カテゴリー
LINE証券

LINE証券で出金する方法とは?LINE payで手数料を無料にする方法や出金受付時間・出金できない時の対処法を徹底解説

LINE証券は株を少額資金で購入できるサービスを提供している証券会社で、初心者から高い人気を得ています。

2020年からLINE FXもサービス開始しており、LINE FX口座を開設することによってFX取引も可能になりました。

株・FX両方とも初心者向けのコンテンツを充実に取り揃えているので、投資初心者におすすめです。

今回はLINE証券の出金方法を解説します。

出金するやり方だけでなく、出金にかかる手数料や反映時間もまとめて紹介するので必見です。

これからLINE証券で投資をはじめようと思っている人は参考にしてください。

LINE証券の評判・口コミは?メリット・デメリットを他の証券会社と徹底比較

このページのもくじ

LINE証券で出金する方法は2種類!

LINE証券で出金する方法は2種類あります。

LINE証券で出金する方法
  • LINE pay アカウントを利用して出金する方法
  • 銀行口座を利用して出金する方法

LINE payアカウントを持っている人はLINE payを利用して出金することができます。

LINE payアカウントを利用して出金する方法

LINE payアカウントを持っている人は、LINE payで出金することが可能です。

LINE payは100万円までチャージ可能となっているので、出金限度額は100万円までとなっています。

LINE payはポイントを現金に変えて利用できるので、資金効率が良くLINE証券を利用している人はLINE payを組み合わせて使うとお得に資金運用可能です。

LINE payを持っていない人はアカウントを取得してみましょう。

LINE payは出金限度額があるので注意

上記でも説明しましたが、LINE payは出金限度額があります。
LINE payの残高含めて100万円が限度額となっています。

LINE payに元々入っている金額を確認して出金しなければならないので注意してください。

銀行口座を利用して出金する方法

自分が開設している銀行口座を利用して出金する方法があります。

LINE payの場合お得なポイントがいくつかありますが、銀行口座の場合あまりメリットがありません。

100万円以上出金しようと思っている人は銀行口座を利用して出金する方法しかないので利用しましょう。

LINE証券では出金先をLINE payにすると手数料が無料!

