カテゴリー
チャート

MT4を複数起動する方法は?手順や推奨環境を初心者にも分かりやすく解説

FXトレード行う際に必ず必要になってくるのがチャート分析です。

チャート分析を行う上で「1つのMT4だけでは物足りないし、チャート分析がしにくい」という悩みはトレーダーから頻繁に耳にします。

実際、1つのMT4だけでチャート分析をしていると誤った分析結果を出してしまうことにもなりかねません。

誤った分析結果から損失を生じさせてしまう可能性もあるため、十分な注意が必要です。

しかし、MT4を複数起動させることができればチャート分析において非常に便利です。

そこで本記事ではMT4を複数起動させる方法を始め、手順や推奨環境について初心者にも分かりやすく解説していきます。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

MT4を複数起動させる方法

エンディング・ダイアゴナルの定義と戦略

結論から言うとMT4を複数起動させることは可能です。

MT4を複数起動させる方法は複数あり、しっかりと理解していればMT4を有効的に利用することができます。

MT4を複数起動させる方法
  • 同じFX会社のMT4を複数インストールする
  • 別々のFX会社で口座を開設しそれぞれの会社でMT4をインストールする
  • Undock chartで複数のチャート画面を開く

ここからはMT4を複数起動させる方法について詳しく見ていきましょう。

同じFX会社のMT4を複数インストールする

まず紹介する方法は、同じFX会社のMT4を複数インストールする方法です。

一番単純で分かりやすい方法ですが、一つ落とし穴があります。

何も考えずにMT4を複数インストールしてしまうと、初めにインストールしたMT4に上書きをしてしまいます

結果として1つのMT4しかインストールできていないという事態になりかねません。

1つしかインストールしていないという事態を避けるためには、初めにインストールしたMT4の名称を変更しておく必要があります。

名称を変更することによって、次にインストールするMT4が上書きされることがなくなります。

しかしMT4自体が複数のアカウントからログインされることを想定せずに設計されているため、MT4の動作遅くなってしまう可能があるため注意しておきましょう。

別々のFX会社で口座を開設しそれぞれの会社でMT4をインストールする

続いて紹介するのは、別々のFX会社で口座を開設しそれぞれの会社でMT4をインストールする方法です。

複数の口座を開設することになるので、費やす時間が多くなってしまうというデメリットがあります。

しかし別々のMT4にログインすることになるので、動作遅延に悩まされる必要はありません

手間をかけてもMT4の動作性を重視したいという人は、別々のFX会社で口座を開設する方法をオススメします。

Undock chartで複数のチャート画面を開く

MT4を複数起動させる方法ではありませんが、Undock chartを使うことによって1つのMT4で複数のチャート画面を開くことができます。

つまりMT4に表示されているチャートを自由に移動させることができるということです。

移動させられることで、自分の見やすい位置にチャート画面を表示させることができます。

Undock chartを利用する際には、「FXTF」の「ミニターミナル」というツールをインストールする必要があります。

「ミニターミナル」は「FXTF」のサイトよりダウンロードすることが可能です。

チャート分析を分かりやすくおこないたい人は使ってみましょう。

MT4を複数起動させるための推奨環境

ノックアウトオプションは儲かるのか解説

MT4を複数起動させる方法については理解できました。

しかし、起動させるデバイスの推奨環境が必要な基準を満たしていないと上手く動作しなくなってしまいます

それではデバイスに応じたMT4を複数起動させる方法について見ていきましょう。

VPS

VPSでMT4を複数起動させる場合は、最低2ギガ以上のメモリが必要になります。

メモリは大きければ大きいほど、大きなデータを使った情報処理をすることが可能です。

その他にコア数は起動させるMT4分搭載されており、ディスクはSSDを採用していることが最低限に必要なスペックです。

PC

PCを利用してMT4を複数起動させる場合、コア数はVPSの場合と同じく起動させる分必要になります。

またディスクはSSDのものが好ましいです。

SSDはHDDより比較的情報の処理速度が速く、MT4を複数起動させた際の動作遅延などが少なくなります

PCでMT4を複数起動させる場合は、メモリが8ギガ以上は必要になってきます。

MT4を複数起動させるメリット

メリット

MT4を複数起動させると様々なメリットがあります。

MT4を複数起動させることのメリットをしっかりと理解しておくことで、自分がMT4を複数起動させた方がいいかを判断することが可能です。

ここからはMT4を複数起動させるメリットについて具体的に説明していきましょう。

チャート分析がしやすくなる

MT4を複数起動させると当然ですが、チャート分析がしやすくなるというメリットがあります。

複数の画面を比較しながらチャートを分析することができるため、正確な分析が可能です。

正確な分析をすることによって、トレードの勝率も高まるため一石二鳥です。

通貨ペアの相関関係を見る事ができる

複数のMT4を起動させることにより、通貨ペアの相関関係をより多く見る事が可能です。

トレードをする上ではレートだけではなく、通貨ペアの相関関係がどのように働いているかを見る必要があります。

通貨ペアの相関関係を適切に把握することができれば、取引の判断材料にすることができたりリスクヘッジをおこなったりすることも可能です。

MT4を複数起動させるデメリット

FX自動売買のデメリット

MT4を複数起動させることには、メリットの他にもデメリットがあります。

メリットだけでなくデメリットも把握しておくことによって、自分がMT4を複数起動させた方がいいのかどうかを判断することが可能です。

MT4を複数起動させるデメリット
  • スマホではMT4を複数起動させられない
  • 両建てができないケースがある
  • マジックナンバーが同じだと誤作動を起こす

それではMT4を複数起動させるデメリットについて詳しく見ていきましょう。

スマホではMT4を複数起動させられない

MT4を複数起動させるには、ある程度推奨環境が整っている必要があります

VPSやPCなどの推奨環境であれば、問題なく動作しますがスマホのスペックだと上手く起動することができません。

動作遅延などを起こし、誤った取引を行ってしまう可能性があるため注意しておきましょう。

両建てができないケースがある

MT4を複数起動させて両建てをしたいトレーダーも多いと思いますが、両建てを禁止しているFX会社が多いのが現状です。

両建てとは同一の通貨ペアの売りと買いのポジションをそれぞれ保有することを言います。

MT4を複数起動させれば、両建てをすることが可能になりますが禁止しているFX会社も多いので注意しておきましょう。

マジックナンバーが同じだと誤作動を起こす

マジックナンバーは、どのMT4から取引を行ったかを判断するためにFX会社が定めている番号です。

同じFX会社で複数のMT4をインストールする場合は、マジックナンバーが同一になってしまうことあります。

マジックナンバーが同一だと、誤作動を起こしてしまう原因にもなりかねません

マジックナンバーは自分で設定することができるため、同じ番号になっていないかを必ず確認しておきましょう。

MT4を複数起動させてチャートの分析をおこなおう

FXを10万円から始めて稼げるの?

 

チャート分析を正確に行う上で、MT4を複数起動させることは必要不可欠です。

しかしMT4を複数起動させる方法についてしっかりと理解していないと、上手く起動させることができない可能性があります。

上手く起動できないのがきっかけで、誤った分析結果を出してしまったり損失を被ったりしてしまっては元も子もありません。

MT4を複数起動させる方法を理解して、チャート分析をより正確に行いましょう。

関連記事