カテゴリー
FXの手法

MT4のおすすめプライスアクションインジケーターと無料配布しているサイトを厳選紹介

プライスアクションはローソク足を利用して値動きを読むテクニカル分析で、MT4でも利用することができます。

今回はMT4で使えるプライスアクションインジケーターを紹介していきます。

プライスアクションインジケーターを表示すると、売買タイミングをシンプルにとらえることができます。

初心者でも簡単にエントリータイミングを見つけられるので、興味のある人は利用してみてください。

FXのおすすめ手法をランキングで紹介!低リスク高利益を実現できる人気のトレードスタイル

MT4で使えるプライスアクションインジケーター

MT4で使えるプライスアクションインジケーターを紹介します。

各インジケーターの特徴を詳しく説明していくので、参考にしてください。

今回紹介するインジケーターは無料配布のものとなっています。

コストがかからないので気軽に利用してみてください。

Price_action_TR

Price_action_TR

REI-FX&BOというサイトでPrice_action_TRを無料配布しています。

Price_action_TRは4種類のプライスアクションを設定できて、売買シグナルをより正確に取得することができます。

通常より意識されやすいポイントのプライスアクションを表示しているので、制度の高いエントリーが可能です。

Price_action_TRは無料配布ですがLINEで友達追加する必要があります

追加するのに抵抗のある人は他のインジケーターをおすすめします。

Price_action_TR の特徴

Price_action_TRが搭載しているプライスアクションは以下の通りです。

Price_action_TRが搭載しているプライスアクション
  • ピンバー
  • リバーサルハイ・ロー
  • アウトサイドバー
  • インサイドバー

各種パラメーターを設定できるので、自分好みにカスタマイズできます。

4種類のプライスアクションの共通設定もあるので、好きな色に変更したり文字サイズを変更したりできます。

Price_action_TRはプライスアクションが形成された瞬間シグナルを出します。

直観的な動きで取引を展開できるので、短期売買などにも利用できます。

異国のアウトサイドバー

異国のアウトサイドバー

FX WIN TRADEというサイトでは「異国のアウトサイドバー」というプライスアクションインジケーターを配布しています。

異国のアウトサイドバーはアウトサイドバーに反応して、売買シグナルをだします。

2つの平均移動線を表示する機能もあるので、テクニカル指標と組み合わせつつシグナルを利用しましょう。

異国のアウトサイドバーの特徴

異国のアウトサイドバーの特徴は平均移動線のフィルター機能を使用することもできます。

更にメール通知・アラート通知機能を使うことも可能です。

異国のアウトサイドバーの特徴は、買いのアウトサイドバーと売りのアウトサイドバーを理解できるところです。

アウトサイドバーの形状が分かっても、売買方向が分かっていなければ損失トレードになってしまいます。

異国のアウトサイドバーは売買どちらでエントリーすればいいのかもフォローしてくれるのでおすすめです。

異国のアウトサイドバーはLINEで友達追加しなければ取得できないインジケーターです。

LINE登録に抵抗のある人は別の無料インジケーターをおすすめします。

MT4プライスアクションPro

プライスアクションPro

MT4のプライスアクションProはGogojungleからダウンロードできるプライスアクションインジケーターです。

このインジケーターは有料なので、購入する時は慎重に判断してダウンロードしてください。

MT4 プライスアクション Proは7種類のプライスアクションんを検知できる機能を持っていて、種類豊富なプライスアクションでエントリーポイントを探れます。

MT4プライスアクションPro の特徴

MT4プライスアクションProの特徴は必要なパターンのみ選択できたり、最新パターンのみ表示できたり、柔軟にインジケーターを設定できることです。

アラート機能も付いているので、エントリータイミングを逃すことはありません

枠の表示・非表示や塗りつぶし設定もついているので、自分が使いやすいようにカスタマイズしてみましょう。

無料でプライスアクションインジケーターをダウンロードできるサイト

上記で紹介した無料のプライスアクションインジケーターは、LINEに友達追加する必要があります。

しかし友達追加することに抵抗のある人も多いです。

