カテゴリー
みんなのシストレ

みんなのシストレで儲からない・稼げない理由は?検証しても負けてしまう原因・対処法を徹底解説

みんなのシストレは初心者でも使いやすく、トレードスキルが無くても収益を望めることから初めて投資する人たちから高い人気を得ています。

トレダース証券が提供するみんなのシストレはみんなのFXでトレードしているトレーダーを元にしたストラテジーを利用できるので、初心者でもプロレベルの資金運用をすることができます。

メリットばかりに見えるみんなのシストレですが、儲からない・稼げないと感じているトレーダーも沢山います。

今回はみんなのシストレで儲からない・稼げない原因と対処法を紹介します。

自動でトレードしてくれるシステムなので、スキルが全く必要無いように見えますが実際ストラテジーを選ぶ時にFX知識が必要です。

これからみんなのシストレで口座開設を考えている人は、これから説明する対処法をきっちり理解してからはじめましょう。

みんなのシストレは儲かる?評判・口コミと実際に運用したトレーダーの実績を検証

このページのもくじ

みんなのシストレで損失してしまう3つの原因

みんなのシストレで損失してしまう3つの原因をまとめました。

みんなのシストレで損失してしまう3つの原因
  • ストラテジーの選択が適当
  • ストラテジーをコロコロ変えてしまう
  • 証拠金維持率のコントロールができていない

みんなのシストレで1番重要なポイントはストラテジーの選択です。

色々な検証をおこなってストラテジーを選択しますが、選択方法が適当だったり運用成績を正しく読み取らなかったりすると損失してしまいます。

ストラテジーの選択が適当

ストラテジーの選択は1番大切なポイントで、これからの資金運用をプラスにするかマイナスにするかストラテジーによって決まります。

ストラテジーの選択理由を安易にしてしまうと、勝てる相場でも損失続きになってしまいます。

ストラテジーを選択する時は色々検証して、慎重に選びましょう。

ストラテジーをコロコロ変えてしまう

みんなのシストレは最低でも1ヶ月運用しないと損益結果を判断することはできません。

1ヶ月目マイナス損益でも3ヶ月後にプラスになっているストラテジーもあります。

早い期間で運用成績は早期判断してしまうと、稼げるストラテジーで運用していたのに稼ぐことができなくなってしまいます。

証拠金維持率のコントロールができていない

ストラテジー選択後投資金額を指定するか取引数量を自分できめるか選択することができます。

取引数量を決めるように選択した人が証拠金維持率を低めに設定してしまうと、ロスカットの危険性が高まります。

取引数量を多くすると、大きく稼ぐことが可能ですが損失確率も高くなってしまいます。

大きく稼ぐ行為は損失確率を高くする行為と比例しているので、リスクを抑えつつ着実に稼げる数量に設定しましょう。

みんなのシストレは稼げるのか?検証しているからといって勝てるわけではない

みんなのシストレで実際に稼げているトレーダーはいます。

ただし、稼げているトレーダー達が検証をしっかりおこなっているから稼げているというわけではありません。

ストラテジーの検証をしっかりおこなっているトレーダーでも負けてしまうことがあります。

検証しても実際の相場状況の変動でマイナス損益になってしまうことがある

検証をしっかりしても、実際の相場状況は日々変動しているので、ストラテジーが対応できないときは損失してしまいます。

長期間損失続きの場合はストラテジーを変える必要がありますが、収益があがってくる場合は長期間運用して成績を見ましょう。
どんなに優良なストラテジーでも損失トレードしてしまうことがあります。

