カテゴリー
FXとは?

アセンディングトライアングルとは?使い方や発生した後のチャートパターンを徹底解説

FXトレーダーをはじめると、色々な形のチャートパターンを覚えるようになります。

今回はチャート画面で相場の転換期を読むことができるアセンディングトライアングルについて詳しく解説します。

アセンディングトライアングルはしっかり理解して自分の取引に取り入れると、エントリータイミングが分かるようになるのでおすすめです

いつも適当なタイミングでエントリーして損失してしまっている人は必見です。

アセンディングトライアングルはだましもあるので、本物か偽物かしっかり判断する方法も理解しておきましょう。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

このページのもくじ

アセンディングトライアングルは1つのチャートパターン

アセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルはチャートパターンの1種で、アセンディングトライアングルの発生後は強い上昇トレンドがおきると言われています。

アセンディングトライアングルが発生する条件
  • 短期上昇トレンドが発生している
  • 安値が切り上がっている
  • レジスタンスラインが発生している

アセンディングトライアングルは上記の条件を満たしていれば、信頼度の高いアセンディングトライアングルが発生します。

レジスタンスラインで高値を更新できていないのに安値が切り上がっている

レジスタンスラインはなんども同じ為替値で弾き返されているポイントで、回数が多ければ多い程レジスタンスラインとして意識しているトレーダーが多いということになります。

