カテゴリー
トライオートFX

トライオートFXは少額資金で運用可能?最低資金はいくらからか徹底解説

トライオートFXはインヴァスト証券が提供しているFXサービスで、自動売買をメインにしています。

トライオートFXの自動売買は自動売買セレクト・認定ビルダー・ビルダー機能があり、自分のレベルに合わせて自動売買を設定することができます。

初心者から上級トレーダーまで充実したトレードができるので幅広い層から高い人気を得ています。

今回はトライオートFXで少額資金運用は可能なのか、最低資金はいくら必要なのか徹底解説します。

トライオートFXの少額資金運用に関する情報
  • トライオートFXは1000通貨単位取引可能
  • 裁量トレードの場合取引手数料は無料
  • 1番証拠金が安いのはトルコリラ円

最低必要資金が低いから少額取引可能というわけではないので注意しましょう。

FXは少額資金運用するにあたってロスカットリスクが高くなります。

損失してしまう可能性も同時に考える必要があるので、必要最低資金=投資金額と考えないようにしてください。

トライオートFXの口コミ・評判と運用実績を徹底解説!

このページのもくじ

トライオートFXでの最低資金で取引できる通貨ペアはトルコリラ円

トライオートFXは取り扱い通貨ペアが17種類あります。

17種類の中で1通貨単位のレートが低い通貨ペアは南アフリカランド円です。

しかし、南アフリカランド円は10000通貨単位以上となっています。

南アフリカランド円が1000通貨単位取引可能であれば最低資金で取引できますが、10000通貨単位からなので1000通貨単位対応のトルコリラ円が最低資金で取引できる通貨ペアとなります。

トルコリラ円の必要最低証拠金は2020年9月現在約550円となっています。
1000通貨単位取引の場合、1000円以下で投資することが可能です。

トライオートFXはトルコリラ円を500~600円で取引可能

トライオートFXは南アフリカランド円以外1000通貨単位取引可能なので、トルコリラ円を500円~600円で取引することができます。

ただし、自動売買の場合取引手数料がかかるのと、設定するプログラムによって推奨証拠金が決まっているので1000円で取引するにはマニュアル注文で取引する必要があります。

必要最低証拠金は数百円となっていますが、ギリギリの投資金額で取引するとロスカットリスクが高くなるので控えましょう。

トライオートFXは南アフリカランド円以外1000通貨単位から取引可能!

トライオートFXは南アフリカランド円以外の通貨ペアを1000通貨単位から取引することができます。

レートが高い通貨ペアでも4000円~1万円で取引できるので、少額取引をしたい人は1000通貨単位取引をおすすめします。

トライオートFXの自動売買セレクトは少額取引できるがおすすめできない

トライオートFXの自動売買セレクトは少額取引可能ですが、おすすめできません。

元々自動売買システムは長期トレードで収益をコツコツ増やすシステムなので、少額投資の場合収益を上手く伸ばせない可能性があります。

トライオートFXの自動売買セレクトを使用する場合、最低でも10万円以上ないと思った様に運用できません。

最低証拠金は1万円以下となっていますが、実際に稼ぐことを目的にトレードする場合1万円で資金運用するのは難しいので控えましょう。

売買セレクトを利用しているトレーダーは20万円台~50万円台で運用している

トライオートFXで取引している人の運用資金

トライオートFXの売買セレクトを利用している人の約半分が20万円~50万円の間で運用しています。

上記の表から見ても分かりますが、10万円以下で取引している人は少なく、最小投資金額は20万円程度という事がわかります。

10万円以下でも取引可能だが利用できるプログラムが限定される

トライオートFXで上位になっている自動売買プログラムの最小取引数量だと20万円~50万円運用資金が必要となります。

10万円以下でも運用可能ですが、上位に表示されているプログラムを利用できないので自動売買システムを稼働しても損失してしまう可能性があります。

少額投資の場合ロスカットリスクも高くなるので、安全に取引したい人は最低でも20万円以上は入金しましょう。

トライオートFXの利用者約5割が証拠金維持率600%以上でトレードしている

トライオートFXの利用者約5割が証拠金維持率600%以上でトレードしているというデータがあります。

トライオートFX(自動売買セレクト)でトレードしている人の証拠金維持率
証拠金維持率 割合
100%台 4.8%
200%台 8.0%
300%台 10.3%
400%台 12.0%
500%台 10.9%
600%台 8.7%
700%台 7.1%
800%台 5.8%
900%台 4.0%
1000%台 23.0%
2000%以上 5.4%

 

100%~200%台でポジションを保有している人は全体の12.8%しかおらず、トライオートFXで取引している人はレバレッジを抑えて取引している人が多いということがわかります。

証拠金が低い場合、為替変動が急激に動くと対応できずにロスカットになってしまいます。

有効証拠金を増やして証拠金維持率を増やすには取引数量を減らすか運用資金を増やすか方法がないので、最小取引数量で取引していて証拠金維持率が低い人は運用資金を増やしましょう。

損失リスクを軽減するために有効証拠金に余裕を持って取引している

自動売買で資金を運用している人は、自分でポジションを管理しているわけではないので損失リスクを自分で調整しながら取引することができません。

上記の理由から有効証拠金に余裕をもって資金運用しているトレーダーが殆どです。

裁量トレードの場合、ハイレバレッジ状態でも自分で調整して損切りすることも可能ですが自動売買システムは機械がエントリー・決済するので急な相場変動に対応することができません。

