カテゴリー
FXの手法

フィボナッチエクスパンション使い方は?利用した取引手法とメリット・デメリットを徹底解説

FXトレードをおこなっている人たちなら、一度はフィボナッチの分析手法について耳にしたことがあるかと思います。

フィボナッチの分析手法の中には、フィボナッチエクスパンションという分析手法があります。

フィボナッチエクスパンションを利用することによって、より効果的なテクニカル分析をおこなうことが可能です。

しかしフィボナッチエクスパンションについて深く理解していないと、実際のトレードの際に上手く利用することができません。

また誤った使い方からトレードでの損失につながってしまう可能性も考えられます。

そこで本記事ではフィボナッチエクスパンションの使い方について説明するとともに、利用した取引手法やメリット・デメリットを解説していきます。

FXのおすすめ手法をランキングで紹介!低リスク高利益を実現できる人気のトレードスタイル

フィボナッチエクスパンションとは?

スキャルピングで勝てない

フィボナッチエクスパンションとは、チャート上の相場がどこまで伸びるのかを判断することができる分析手法のことを言います。

イタリアの数学者であるフィボナッチが考案したフィボナッチ数列を活用した取引手法となっており、世界中のトレーダーたちがよくトレードに利用しています。

世界中のトレーダーたちから愛されているということは、それだけフィボナッチ数列を活用した分析手法が有効的であるということです。

それではフィボナッチエクスパンションについてより具体的に見ていきましょう。

チャート上の相場がどこまで伸びるかを予想できる分析方法

フィボナッチエクスパンションは上でも解説したように、チャート上の相場がどこまで伸びるのかを予想することができる分析手法です。

相場の値動きはほとんどの場合、トレンド相場とレンジ相場の繰り返しによって成り立っています。

チャート上の相場どこまで続くのかを判断できることによって、実際のトレードにおけるエントリーや決済のタイミングを確認することができます

フィボナッチエクスパンションは上手く利用することができれば、大きな利益を獲得することができる分析手法なのでしっかりと理解を深めていきましょう。

フィボナッチエクスパンションをチャート上に引く方法

FXを10万円から始めて1億円に増やすためおすすめの手法!

