カテゴリー
おすすめFX会社を比較

【2020年最新】南アフリカランド円のスワップポイントを徹底比較!高スワップが狙えるおすすめFX業者ランキング

南アフリカランドという通貨は1961年に導入されており、高金利通貨で有名です。

2020年7月現在6.2~6.4円の値幅で変動しています。

円の金利は非常に低く、南アフリカランド円は高金利差でスワップポイントを狙った取引が可能です。

スワップポイントは金利差で生まれるお金のことで、FX業者によってもらえるポイントが変わります。

南アフリカランド円の場合、買い注文でポジションを保有していると約1Lot6円~7円取得することができます。

今回は南アフリカランド円の高いスワップポイントを提供しているFX業者を紹介します。

各FX業者のスワップポイントを徹底比較するので、これから南アフリカランド円で取引しようと考えている人は参考にしてください。

このページのもくじ

【2020/07最新】南アフリカランド円のスワップポイントを徹底比較

南アフリカランド円のスワップポイントを徹底比較しました。

南アフリカランド円のスワップポイントを徹底比較(2020/07/31)
会社名 スワップポイント(10000通貨単位)
みんなのFX 6.1円
GMOクリック証券 6.0円
ヒロセ通商 6.0円
YJFX! 6.0円
セントラル短資FX 3.0円
FXプライムbyGMO 7.0円
FXブロードネット 4.0円
LINE FX 6.0円

スワップポイントは日々変化するので、1日だけ比較して1番ポイントが高いからおすすめという訳ではありあません。

コンスタントにスワップポイントを高く提供しているFX業者でスワップ取引しましょう。

スワップポイントが高いとスワップ取引しやすい

当然のことですが、スワップポイントが高いとスワップ取引がしやすくなります。

米ドル円や豪ドル円でスワップ取引している人もいますが、金利差があまりないので1日に回収できるポイントが少なく高額資金を運用しないと稼ぐことができません。

南アフリカランド円に比べて主要通貨ペアは為替変動が安定していますが、スワップポイントがそれほど高くないので稼ぐのに時間がかかってしまいます。

【2020/07最新】南アフリカランド/円のスプレッドを徹底比較

どんなにスワップポイントが高くてもスプレッドが広いと取引コストが掛かってしまいます。

南アフリカランド円のスプレッド状況によってスワップ金額より含み損が大きくなってしまう場合があるので注意しましょう。

南アフリカランド円のスプレッドを徹底比較(2020/07/31)
会社名 スプレッド
みんなのFX 0.9銭
GMOクリック証券 1.0銭
ヒロセ通商 0.9銭
YJFX! 1.3銭
セントラル短資FX 0.9銭
FXプライムbyGMO 0.9銭
FXブロードネット 16.4銭
LINE FX 0.8銭

相場状況によってスプレッド幅が変更する場合があります。

2020/07/31の時点では上記のスプレッドですが、今後変化する可能性もあります。

南アフリカランド円はスプレッド幅が主要通貨ペアに比べて広めです。

経済状況によってスプレッドが開きやすい特徴をもっているので注意しましょう。

スワップポイントが高くてもスプレッド幅が広いと無意味

スプレッドの重要性

スワップポイントがいくら高くてもスプレッド幅が広いと取引コストがかかり、純粋な利益を受け取ることができません。

スプレッド幅が1.0なのと2.0なのではポジション自体の損益が大きく変わるので、スプレッド幅が原則固定で狭いFX業者を選びましょう。

南アフリカランド円のスワップ取引にベストなFX業者を選ぶ基準

南アフリカランド円のスワップ取引したい人は、いまから説明する基準を考えてFX業者を選びましょう。

南アフリカランド円のスワップ取引にベストなFX業者を選ぶ基準
  • スワップポイントが高いか確認する
  • 南アフリカランドの経済状況を配信している
  • スプレッドが狭いか確認
  • 取引ツールの性能と相性を考える

