カテゴリー
新生銀行FX

新生銀行FXは最低金額いくらから取引可能?1000通貨単位からトレードできるから少額投資できる!初心者におすすめの証拠金を解説

新生銀行FXは銀行FXで、信頼性が高く安心して取引できるFXサービスです。

銀行FXなので、新生銀行口座を持っていると24時間365日リアルタイムで入出金することができます。

FX取引以外にもお得になるプログラムがあるので必見です。

今回は新生銀行FXがいくらから取引できるのか徹底解説します。

必要最低証拠金は各FX会社の取引通貨単位と取り扱い通貨ペアによって決まります。

なるべく少額資金で取引したい人は通貨単位と通貨ペアに注目してFX会社を選びましょう。

少額投資したい人が注目するポイント
  • 通貨単位
  • 通貨ペア

これから新生銀行FXで取引を考えている人は参考にしてください。

新生銀行FXの評判・口コミは?メリット・デメリット・口座開設時の注意点を解説

このページのもくじ

新生銀行FXはいくらから始められる?最低投資金額を徹底解説

新生銀行FXはいくらから始められるのか解説します。

新生銀行FXの取引ルールをまず見ていきましょう。

新生銀行FXの取引ルール
  • レバレッジは5つのコースから選択可能
  • ロスカットは20~95%まで設定可能(コースによって変化)
  • 通貨ペアは24種類
  • 1000通貨単位取引から可能

新生銀行FXの取引ルールは比較的柔軟な対応をできるルールとなっています。

ロスカット値も選べるので、自分でリスク管理をすることが可能です。

新生銀行FXは1000通貨単位取引から可能

新生銀行FXは1000通貨単位取引可能なので、主要通貨ペアを数千円単位で取引することができます。

レバレッジ25倍コースの場合、米ドル円を最低5000円あれば取引可能です。

証拠金維持率ギリギリで取引するのはロスカットの危険性が高いので、米ドル円で取引する人は最低でも1万円を用意しましょう。

通貨ペアによって必要証拠金は異なる

必要最低証拠金は通貨ペアによって異なります。

通貨ペア毎のレート値が違うので、1通貨単位のレートが高ければ高いほど必要証拠金が高くなります。

新生銀行FXはマイナー通貨ペアも取り揃えているので、レートが低い通貨ペアも多数存在します。

マイナー通貨ペアは必要証拠金が少額で済むので魅力的ですが、為替変動が激しく稀にレート配信が停止してしまうので注意しましょう。

スワップポイントも売り注文の場合高額になっている通貨ペアもあるので、ポジションを長く保有する予定のトレーダーはマイナススワップポイントも注目しましょう。

新生銀行はレバレッジコースによって投資金額が変化!各口座の必要最低証拠金

上記でも説明しましたが、新生銀行FXはレバレッジコースが存在します。

レバレッジコースによって必要証拠金は変化するので、レバレッジコースで25倍未満に設定する人は注意しましょう。

レバレッジコースで25倍未満に設定すると、FXの魅力を潰してしまう可能性があります。

レバレッジ制限をかけることはリスクを抑えられますが、同時に投資効率を下げてしまうので自分の投資資金から一番良い塩梅のコースを選択しましょう。

少額資金で取引を始めようとしている人は、レバレッジ25倍コースがおすすめです。

新生銀行FXのレバレッジは全部で5コース!

新生銀行FXのレバレッジコースを紹介します。

新生銀行FXのレバレッジコース
  • レバレッジ25倍コース
  • レバレッジ10倍コース
  • レバレッジ5倍コース
  • レバレッジ2倍コース
  • レバレッジ1倍コース

レバレッジ1倍の場合はレバレッジをかけずに取引するコースなので、FXトレードというより外貨預金として利用するトレーダーが多数います。

トレードスタイルによって最適のレバレッジコースがあるので、自分のトレードスタイルは何か最初に決めてからコースを選ぶことをおすすめします。

短期売買向き
  • レバレッジ25倍コース
中期売買向き
  • レバレッジ25倍コース
  • レバレッジ10倍コース
長期売買向き
  • レバレッジ5倍コース
  • レバレッジ2倍コース
外貨預金向き
  • レバレッジ1倍コース
スワップ運用向き(長期取引)
  • レバレッジ5倍コース
  • レバレッジ2倍コース
  • レバレッジ1倍コース

レバレッジコースによって必要証拠金が異なると説明しましたが、実際に米ドル円で必要な証拠金を紹介します。

各レバレッジコースの必要証拠金
レバレッジコース 1000通貨単位の証拠金(米ドル円) 10000通貨単位の証拠金(米ドル円)
25倍コース 4246円 42460円
10倍コース 10610円 106100円
5倍コース 21220円 212200円
2倍コース 53050円 53050円
1倍コース 106100円 1061000円