フィボナッチエクスパンションに関する知識が深まったところで、チャート上にフィボナッチエクスパンションを引く方法について解説していきます。

フィボナッチエクスパンションの引き方としては4つの手順があります。

  • メニューバーよりエクスパンションを選択する
  • 価格帯を選択する
  • チャート上の押し目や戻り目を確認する
  • 数値の設定をする

4つの手順を踏むことによって、誰でも簡単にフィボナッチエクスパンションを引くことができます。

実際のチャート画面を想像しながら、一つ一つ確認していきましょう。

手順①メニューバーよりエクスパンションを選択する

まずはメニューバーよりエクスパンションを選択していく工程です。

メニューバーは画面の上部にあり、メニューバーの中から挿入を選択します。

挿入を選択するとパネルが開き、パネルの中にフィボナッチという項目があるので選択します。

選択後、再び新しいパネルが開くので、エクスパンションの項目を選択しましょう。

他の項目を選択しているとエクスパンションの項目は表示されないため注意が必要です。

手順②価格帯を選択する

続いて価格帯を選択していきます。

手順①でエクスパンションを選択すると、チャート上の価格帯を選択できるようになります。

チャート上の起点となる安値をクリックし、クリックを解除しないまま基準とする高値までカーソルを持ってきます。

高値の位置でクリックを外すことによって、価格帯を選択することが可能です

選択した価格帯が基準となってフィボナッチエクスパンションを引くことになるので、誤った価格帯を選択しないように注意しましょう。

手順③チャート上の押し目や戻り目を確認する

次にチャート上の押し目や戻り目を確認していきます。

手順②で引かれたフィボナッチエクスパンションをダブルクリックで選択します。

選択後、押し目や戻り目となる価格をクリックします。

押し目や戻り目の価格でクリックすると、より的確に構成されたフィボナッチエクスパンションを作成することができます

押し目や戻り目を確認しておかないと、正確なフィボナッチエクスパンションが形成されないため注意が必要です。

手順④数値の設定をする

最後に手順③で作成されたフィボナッチエクスパンションの数値を設定していきます。

まず既にチャート上に引かれているフィボナッチエクスパンションをダブルクリックで選択します。

フィボナッチエクスパンションを選択後、右クリックでパネルを開きます。

パネルの中にExpantionプロパティという項目があるので選択します。

選択後、追加、レベル設定説明を編集を選択するとフィボナッチエクスパンションの数値を選択することが可能です。

一般的にフィボナッチエクスパンションの数値は61.8、100、161.8というパーセンテージで設定されます

フィボナッチエクスパンションをより正確なものにするためにも、忘れずに数値設定をしておきましょう。

フィボナッチエクスパンションをもちいた取引手法

FX初心者の稼ぎ方

フィボナッチエクスパンションの引き方についての理解が深まったところで、続いてフィボナッチエクスパンションをもちいた取引手法について解説していきます。

フィボナッチエクスパンションを実際の取引に利用することによって、大きな利益を得ることが可能になります

フィボナッチエクスパンションをもちいた取引手法
  • 押し目買いと戻り売りを判断する
  • フィボナッチエクスパンションが重なる箇所を確認する
  • フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレーメントが重なる箇所を利用する

それではフィボナッチエクスパンションをもちいた取引手法について具体的に確認していきましょう。

押し目買いと戻り売りを判断する

フィボナッチエクスパンションを取引で利用することによって、押し目買いや戻り売りのタイミングを判断することができます

フィボナッチエクスパンションは相場の状況がいつまで続くのかを判断でき、反発後にどこまで値動きが上昇するかもしくは下降するかを確認することが可能です。

フィボナッチエクスパンションを取引に利用するためには、まずチャート上でトレンド相場を発見する必要があります。

その後、押し目や戻り目でエントリーしフィボナッチエクスパンションを引けば、今後の値動きがより明確になります。

フィボナッチエクスパンションをラインに則り、決済をおこなうことによって大きな利益を得ることが可能です。

フィボナッチエクスパンションが重なる箇所を確認する

続いてフィボナッチエクスパンションが重なる箇所を確認することで、取引に活用することが可能です。

1つの時間足でフィボナッチエクスパンションを利用するのではなく、複数の時間足で利用します。

複数の時間足でフィボナッチエクスパンションをもちいていると、まれにチャート上にフィボナッチエクスパンションが重なるケースがあります。

複数の時間足でフィボナッチエクスパンションが重なるということは、値動きの反発が起こる可能性を非常に高めます。

フィボナッチエクスパンションの重なりをチャート上で観測することによって、より大きな確証をもって取引をおこなうことが可能です

フィボナッチエクスパンションをもちいて取引をおこなう際には、必ず見逃さないようにしましょう。

フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントが重なる箇所を利用する

フィボナッチ数列を利用した別の分析手法に、フィボナッチリトレースメントという手法があります。

フィボナッチリトレースメントはチャート上の値動きにおいて、上昇や下降後の押し目や戻りの価格を判断することが可能です。

チャート上でフィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントがまれに重なることがあります。

重なっている時に注文を入れることによって、より大きな利益を得ることができます

著名なトレーダーのディナポリもアグリーメントでもちいているのが、フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントの重なりを利用した取引手法です。

有名なトレーダーでさえ利用しているということは、それだけ利益を得られる可能性が高い手法であるということです。

フィボナッチエクスパンションのメリット

FX自動売買システムのメリット・デメリットを解説

フィボナッチエクスパンションは取引にもちいることによって、非常に大きな利益を獲得することができる分析手法であることは理解できました。

その他にもフィボナッチエクスパンションには様々なメリットがあります

フィボナッチエクスパンションのメリット
  • 順張りの際の利確ポイントを判断することができる
  • 逆張りの際のエントリーポイントを見極めることができる
  • 他のテクニカル分析と組み合わせることによって有効性が高まる

メリットをしっかりと理解しておくことによって、より効果的にフィボナッチエクスパンションを利用することができるので確認しておきましょう。

順張りの際の利確ポイントを判断することができる

フィボナッチエクスパンションを利用すれば、順張りの際の利確ポイントを判断することができます

通常、順張りの際の利確ポイントを判断することはなかなか難しいです。

しかしフィボナッチエクスパンションを利用すれば、チャート上の相場の状況がいつまで続くのかを判断することができるため、1番利益が大きくなる利確ポイントを知ることができます。