1回1回の取引結果に大きく左右されないようにしましょう。

ストラテジーは長期的に運用しないと実力が見えにくい

ストラテジーの実力は長期的に運用しないと見えてきません。

細かく運用成績を見ることは重要ですが、大枠で損益結果を見る必要があります。

マイナスになってしまった月があるから適していないと判断するのではなく、損失している取引場面と利益をだしている取引場面を見て総合的に評価しましょう。

総合的に評価するには、長期運用が必要不可欠です。

ストラテジーを選択する時の思考を見直す必要がある

長期間運用してもうまくいっていない人は、ストラテジーを選択する時の思考を考え直す必要があります。

ストラテジーの選択方法をおざなりにしていると、長期運用してもマイナス損益になってしまう可能性が高くなります。

ストラテジーを選択するときにしっかり厳選できているか見直してください。

みんなのシストレのトレード結果はストラテジー選択が重要!プラスの結果が出たトレーダーの体験談やおすすめの選択方法を徹底解説

みんなのシストレのストラテジーを相場状況によって使いこなす方法

みんなのシストレのストラテジーはプロトレーダーのストラテジーだけではありません。

テキストマイニングAIやリピート注文のストラテジーもあるので、相場状況に合わせて使い分けることができます。

各ストラテジーによって効果を発揮する相場状況が違うので、特徴をしっかり捉えておきましょう。

レンジ相場が長く続く相場状況はリピート注文のストラテジーがおすすめ

相場状況の見分け方

リピート注文は、レンジ相場に強いストラテジーで値動きが鈍くなっている状況程効果を発揮します。

同じレート幅を行き来している通貨ペアにはリピート注文のストラテジーが最適なので、レンジ相場になっている通貨ペアのリピート注文を見つけたら選択してみましょう。

トレンド相場になっていて裁量トレードが最適の相場状況はトレーダーのストラテジーがおすすめ

トレンド相場になっている状況は、本来裁量トレードが稼ぎやすい状況になっています。

みんなのシストレは裁量トレードすることができませんが、プロトレーダーの裁量トレードをコピーすることができます。

トレンド相場に通貨ペアが方向転換した場合はトレーダーを元にしたストラテジーが効果を発揮します。

自分の利用したい通貨ペアがトレンド相場になったときはトレーダーを元にしたストラテジーを利用しましょう。

マーケット情報が相場に影響しそうな状況はテキストマイニングAIのストラテジーがおすすめ

テキストマイニングAIはFX業界初の試みで、AIがマーケット情報や為替変動をよみとってチャートを細かく分析して取引するストラテジーです。

まだはじまったばかりのサービスなので、大きく利益を伸ばせるか不透明な部分がありますがマーケット情報を元に自動トレードしてくれるのはみんなのシストレでしか利用できません。

経済指標で大きく値動きが変動するポイントでテキストマイニングAIを利用すると大きく収益を伸ばせる可能性があります。

どうやってもみんなのシストレで収益を伸ばせないという人は根本を見直そう

どうやってもシストレで収益を伸ばせない人は、ストラテジーの選択方法や運用成績の捉え方を見直す必要があります。

特にFX初心者は、必要な知識・スキルが充分にあるか把握する必要があります。

みんなのシストレは自動売買なのでトレードスキルは必要ありません。

トレードスキルは必要ないのですが、FXに関する知識や経済状況を把握する作業は資金運用に大きく関係してきます。

まだFXの勉強が充分でないと感じた人は、FXについて知識を身に付けて少額運用で取引の感覚を掴みましょう。

ストラテジーを選択するのに必要なスキルは身に付けているか確認しよう

ストラテジーを選択するときに、ランキング形式だからといって上位のストラテジーを安易に選んでいては稼げることはできません。

自分の資金に見合ったストラテジーなのか、今の相場状況でも適応できるか等考えてストラテジーを選択しましょう。

メンタル面に押されて感情的になってストラテジーを変えていないか見直そう

1ヶ月運用してマイナス損益になってしまい、感情的になってストラテジーを変えている人は上手くいきません。

どんなストラテジーでも損失してしまう時期はあります。

運用成績を客観的にみて、損失したトレードを気にしすぎないようにしてください。

逆に全く気にしないのはNGです。

マーケット情報・経済指標を見て自分の取引している通貨ペアの変動傾向を読み取ろう

自動売買でトレードを任せていますが、マーケと情報・経済指標をみるのは重要なので必ず読みましょう。

通貨ペアの変動傾向を理解していると、ストラテジー選択の時に役立ちます。

重要経済指標前後は相場が大きく変わることがあるので、必ず予想と結果を見ておいてください。

みんなのシストレは検証しても損失してしまうことがある!長期間運用して取引内容を客観的に捉えよう

みんなのシストレはストラテジーを細かく検証しても損失してしまうことがあるということがわかりました。

長期間運用の成績結果を感情的にならず冷静に理解して、次のストラテジーに活かせるようにしましょう。

どんなに検証で稼げているストラテジーでも実際の取引で損失してしまう可能性はあります。

マイナス損益がでるストラテジーも長期間運用してみよう

1ヶ月程度の運用でマイナス損益がでているストラテジーはもう少し運用して判断しましょう。

初月で判断するのは早すぎます。

尻上がりになるストラテジーも多く存在するので、損益結果に左右されるのでなくトータルを見て判断しましょう。

早期判断は慌てて決めるものではない

相場の急変で早期判断が必要な場合は、急いで設定を変えなければなりませんが損失成績に慌ててストラテジーを変える行為はマイナスを返って増やしてしまいます。

損失している場面は精神的にきつい状況とななりますが、こらえて長期間運用する必要があります。

関連記事