LINE証券では出金先をLINE payにすると手数料が無料になります。

振込出金の場合、手数料が毎回200円掛かってしまうので取引コストに影響します。

なるべく純利益を取得したいという人は、LINE payを利用して出金しましょう。

銀行振込は手数料が発生するので注意

銀行振込は手数料が発生するので、注意してください。

1回の出金につき200円かかるので、手数料金額を含めて資金を管理する必要があります。

銀行口座を利用する出金方法を何度も利用していると、取引コストがかなりかかってしまいます。

LINE payの方がお得に利用できるのでおすすめです。

手数料は取引コストに関わってくる

取引コストというのは取引手数料やスプレッドにかかる料金の合計です。

取引コストがかかればかかる程、投資で得た利益が減ってしますので注意しましょう。

取引コストを減らして、多くの利益を得たいという人は入金・出金手数料をゼロ円に抑える方法で資金運用しましょう。

手数料は数百円と少額ですが、何度も取られていると数ヶ月で数千円の損失になります。

長い目でみると取引コストはなるべく抑えた方が良いのでLINE payで入出金手続きをしましょう。

LINE証券は1日に何度でも出金手続きできるが振込出金の場合手数料が毎回かかる

LINE証券は1日になんでも出金手続きをすることができます。

ただし、銀行口座利用の場合出金するたびに手数料が加算されるので損失が大きくなります。

何度も出金手続きをする予定の人はLINE payのアカウントを利用して手数料を無料にして手続きしましょう。

振込出金は限度額無制限で出金可能

LINE payの出金限度額は100万円となっています。

振込出金の場合限度額がないので、100万円以上出金したいという人は振込出金の手続きをしましょう。

LINE証券は1日の出金回数を制限していないので、LINE payアカウントで小分けにして出金手続きする方法もあります。

手数料をなるべく抑えたいという人は100万円以上出金したい場合LINE payで小分け出金をして手数料を無料にしましょう。

出金の反映タイミングは?LINE payだと即時反映可能

LINE出金の反映タイミングはLINE payの場合即時反映してくれます。

銀行口座へ出金の場合、出金手続きをした時間帯によって反映される時間が変化します。

土日に出金手続きを振込出金でおこなう場合、通常よりも時間がかかってしまうので注意しましょう。

LINE payの出金受付け時間は原則24時間!即時反映だから便利

LINE patの出金受付け時間は24時間でLINE payで出金手続きをすると即時反映されます。

銀行口座も受付け時間が24時間となっていますが、反映タイミングが異なります。

即時反映ではなく、数日待つ必要があるので気軽に出金したいという人はLINE payを選びましょう。

出金個口座への振込は予約した時間帯によって反映される時間が変わる

出金口座へ振込時反映タイミングは受付けた時間によってかわります。

銀行口座に出金手続きをした場合の反映時間
  • 0時~15時に受付けた場合翌営業日に反映
  • 15時~24時に受付けた場合翌々営業日に反映

土日祝日の非営業日に手続きした場合、反映タイミングは翌々営業日となるので注意しましょう。

例えば日曜日に手続きした場合、翌々営業日なので火曜日に反映されます。

通常時よりも時間がかかってしまうので気を付けましょう。

土日に予約した場合は反映に時間がかかってしまう

土日祝日に出金手続きしたい人はなるべくLINE payを利用しましょう。

銀行口座を利用すると出金反映に時間がかかってしまうので、資金管理に影響がでてしまう可能性があります。

LINE証券は出金手続き取消不可能!出金エラーがでた場合はLINE証券から連絡がくる

LINE証券は出金手続きを取り消すことができません。

出金エラーが出てしまって反映されない場合はLINE証券から連絡がくるので対応しましょう。

出金手続きする時は、取引に影響が出ないように気を付けてください。

出金手続きをおこなってエラーが出た人は再度手続きをおこなう必要がある

出金手続きエラーによって、LINE証券から連絡を受けた場合、再度手続きをする必要があります。

エラーが出てしまうと出金までに時間がかかってしまうので、出金するときは万全なネット環境の元でおこないましょう。

出金手続き取消不可能なので資金管理はしっかりしておこう

出金手続きを取り消すことはできないので、うっかり資金を出金して投資に影響がでてしまったということがないようにしておきましょう。

資金管理をしっかりしておかないと、予想外の場面で損失してしまいます。

特に初心者は投資で失敗する可能性が高いので、投資金に余裕をもたせましょう。

LINE証券の出金システムはLINE payを利用すると便利!ポイントで投資もはじめられるから一石二鳥

LINE証券の出金システムはLINE payを利用すると便利ということがわかりました。

LINE payのポイントで投資をはじめることもできるので、初心者におすすめです。

初心者でなくてもお得に資金運用できるのでなるべくLINE payのアカウントを取得しましょう。

LINE payで貯まったポイントで株を購入することができる

LINE payでたまったポイントは株で運用することも可能です。

金額によりますが、ポイントだけで資金運用も可能なのでおすすめです。

LINE payは手数料無料で利用できるので、取引コストも大きく抑えることができます。

LINE payのポイントがたまるキャンペーンを定期的に開催している

LINE payではポイントがたまるキャンペーンを定期的に開催しています。

LINE payだけでなくLINE証券でもポイントをプレゼントするキャンペーンを実施しているので積極的に参加しましょう。

LINE payのポイントは現金に交換することができるので、投資に有効活用しましょう。

LINE証券のタイムセールキャンペーンは最大7%オフで株が買える!条件攻略のやり方・頻度と次回いつ実施されるかの予測

100万円以上出金したい人は銀行口座で出金方法を利用しよう

100万円以上一気に出金したいという人は、銀行口座を利用して出金しましょう。

出金手続きをした時間や日にちによって時間がかかってしまうことがあるので、なるべく平日の午前中に出金手続きを済ませておきましょう。

関連記事