カテゴリー
FXの手法

FXでのネックラインの引き方とチャートパターンから見つける方法

FX取引していると「ネックライン」という言葉を良く耳にします。

ネックラインはトレンド転換を示唆するラインなので、意識しているトレーダーも多く正確なポイントにラインを引くと損傷利大トレードが可能になります。

今回は「ネックラインってそもそもなに?」、「ネックラインの引き方ってある?」と疑問に思っている人に、ネックラインの正しい引き方やネックラインの定義を徹底解説します。

ネックラインはテクニカル分析の基本部分でもあるので、ネックラインを知らないFX初心者も必見です。

ネックラインを手法に取り入れたい人は参考にしてください。

FXのおすすめ手法をランキングで紹介!低リスク高利益を実現できる人気のトレードスタイル

ネックラインの定義とは

ネックライン

ネックラインの定義はトレーダーによって多少異なりますが、一般的に直近の戻り高値・押し安値のラインをネックラインといいます

トレンド最中に高値・安値を更新できず、直近の戻り高値・押し安値を割ってしまうとネックラインを抜けることになります。

ネックラインを抜けるとトレンド転換で今まで起きていたトレンドと真逆のトレンドが発生します。

ネックラインを抜けてもトレンド転換しない場合はレンジ相場に移行します。

ネックラインのパターンは様々で、トレーダーによって引き方が異なります。

パターンは色々とありますが、共通しているのが直近の戻り高値・押し安値を意識して引いていることなので、ネックラインを見つけるときは直近の動きを把握しましょう。

トレンド転換をとらえるライン

ネックラインはトレンド転換をとらえるラインにもなります。

ダウ理論でもトレンド終了のサインは上昇・下降をやめネックラインを抜けるとトレンド転換と定義づけされています。

トレンド転換をとらえてエントリーすると、大きな利益幅を獲得できるので多くのトレーダーはネックラインを意識しています。

トレンド転換からレンジ相場に移行することもあるので一概に言えませんが、新しいトレンドをとらえるためにもネックラインは重要なポイントとなっています。

ダウ理論を使ってトレンド転換をわかりやすく捉える方法

ネックラインの引き方

ネックラインの引き方について解説します。

米ドル円の下降トレンドから上昇トレンドに転換したときに発生したネックラインをベースに説明します。
ネックラインの引き方

この米ドル円のチャート画面では、下降トレンドが発生し上昇トレンドに転換しています。

転換時、安値が更新されず直近の戻り高値を抜けている部分がありますよね。

この部分がネックラインとなります。

ネックラインを一度抜けてから再びネックラインに向かって下降していますが、ネックラインがサポートラインに転換しレートは再び上昇傾向にあります。

ポンド円のネックライン
次にポンド円のチャート画面を見てみましょう。

先ほどの米ドル円より、より多くのネックラインを確認できます。

ネックラインは米ドル円のようにわかりやすく出現ものもありますが、複雑な形で出現することもあります。

ネックラインを引くときに重要なのは直近の値動きと今の値動きを比べることです。

ネックラインを引くときに意識すること
  • 直近の押し高値・戻り安値に注目
  • ローソクの実態がしっかり出ているか
  • 高値・安値を更新していないか

ネックラインを引いてもトレンドの高値・安値が更新され続けている場合、トレンドは続いているので意味がありません。

しっかりトレンド終了の示唆をとらえてネックラインを引きましょう。

直近の押し高値・戻り安値に注目する

ネックラインを引くときに重要なのは、押し高値と戻り安値にしっかり注目することです。

先ほど紹介したポンド円のチャート画面を抜粋して、ネックラインを見てみましょう。
ポンド円
ポンド円はボラティリティが高く、ローソク足が長いので直近の戻り安値が分かりにくい状態になっています。

為替の値動きは上下しながらトレンドを形成していくので、どこが戻り安値なのか判断しにくいこともあります。

判断が難しいときは、長時間足のチャートで意識されているサポートライン・レジスタンスラインをみて何度も反発している値に注目してみましょう。

間違ったラインを引くとだましになるので注意

難しい

間違ったネックラインを引いてしまうと、エントリーポイントをミスしてしまうので注意してください。

短時間足チャートでネックラインを引くと、長時間足ではトレンドが抜けていない状態で真逆のトレードをしてしまうことがあります。

時間足

このように5分足では上昇トレンドに見えても、1時間足で見ると大きなレンジ相場になっていることがあります。

上記の画像の場合、1時間足でのレジスタンスラインは抜けていないので降下していく可能性もあります。

間違ったラインを引かないように短時間足・長時間足のチャートを見比べて引きましょう。

チャートパターンからネックラインを見つける方法

ネックラインはチャートパターンから見つけることも可能です。

チャートパターンからネックラインを見つけ、ネックラインを抜けたことを確認すると利益を狙えるエントリーチャンスとなるので必見です。

チャートパターン
  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • ヘッドアンドショルダー

今回は上記3つのチャートパターンを紹介します。

チャートパターン通りに値動きしない場合もありますが、大きな指標となるのでFX初心者は覚えておきましょう。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップダブルボトム

