カテゴリー
メキシコペソ

【2020年9月最新版】メキシコペソ(MXN)の今後の見通しと戦略を徹底解説

メキシコペソは高金利通貨として有名で、日本でもスワップ運用を目的として取引しているトレーダーが多数存在します。

2020年のコロナショックで一時期下落しましたが、他のマイナー通貨ペアと比べても比較的安定している通貨ペアです。

今回はメキシコペソの見通しと取引戦略について徹底解説します。

スワップ運用したい人に必見の情報も紹介するので、これからメキシコペソでスワップ取引しようと考えている人は参考にしてください。

このページのもくじ

メキシコペソの今後の見通しは?マイナー通貨ペアの中でも安定しているからスワップ取引におすすめ

メキシコペソ上昇中

国内ではメキシコペソの取引だとメキシコペソ円で投資している人がほとんどです。

メキシコペソ円は2016年11月に最安値を更新し、その後5円~6円台のレンジ相場となっていました。

2020年のコロナショックで最安値を再び更新してしまいましたが、2016年~2020年の初旬まで安定した推移でレート変動が起きていました。

2020年のコロナショックで4円台まで下がりましたが、トルコリラ円のように急落トレンドが持続するのではなく、米国経済が安定していくのと同時にメキシコペソは上昇トレンドとなっています。

上昇トレンドとなっているメキシコペソ円ですが、経済状況・新型コロナウイルスの不安材料は解決していないので、一時的に相場が荒れる可能性があります。

不安材料もあるが2020年後半に向けて上昇する見通し

メキシコペソ円は不安材料も多数ありますが、2020年後半に向けて上昇する見通しがだされています。

8月以降、メキシコの主な産業の自動車生産が回復しメキシコ政府のワクチン確保や臨床実験の実施見通しを表明したのでファンダメンタル面を見ても上昇する兆しがあります。

8月13日に追加利下げが置きましたが、下落するような値動きではなく安値ラインを更新することなく維持し続けたのでここから下落する可能性は低いです。

金利は下がったが上昇傾向にある

コロナショックの影響で金利は下がりましたが安値更新とは行かず、上昇トレンドになっているので、今後も安定した値動きを見せる可能性があります。

政治的な問題では、米国のトランプ大統領との対立がありますがトランプ大統領が過激な政策をメキシコに打ち出す確率は低くなっています。

2020年の米国大統領選挙はトランプ大統領が若干不利な状況になっているので、突拍子もない過激発言は減る見込みです。

メキシコペソを取り扱っているメキシコの基本情報

メキシコペソを取り扱っているメキシコの基本情報を紹介します。

通貨は国の経済状況と密接な関係となっているので、取引する通貨の国をしっかり調べて特徴を把握しましょう。

メキシコの基本情報
  • ほとんどの輸出先が米国の為米国の経済状況によって変化する
  • 失業率が低い
  • 自動車産業がメイン

メキシコは米国の経済影響を大きく受ける国なので、米ドルに大きな変化があるとメキシコペソにも影響があると考えておきましょう。

輸出先がほとんど米国!米国の経済影響を大きく受けやすい

メキシコの輸出先の82%は米国となっています。

米国との関係悪化で輸出制限されたり、米国の経済悪化で輸出量が減ったりするとメキシコも打撃を受けてしまいます。

逆に言うと米国の景気が上昇するとメキシコペソも上昇するわかりやすい通貨となっています。

失業率が低めなのが特徴的!

メキシコは失業率が低めで、マイナー通貨ペアを取り扱っている国としては珍しい特徴をもっています。

失業率も低いので、景気が格段に悪くなり急激に下落する不安材料がありあません。

メキシコペソをファンダメンタル面から見た今後の行方を解説

メキシコペソをファンダメンタル面から分析してみます。

メキシコペソで重要な経済ニュースは以下の通りです。

メキシコペソで重要なファンダメンタル要素
  • 米国の株式が高騰
  • 原油の価格がコロナショックから安定してきている
  • アメリカ大統領選挙でトランプ大統領が若干不利