少額資金運用を自動売買で考えている人は一度、自分の投資金額を確認して自動売買を運用できる金額か確認しましょう。

少額資金運用だとロスカットリスクが高くなる

少額資金運用は、必然的に証拠金維持率が低くなるのでロスカットリスクが高くなります。

勿論推奨証拠金が低いプログラムもあるので、ある程度資金を少ない状態でプログラムを設定することもできますが、上位プログラムではないのでうまく稼働してくれない可能性が高くなります。

うまく稼働してくれないプログラムで資金運用すると、証拠金維持率だけでなくプログラムの問題でロスカットに陥る場合もあるので注意しましょう。

自動売買を稼働する人は証拠金維持率300%以上でトレードしよう

トライオートFXで自動売買を稼働する人は証拠金維持率300%以上でトレードすることを心掛けましょう。

運用資金が多少多くなっても、損失するリスクを考えると資金を多めにしておくほうが収益を上げるチャンスが増えます。

用意できる資金が10万円以下の場合、自動売買システムに向いていない投資金額なので裁量トレードで増やすか投資金額を10万円まで増やしてはじめることをおすすめします。

安全に少額取引できる金額を徹底解説

いままでは最低資金はいくらか解説していましたが、これからは安全に取引できることを前提にした最低資金を解説します。

取引ルール上では最低資金ではありませんが、ロスカットリスクをケアできるギリギリの最低資金を紹介します。

上記で紹介した投資金額でも取引はできますが、勝つ可能性が低いので、トライオートFXでしっかり稼ごうと考えている人はこれから紹介する最低資金を参考にしてください。

最低でも10万円は用意しよう!取引する通貨ペアによっては20万円必要

トライオートFXで必要な最低資金は10万円です。

20万円~50万円ではじめる人が多数いますが、10万円でもロスカットリスクを軽減して資金運用することは可能です。

トライオートFXにとっての少額資金運用は10万円からということを覚えておきましょう。

10万円以下でFX取引をしたいという人は、裁量トレードの方がおすすめです。

損失リスクを徹底して資金運用できる金額は50万円から

損失リスクを徹底的に管理して資金運用できる金額は50万円からとなっています。

日本ではレバレッジを最大25倍までしかトレードできないので、ある程度資金を持っていないと資金効率を上げることができません。

少額資金で何度取引しても、収益を上げることはできないのでトライオートFXで自動売買を利用使用と考えている人は20万円~50万円程度用意しましょう。

トライオートFXで少額資金取引をするときの注意事項

トライオートFXで少額資金取引するときの注意事項を紹介します。

トライオートFXで少額資金取引するときの注意事項
  • トライオートFXの自動売買システムは取引手数料が発生する
  • トライオートFXは少額であればあるほど取引手数料が高くなる
  • トライオートFXは裁量トレードで少額取引可能だがおすすめできない

トライオートFXは自動売買メインのFXサービスなので、自動売買を利用せず裁量トレードで少額取引する場合メリットをうまく活かすことができません。

少額取引をメインに考えている人は、トライオートFXには向いていないので裁量トレードメインのFX会社をおすすめします。

【注意事項1】トライオートFXの自動売買システムは取引手数料が発生する

トライオートFXの自動売買システムは取引手数料が発生します。

トライオートFXの特徴としてスプレッドが狭い代わり取引手数料を有料にしています。

自動売買システムを提供しているFX会社は取引手数料がかかる可能性が高いので、スプレッド以外の部分でも取引コストがかかります。

少額取引をしようと考えている人はスプレッドだけでなく取引手数料のことも考えましょう。

【注意事項2】トライオートFXは少額であればあるほど取引手数料が高くなる

トライオートFXは取引している金額が少額であればあるほど取引手数料が高くなる設定です。

裁量トレードの場合無料ですが、自動売買システムを利用すると少額取引の場合収益より手数料がかかってしまうことがあります。

少額資金で自動売買を稼働すると、取引手数料が加算されて資金損失の原因になってしまうので注意しましょう。

【注意事項3】トライオートFXは裁量トレードで少額取引可能だがおすすめできない

トライオートFXは裁量トレードで少額取引することが可能ですが、トライオートFXのメインは自動売買です。

裁量トレードで少額取引したい人は裁量トレードメインのFX会社で取引をすることをおすすめします。

トライオートFXでは最低10万円ないと自動売買システムを充実して稼働できないことを把握しておきましょう。

トライオートFXで安全に取引できる最少額資金は10万円!10万円以下で資金運用したい人は自動売買に向いていない

トライオートFXでの最少額資金は 10万円という事がわかりました。

必要最低証拠金の場合1000円以下でも取引可能ですが、FXで稼ぐことを目標にした場合最低でも10万円必要です。

トライオートFXの利用者の半分が20万円~50万で資金運用していることも把握しておきましょう。

トライオートFXは10万円以下でも取引可能だがおすすめできない

トライオートFXは10万円以下でも取引可能なFX会社ですが、稼ぐことを目標にしている人はおすすめできません。

トライオートFXの自動売買システムで練習したいという人は10万円以下でも充分運用できますが、稼ぐ事を目的にしていると厳しくなってしまいます。

少額資金運用での収益は見込めないということをしっかり理解しておきましょう。

関連記事