フィボナッチエクスパンションかた判断した利確ポイントで決済すれば、大きな利益を得ることが可能です。

逆張りの際のエントリーポイントを見極めることができる

フィボナッチエクスパンションは順張りの取引だけでなく、逆張りの取引の際にも利用することが可能です。

上でも説明しましたが、フィボナッチエクスパンションは順張りの際の利確ポイントになります。

順張りの利確ポイントになるということは裏を返せば、逆張りの際のエントリーポイントになるということです。

フィボナッチエクスパンションから判断した逆張りのエントリーポイントで売りエントリーすれば、大きな利益を得ることもできます。

フィボナッチエクスパンションから得られる売買のタイミングを見逃さないようにしましょう。

他のテクニカル分析と組み合わせることによって有効性が高まる

フィボナッチエクスパンションは単体で利用しても十分な分析をおこなうことができますが、他のテクニカル分析と組み合わせることによってより有効性が高まります。

フィボナッチエクスパンションなどの分析ツールはあくまで相場の動きを予測するものなので、予想した値動きが外れてしまうこともあります。

しかし他のテクニカル分析手法でも、同じような分析結果が出ていればより正確さが増します。
正確さが増した分析結果を基に取引をおこなうことによって、トレードでの勝率を高めることも可能です。

フィボナッチエクスパンションを利用する際には、より効果を向上させるために複数のテクニカル手法を組み合わせて利用してみましょう

フィボナッチエクスパンションのデメリット

新・楽天銀行FXはスリッページが発生しやすいか解説

フィボナッチエクスパンションにはメリットも多くありますが、もちろんデメリットも存在します

デメリットについての理解もしっかりと深めておくことによって、自分がフィボナッチエクスパンションを利用した方がいいのかどうかを判断することが可能です。

  • フィボナッチエクスパンションのデメリットレンジ相場では機能しない
  • フィボナッチエクスパンション単体では正確性に欠ける
  • 予測とは違う動きをすることがある

レンジ相場では機能しない

フィボナッチエクスパンションはレンジ相場においてはあまり機能しません。

フィボナッチ数列を利用した取引手法は、もともとトレンド相場での値動きを予想するために利用されるテクニカル分析です。

レンジ相場では値動きの幅が小さく、トレンド相場のようなはっきりとした値動きを起こすことは非常に少ないため、レンジ相場ではあまり機能しません。

フィボナッチエクスパンションをレンジ相場で利用する際には、レンジ相場での機能が小さいことを注意したうえで取引をおこなうようにしましょう。

フィボナッチエクスパンション単体では正確性に欠ける

フィボナッチエクスパンションは単体でも非常に有能なテクニカル分析手法ですが、単体で利用すると正確性に欠けます。

あくまでトレーダーたちがどういう動きをするかということを予想する分析方法です。

フィボナッチエクスパンションの分析結果に正確性を持たせたい時は、複数のテクニカル分析を併用するようにしましょう。

複数のテクニカル分析を併用することによって、フィボナッチエクスパンションのデメリットを払拭することが可能です。

予測とは違う動きをすることがある

上でも説明しましたが、フィボナッチエクスパンションはあくまでトレーダーたちの動きを予想するテクニカル分析なので、予測とは違う動きを見せることがあります

フィボナッチエクスパンションと違う動きを見せることが多いので、トレードの際に信頼しすぎるのは注意が必要です。

予測と違う動きに適切に対応するために、複数のテクニカル分析をもちいながら正しい判断をするようにしましょう。

フィボナッチエクスパンションを利用してトレードで利益を上げよう

通貨ペア

フィボナッチエクスパンションはトレードにおいて利用することによって、大きな利益を得ることが可能になるテクニカル分析です

しかしフィボナッチエクスパンションについての理解が深まっていなかったり、メリットやデメリットについて知っていなかったりすれば、誤った使い方をしてしまう可能性があります。

誤った使い方から取引で損失を生じさせてしまう可能性もあるので、フィボナッチエクスパンションの理解を深めておくことは必要不可欠です。

フィボナッチエクスパンションを利用してトレードにおいて、大きな利益を上げていきましょう。

関連記事