レジスタンスラインはブレイクアウトするとサポートラインに変化します。

相場状況によって利用する意味合いが変わってくるので、チャートを理解するシグナルの1つにして分析に組み込みましょう。

アセンディングトライアングルが発生する時は上記で説明したレジスタンスラインが必ず出現します。

アセンディングトライアングルを見つけると言うよりレジスタンスラインを見つけると、アセンディングトライアングルを描画しやすいのでおすすめです。

アセンディングトライアングルが出現した後チャートはどう動くのか5つのパターンで紹介

アセンディングトライアングルが出現したあと、チャートはどう動くのか5つのパターンで紹介します。

アセンディングトライアングルは上昇トレンドが発生する前に現れると言われていますが、チャート状況によってまったく違う方向に行く場合もあります。

絶対に上昇するという訳ではないので、しっかりパターンを理解して相場を判断できるようにしましょう。

【パターン1】レジスタンスラインを抜けて上昇トレンドが発生する

アセンディングトライアングルが上抜けする場合

アセンディングトライアングルが発生した後にレジスタンスラインを大きく抜けると強い上昇トレンドが発生します。

なぜ強い上昇トレンドが発生するのかというとレジスタンスラインを突破したことによって相場状況が一変しているからです。

長期間意識されていたレジスタンスラインを突破したということは売り圧より買い圧が強くなったということです。

いままで売りポジションだった人達もストップロスしてしまう可能性があるので、強いトレンドが発生します。

大きくレジスタンスラインを上抜けする場合、エントリータイミングが難しく大きく抜けた瞬間にエントリーするのは非常にリスキーな行動になってしまいます。

もう一度レジスタンスラインだった価格帯まで下落してくれれば押し目買いができますが、一気に上昇してしますと押し目買いができません。

強い上昇トレンドにのって取引がしたいという人はレジスタンスラインを意識するとエントリーしやすくなります。

【パターン2】レジスタンスラインを抜けて一度下落して一気に上昇する

一度うわぬけして反転して上昇

アセンディングトライアングルが出現してレジスタンスラインを抜けても一気に上昇しない場合もあります。

レジスタンスラインを上抜けした後、再び元レジスタンスラインに下落していきます。

レジスタンスラインはブレイクアウトされるとサポートラインとして機能し始めます。

上抜けして下落しても、サポートラインを抜けていない場合は再び上昇する可能性があるので、だましだと勘違いしないようにしましょう。

【パターン3】レジスタンスラインを上抜けしたが直後に下落してしまう

上抜けしたけど下落

アセンディングトライアングルの発生後、レジスタンスラインをブレイクアウトしたが下落してサポートラインも割ってしまうパターンがあります。

上記で説明したパターンはトレーダーが騙されてしまうパターンで注意しなければなりません。

レジスタンスラインを抜けても再び下落する可能性はあるので、レジスタンスを上抜けした=上昇トレンドとは捉えないようにしてください。

ヘッジファンドは自分の利益の為に相場に影響する資金で逆張りをかけて操作する場合があります。

多くのトレーダーが意図していない方向に動くこともあるので注意しましょう。

【パターン4】一度アセンディングトライアングルを抜けて下落したが再び上昇する

アセンディングトライアングル崩壊と見せかけ上昇

先程はなしたパターンも注意しなければなりませんが、これから話すチャートパターンも注意すべき形なので必見です。

一度レジスタンスラインをブレイクアウトする寸前までいきますが、上抜けせず下落します。

多くのトレーダーが下落トレンドに転換すると考えてショートしますが、安値ラインにきたところで再び上昇がはじまりトレンドラインをブレイクアウトします。

上記のチャートパターンはだましが発生しています。

アセンディングトライアングルは上昇局面で発生するチャートパターンなので、下落した直後に下落トレンドが始まると勘違いしないようにしましょう。

【パターン5】安値を抜けて下落トレンド発生

そのまま下落

アセンディングトライアングルが発生した後レジスタンスラインを抜けられず、安値も切り上げられなかった場合、アセンディングトライアングルが崩壊します。

安値を更新して大きく下抜けした場合、アセンディングトライアングル否定形になるので下落トレンドに変わることもあります。

一概に言えないのですが、アセンディングトライアングルが崩れた時は上昇トレンドが発生しない可能性が高いので、チャートを見て柔軟に対応しましょう。

アセンディングトライアングルの描き方・条件

アセンディングトライアングルの描き方と、描く条件を紹介します。

アセンディングトライアングルの描く条件
  • レジスタンスラインがはっきり発生している
  • 短期トレンドが発生している

アセンディングトライアングルは2つの線を結んでできる形なので、レジスタンスライン・トレンドラインがない場合はアセンディングトライアングルを描くことはできません。

レジスタンスラインが発生していないとアセンディングトライアングルは制作不可能

アセンディングトライアングルはレジスタンスラインとトレンラインが発生して形をつくれるので、どちらか一方でも発生していない場合は描けません。

アセンディングトライアングルを描く前にしっかり2つのラインを描画できるか確認しましょう。

上昇トレンドが発生しているか確認しよう

アセンディングトライアングルは強い上昇トレンドが発生するサインと紹介していますが、アセンディングトライアングルを抜ける手前までの値動きはトレンド傾向でなければ機能しません。

トレンドラインはアセンディングトライアングルの一部を表しているので、しっかりトレンドラインをひけるようにしておきましょう。

レジスタンスラインとトレンドラインを繋げるとアセンディングトライアングルが完成

レジスタンスラインとトレンドラインを確認して、しっかり描ける状況であれば2つ線を描いてアセンディングトライアングルを作成しましょう。

レジスタンスラインは水平線、トレンドラインはトレンドライン描画ツールでかくことができます。

トレードアプリでもアセンディングトライアングルは確認できるので、気軽に描いてみましょう。

アセンディングトライアングルは上昇する形でディセンディングトライアングルは下落する形!うまく使い分けよう

アセンディングトライアングルは上昇トレンドで発生するチャートパターンですが、逆パターンもあります。

下落トレンド傾向が強くなる形をディセンディングトライアングルといいます。

使い方は同じで、強い下落トレンドが起きる手前で発生します。

ディセンディングトライアングルはレジスタンスラインではなく、サポートライン付近でできるので間違えないようにしましょう。

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルはトレンド相場の終わりやトレンド転換期を表す

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルはトレンド相場の終わりやトレンド転換期を表します。

大きく流れが変わる瞬間のチャートパターンなので、利用して予想しているチャートパターンと全く同じ動きをすればしっかり稼ぐことができます。

アセンディングトライアングルを描画するには水平線とトレンドラインの描画機能が必要

アセンディングトライアングルを作成するには、水平線とトレンドリアンの描画ツールが必要となります。

パソコン取引ツールの場合、ライン描写機能は必ず搭載されているので心配ありませんが、スマホトレーダーはトレードアプリにライン描写機能が付いていない場合があるので注意しましょう。