スワップポイントだけ見ておけば大丈夫という訳ではありません。

スワップポイントが高くても取引ツールが使いにくかったりスプレッドが広がっていたりすると上手く収益をだすことができません。

スワップ取引をするといっても、最適なFX業者は人によって異なります。

1番大切なのは、FX業者のサービスをどうやって自分のトレードにプラスにするかです。

上記のことを良く考えながら自分に1番合うFX業者を見つけましょう。

スワップポイントが高いか確認する

南アフリカランド円のスワップ取引をするのに、スワップポイントが低いFX業者でやっても意味がありません。

現在高水準スワップポイントを提供しているFX業者は沢山あります。

南アフリカランド円のスワップポイントが高水準なFX業者に絞って口座開設を考えましょう。

南アフリカランドの経済情報を配信しているか

南アフリカランド円の取引をするのに、南アフリカランドに関する情報を全く知らない状況は危険です。

南アフリカランドについてしっかり情報配信してくれるFX業者を選びましょう。

南アフリカランドの経済指標を通知してくれるFX業者はかなり優良なのでおすすめです。

南アフリカランド円のスプレッドを確認

スワップポイントが高くてもスプレッドが広いと意味がありません。

スプレッドが原則固定で尚且狭いFX業者を選びましょう。

多少の広がりは問題ありませんが、原則固定スプレッド外の時間帯で大きく開きすぎると含み損が跳ね上がって最悪の場合ロスカットとなります。

固定スプレッドでない時間でもスプレッドが大きく広がらないFX業者が最適です。

取引ツールの性能を確認

どんなにサービスが良くても利用する取引ツールと相性が悪いと意味がありません。

デモ口座を開いで事前に動作確認しましょう。

チャート配信のスピードが遅かったり、レート配信を停止してしまったりしている場合は取引に支障がでてしまいます。

約定力も重要になってくるので本番取引する前に、しっかり確認しましょう。

南アフリカランド円のスワップ運用に向いているFX業者BEST5

南アフリカランド円のスワップ運用に向いているFX業者をランキング形式で5者発表します。

順位をつけていますが、1位のFX業者が必ず自分に合うわけではありません。

各FX業者の特徴を理解して、1番自分のトレードスタイルに合うとおもったFX業者を選びましょう。

【1位】みんなのFXはスワップポイント高水準!南アフリカランド円以外の通貨ペア取引もおすすめ

みんなのFXはスワップポイントが高水準で、南アフリカランド円以外の通貨ペアもスワップポイントを高く設定しています。

スワップポイントに関連するキャンペーンも定期的におこなっているのでおすすめです。

初心者に優しいサービスを提供しているので、これからFX取引をはじめようという人に最適です。

1つ欠点としてトレードアプリを搭載していないので、スマホでFXを運用することができません。

パソコンメインで取引する人に合っていますが、スマホで取引したいという人は他のFX業者で口座開設しましょう。

みんなのFXの口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

みんなのFXは初心者向けのFX業者!

みんなのFXは初心者に優しいコラムも充実しており、初心者でも手軽にFXをはじめることができます。

スワップ取引以外のトレード方法も柔軟に対応できるようになっているので、色々な取引方法で収益向上するチャンスがあります。

スプレッドも業界最狭水準で提供しているので取引コストもかかりません。

シンプルな取引ツールで直感的な操作が可能となっているので、とにかくシンプルに資金運用したい人に最適のFX業者です。

【2位】ヒロセ通商「LION FX」はスワップ取引キャンペーンも充実!

ヒロセ通商「LION FX」キャシュバックキャンペーン内容

ヒロセ通商「LION FX」は南アフリカランド円のスワップポイントは勿論、他の通貨ペアも高いスワップポイントで提供しています。

ヒロセ通商は50種類の通貨ペアを取り扱っているので、南アフリカランド円以外の取引も試すことができます。

ヒロセ通商「LION FX」のトレードアプリはパソコンに劣らないスペックをもっているので、上級者も充実したトレードが可能となっています。

スワップ取引のキャンペーンや取引高キャンペーンを豊富に実施しているので、キャンペーンを重視している人に最適のFX業者です。

ヒロセ通商「LION FX」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説 

ヒロセ通商「LION FX」は全体的に高スペック!どんな状況でも対応できる

ヒロセ通商「LION FX」は全体的にスペックが高いので、どんな状況でも柔軟に対応することができます。

スプレッド・スワップポイント両方業界高水準で提供しているので、取引コストが利益に影響することがありません。

取引サービス以外のサービス内容も充実しているので、初心者でも利用しやすいFX業者です。

スワップ取引だけでなく、色々な取引を試したい人はヒロセ通商「LION FX」で口座開設しましょう。

【3位】GMOクリック証券はスワップポイントだけじゃなく短期取引にも対応!

GMOクリック証券

GMOクリック証券は約定力がたかくスワップポイントも高水準で設定しているので、思い通りの価格帯で取引することができます。

GMOクリック証券はスワップ取引だけでなく、スキャルピングトレードにも最適のFX業者なのでスワップ取引をしつつ短期取引をおこないたい人におすすめです。

高い約定力で、思い通りの取引をしたい人に1番適したFX業者です。

GMOクリック証券の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説 

スキャルピング公認だから短期取引もしたい人におすすめ

GMOクリック証券はスキャルピングを公認している数少ないFX業者です。

スキャルピングで口座が凍結する心配がないので、短期取引もしたいという人に向いています。

取引ツール・情報ツールともに高性能なので、制度の高いチャート分析をおこなうことができます。

特に情報ツールはチャート分析の助けになってくれるのでおすすめです。

【4位】2020年からはじまったLINE FX!スプレッドも狭いから安心

LINE FXの取引時間を解説

2020年から新しくリリースされたLINE FXはシンプルでサービスが業界高水準です。

通貨ペアの種類が少ないのですが、スワップ取引に向いている通貨ペアを取り揃えており初心者~上級者でも納得のいくラインナップになっています。

南アフリカランド円のスワップポイントを高く設定しているので、スワップ取引しようと思っている人におすすめです。

LINE通知機能で南アフリカランド指標を通知することができるので、取引画面を開いてない状況でも経済状況を確認することができます。

LINE FXの口コミ・評判と気になるメリット・デメリットを徹底解説! 

