カテゴリー
通貨ペア

【2021年】アフリカ経済が抱える課題|貧困・労働問題の解決策や先進国の対応について解説

アフリカは近年経済成長率や人口増加によって多くの注目を集めています。

アフリカを代表する南アフリカランドは、高スワップ運用として人気を集めている通貨の1つで活用しているトレーダーも多いです。

今後も経済成長に見込みを持っている投資家達が居る一方で、アフリカの貧困化は深刻化しており、国際問題の1つとして挙げられています。

今回はアフリカ経済の現状と抱える課題について詳しく解説します。

アフリカ経済を今後どの様に改善していく必要があるのか、コロナ感染によって経済は影響を受けたのか、説明していくので必見です。

アフリカ経済に関わる投資をしている人は、参考にしてください。

【2021年最新】中国経済が抱える課題は深刻?人口問題・国際化・経済格差について詳しく解説

アフリカ経済の現状

アフリカの現状

アフリカは2015年時点で人口7億3,600万人まで人口が増加しており、世界人口の10%を占めています。

しかしアフリカの所得平均は1日1.90ドル以下で生活している現状があり、アフリカ経済の現状はかなり厳しい状況にあります。

またアフリカでも貧困率の高い地域では、貧国格差が拡大している為、紛争やテロの要因にもなっています。

所得が他の途上国に比べて低下している

アフリカは本来であれば天然資源に恵まれている国で、1960年のGNPで一人あたり約500ドルになっており、途上国平均330ドルよりはるか上回っていました。

現在はアジアが世界の成長センターといわれていますが、1960年当時はアフリカの方がはるかに豊かでした。

しかしアフリカはその後数値が低下していき、1970年代には約600ドルまで上昇していたGNPは90年代になって510ドルまで低下しています。

更に現在のアフリカ人の半分が1日当たり0.65ドルで生活していることがわかっています。

世界銀行はアフリカは21正規に生き残れるかという報告書を提出し、世界から注目を浴びています。

テロ・紛争が激化

アフリカは47各国の中でこれまで国際紛争や内戦を経験したことのない国は20カ国と少なく、更にクーデター経験も加えると10カ国に絞られてしまいます。

アフリカはテロや紛争に何らかの形で被害を受けており、現在アフリカ全土に2000万個の地雷が埋設されていることが分かっています。

紛争によって1,600万人の国内避難民と300万人の難民が生じており、貧困をもたらす大きな原因の一つです。

アフリカの紛争は、複雑な要因が絡んでいて簡単に解決するのは難しいと言われています。

感染症の拡大

近年のアフリカは感染症の拡大が著しく、中でもエイズの感染拡大が深刻化しています。

99年末で世界でエイズを患った人が3,400万人でその中の2,500万人はアフリカです。

全体の3分の2がアフリカで発症しており、実際はこの数字以上に感染者が居ると予想されています。

1990年~299年の間での南部アフリカの平均寿命は50歳台だったのが40歳まで低下し、アフリカ人全体で考えると20歳寿命を縮めている可能性があると予測している専門家もいます。

アフリカのの国によっては成人のエイズ感染者が30%を上回っているデータもあるので、これ以上感染を拡大すると国家・社会の存続が本格的に厳しくなってきます。

新型コロナウィルスはアフリカ経済に影響を与えた?

新型コロナウィルスはアフリカ経済に影響を与えた?

世界的に大きな被害をもたらした新型コロナウィルスは、アフリカにも大きな影響を与えています。

実際にコロナウィルスがアフリカ経済にどのような影響を受けたのか、現在どのような対応を取っているのか紹介します。

コロナショックでFXの退場者が急増!今後のリスクと回復時期について徹底解説

アフリカ54カ国中51カ国がワクチン入手成功

2021年7月時点でアフリカ大陸全体の感染状況は下記の通りです。

アフリカ大陸全体の感染状況
累積感染者数5,914,511人
百万人あたり累積感染者数4,643人
累積死亡者数151,176人
百万人あたり累積死亡者数119人
致死率平均2.6%
ワクチン接種率1回目 3.0% 2回目完了1.3%

アフリカは医療インフラが整っていない状況にも関わらず、ブラジルの致死率2.8%を下回る2.6%に抑えることに成功しています。

またアフリカ54カ国中51カ国がワクチン入手に成功しています。

現在36カ国が中国からワクチンを購入したり寄付を受けています。

ロシア製のワクチンは14カ国が入手しており、中国とロシアの活発的な動きをみた米国やフランスはアフリカを含めた途上国への寄付を決定しました。

今年開催されたG7においては途上国に10億回分のワクチンを提供することが決定しており、アフリカへのワクチン外交が活発化しています。

2021年3月31日時点でサブサハラ・アフリカ地域の経済が回復傾向

新型コロナウィルスによってアフリカも他国と同じ様に景気が後退傾向にありますが、サブサハラ・アフリカ地域は回復の可能性が高まってきたと指摘されています。

サブサハラ・アフリカ地域は2020年の経済成長率をマイナス2.0%になっていますが、小幅に近いマイナスまに抑えることができた為、ワクチン接種が加速化している今回復傾向にあると予測できます。

