します。

メンテナンス時はログインできないので注意

メンテナンス時は取引操作・入出金操作すべておこなうことができません。

メンテナンス中も市場はオープンしている状態なので、ポジション保有している人は損失に充分気をつけましょう

数十分程度なので、メンテナンスによって大損失を引き起こすことは殆どありません。

操作できない時間帯にポジションを保有するのが嫌な人は、メンテナンスに入る前に一度決済しておきましょう。

新・楽天銀行FXの年末年始のスケジュール

スケジュール

年末年始は海外の祝日やFX会社が休みになったりするので、通常通り取引することができません。

取引時間がFX会社によって変更されるので、スケジュールを事前に確認しておきましょう。

新・楽天銀行FXの年末年始のスケジュール
月日 取引時間
12月 25日
  • 一部海外市場祝日 7:10(取引開始)~15:00(取引終了)
  • 追証を解消するための入金期限: 14:00まで
12月26日 通常営業(7:10~翌6:55)
12月27日 通常営業(7:10~翌6:55)
12月28日 営業しておりません
12月29日 営業しておりません
12月30日 通常営業(7:00~翌6:55)
12月31日 通常営業(7:00~翌6:55)
1月 1日 営業しておりません
1月2日 通常営業(7:10~翌6:55)
1月3日 通常営業(7:10~翌6:55)
1月4日 営業しておりません
1月5日 営業しておりません
1月6日 通常営業(7:00~翌6:55)

クリスマスは海外が祝日になっているので、オープン市場が少なくなっています。

ボラティリティが高く、レート変動の予想がつきにくいので初心者は取引を控えましょう。

トレーダー参加者の少ない日はボラティリティが高くなるので注意

年末年始は取引をストップするトレーダーや企業が休んでいたりするので、取引に参加する人が一気に減ります。

市場参加者が少なくなると、変動幅が大きくなるので損失しやすい状況になります。

上級トレーダーでも予想できない変動状況になることもあるので、初心者は取引を控えましょう。

新・楽天銀行FXの取引時間と他社の取引時間を比較

新・楽天銀行FXの取引時間と他社の取引時間を比較してみました。

各FX会社の取引時間を比較
FX会社 取引時間 日次メンテナンス
みんなのFX
  • 米国標準時間月曜日7時~土曜日6時40分 あり
  • 米国夏時間月曜日7時~土曜日5時40分
あり
GMOクリック証券
  • 月曜午前7:00~土曜午前7:00
  • 米国夏時間月曜午前7:00~土曜午前6:00
  • (サマータイム)は3月第2日曜日~11月第1日曜日
なし
YJFX!
  • 月曜日午前7時~土曜日午前6時50分
  • (夏時間は土曜日午前5時50分まで)
あり
DMM FX
  • 夏時間 月07時00分~翌05時59分火~木 06時00分~翌05時59分
  • 冬時間 月07時00分~翌06時59分火~木 07時00分~翌06時59分金 07時00分~翌06時50分
なし
新・楽天銀行FX
  • 米国標準時間(冬時間)月曜日午前7時~土曜日午前6時55分
  • 米国サマータイム(夏時間)月曜日午前7時~土曜日午前5時55分
あり

FX会社の取引時間はほぼ同じですが、日次メンテナンスを実施していないFX会社は24時間フルで取引することができます。

取引できない時間帯が無いので、メンテナンス中に損失してしまうリスクも抑えられます。

日次メンテナンスの無いFX会社の方が取引に有利

日次メンテナンスの無いFX会社は取引に若干有利です。

有利といっても大きく変わる訳ではありません。

デイトレやスキャルピングトレーダーは日を跨ぐ取引をしないので、気にする必要はありません。

メンテナンスといっても数分から数十分程度で終わるので、取引大きく関わることはないと把握しておきましょう。

新・楽天銀行FXの取引時間に関する注意事項

新・楽天銀行FXの取引時間に関する注意事項は以下の通りです。

新・楽天銀行FXの取引時間に関する注意事項
  • メンテナンス中は取引ツールを利用できない
  • 年末年始スケジュールはかならずチェック
  • 冬時間と夏時間を把握しておこう