レバレッジコースが5倍以下になると10万円以下の資金で始めようとしている人には厳しい金額設定となります。

ロスカット値を20~95%まで自分で設定可能

ロスカット値はレバレッジコースによって最低水準が異なります。

必要証拠金ピッタリ入金して取引を始めると即ロスカットになる恐れがあるので注意しましょう。

ロスカット水準を低く設定していると追証が発生してしまう可能性があるので、初心者は95%にすることをおすすめします。

ロスカット水準
  • レバレッジ25倍コースの場合50%~95%
  • レバレッジ10倍コースの場合40%-95%
  • レバレッジ5・2・1倍コースの場合20%~95%

レバレッジを低く設定すると必要最低証拠金が高くなる

レバレッジコースを低く設定するので必要最低証拠金は高くなります。

なるべく少額資金で取引の練習をしたい人や、少額資金運用を考えている人はレバレッジ25倍コースを選びましょう。

レバレッジは資金効率を良くしてくれるシステムですが、依存しすぎると大損失してしまうリスクがあります。

ある程度リスクを把握して取引してください。

新生銀行FXで少額投資できるおすすめ通貨ペアを紹介

必要最低証拠金は通貨ペアによって異なります。

現在新生銀行FXは24種類の通貨ペアを取り扱っています。

マイナー通貨ペアも豊富に取り揃えているので、少額資金運用することも可能です。

マイナー通貨ペアはスプレッドが広いので取引コストに気をつけながら少額資金で取引しましょう。

これから少額投資できる通貨ペアを紹介します。

少額投資できる通貨ペア
  • 南アフリカランド円
  • 香港ドル円
  • メキシコペソ円
  • トルコリラ円

上記で紹介した通貨ペアはどれもレートが低く、おすすめです。

各通貨ペアによって特徴があるので、しっかり抑えておきましょう。

南アフリカランド円は1000通貨単位取引を1000円以下で投資可能

南アフリカランド円の現在のレートは6.350円で1000通貨単位取引をわずか254円ではじめられます。

1000円程度資金を用意すれば取引可能な通貨ペアなのでおすすめです。

南アフリカランド円は高金利差通貨ペアとして有名で、スワップポイントが高く長期運用にも向いています。

1万通貨単位でも3000円あれば運用可能な通貨ペアなので、少額資金運用に最適の通貨ペアです。

新生銀行FXでの南アフリカランド円のスワップポイントは買いスワップポイントが6円となっています。

高スワップポイントではありませんが、充分スワップポイント運用することができるので1万通貨単位取引を考えている人は南アフリカランド円で取引してみましょう

マイナー通貨ペア香港ドル円は1000円以下で投資可能!米ドル円と連動するから初心者におすすめ

香港ドル円を取り扱っているFX会社は少なく、珍しい通貨ペアとなっています。

香港ドル円の現在のレートは13.6となっており1000通貨単位取引の場合546円で取引可能です。

香港ドル円も南アフリカランド円と同じ1000円以下で取引可能な通貨ペアです。

スプレッドが2.9銭と広く設定しているので、取引コストに注意する必要がありますが米ドル円と連動していることもあり初心者が扱いやすい通貨ペアとなっています。

米ドル円で取引したいが証拠金が足りないという人は香港ドル円で取引しましょう。

メキシコペソ円は新生銀行FXで一番安く取引できる通貨ペア!