ダブルトップとダブルボトムの説明をします。

ダブルトップは為替が安値になった状態で一度反発した後、再び下降した安値より高い位置で反発しネックラインを超える形状です。

ダブルボトムはその反対でネックラインを抜けて降下していきます。

この形状ではネックラインが重要で、反発している為替値の場所を正確に把握してネックラインを引きましょう。

ヘッドアンドショルダー(三尊)

ヘッドアンドショルダー
上昇トレンド中、高値を更新したが直近の戻り安値まで下がり一回反発してネックラインを抜けた形状をヘッドアンドショルダーといいます。

ヘッドアンドショルダーはトレンドが終わるサインとしても有名なチャートパターンです。

一度高値を更新しているものの、ネックラインまでさがり大きく上昇せずネックラインを抜けるので強い売りが来ていることがわかります。

チャートの形状が肩と頭見たいに見えるためヘッドアンドショルダーという名前が付きました。

ネックラインを使った取引手法

ネックラインを使った取引手法を紹介します。

ネックラインを使った取引手法
  • ネックライン抜けを確認してからエントリー
  • ネックラインのレジサポライン転換を見てエントリー

ネックラインを抜けると、ネックラインはサポートライン・レジスタンスラインに変わることもあります。

多くのトレーダーが意識している為替値がわかるので、良いエントリーポジションを取ることができます。

ネックラインを抜けたタイミングでエントリー

最初に説明したようにネックラインを抜けるとトレンド転換が発生します。

トレンド転換発生のタイミングで、エントリーすると損傷利大トレードが可能となります。

ネックラインを抜けても一度ネックラン付近まで戻る可能性もあるので、しっかり抜けたことを確認してエントリーしましょう。

短時間足でネックラインを抜けても、長時間足で見るとトレンドが抜けていない状態の可能性があります。

だましに引っかからず全体状況を把握してエントリーしましょう。

ネックラインからレジサポラインに転換したタイミングでエントリー

ネックラインを抜けたあと、ネックラインはレジサポラインに転換することがあります。

レジサポライン付近でレートが反発するので、エントリーの指標として活用しましょう。

ネックラインに関する注意点

ネックラインに関する注意点をまとめました。

ネックラインに関する注意点
  • ネックライン以外にもラインは存在する
  • マルチタイムフレーム分析も併用する
  • レンジ相場になった場合は撤退

ネックラインを抜けたからといって確実にトレンド転換するわけではありません

しっかり損切設定をして大損しないように注意しましょう。

ネックラインを抜けても値動きが鈍くなり方向性が掴めない場合は、レンジ相場になる可能性が高くなります。

レンジ相場は裁量トレードで大きく稼ぐことができないので、トレンドが再び発生するタイミングを見計らいましょう。

ネックライン以外のラインも意識する

チャート画面にはネックライン以外のラインも存在します。

他のトレーダーがネックライン以外のラインで取引判断している場合もあるので、ネックラインだけの指標でエントリーするのは危険です。

ネックラインは一つの指標ととらえて、他のテクニカル指標でも分析してみましょう。

アセンディングトライアングルとは?使い方や発生した後のチャートパターンを徹底解説

短時間足チャートだけでなく長時間足でも状況を把握する

短時間足でのトレンド転換は、長時間足で見ると転換していない場合があります。

マルチタイムフレーム分析を使って、正しい情報を読み取りましょう。

ネックラインを抜けても長時間足でトレンド継続がみられると、再び上昇・下降して損失してしまいます。

ネックラインをなかなか抜けられない場合はレンジ相場に移行する

ダブルトップやヘッドアンドショルダーが発生しそうな相場状況でも、ネックラインをなかなか抜けられない場合もあります。

ネックラインを抜けられない場合、強いトレンドは発生しませんがレンジ相場に移行する可能性が高くなります。

レンジ相場に移行すると、方向性が掴めず利確幅が小さくなってしまうので注意しましょう。

レジサポラインを引いて、トレンドが発生するタイミングまで待機しましょう。

ネックラインは多くのトレーダーが意識しているライン

ネックラインは多くのトレーダーが意識しているラインです。

ネックラインを引いて分析しているかしていないかで、勝率が大きく変わることもあります。

テクニカル分析の基本として、トレンド転換が起きそうなチャート状況ではネックラインを引いて判断してみましょう。

トレンド転換の示唆になるので重要

ネックラインはトレンド転換の示唆になります。

トレンド転換期にエントリーすると、トレンドに乗って大きく稼ぐことが可能です。

資金を増やすチャンスになるので、チャートパターンを覚えてネックラインをうまく活用してみましょう。

関連記事