南アフリカランド円のスプレッドが狭い

LINE FXは南アフリカランド円のスプレッドを狭く設定しています。

通常0.9銭で固定していますが、0.8銭まで狭くなる時もあるので取引コストを大幅に削減することができます。
レート配信もリアルタイムで表示されるので、相場状況を素早く読み取ることができます。

早朝のスプレッドが大きく開くこともないので安心してポジションを保持できます。

【5位】スマホでスワップ取引したい人はYJFX!

YJFX!

スマホアプリをメインにしてスワップ取引したい人はYJFX!がおすすめです。

アプリの性能が高水準で、チャート画面も見やすくスマホでも充分取引分析することができます。

南アフリカランド円のスプレッド幅が上位FX業者と比べて広いのですが、取引ツールの機能性とスワップポイントの高さでカバーしています。

経済指標は重要度の低いものでも細かく発表しているのでおすすめです。

YJFX!の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

アプリ機能が高スペックで使いやすい

アプリ機能が高スペックで使いやすいので、これからFX取引に関して成長したいというトレーダーに最適のFX会社です。

1000通貨単位から取引可能なので、少額トレードで本番取引を練習することもできます。

勿論デモ口座もあるので、現金取引するのが怖いという人はデモ口座からはじめましょう。

南アフリカランド円でスワップ取引する理由

なんで南アフリカランド円はスワップ取引に向いているの?という疑問について細かく解説していきます。

南アフリカランドは高金利通貨で、現在5.25%の金利となっています。

円の金利が低いため、高金利差通貨ペアとなっています。

トルコリラ円とくらべてレートが安定しているので、安心して買い注文できるメリットがあります。

高金利差通貨ペアだから

スワップポイントが高い通貨ペアは他にも沢山あります。

ただし、相場状況によってスワップ取引のみ狙っても利益を得ることのできない場合があります。

トルコリラ円が現在右肩下がりの状況になっており、コロナ禍で一時レート配信停止になりました。

スプレッドも大きく開いていたので、スワップポイントだけで稼ぐのが厳しい状況になっていました。

南アフリカランド円も同じくコロナ禍で影響を受けましたが、トルコリラ円並の影響を受けておらず現在スワップ取引しても問題ない値動き幅になっています。

長期運用で確実な利益を見込めるから

2020年の見込みとして、南アフリカランド円は上昇していくと予想しています。

トルコリラ円のように下がり続ける予想はされていないので、安心して長期運用することができます。

絶対に下がらないと断言できませんが、トルコリラ円よりも安定しているのでスワップ取引したい人は南アフリカランド円で取引しましょう。

南アフリカランド円の今後は?コロナショックで展開が読めない状況

現在南アフリカランド円は6円代で値動きしています。

コロナショックが起きた時に5円代まで下がっていましたが、今は回復して上昇しています。

今後このまま経済状況が安定すればレートも安定しますが、コロナ状況によって安定しない可能性もあります。

南アフリカは衛生環境が良くないので、コロナの感染率がうなぎのぼりに上がっています。

コロナの影響で金利を下げるニュースもあったので楽観視して取引すると損失してしまいます。

通常とはちがう環境で値動きしているので、予想できない動きをする可能性があります。

リスクをなるべく低くした取引を心がけましょう。

最安値を更新したが徐々に回復

南アフリカランドは一時期最安値を叩き出していましたが、現在は回復しています。

回復しているといっても去年のレートまで戻っているわけではないので注意が必要です。

コロナが今後終息するかしないかで値動きも変わります。

南アフリカランド政府も新しくなって新スタートを切っているので、今後の動きをしっかり見ていきましょう。

南アフリカランド円はスワップポイントだけでなくスプレッド幅も確認して取引しよう!

南アフリカランド円はスワップポイントだけでなくスプレッド幅も確認することが重要です。

スワップポイント・スプレッド幅が高水準のFX業者が最適ということがわかりました。

マーケット情報も重要なので、取引サービス以外のことも注目しましょう。

主要通貨ペアと比べて安定していないので注意

南アフリカランド円は主要通貨ペアのように安定したレート変動ではなく、広いレート幅で激しく動いています。

トレンド発生で降下すると一気に下がるので注意が必要です。

週単位にポジション状況を確認して、含み損で損失しないように気を付けましょう。

ハイレバレッジ取引でのスワップ狙いはNG

ハイレバレッジ取引でのスワップ狙いは必ず損失します。

ロスカットになると、大損失してしまうので注意が必要です。

ハイレバレッジ取引はなるべくスプレッドの狭い通貨ペアで挑戦しましょう。

長期運用を考えている人は、レバレッジを抑えて有効資金に余裕をもった取引を心がけてください。

関連記事