トレードアプリでもアセンディングトライアングルは描画できる

ライン描画機能が付いていないトレードアプリもありますが、ライン描画機能がついているトレードアプリだとアセンディングトライアングルを描くことが可能です。

ライン描画機能をつかって視覚化すると、エントリーポイントをしっかり見極めることができるのでおすすめです。

エントリーポイントを知るのに最適

アセンディングトライアングルはエントリーポイントをさぐるのに最適なチャートパターンです。

相場状況が変化するタイミングを見極めることができるので、ポジポジ病の傾向がある人はアセンディングトライアングルを見つけてしっかり根拠のあるトレードを目指しましょう。

アセンディングトライアングルを描けるトレードアプリを解説

アセンディングトライアングルを描けるトレードアプリを紹介します。

ライン描画ツールを搭載しているアプリはアセンディングトライアングルを描画することができます。

描きやすいライン描画ツールを搭載しているトレードアプリを厳選しているので必見です。

YJFX!の外貨exはトレンド描画ツール搭載!ワンタッチで操作できるから初心者でも簡単に描画可能

YJFX!を実際取引してみた

YJFX!が独自開発した外貨exはトレンド描画ツール機能を搭載しています。

タッチ機能で直感的にラインを描けるので、パソコンよりも使いやすい印象です。

気軽にすらすら描けるので、初心者でも簡単に描画可能です。

YJFX!の取引サービスは業界最高水準なので、描画ツール以外の観点でもおすすめできるFX会社です。

YJFX!の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

LINE FXはライン描画ツールが描きやすい!初心者向けトレードアプリだから操作が簡単

LINE FXの口座開設方法!

LINE FXはスマホ専用FXサービスなので、トレードアプリが他のFX会社より高性能になっています。

シンプルなデザインなので初心者でも手軽に利用できます。

チャート画面も見やすく設定できるので、アセンディングトライアングルをしっかり捉えることができます。

ライン描画ツールは直感的操作で描けるシステムを搭載しているので、自分の思い描くポイントで描けなくてイライラすることがありません。

LINE FXの評判・口コミと気になるメリット・デメリットを徹底解説!

ヒロセ通商「LION FX」は多彩なライン描画機能を搭載!通貨ペアも豊富だから色々な手法でトレード可能

ヒロセ通商「LION FX」のトレードアプリ

ヒロセ通商「LION FX」が提供する取引ツールは、初心者から上級者まで満足できる機能性を持っています。

ライン描画機能は勿論、搭載されています。

トレンドライン・水平線以外のライン描画機能も備わっているので、アセンディングトライアングル以外のチャートパターンにも柔軟に対応できます。

豊富な通貨ペアとキャンペーンは業界トップクラスなので、色々な取引手法をつかって稼げるチャンスを見つけたい人におすすめです。

ヒロセ通商「LION FX」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

アセンディングトライアングルは上昇トレンドのシグナル!だましに注意してエントリーしよう

アセンディングトライアングルは上昇トレンドのシグナルということがわかりました。

だましが発生して、損切りになってしまうこともあるので注意しましょう。

アセンディングトライアングルはトレードアプリでも描くことができます。

相場状況の転換期を見つけるのに最適なチャートパターンなので、初心者トレーダーも積極的にレジスタンスラインとトレンドラインを見つけて描画できるようにしましょう。

ヘッジファンドがたましを発生させることもあるので注意

強い上昇トレンド発生時は素直にチャートが上向きになることもありますが、ヘッジファンドの逆張りでおおきなだましが発生することもあります。

だましに狩られてしまうと損失トレードになってしまうので、慎重に見極めましょう。

だましが発生しやすいレジスタンスラインもあるので、どの位置でレジスタンスラインが発生しているか確認しましょう。

数年間以上突破されていないラインの場合、反発して下落してしまう可能性が高くなります。

チャートの形状だけでなく、大きな相場観で分析すると分かりやすくなります。

関連記事