カテゴリー
チャート

MT4でRCIを表示させる方法は?複数利用する手順やFXでの取引手法を解説

FXトレードしている人が利益を出すためにはテクニカル分析が必ず必要になります。

テクニカル分析で利用するインジケーターの中でも、有名なものがオシレーター系テクニカルインジケーターのRCIです。

トレーダーならRCIをもちいてテクニカル分析をおこなうことは必要不可欠ですが、RCIの表示方法について知っておかなければなりません。

しかし表示方法が分からないからと言って、そのままにしておくとテクニカル分析を効果的におこなうことができないため、上手くトレードを進めることができなくなってしまう可能性があります。

そこで本記事ではMT4でRCIを開く方法について説明するとともに、複数のRCIを利用する際にはどうすればいいのか、RCIをもちいた取引手法を解説していきます。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

RCIとは

FXスレの○○だけど質問ある?シリーズ紹介

RCIとは冒頭でも紹介したように、テクニカル分析の際にもちいられるオシレーター系テクニカルインジケーターです。

RCIを用いることによって、チャート上の相場がどのような状況なのかを判断することができます

相場の状況はトレードで利益を出すためには重要なことです。

それでは具体的にRCIがどのようなことを示すのかを解説していきましょう。

買われすぎ売られすぎを判断できるインジケーター

RCIはテクニカル分析の際にもちいられるインジケーターですが、ラインの動きから相場の過熱度を判断することができます

過熱度というのは具体的に言うと、取引の中での買われすぎや売られすぎのことです。

RCIは0%~100%の間で推移し、ラインの上下によって相場の状況を判断します。

RCIの動きの上がり始めや下がり始めを上手くとらえることができれば、トレードにおいて利益を得られる可能性が高まります。

ここからは今まで解説してきたRCIをMT4のチャート上で表示させる方法について説明していきましょう。

MT4にRCIを表示させる方法

FX自動売買で会社員が稼ぐ方法

RCIについて説明してきましたがRCIの理解が深まっても、実際のトレードにもちいることができなければ意味がありません。

ここからはMT4のチャート上にRCIを表示させる方法について解説していきます。

MT4にRCIを表示させる方法
1. RCIをダウンロードする
2. ダウンロードしたRCIのファイルを解凍する
3. MT4からRCIのファイルを開く
4. ファイルを開いたらMT4を再起動する
5. インジケーターの設定を変更する

それでは一つ一つの手順について詳しく見ていきましょう。

RCIをダウンロードする

まずRCIをインターネット上よりダウンロードしてくる必要があります。

「RCIはどこからダウンロードすればいいの」と分からない人は、「RCIを表示させるためのインジケーター」で無料の非常に有効的なインジケーターを紹介しているのでダウンロードしてみてください。

