カテゴリー
FXの手法

レンジ相場はどう判断する?見分け方や役立つインジケーターを紹介

FXの相場はレンジ相場とトレンド相場によって構成されています。

トレーダーの人なら必ずレンジ相場とトレンド相場の違いは把握しておきたいですが、市FX初心者の人は違いについて分からない人も非常に多いです。

しかし言葉の違いだけでなくトレンド相場とレンジ相場の見分け方も理解しておかなければなりません。

見分け方を知らずにトレードに臨んでしまうと、利益が得られるところで得られなかったり損失を生じさせたりしてしまいます

そこで本記事ではレンジ相場を判断する見分け方について説明するとともに、トレンド相場やレンジ相場の判断に役立つインジケーターについて紹介していきます。

FXのおすすめ手法をランキングで紹介!低リスク高利益を実現できる人気のトレードスタイル

レンジ相場とは?

FXスレの○○だけど質問ある?シリーズ紹介

まずレンジ相場についての理解を深めていきましょう。

レンジ相場とはチャート上の値動きがある一定の範囲内で収まっている相場のことを表します。

ここからはレンジ相場についてより詳しく見ていきましょう。

チャート上の値動きがある範囲内に収まっている相場のこと

レンジ相場とは上でも説明した通り、チャート上の値動きがある範囲内に収まっている相場のことを言います。

値動きの上下が少ない相場で、値動きが激しいトレンド相場に比べると比較的水平で落ち着いたチャートの波形です。

つまり買いが多いとか売りが多いなどといった偏りがなく、両者の均衡がとれている状況を示しています。

レンジ相場の見分け方

3万円からFXを始める際にやるべきことは何か?
Financial market information and data analyzing. Money, magnifier and many charts.

レンジ相場についての理解が深まったところで、レンジ相場を見分ける方法について解説していきます。

実際のトレードの際にチャート上のレンジ相場を見分けることによって、トレードを上手く進めることが可能になるためしっかり覚えておきましょう

レンジ相場の見分け方
  • 移動平均線との交わりで判断する
  • 複数の時間足を見る
  • 高値と安値で反発しているかを確認する

それではレンジ相場の見分け方についてより詳しく見ていきましょう。

移動平均線との交わりで判断する

まず紹介するレンジ相場の見分け方は、移動平均線との交わりで判断する方法です。

移動平均線とは、ある一定期間の平均価格の推移を表したラインのことです。

トレンド相場を迎えている際は移動平均線の傾きが急になることが多いですが、レンジ相場を迎えている場合は水平に近くなっています。

レンジ相場では値動きが小刻みに上下を繰り返すので、移動平均線と何度も交わるという現象がおこります。

移動平均線だけでレンジ相場と判断することは難しいのです。

移動平均線との交わりで判断することでより確証をもってレンジ相場であると判断することができます。

複数の時間足を見る

チャート分析をおこなう際の基本として、複数の時間足によって分析をおこなう必要があります。

1つの時間足では相場の状況を正確にとらえることは難しいですが、複数の時間足のチャート分析も併用することによって分析の有効性が高まります

複数の時間足のチャート分析をおこなう際のコツとしては、長期の時間足から分析してくということが挙げられます。

一般的に短期の時間足を利用しているトレーダーに比べ、長期の時間足を利用しているトレーダーの方が多いです。

長期の時間足を利用しているトレーダーの方が多いため、長期の時間足のチャートの動きの方が正確です。

チャート分析を複数の時間足をもちいておこなう際には、長期の時間足のチャートから分析をおこなうようにしましょう。

高値と安値で反発しているかを確認する

「チャート上の値動きがある範囲内に収まっている相場のこと」でも説明したように、レンジ相場では値動きがある一定の範囲内で反発を繰り返します

もしトレンド相場であれば、反発することなく上昇や下降を続ける値動きを見せます。

高値と安値で反発を繰り返しているということは、レンジ相場を迎えていると判断することが可能です。

チャート分析をおこなう際は、値動きが高値と安値で反発しあっていないかを常々確認するようにしましょう。

レンジ相場を判断するためのインジケーター

レンジ相場の見分け方について解説してきましたが、正直自分たちでチャートを分析しレンジ相場を判断していくことは手間がかかります。

レンジ相場を判断するためのインジケーターをもちいれば、自動でレンジ相場を判断してくれるため非常に便利です。

レンジ相場を判断するためのインジケーター
  • 「Damiani_volatmeter」はトレンド相場かレンジ相場かを判断してくれる
  • 「00-DoNotTrade_v103」はマルチタイムフレーム分析でレンジ相場を判断してくれる
  • 「Forex_SMART_Filter_v1」は分かりやすい色分けでレンジ相場を判断してくれる
  • フィボナッチリトレースメントは値動きの反発からレンジ相場を判断することができる