新・楽天銀行FXは日次メンテナンスを実施しているFX会社です。

メンテナンス中は取引ツールにログインすることができないので、取引操作だけでなく入出金操作もできません。

メンテナンス前後はシステムトラブルになりやすいので、時間に余裕をもって操作しましょう。

メンテンナンス時はログイン不可

メンテナンス中はログインできません。

取引操作だけでなく、入出金手続きもできないので把握しておきましょう。

土日の定期メンテナンス以外の時間帯は、為替市場が閉場しているので取引することができませんが入出金手続きは可能です。

ただし、出金手続きの反映は銀行が営業している時間帯に合わせて手続きされるので数日かかってしまうこともあります。

年末年始は取引できない日がある

年末年始は取引できない時間帯があります。

クリスマスは海外での祝日なので、多くの為替市場が閉まっています。

取引参加者が少なく、レート変動が激しい状態になっているので取引は控えましょう。

基本的に12月の為替相場はボラティリティが高めになっており、初心者向きではない環境です。

損失リスクをなるべく抑えたいという人は12月の取引を控えましょう

夏時間と冬時間で取引時間が変わる

新・楽天銀行FXの取引時間は夏時間と冬時間で分かれています。

米国標準時間を搭載しているので、サマータイム導入時期をあらかじめ把握しておきましょう。

1時間程度の繰り上がりなので、取引に大きく問題はありません。

取引終了・開始時間間際に取引する人は注意しましょう。

新・楽天銀行FXで取引コストを抑えられる取引時間帯

新・楽天銀行FXで取引コストを抑えられる取引時間を紹介します。

新・楽天銀行FXに限らず、全体的にトレーダー参加者の多い時間帯はスプレッドが狭くなっています。

上記の理由からスプレッドの狭い時間帯はNY市場・欧州市場が重なってオープンしている夜の時間帯ということがわかります。

新・楽天銀行FXのスプレッドは狭い?広がりやすい時間帯と各通貨ペアのスプレッド幅を他社と徹底比較

トレーダー参加者が増える19時以降はスプレッドが大きく広がっていない

欧州市場オープン時からNY市場オープンにかけてトレーダー参加者は除々に増えていきます。

19時以降からトレーダー参加者が増えてくるので、スプレッドも落ち着いて来ます。

逆にトレーダー参加者の少ない朝方はスプレッドが広がる傾向にあるので、なるべく取引コストを抑えたい人は夜に合わせて取引しましょう。

経済指標発表時はスプレッドが大きくひらくので注意

経済指標発表時はスプレッドが大きく開きます。

レートも急上昇・急落下している状態なので非常に危険です。

レート急変でスプレッドが広がっている時は、エントリーせず相場の様子をみて落ち着くまで待ちましょう。

早朝の取引はおすすめしない

早朝はトレーダー参加者が少ない為、スプレッドも広くなっています。

スプレッド幅だけでなくレート変動も激しくなっているので、稼ぐ取引がしにくい状況です。

スキャルピングやデイトレードを考えている人はなるべくNY市場・欧州市場に合わせて夜の22時~2時の時間帯を狙いましょう。

新・楽天銀行FXは平日24時間取引可能

新・楽天銀行FXは平日24時間取引可能のFX会社ということがわかりました。

日次メンテナンスが数十分程度あるので、早朝取引できない時間帯があるので注意しましょう。

日次メンテナンス以外の時間帯はいつでも取引可能です。

ただし年末年始は世界規模の祝日があるので、平日でも取引できない可能性があります。

年末年始のスケジュールはお知らせで確認できるので把握しておきましょう。

緊急メンテナンス時はお知らせをチェック

緊急メンテナンスは、通常取引できる時間帯でもログインできなくなる可能性があります。

緊急メンテナンスはお知らせで確認することができます。

取引時間なのにログインできないトラブルが発生したときは、新・楽天銀行FXのお知らせを確認しましょう。

関連記事