カテゴリー
南アフリカランド

【2020年9月最新版】南アフリカランドの見通しと戦略を徹底解説!

2020年の1月頃に、南アフリカランドの見通しや今後の動きを予想した記事が多数ありましたが、9月現在新型コロナウイルス感染拡大によって誰も予想していなかった値動きを見せています。

どの通貨ペアもコロナショックを受け急激な円高チャートになってしまいましたが、2020年後半も同じ動きになるとは限りません。

今回は2020年9月以降の南アフリカランド円の見通しと取引戦略を徹底解説します。

2020年は高金利差通貨ペアが全て右肩下がり傾向で多くの長期スワップトレーダーがロスカットに陥りました。

為替市場自体が非常に不安定になっていた時期もあるので、2020年の取引は慎重にトレードしないと予期できない損失が発生してしまいます。

南アフリカランド円で取引しているトレーダーは参考にしてください。

このページのもくじ

南アフリカランド円は2020年3月頃からコロナショックの影響で急激に下落

南アフリカランド円の周足

南アフリカランド円は2020年3月頃から世界規模で発生した新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一気に5円台まで下落しました。

世界各国の経済活動がストップし、南アフリカランドは現在も新型コロナウイルスの影響を受けています。

経済不況から金利を下げた南アフリカランド円ですが、トルコリラ円のような大きな下落とはなりませんでした。

2020年9月現在6円台前半でレンジ相場となっています。

投資家全体がリスクオフに転じた為円高・ドル高傾向になった

コロナショックが起きた当時、投資家達がリスクオフに転じたのでドル高・円高傾向になりました。

コロナショック時、為替市場だけでなく先物取引・株式も大きな影響を受けて一気に下落していました。

リスクオフ傾向の時期は高金利通貨が売られる傾向にあるので、南アフリカランド円は7円台だったのが一気に5円台まで落ち込みました。

トルコリラ円ほどの下落はなかったものの、一時レート配信を停止しているFX会社もありました。

マイナー通貨ペアはスワップ取引や為替値が安いので少額投資にも対応していますが、2020年今年はリスクの高い取引になります。

FXのリスクオンとリスクオフの意味とは?判断のコツ・為替相場が受ける影響を徹底解説

南アフリカランド円の最安値は5円台に留まった

南アフリカランド円の最安値は5円台にとどまりました。

5円で反発を受けてから一度急激に6.4円台まで登り詰めています。

南アフリカランド円はどんなに急落しても5円は割らないとい予想がされています。

現在のサポートラインは6円となっており、サポートラインが引き上がっています。

サポートラインが引き上がっていますが、レジスタンスラインがブレイクされていないため、今後の動きによって相場状況が一変します。

2020年6月頃から9月現在まで6円台をキープしている

南アフリカランド円は2020年6月頃~9月現在まで6円台をキープしています。

数ヶ月の間レンジ相場となっていますので、南アフリカランドの為替差益を狙っているトレーダーは6.4円のレジスタンスラインを境目にエントリーしましょう。

【2020年最新版】南アフリカランド円の今後の見通しを徹底解説

南アフリカランド円の今後の見通しを徹底解説します。

テクニカル面・ファンダメンタル面両方から南アフリカランド円を解説していくので必見です。

南アフリカランド円で注目すべき動きは以下の通りです。

ファンダメンタル・テクニカル分析
  • 新型コロナウイルス感染拡大
  • 経済活動
  • 金利下げ
  • 6.4円のレジスタンスラインをブレイクアウトするかしないか

上記で挙げているポイントに注目して、今後の値動きを予想していきましょう。

新型コロナウイルスの感染急増で外出制限・アルコール飲料販売禁止を再開

南アフリカランドは5月頃にロックダウンを解除したため、経済復活を予想した多数のトレーダーが買い目線で取引していました。

しかし、新型コロナウイルスの感染状況が悪化し、7月12日に夜間の外出制限・アルコール飲料の販売禁止を再開しました。

経済活動の制限に追い込まれた為、今後素直に値動きが上昇する可能性は低いです。

南アフリカランドは回復傾向にあるが新型コロナウイルス感染拡大・経済活動の制限が懸念材料

南アフリカは下落した当時よりかは回復していますが、新型コロナウイルスの感染拡大による活動制限が上昇の妨げとなっています。

南アフリカランドは経済不況の為金利下げもおこなっています。

最悪の自体から回復したことは間違いありませんが、楽観視してトレードしていると一気に下落の波に揉まれて損失してしまうので注意しましょう。

南アフリカランド円は金利下げと新型コロナウイルスによって相場状況が変化する

南アフリカランドは2020年になってから新型コロナウイルスの影響で金利下げを立て続けにおこなっています。

金利下げは下落する大きな要因となるので、金利政策の重要指標はしっかり確認する必要があります。

新型コロナウイルスと金利政策は現在密接な関係となっているので、南アフリカランドの感染者数をしっかり把握することも大切です。

現在先進国では、新型コロナウイルスとの共存・ワクチンの開発等で経済も回復していますが発展途上国は医療が未発達だったり治安の悪化だったり不安材料が大量にあります。

南アフリカランドは回復傾向にありますが、100%安心というわけでないので注意しましょう。

南アフリカランドは累計感染者数30万人以上

2020年9月現在南アフリカランドの新型コロナウイルス感染者数は30万人以上となっています。

感染者数を抑えることができず、感染者は日々増え続けているので経済復興を順調に進められるか懸念されています。

米国のように新規感染者を無視して経済活動に舵切りをする方法もありますが、発展途上国の南アフリカは医療が発展していないため新型コロナウイルスを無視した政策は難しい状況にあります。