必ず為替の値動きに影響するわけではありませんが、値動きの要因になる可能性が高いのでしっかり把握しておきましょう。

米国経済が回復すればメキシコの主要産業も回復する可能性がある

米国ダウ平均株価は8月下旬まで上昇しており、9月3日から下落してしまっています。

米国の株式が高騰するのはメキシコにとってプラス要素なので、メキシコペソ円も上昇する可能性があります。

ただし、米国ダウ株価が下落を続けるとメキシコペソも影響を受け上昇トレンドが終わってしまう可能性もあります。

米国経済が安定すれば、メキシコペソも安定してくるので、米国の経済ニュースは把握しておきましょう。

コロナショック後原油価格は安定を取り戻した為安定する可能性がある

コロナショックにより原油の売りが止まらず一時期マイナス域に到達していましたが、2020年9月現在ある程度数値を取り戻し安心できる水準まで戻っています。

メキシコペソは原油価格とも密接な関係をもっているので原油価格にも注目しましょう。

原油価格が復活し上昇し始めるとメキシコペソも同時に動きはじめます。

予想外のきっかけで原油が急落する可能性もあるので注意しましょう。

米国大統領選挙間近!トランプ大統領はメキシコについて言及しない可能性が高い

トランプ大統領は、メキシコに対して度々過激な発言と政策を打ち出していましたが、今年はコロナショックもあり過激発言は抑えられる可能性が高くなっています。

米国大統領で第二期目を狙っているトランプ大統領ですが、2020年9月の時点で若干不利になっているので、メキシコに関する発言を控えて米国経済復興に目を向けるでしょう。

米国関係が悪くなる兆しが無い場合、下落してしまう材料が減るので上昇トレンドを維持することができます。

新型コロナウイルスの影響で景気が低迷

上昇する材料もありますが、新型コロナウイルスによる景気低迷は不安材料として残ります。

世界各国同じ問題で低迷していますが、メキシコもコロナショックによる経済影響は大きく受けているので何かのタイミングで下落トレンドになってしまう可能性もあります。

全体的に考えて上昇する要素の方がありますが、油断したトレードはNGです。

メキシコペソでスワップ運用は可能?新大統領によって景気が停滞期にある

メキシコペソでスワップ運用が可能かについて解説します。

まず、メキシコペソでのスワップ運用ですが他のマイナー通貨ペアにくらべレート帯が安定しているので可能です。

ただし、新しい大統領の政策によって景気が停滞期にあるので急激な上昇トレンドで為替差益でも儲けられるという自体にはなりにくいのが現状です。

他のマイナー通貨ペアに比べて安定しているので、スワップ運用は可能ですが大きく儲けうることは難しいのでコツコツ堅実にトレードしていきましょう。

【2020年最新】メキシコペソ円のスワップポイントを徹底比較!高スワップ狙いにおすすめのFX業者ランキング

トルコリラ円のような下落トレンドの可能性は低いがレートが停滞する可能性がある

トルコリラ円のように5年連続して下落トレンドになってしまう可能性は低いのですが、急上昇していく可能性も低く多くのトレーダーが停滞すると予想しています。

スワップ運用の場合、為替変動が鈍くなっていても関係なく下落以外の相場であれば確実に稼いで行けるので現状問題なくスワップ運用できます。

トランプ大統領の発言によって為替変動が起きる可能性が低い

トランプ大統領の過激発言によって度々為替変動が激しくなってしましたが、2020年後半は新型コロナウイルス関係の問題が最重要ポイントとなっているので、メキシコについて言及する可能性は低くなっています。

