カテゴリー
FXの手法

通貨強弱を測定表示するMT4インジケーターの紹介と表示方法・戦略を徹底解説

通貨強弱のインジケーターは各通貨の強弱を可視化しているインジケーターです。

強い通貨と弱い通貨の通貨ペアを見つけると、トレンド発生の示唆となるのでFX初心者でも簡単に分析することができます。

今回は通貨強弱を表示するMT4インジケーターを紹介します。

FX会社が提供しているMT4インジケーターも紹介しているので、気になる人は口座開設してみてください。

表示方法や通貨強弱のインジケーターを使った戦略も詳しく解説していくので、参考にしてください。

FXのおすすめ手法をランキングで紹介!低リスク高利益を実現できる人気のトレードスタイル

通貨強弱を表示するMT4インジケーターを紹介

通貨強弱を表示するMT4インジケーターは無料でダウンロードしたりFX会社で提供されていたりします

FX会社のインジケーターを利用する場合は口座開設が必要となります。

個人トレーダーが作成したインジケーターでも利用可能ですが、FX会社のインジケーターに興味がある人は口座開設しましょう。

通貨強弱を相対的にみるインジケーター

通貨強弱を相対的にみるインジケーターは終値をベースにして通貨の相対的強さを表します。

通貨強弱を表示できる通貨
  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • スイスフラン
  • カナダドル

例えば米ドル円で取引した場合、米ドルの強さと円の強さが各チャートに表示されます。

ラインが上昇している通貨は強く、多くのトレーダーが買いに入りやすい状況を表しています。

このインジケーターは通貨ペアごとにダウンロードする必要があるので、自分に必要な通貨のインジケーターをダウンロードしましょう。

Strong and Weak FX Paris

Strong and Weak FX Paris

Strong and Weak FX Parisはチャートで表示されている2つの通貨の強弱を、平均移動線の距離から計測し0~7の数値で表示されます。

チャート画面の横にサブウィンドウとして表示可能で、時間足ごとの通貨強弱を比較することも可能です。

チャート画面の下部に2つの通貨ペアの強弱をわかりやすく表示しているので、簡単に強さを把握できます。

移動平均線の期間を設定することも可能で、サブウィンドウに表示する時間足も設定できます。

自分好みにカスタマイズできるのでおすすめです。

Multi Currency Trend Strength Indicator Basic

Multi Currency Trend Strength Indicator Basic

Multi Currency Trend Strength Indicator Basicは各通貨の価格変化率を計算し通貨強弱を表すインジケーターです。

表示している通貨ペア以外の通貨強弱も確認できるので、相場の全体感を把握できます。

インジケーターはチャート画面の下部に表示され、右側にわかりやすく通貨の名前が強さ順で記されています。

通貨強弱の設定や時間足を変化できるので、取引スタイルによって細か調節できます。

OANDA Japan「Currency Power」

OANDAJapan

OANDA Japanは通貨強弱のインジケーターを無料でダウンロードできます。

口座開設する必要がありますが、安心の国内FX会社でMT4ツールを使えるのでおすすめです。

OANDA JapanのCurrency Powerは8種類の通貨強弱を表示していて、チャートに表示されている2つの通貨のラインは太くなっています。

一定期間の通貨の強弱が可視化されているので、通貨ペアのトレンド発生を素早くキャッチすることができます。

FX会社のインジケーターなので、怪しいサイトでダウンロードする必要もありません。

安心して通貨強弱のインジケーターを使いたいという人におすすめです。

FXTF「Symbol kyojaku」

FXTFのスワップポイントについて解説

FXTFは豊富なインジケーターを無料配布していることで有名のFX会社で、通貨強弱のインジケーターを搭載しています。

FXTFのSymbol kyojakuは7種類の通貨強弱を表示できるインジケーターです。

トレンドの反転やトレンド発生を通貨強弱のラインで把握することができるのでおすすめです。

通貨強弱のインジケーターはチャート画面の下部に表示されます。

FXTF MT4(ゴールデンウェイ・ジャパン)の評判・口コミは?メリット・デメリットや口座開設時の注意点を解説

MT4で通貨強弱のインジケーターを表示する方法

MT4で通貨強弱のインジケーターを表示する流れを紹介します。

  • 【STEP1】MT4を起動してMQL5を起動する
  • 【STEP2】利用したい通貨強弱のインジケーターをダウンロード
  • 【STEP3】ダウンロードが終わったらopenをクリック
  • 【STEP4】ナビゲータからダウンロードしたインジケーターをクリック
  • 【STEP5】設定を完了させて表示