メキシコペソ円は新生銀行FXで一番安く取引できる通貨ペアです。

メキシコペソ円の現在のレートは4.94となっており必要最低証拠金は198円です。

1000円の資金で0.1Lot以上投資できるのは非常に魅力的です。

メキシコペソ円は高金利差通貨ペアとして有名で、南アフリカランド円同様スワップ運用も可能です。

新生銀行FXでのスワップポイントは買い注文で9円に設定されているので、南アフリカランド円以上にスワップポイントが貯まります。

スプレッド幅も他のマイナー通貨ペアに比べて狭く設定されているので、少額投資に1番おすすめの通貨ペアです。

トルコリラ円は相場観がわかりやすく少額で取引可能

トルコリラ円はワップ運用向き通貨ペアとして有名でしたが、5年連続右肩下がりになってしまったのでスワップ運用向きではなくなりました。

現在トルコリラ円のレートは14.1円で必要最低証拠金は567円です。

トルコリラ円はスワップ運用向きではありませんが、相場状況が下落トレンドとはっきり分かるので売り目線でわかりやすく利確を狙える通貨ペアです。

売り注文のマイナススワップポイントが-90円なので、ポジションを持ち越すことは控えましょう。

デイトレメインの売り注文で攻めると上手くいく通貨ペアです。

2020年9月現在トルコリラ円は最安値を更新しています。

上昇する方向感ではないので、下落目線でしっかり戦略を立てましょう。

1000通貨単位以下で取引したい人は新生銀行FXに向いていない!他のFX会社がおすすめ

新生銀行FXは通貨ペア次第で少額資金取引できますが、主要通貨ペアをもっと少額取引したい人や全体的にもっと低価格で取引したいという人は他のFX会社がおすすめです。

1000通貨単位以下で取引できるFX会社もあるので、1000円以下のトレードをしたい人は1通貨単位~999通貨単位取引可能なFX会社で口座開設しましょう。

SBI FXトレードは1通貨単位取引可能!18歳から口座開設できるから学生にもおすすめ

SBI FXトレード

SBI FXトレードは1通貨単位取引可能なFX会社です。

18歳から口座開設できるので、学生もFX取引することができます。

SBI FXトレードの魅力は1000通貨単位以下のトレードの場合スプレッドが業界最狭水準という所です。

通常米ドル円の業界最狭水準のスプレッドは0.2銭と設定されていますが、SBI FXトレードは1000通貨単位取引以下の場合0.09銭に設定しています。

1000通貨単位取引以上だと0.09銭のスプレッドは適用されませんが、少額投資したい人は最大限に収益を得る事ができるのでおすすめです。

SBI FXトレードの評判・口コミは?メリット・デメリットと初心者におすすめの理由・口座開設の流れを解説

OANDA Japanは1通貨単位取引から取引可能!70通貨ペア対応だから豊富にトレードできる

OANDA JAPANの「OANDA fxTrade(ベーシックコース)」はMT4対応!

OANDA Japanは1通貨単位取引から可能なFX会社で70通貨ペア対応しています。

豊富な通貨ペアで色々なトレードを1通貨単位取引できるので、これからFXを始めようと思っている人におすすめです。

OANDA JapanはMT4に対応しているので、世界的に愛用されている取引ツールを利用することができます。

自分のトレードレベルに合わせた使い方ができるので、今後長くFX取引する予定のトレーダーはOANDA Japanで口座開設しましょう。

マネーパートナーズは100通貨単位取引から可能!初心者向け取引ツールがおすすめ

マネーパートナーズのFX

マネーパートナーズは100通貨単位取引から可能なFX会社です。

初心者向き取引ツールが有名で、高い約定力をもっています。

スプレッドも狭めに設定しているのでしっかり取引コストを抑えてトレード可能です。

少額取引を高い約定力でおこないたいというトレーダーにおすすめのFX会社です。

マネーパートナーズのFXの評判・口コミは?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

新生銀行FXの少額取引に関する注意事項

新生銀行FXの少額取引に関する注意事項を紹介します。

新生銀行FXの少額取引に関する注意事項
  • 証拠金維持率100%の取引は危険
  • 有効証拠金に余裕を持とう
  • 少額取引はリスクを抑えられるが収益は少ない

少額取引はメリットも多数存在しますが、デメリットもあります。

自分が稼ぎたい金額とトレードスタイルが上手く噛み合って居ない場合、最悪自主退場してしまうので早い内に確認しておきましょう。

【注意事項1】証拠金維持率100%の取引は危険

証拠金維持率はレバレッジ25倍かかっている状態で、危険です。

ロスカット値を低く設定していても、追証が発生してしまう可能性があるので気をつけましょう。

少額資金で取引するときは、取引自体が少額でも有効証拠金をしっかりもって取引しましょう。

【注意事項2】有効証拠金に余裕を持とう

有効証拠金は、取引に使われていない金額のことで、レート変動によって有効証拠金も変化します。

利用している証拠金維持率は有効証拠金が多くあればあるほど高くなります。

大体300%~500%に証拠金維持率を設定しているトレーダーが多いので、損失リスクを抑える為に有効証拠金に余裕を持ちましょう。

【注意事項3】少額取引はリスクを抑えられるが収益は少ない

少額取引は、取引する金額が少ないので損失リスクを抑えることができますが得る収益も少なくなります。

少額資金で大金を得ることは、国内FX会社の場合ほぼ不可能です。

日本はレバレッジ規制があるのでしっかり稼ぎたい人は、10万円~30万円最低でも必要となります。

少額資金で大金を稼ぎたい人は、レバレッジを25倍以上かけられる海外FXで口座開設しましょう。

新生銀行FXは1000円以下で取引可能!少額取引したい人はレバレッジコースを25倍にしよう

新生銀行FXは1000円以下で取引可能ということがわかりました。

少額取引したい人はレバレッジコースを25倍にして、マイナー通貨ペアで取引しましょう。

初心者は主要通貨ペアで取引するのが最適ですが、1万円以下で取引したい人は証拠金維持率がギリギリになってしまうのでおすすめできません。

レバレッジを低くしたい人はある程度資金を用意しよう

レバレッジを低く設定しようと考えている人はある程度資金を用意する必要があります。

レバレッジを低くすれば、投資効率を下げてしまうので金融資産を数十万持っていない人はおすすめできません。

100万円以上の資産を長期運用で増やしたい人に向いているレバレッジコースなので、今一度自分のトレードスタイルを確認しましょう。

少額投資する人はメリット・デメリットを理解してはじめよう

少額投資する人はメリット・デメリットを理解してはじめましょう。

少額投資は、損失リスクを低くすることができますが収益も低くなります。
初心者の場合思ったよりも稼げず挫折してしまう人がいます。

国内FXの場合最低でも10万円以上の資金で取引しないと稼げないことを理解して少額取引に挑戦してください。

関連記事