国民の生活水準も先進国と大きく異なるので、新型コロナウイルスを徹底的に抑えるには経済活動を一時停止する必要があります。

南アフリカランドはコロナショックによって金利下げをおこなっている

南アフリカランドの金利下げは、コロナショックによって引き起こされています。

金利下げの政策は南アフリカランドだけでなく、世界各国でおこなわれているので金利下げで急落トレンドが起きるとは思えません。

一時的に下がりますが、経済復活の予兆があれば徐々に回復する可能性があります。

他の高金利差通貨ペアより為替変動は安定している

南アフリカランド円は他の高金利差通貨ペアより為替変動が安定している印象があります。

高金利差通貨ペアで人気だったトルコリラ円は、2019年年末から下落トレンドが発生しコロナショックで更に下落してしまったのでスワップ運用が厳しい状況にあります。

南アフリカランド円以外の通貨ペアでスワップ運用していたトレーダー達が南アフリカランド円に注目しているので、急落する可能性は低いです。

経済を大きく傾ける政策や新型コロナウイルス感染が急激に増加しない限り下落トレンドは起きない可能性が高いです。

南アフリカランド円の直近値動きはレジスタンスライン付近まで急上昇中!ブレイクアウトすれば強い上昇トレンドになる可能性

南アフリカランド円のレジサポライン

南アフリカランド円は6.4円台まで急上昇し反発する値動きを数回続けています。

上記の事柄から6.4円がレジスタンスラインになっていることがわかります。

2020年8月頃は一気に下落し6円まで下がりましたが、再び6.4円に向かって急上昇しています。

6.4円のレジスタンスラインをブレイクアウトすると、買い傾向が強まると予想できます。

逆に6.4円で再び反発した場合は、買い目線を一旦止めてサポートラインの6円付近まで待つ必要があります。

6.4円がトレンド転換期

6.4円をブレイクアウトするとトレンド転換期となり、相場状況が一変します。

7円台まで回復する可能性もあるので、6.4付近まで値上がりした際にはブレイクアウトするか様子を見ましょう。

ただし、南アフリカランド円は年足で見ても右肩下がりの下落トレンドとなっていますので、楽観視せず長期運用する人は慎重にエントリーすることをおすすめします。

アセンディングトライアングルとは?使い方や発生した後のチャートパターンを徹底解説

長期スワップ取引を考えている人はエントリーを控えよう

長期スワップ取引を考えている人は6.4円台のブレイクアウトを待つか、サポートラインまで待ってエントリーすることをおすすめします。

中途半端なレート帯で取引を開始すると、マイナー通貨ペアは為替変動が激しいので為替差益でマイナスになってしまう可能性があります。

特に少額資金で取引する人は証拠金維持率を高く維持しておかなければロスカットの危険性があります。

短期・長期目線でも転換期にきている!レジスタンスラインを突破できない場合再びレンジ相場になる可能性

長期目線といっても日足チャートで見ているので、月単位のスイングトレード目線となりますが長期・短期目線でも相場状況が転換期となっています。

6.4円をこのまま突破してれくれるのであれば、2020年後半は少しずつ上昇して7円台まで回復する可能性が高くなります。

南アフリカランド円はテクニカル分析だけでなくファンダメンタル要素もしっかり抑えておく必要があります。

色々な観点からチャート画面を分析し、確実に利益の狙えるポイントでエントリーしましょう。

【2020年9月】南アフリカランド円の今後の見通しは新型コロナウイルス感染状況によって変化する!経済活動自粛解除が鍵

南アフリカランド円は、新型コロナウイルス感染状況によって値動きが変化することが分かりました。

現在再び夜の外出制限・アルコール飲料の販売制限を実行しているので、トレーダー達がどう受け取るかによって相場状況が変わって来ます。

経済活動の妨げになる制限はありますが、南アフリカランド自体は回復に向かっています。

楽観視して、適当にエントリーするとリスクが高くなり損失してしまう可能性が高くなるので慎重にエントリータイミングを探りましょう。

発展途上国の新型コロナウイルス感染状況は悪化している

新型コロナウイルス感染拡大は、現在先進国から発展途上国に移り変わり大きなダメージを受けています。

先進国と違い、発展途上国の医療・治安が安定していないので感染拡大が爆発的に広がってしまっています。

先進国のような対策を打ち出しても、国民の生活水準の低さから感染リスクを上手くカバーできていません。

新型コロナウイルスが今後も感染拡大し続けると、回復傾向にある南アフリカも再びふりだしに戻ってしまいます。

南アフリカランド円でトレードしている人は、感染状況を毎日チェックし金利政策の指標発表を必ず把握しておきましょう。

新型コロナウイルスは世界規模の問題となっている為2020年はリスクオフの傾向

新型コロナウイルスは正解規模の問題になっているので、2020年は全体的にリスクオフの傾向にあります。

新型コロナウイルス感染が拡大した当初は、ドル高になっていましたが米国で感染が爆発的にすすんだので円高傾向に移り変わりました。

現在も円高傾向は衰えておらず、米ドル円は105円台まで下落しました。

今年はリスクオフ目線で投資している人たちが多いということを把握して、南アフリカランド円を運用しましょう。

南アフリカランド円は他の高金利差通貨ペアよりも安定しているからスワップ運用向き

南アフリカランド円は年単位でみると右肩下がりとなっていますが、コロナショック後の値動きは比較的安定しています。

他の通貨ペアよりも値動き幅が狭く、レンジ相場が続いているのでスワップ運用に向いています。