ダウンロードする際の注意点としては保存先とファイル名を分かるように設定するということです。

どこにあってどんな名前なのか分からないと多くの時間を費やしてしまうので、必ず自分が分かりやすいように設定しておきましょう。

ダウンロードしたRCIのファイルを解凍する

続いてダウンロードしたRCIのファイルを解凍していく作業にはいります。

インターネット上からダウンロードされたインジケーターは、zip形式のファイルになっています。

zip形式のままでは、ファイルを開くことができません

ファイルを選択し右クリックをします。

右クリックをするとパネルが開きますので、パネルの中からすべて展開という項目を選びましょう。

すべて展開を押すと通常のファイル形式に変換されます。

MT4からRCIのファイルを開く

次にMT4で先ほど解凍したファイルを開いていきます。

MT4を開いたら画面上にあるメニューバーを見てみましょう。

メニューバーの中にファイルというタグがあるので、ファイルをクリックしパネルを開きます。

開いたパネルの中にデータファイルを開くという項目があるので、データファイルを開くをクリックしてください。

データファイルが開くのでMQL4をクリックし、Indicatorsという項目をクリックします。

Indicatorsのファイルの中に、解凍したファイルの中のインジケーターを移します

インジケーターを移すとファイルの保存は完了です。

MT4を再起動する

インジケーターをMT4内に保存した後、インジケーターが確実に保存されているか確認するためにMT4を再起動します。

再起動後、メニューバーの挿入を押し、インディケータのカスタムの中に保存したファイルが入っていれば大丈夫です。

もしカスタムの中に保存したファイルがなければ、保存がちゃんとできていないということなので再度同じ手順を繰り返してみましょう。

インジケーターの設定を変更する

最後に保存したインジケーターの設定を変更する方法を解説していきます。

MT4を開きメニューバーのナビゲーションを選択しますインディケータという項目から、RCIをドラッグ&ドロップをします。

ドラッグ&ドロップをすると設定できる画面が表示されるので、期間やラインの色、太さ、レベルを設定しましょう。

設定後OKを押せば、RCIに設定が反映されます。

簡単にラインを設定することができますので、自分の用途に応じたラインを設定してみましょう。

MT4のチャート上に複数のRCIを利用する方法

FXで勝率を上げる方法

テクニカル分析の際にはRCIを1本もちいるだけでも十分ですが、複数もちいることによってより効果的なテクニカル分析が可能です。

1本のRCIをチャート上に表示させる方法は説明しましたが、複数の本数の場合は解説していません。

複数のRCIを表示させる方法を理解しておくことによって、より効果的にテクニカル分析をおこなうことができます

それではMT4のチャート上に複数のRCIを表示させる方法について説明していきましょう。

チャート上のRCIにファイルをドラッグ&ドロップする

MT4のチャート上に複数のRCIを表示させる方法は、実は非常に簡単です。

まずMT4を開き、メニューバーの中からナビゲーターというアイコンを選択します。

ナビゲーターを選択すると様々なデータが表示されますので、データの中からインディケータという項目を選びます。

インディケータの中に保存しているRCIが入っているので、RCIをドラッグ&ドロップしましょう。

以上の手順を踏むことによって、複数のRCIを表示させることが可能です。

RCIの値は9・26・52に設定する

MT4のチャート上にRCIを複数表示させる方法は分かりましたが、設定が全て同じだと複数表示させている意味がなくなってしまいます。

複数表示をする際にはRCI値をそれぞれ変更させるようにしましょう。

例えば3本のRCIを表示させる場合、9・26・52の値に設定することによって異なる時間足のRCIを表示させることができます。

値の設定は「インジケーターの設定を変更する」の手順を踏めば設定できます。

複数の時間足でテクニカル分析をすることによってより精度が増すため、トレーダーの皆さんは利用してみましょう。

RCIを表示させるためのインジケーター

RCIについての理解は深まってきました。

しかし実際にRCIを利用しようと思った際に、どこからRCIをダウンロードすればいいか分かりません。

そこでMT4のチャートに表示できるRCIを紹介していきます。

非常に便利で使いやすいインジケーターなので、チェックしてみてください。

「fxnav_RCI3」を利用すれば6本までRCIを表示させられる

「fxnav_RCI3」というインジケーターを利用すれば、MT4のチャート上にRCIを表示させることができます。

「fxnav_RCI3」は最大6本までRCIを表示させることができ、テクニカル分析をより高度で精度の高いものにしてくれます。

「fxnav_RCI3」は「FXナビ」というサイトから無料でダウンロードすることができるため、
トレーダーの人は利用してみましょう。

RCIをもちいた取引手法

FXは楽しい?楽しく取引する方法

RCIの表示させる方法については理解が深まりましたので、続いてRCIをもちいた取引手法について見ていきましょう。

RCIを実際にトレードにおいても活用することで、より自分にとって有利にトレードを進めることができます

それではRCIをもちいた取引手法について詳しく見ていきましょう。

RCIの推移で売り買いを判断する

RCIは相場の状況に敏感に反応してくれるテクニカルインジケーターです。

RCIの動きに合わせることによって、売り買いのタイミングを計ることができます

比較的簡単な手法で、初心者でもすぐに実践することができますが、ダマしが発生してしまう危険性があるので注意しましょう。

ダマしに引っかからないように複数のテクニカル分析をもちいて判断することをオススメします。

複数のRCIの交わりで売り買いを判断する

MT4のチャート上で複数のRCIを表示させた時に利用できる方法が、RCIの交わりで売り買いを判断する方法です。

複数のRCIではデッドクロスとゴールデンクロスという現象が発生します。

デッドクロスは相場が上昇後に短期のRCIが長期のRCIを貫く現象のことで、ゴールデンクロスは相場が下降後に短期のRCいが長期のRCIを貫く現象のことを指します。

デッドクロスが起これば売りのタイミング、ゴールデンクロスが起これば買いのタイミングになるので、取引の際にはRCIの交わりに注意しておきましょう。

RCIをもちいる際の注意点

注意事項

RCIをもちいた取引手法についての理解は深まりましたが、実際のトレードの場面ではいくつかの注意点があります。

注意点に関してしっかりと認識しておかないと、RCIをもちいても上手く結果が出ません。

最悪の場合、損失が生じてしまう危険性もあります。

ここからはRCIをもちいる際の注意点について詳しく見ていきましょう。

RCIの動きに統一感がない場合はレンジ相場の可能性がある

複数のRCIをMT4のチャート上で表示し、別々の時間軸を設定した際に、それぞれのラインが全く統一感のないバラバラの動きを見せる場合があります。

複数のRCIが統一感なくバラバラに動いている場合、レンジ相場であると考えられます。

レンジ相場を迎えている場合はRCIも全く機能しないため、相場の転換を待ったほうがいいです。

むやみにエントリーを繰り返して損失を踏まないように気をつけましょう。

強いトレンドの際はダマしに引っかかる可能性がある

RCIはトレンドの際にもちいると非常に有効的ですが、あまりにも強いトレンドを示している際には注意が必要です。

トレンドが強すぎる場合、張り付きという現象が発生します。

張り付き発生してしまうと強いトレンドが、ダマしである可能性がでてきます

ダマしに引っかかってしまい利益を逃したということがないためにも、複数のテクニカル分析をもちいたり軽率な判断をしないようにしたりすることが大切です。

MT4のチャート上でRCIを開き取引に活用しよう

ノックアウトオプションは儲かるのか解説

MT4のチャート上でRCIを表示できれば、テクニカル分析の精度が上がるためトレードの利益に直接つながってくる可能性があります。

しかしRCIについてしっかりと理解していなかったり注意点を把握していなかったりすれば、誤った分析結果を出してしまうことにもなりかねません。

誤った分析結果から損失を発生させてしまう可能性も考えられます。

RCIについての理解を深めMT4のチャート上で表示し、実際の取引に有効活用しましょう

関連記事