トランプ大統領による攻撃がなければ、大きく下落することなく着実に上昇していく予想ができます。

100%安心することはできませんが、トランプ大統領の行動が制限されている点を見ると安心して上昇トレンドに乗ったエントリーをして問題ないでしょう。

【2020年最新版】メキシコペソの政策金利は?依然として高金利通貨

メキシコペソは現在金利が4.5%となっています。

メキシコペソ円で考えると、金利差が4.6%となっているのでしっかりスワップポイントをも貰うことが可能です。

メキシコペソ円の金利差
  • メキシコペソ4.5%金利-日本円0.1%=4.6%

トルコリラほどの金利差はありませんが、充分スワップポイントを得ることができるので、スワップ運用におすすめです。

メキシコペソの金利は4.5%スワップ運用として充分な金利差

他のマイナー通貨とくらべてもメキシコペソの金利は高めです。

マイナー通貨の金利
  • トルコリラ 8.25%
  • 南アフリカランド 3.50%
  • メキシコペソ 4.50%

トルコリラが圧倒的に高い金利を維持していますが、為替変動が下落トレンド一直線なのでスワップ運用に向いていません・

他のマイナー通貨ペアで取引していた人たちがメキシコペソ円に集中

コロナショックや金利下げによる下落トレンドで他の通貨ペアでスワップ運用していた人達がメキシコペソに集中している傾向にあります。

他の通貨ペアに比べてレート帯も安定しているので、リスクの低いメキシコペソ円に乗り換えているトレーダーが多数存在します。

メキシコペソでスワップ運用するといくら稼げる?金利変更がなければ稼ぐことができる

メキシコペソでスワップ運用するといくら稼げるか解説します。

金利変更がない場合で計算しているので、今後金利変更で金額が変わる可能性もあります。

各FX会社によって取得できるスワップポイントは変わるので、自分の利用しているFX会社のスワップポイントを確認しましょう。

これから口座開設するという人は、口座開設前にスワップカレンダーを閲覧して高スワップポイントを提供しているか把握しておきましょう。

取引数量によって変わるが10万通貨単位の場合年間2万円以上の収益

2020年9月のスワップポイントですが、100000通貨単位=50円となっています。

1日10万通貨単位で取引すると考えると1ヶ月で1500円となります。

年間で18000円稼げる計算になっていますので、お小遣い程度に考えている人に最適です。

5万円程度で10万円通貨単位取引できるので少額資金運用が可能

メキシコペソ円はレートが4.9円となっているので、少額資金で10万通貨単位取引することができます。

レバレッジ25倍計算で必要最低証拠金を計算すると19600円となっているので、5万円程度あれば10万通貨単位取引可能ということがわかります。

少額投資でもスワップ運用できるので、コツコツ稼ぎたいという人におすすめです。

スワップポイントとは?スワップで利益を得る方法とメリット・デメリットを解説

メキシコペソは現在上昇トレンド!スワップ運用する時に気をつけるべき注意点

メキシコペソは現在上昇トレンド中にあるので、スワップ運用に向いています。

これからスワップ運用する時に気をつけるべき注意点を紹介します。

スワップ運用する時に気をつけるべき注意点
  • 上昇トレンドを過信しない!米国経済によって下落する可能性もある
  • 米国大統領選挙で大きな影響を受ける可能性がある
  • 少額資金運用する人はレバレッジに気をつけよう

上昇トレンド中のメキシコペソ円ですが、上昇トレンドだからといって安易にエントリーすると痛い目を見てしまいます。

エントリータイミングを間違えることのないように気をつけましょう。

【注意点1】上昇トレンドを過信しない!米国経済によって下落する可能性もある

上昇トレンドは継続中ですが、米国系経済によって一気に相場状況は変化する可能性もあるので注意しましょう。

米国ダウ平均株価は高騰からの下落に向かっているので今後の動きに注意して取引しましょう。

【注意点2】米国大統領選挙で大きな影響を受ける可能性がある

米国大統領選挙によってメキシコペソが大きく動く可能性があります。

トランプ大統領が再び就任した場合、以前のような過激発言は少なくなるとしてもメキシコと米国関係が良好に向かうわけではありません。

経済指標発表時に大きくレート変動が起きる可能性があるので、米国大統領の発表時はエントリーせず様子見することをおすすめします。

【注意点3】少額資金運用する人はレバレッジに気をつけよう

メキシコペソは少額資金運用に向いている通貨ペアと紹介しましたが、上記で説明した必要最低証拠金はレバレッジが25倍かかっている状態です。

ハイレバレッジでの長期トレードはロスカットリスクが高くなるのでおすすめできません。

長期トレードする人はある程度レバレッジを抑えてトレードしましょう。

メキシコペソの今後の見通しはレートが停滞する可能性が高い!他のマイナー通貨ペアよりも安定している

メキシコペソの今後の見通しはレートが停滞する可能性が高いことがわかりました。

他のマイナー通貨ペアに比べてレート変動が安定しているので、スワップ取引したい人に最適の通貨ペアとなっています。

主要通貨ペアほどの安定力はありませんが、上昇トレンドが発生しているので大きな問題が起きない限り急落する可能性は低いです。

スワップ運用を考えている人に最適

メキシコペソ円は高金利差通貨ペアなので、スワップ運用を目的にしている人に最適です。

コロナショック後マイナー通貨ペアの中で一番安定しているので、スワップ運用をこれから考えている人におすすめです。

コロナショックによって最安値を更新してしまいましたが、その後金利がさがっても下落せず上昇に向かっていったので買い目線でも充分稼げます。

米国の経済状況・原油価格を常にチェックしよう

メキシコペソ円は上昇トレンド中ですが、米国の経済状況と原油価格は常にチェックしておきましょう。

米国経済を代表するダウ平均株価が急落したり、原油価格が暴落したりするとメキシコペソは必ず大きな影響を受けてしまいます。

予想外の事態に備える為に、毎日チェックしておきましょう。