それではレンジ相場を判断するためのインジケーターについて一つずつ見ていきましょう。

「Damiani_volatmeter」はトレンド相場かレンジ相場かを判断してくれる

「Damiani_volatmeter」は世界中のトレーダーたちも利用している簡単にレンジ相場を判断してくれるインジケーターです。

特徴としてはレンジ相場だけでなく、トレンド相場も容易に判断することができるため初心者の人にも非常に使いやすくなっています。

「Damiani_volatmeter」が反映されたチャート上では、灰色のラインと緑色のラインの2種類のラインが表示されています。

灰色のラインの方が上にあればレンジ相場で、緑色のラインが上にあればトレンド相場を意味します。

非常に簡単に相場の状況を判断できるオススメなインジケーターです。

「Damiani_volatmeter」は「FX侍」のサイトよりパソコンにインストールすることができるので、確認してみましょう。

「00-DoNotTrade_v103」はマルチタイムフレーム分析でレンジ相場を判断してくれる

「00-DoNotTrade_v103」は、マルチタイムフレーム分析を用いてレンジ相場を判断してくれるインジケーターです。

マルチタイムフレーム分析とは複数の時間足をもちいてチャート分析をおこなう分析手法のことで、複数の時間足をもちいることでより正確に相場の状況を判断することができます。

「00-DoNotTrade_v103」ではTradeという文字が表示されるとトレンド相場であることを意味し、逆にDo Not Tradeと表示されるとレンジ相場を表します。

マルチタイムフレーム分析をもちいて、トレンド相場とレンジ相場を判断してくれる非常に高性能なインジケーターですので、ぜひ利用してみましょう。

「00-DoNotTrade_v103」は「FX侍」のサイトからインストールすることが可能です。

「Forex_SMART_Filter_v1」は分かりやすい色分けでレンジ相場を判断してくれる

「Forex_SMART_Filter_v1」は分かりやすい色分けで上昇トレンドと下降トレンド、レンジ相場を判断してくれるインジケーターです。

赤色が下降トレンド、青色が上昇トレンド、黄色がレンジ相場でパッ見で相場の状況を判断することができるため、チャート分析が苦手だという人に持ってこいはインジケーターになっています。

配色もはっきりとした分かりやすい色が使われていて、トレーダーに使いやすいように作られていることがうかがえます。

「Forex_SMART_Filter_v1」は「FX侍」のサイトよりパソコンにインストールすることができるため、一度利用してみましょう。

フィボナッチリトレースメントは値動きの反発からレンジ相場を判断することができる

世界中のトレーダーたちが利用しているテクニカルインジケーターにフィボナッチリトレースメントというものがあります。

フィボナッチリトレースメントはフィボナッチ数列を基に考案されたインジケーターで、通常トレンド相場を判断するためのインジケーターです。

トレンド相場でもちいられることが多いインジケーターなので、あまりレンジ相場での分析には利用されませんがある特徴を活かすことによってレンジ相場を判断することが可能です。