これから無料のプライスアクションインジケーターを配布しているサイトを紹介するので、LINEの友達追加が怖い人は参考にしてください。

自分で探す必要があるのでダウンロードまでに時間がかかってしまいますが、より自分にあったプライスアクションインジケーターを見つけられるのでおすすめです。

Gogo jungle

gogojungle

Gogo jungleは日本語のサイトで、無料インジケーターをダウンロードできます。

プライスアクション以外のインジケーターも豊富にそろっているのでおすすめです。

MT4のプライスアクションインジケーターを探す場合は、絞り込み選択でMT4をチェックしましょう。

MQL5

MQL5プログラムマーケット

MQL5はMT4/MT5と連携しているサイトで、プライスアクションインジケーターを無料でダウンロードできます。

すべて英語表記になっているので、翻訳を使用してダウンロードしたいプライスアクションインジケーターを探しましょう。

MQL5はMT4で開くことも可能で、インジケーターをダウンロードしてそのまま適用することもできます

よりスムーズにインジケーターを使えるのでおすすめです。

プライスアクションインジケーターの使い方

プライスアクションインジケーターの使い方を紹介します。

プライスアクションはローソク足の形状によって示唆しているものが異なります。

プライスアクションが示す意味
  • ピンバー:トレンド転換の前兆
  • リバーサールハイ:トレンド発生
  • アウトサイドバー:トレンド継続
  • インサイドバー:トレンドの継続

上記のように、各プライスアクションによってエントリーする根拠が異なります。

プライスアクションのシグナルを見ても、意味合いが理解できていないと大損してしまう可能性があるので注意しましょう。

プライスアクションはトレンドのサイン

プライスアクションはトレンドのサインです。

どのようなトレンドサインを知りたいかによって使うプライスアクションインジケーターは異なってきます。

色々なプライスアクションを使用して、自分のトレードスタイルと相性の良いものを見つけましょう。

時間足は日足がおすすめ

プライスアクションインジケーターをどの時間足で表示するか、迷うトレーダーもいます。

短時間足で発生したプライスアクションは、長期目線で見るとだましになる可能性があります。

逆に週足レベルでの発生は、トレードに取り入れることが難しくなります。

上記の理由から短すぎず、長すぎずの日足チャート画面でプライスアクションを表示することをおすすめします。

MT4でプライスアクションインジケーターを表示する方法

MT4でプライスアクションインジケーターを表示する方法を紹介します。

プライスアクションインジケーターはダウンロード後、MT4に取り入れる必要があります。

MT4に組み込まないと使用することはできないので、手順を守って導入しましょう。

MT4を起動してファイルからデータフォルダを選択

まず使用したいプライスアクションインジケーターをダウンロードします。

ダウンロード後MT4を起動します。

MT4の画面上部にあるファイルを選択して、「フォルダを開く」をクリックしてください。

フォルダを開くを選択すると、別画面にフォルダが表示されます。

データフォルダからIndicatorsを選択してインジケーターをコピー&ペースト

別画面で開いたデータフォルダからIndicatorsを選択してインジケーターをペーストします。

フォルダに入れた後はMT4を再起動すると、プライスアクションインジケーターを利用することができます

比較的簡単な作業ですが、プライスアクションインジケーターをダウンロードしてそのまま使用したいという人は、MT4と連携しているMQL5からダウンロードしましょう。

プライスアクションインジケーターはトレンド継続や転換を分析できるのでおすすめ

プライスアクションインジケーターはトレンド継続や転換を分析するのに最適です。

様々な情報をローソク足の形状パターンから読み取れるので、為替相場に柔軟に対応できます。

初心者でもシンプルに売買タイミングを把握できるので、興味のある人はダウンロードしてみましょう。

他のテクニカル指標と組み合わせよう

プライスアクションインジケーターはプライスアクションシグナルを表示してくれますが、だましになる可能性もあります。

他のテクニカル指標を利用することによってより強い根拠をもってエントリーできます。

プライスアクションインジケーターだけでなく、テクニカル指標と上手く組み合わせて使いましょう

関連記事