新型コロナウィルス感染症による死亡者数が減少し、農業生産高が大幅に成長し、一次産品価格の予測を大きく上回る回復した結果、今回の危機から乗り切ることができました。

アフリカ経済が抱える課題

コロナ禍から急速に回復しているアフリカの地域がある一方、長年解決されていない問題は依然として多く、今後も向き合っていく必要があります。

これからアフリカ経済が抱えている課題を紹介するので、どのような問題があるのか把握して、投資する際のリスク管理に役立てましょう。

貧困問題

アフリカの貧困問題は年々深刻化しています。

2016年時点でアフリカ大陸にある全55カ国の人口は約12億人2050年には倍増して約25億人になると予想されており、世界各国の企業は経済成長と市場拡大を期待できると考えています。

しかし長年貧困に悩まされているのが現実で、歴史的にみても奴隷として扱われたり植民地化の過去があるので、簡単に解決できる問題ではありません。

貧困問題の中でも、子供が充分生きられる環境にないことが大問題で、早急に解決すべく先進国は様々な支援をしていますが、現状目立った改善は見られていません。

子供が教育を受けられない

アフリカは子供が教育を受けたいと思っても、学校が無い為勉強することができません。

また宗教的な問題で女の子が教育を受けられない地域もあり、難しい問題でもあります。

子供達が教育を受けられない状況は、子供が大人になった時に教育の重要性に気づかず負の連鎖が続きます

また家計が苦しく、教育を受ける時間を働く時間にしている子供達も多くいます。

今後アフリカは、教育制度を確率して教育設備を整えて社会でしっかり働くことができる人材を育てる必要があります。

医療イフンラの整備

アフリカでの死亡原因は、肺炎・下痢・マラリア・結核が多く、これらの病気は貧困化で、汚水を飲んでしまっている事が大きな原因です。

アフリカで死亡してしまう病気は、薬を飲めば治る病気もありますし、事前の予防によって防げる病気もあります。

しかし医療インフラの整備が整っておらず、家の近くに病院がない家庭が多数存在しています。

アフリカは現在、安価で治療をうけられる病院を建設して早急に解決する必要があります。

紛争・テロの収束

アフリカは外的要因で紛争やテロに巻き込まれていることもありますが、民族間の紛争も頻繁に勃発しています。

15歳未満の子供が兵士として参加することもあるのが現状で、紛争によって性奴隷などの任務に付く子供います。

紛争やテロは貧困を加速化させる要因の1つで、子供の教育の遅れの原因にもなります。

政府の汚職問題

アフリカは政府や司法がお金の権力によって汚職を働きやすい傾向にあります。

政府の汚職問題は2021年現在も解決しておらず、経済格差を更に拡大させる原因になっています。

汚職問題は、アフリカ全土の貧困化に結びつく深刻な問題で、先進国の支援によって改善する必要があります。

アフリカ経済に対する日本の対応

アフリカは長年の紛争やテロによって貧困から抜け出せない現状があります。

アフリカだけで解決できない問題が多いのが現状で、先進国の支援が今後の課題を解決する鍵になります。

これから日本が現在アフリカにどのような支援を行っているか紹介します。

今後のアフリカ市場がどのように成長するか、支援内容を見ながら分析してみましょう。

日本は総額300億ドル規模のインフラやシステムの整備を進行中

日本政府は2016年~2018年の間で約1,000万人の人材育成をはじめ、総額300億ドル規模の質の高いインフラ整備や保険システムの改善を実行しています。

2019年にはアフリカ開発会議が横浜で開催され、幅広い分野を今後も支援課題として取り入れていく姿勢をみせています。

今後のアフリカへの国際援助や強力はSDGsの達成を含めた広い分野を改善していく予定です。

アフリカ経済は貧困問題と充分なインフラ整備を早急に解決する必要がある

アフリカは経済成長見込みのある国ですが、貧困問題や医療イフンラの問題を解決しない限り、21世紀を生き残れない可能性もあります。

人口の増加に伴い先進国の支援も強化していく必要があり、アフリカ政府のクリーン化もマストになっていきます。

課題の多いアフリカ経済ですが、人口増加はGDPの成長と深く関わっており、課題が解決されると中国のような経済大国になる可能性もあります。

関連記事