ある特徴というのが、フィボナッチリトレースメントで引かれた38.2%と61.8%のラインでは値動きが反発しやすいということです。

38.2%と61.8%のラインをブレイクしていけばトレンド相場であると判断することが可能ですが、反発しない場合はレンジ相場です。

フィボナッチリトレースメントに反発している相場の状況はレンジ相場であると判断することが可能ですので、実際のチャート分析の際に利用してみてください。

レンジ相場を利用した取引手法

有名FXトレーダーランキングを紹介

ここまでの話でレンジ相場を見分ける方法は理解できました。

しかしレンジ相場を見分けて実際にトレードに利用していかないと、勝率は低くなってしまいます。

トレードにおいて勝率を上げていくためにも、レンジ相場を利用した取引手法について知っておくことが必要です。

レンジ相場を利用した取引手法
  • 逆張りで利益を重ねていく
  • 相場の転換を狙う
  • RSIを利用して注文のタイミングを見極める

それではレンジ相場を利用した取引手法について一つずつ解説していきましょう。

逆張りで利益を重ねていく

レンジ相場の際にしっかりと勝率を上げていくためには、逆張りのトレードで利益を何度も重ねていくことが必要です。

通常レンジ相場での値動きは高値と安値で反発します。

値動きが反発するタイミングで逆張りのエントリーをし、再びの反発の際に決済をおこなうことで利益をわずかずつですが積み上げていくことが可能です。

チャート上の相場ではトレンド相場は3割しかありません。

レンジ相場での戦い方を知っているトレーダーが勝率を上げていけます。

相場の転換を狙う

冒頭でもお話しましたが、相場の状況はトレンド相場とレンジ相場の繰り返しによって成り立っています

つまりレンジ相場が来た後には、必ずトレンド相場が来るようになっています。

レンジ相場からトレンド相場への転換のタイミングを狙うことで、大きな利益を得ることが可能です。

レンジ相場内での反発の際に買いを入れておき、ラインブレイクしてトレンド相場への転換が起これば押し目買いの絶好のタイミングになります。

トレンド相場の波にうまく乗ることができれば、レンジ相場では得られなかった大きな利益を獲得することが可能です。

タイミングを見逃さないように、チャートをこまめにチェックしておきましょう。

RSIを利用して注文のタイミングを見極める

レンジ相場を利用した取引手法の最後が、RSIを利用して注文のタイミングを見極める方法です。

RSIとはオシレーター系のインジケーターで、相場の買われすぎや売られすぎを判断するのに有効です。

RSIは0%~100%の間で推移し、30%以下の値になると売られすぎで70%以上の値になると買われすぎという判断をすることができます。

売られすぎや買われすぎのラインに入ると値動きの反発が起こる可能性が高まるため、レンジ相場を判断することが可能です。

逆に買われすぎや売られすぎの範囲で張り付くようなケースもあり、この場合はトレンド相場であることを判断することができるため、相場の状況をいち早くキャッチするのにオススメです。

相場の状況を早くキャッチすることによって、トレンドの転換を狙えたり他の戦略を練ったりすることができます。

レンジ相場の取引における注意点

FXで借金地獄に陥る原因

レンジ相場を利用した取引手法について解説してきましたが、実際のトレードにおいては様々な注意点もあります。

注意点をしっかりと認識していないと誤った方法で利用してしまったり、損失が発生してしまったりします

レンジ相場の取引における注意点
  • 逆張りの際にはロスカットのラインを設定しておく
  • 相場転換時のダマしに気を付ける
  • インジケーターを信じ込みすぎない

それではレンジ相場の取引における注意点を具体的に解説していきます。

逆張りの際にはロスカットのラインを設定しておく

レンジ相場の取引においては、値動きの反発を利用した逆張りでのトレードが非常に有効的ですが、逆張りのトレードをおこなう際に注意点があります

値動きが反発している時はいいですが、もしトレンドの転換が起こってしまった場合は含み損が膨れ上がってしまいます。

トレンドの転換による含み損の増加を防ぐためにも、ロスカットのラインを設定しておくことが必要です。

ロスカットのラインを設定しておくことで、含み損が増加していくことを防げます。

逆張りのトレードをおこなう際には、必ずロスカットのラインを設定するように注意しましょう。

相場転換時のダマしに気を付ける

レンジ相場では、相場のトレンドとレンジの繰り返しを利用した相場の転換時を狙う方法も非常に効果的です。

しかし一度ラインをブレイクした際にもダマしが入ることがあります

ダマしに引っかかってしまうと、予想していたような利益を上げることは難しくなります。

ラインをブレイクしてすぐにエントリーをしてしまうとダマしに引っかかってしまう可能性が高まりますので、すぐのエントリーは避け相場の転換が起こったことを確認してからエントリーするようにしましょう。

インジケーターを信じ込みすぎない

インジケーターはレンジ相場やトレンド相場を判断するのに非常に有効的です。

しかしあくまでトレーダーたちの行動を予想したものに過ぎません

インジケーターの予想を信じすぎてしまったあまり、大きな損失を被ってしまったということも頻繁に耳にします。

インジケーターをもちいる際には、複数のインジケーターを組み合わせることによって予想の正確さを上げることが可能です。

レンジ相場を判断して取引を自分に有利になるように進めよう

収益をアップ

レンジ相場を判断することは、トレードにおいて勝率を上げるためには必要不可欠なことです。

しかしレンジ相場の見分け方をしっかりと理解しておかないと、誤った相場の判断をしてしまう可能性もあります。

誤った判断をしないためにも、レンジ相場の見分け方についての理解を深めておかなければなりません。

レンジ相場を判断してトレードを自分にとって有利になるように進めていきましょう。

関連記事