インジケーターのマーケットから直接MT4起動することもできるので、簡単にインジケーターをダウンロードしたい人はMT4でインジケーターダウンロードしましょう。

MT4を起動してマーケットから通貨強弱のインジケーターをダウンロード

MT4を起動した下部にあるマーケット画面をひらきMQL5を開きます。

ダウンロードしたいインジケーターの名前を記入してインジケーターを表示します。

画面左側にダウンロードボタンがあるのでダウンロードします。

ダウンロード後ナビゲータの項目から使用するインジケーターをクリック

ナビゲータ

ダウンロードすると、ダウンロードボタンがオープンに変わっているのでオープンボタンをクリックします。

オープンボタンをクリックするとナビゲータに通貨強弱のインジケーターが入っている状態いなります。

ナビゲータ画面からインジケーターがダウンロードできているか確認しましょう。

ダウンロードしたインジケーターをクリックして、色設定などを完了させるとチャート画面に表示されます。

チャート画面に通貨強弱のインジケーターが表示されているか確認

おすすめインジケーター

設定終了後にインジケーターはチャート画面に表示されます。

通貨強弱のほとんどはチャート画面下部に表示されるものなので、インジケーターを表示できているか確認しましょう。

不具合が起きている場合やダウンロードに失敗した人は、MT4にログインできているか確認しましょう。

MT4画面の右下部にログインできているか状態を把握することができます。

MT4に通貨強弱のインジケーターを表示させて取引する手法

MT4に通貨強弱のインジケーターを表示させて取引する手法を紹介します。

通貨強弱は、各通貨の強弱を可視化したものでトレンドの示唆を把握することができます。

「通貨が強いから買い!」、「通貨が弱いから売り!」といった単純思考で取引すると失敗する可能性があるので注意しましょう。

FXの通貨強弱ってどういう意味?通貨の強さ・弱さを把握してトレードに活用する方法を解説

強い通貨と弱い通貨の通貨ペアで順張りトレード

各通貨ペアの強弱を見たとき、強い通貨ペアと弱い通貨ペアを見ることができます。

通貨強弱のインジケーターでは各通貨の強さを表しているので、強さに大きく差のある通貨ペアを見つけられます

通貨ペアの強弱に差が大きい場合、トレンド発生している可能性があるのでチャート画面をみてみましょう。

単純に通貨強弱で強い通貨が全体的に上がるというわけではなく、通貨強弱のラインの流れをみることが重要です。

通貨が強い=トレンドにエントリーするチャンスではないので注意

例えば米ドル円でトレードしていて、通貨強弱のインジケーターをみて円が一番強かった場合、単純に円高と予想する人がいます。

上記の考え方は間違えで、円が強くても他の通貨ペアも相対的に上昇ラインを形成していると一概にも円高になるとは言えません。

どの通貨が強いかを判断するのも必要ですが、重要なのは通貨ペアの強弱ラインがどのくらい離れているかです。

通貨ペアの強さを単純に上昇すると考えると、予想とは違う方向性に行く可能性があるので注意しましょう。

MT4で通貨強弱のインジケーターを使用するときの注意点

MT4で通貨強弱のインジケーターを使用するときときの注意点をまとめました。

MT4で通貨強弱のインジケーターを使用するときときの注意点
  • 通貨強弱だけで判断しない
  • FX会社のインジケーターは信頼できる
  • テクニカル指標と組み合わせる

通貨強弱のインジケーターは見やすい上に理解しやすいので、初めてFX取引する人でも全体的な相場を把握することができます。

しかし、安易に通貨強弱だけでエントリー判断をすると大損失してしまうこともあるので注意しましょう。

通貨強弱だけでエントリー判断は危うい

通貨強弱だけでエントリー判断すると、過去のチャート状況を把握していないので方向性をつかめずエントリーしてしまう場合があります。

通貨強弱を一つの判断材料ととらえて、チャート分析もおこないましょう。

通貨強弱のインジケーターを分析する方法も、単純に強さだけをみていると意味がありません。

各通貨の強弱ラインを見て、どのくらい乖離しているのか把握しましょう。

FX会社のインジケーターが信頼度高め

MT4のインジケーターは基本無料で入手することが可能ですが、稀に詐欺に遭ったりウイルスが混入していたりします。

信頼度の高いインジケーターを利用したい人は、FX会社が提供しているインジケーターを使用しましょう。

国内FX会社でもMT4を利用することはできます。

MT4を専門にしているFX会社もあるので、興味のある人は口座開設してみましょう。

【2020年最新版】MT4が使えるおすすめ国内FX会社比較ンキング!MT4で高額を稼ぐ方法やメリット・デメリットも併せて解説

テクニカル指標と組み合わせよう

通貨強弱のインジケーターは他のテクニカル指標と組み合わせると根拠の強いトレードができます。

特にトレンド系のテクニカル指標と相性が良いので、自分の使いやすいテクニカル指標と組み合わせてみましょう。

MT4で通貨強弱を表示させると簡単に相場を把握できるからおすすめ

MT4で通貨強弱を表示させると簡単に為替相場を把握できるからおすすめです。

ただ各通貨ペアのレートを見るだけでなく、どの通貨が強よいか弱いか把握できるので暴落・急騰を判断することも可能です。

複数の通貨強弱を見ていると、視野が広がり色々な通貨ペアで取引するチャンスを得ることができます。

初心者でも見やすく使いやすいので、相場の全体像を簡単に把握したい人はダウンロードしてみましょう。

関連記事