カテゴリー
FXとは?

FXのロット(Lot)はいくらから始めるべき?初心者におすすめのロット(Lot)数や計算方法を徹底解説

FXをやるにあたって「ロット(Lot)ってよく聞くけど何のこと?」「取引にはロットが必要なの?」というFX初心者の方も多いのではないでしょうか。

ロットの仕組みを理解して、自分に適切なレバレッジの倍数や取引金額を決めていきましょう。

この記事では初心者におすすめのロット数や計算方法を解説していきます。

FXでのロット(Lot)とは取引数量の単位

ロット(Lot)とはFX取引の通貨の量のことで、取引に関する単位です。

ロットとは何?
  • FXの取引で使われる通貨の数量単位
  • 通貨単位の桁数が多くなるので、ミスを減らすためロットという単位を使う
  • FX会社ごとに1ロットあたりの通貨数量が違う

多くのFX会社が1Lot=1000or10000通貨単位で提供している

ロットは各FX会社で通貨ごとに決めていることが多く、A通過は1ロットを1000通貨、B通貨は1ロットを10000通貨、C通貨は1ロットを100000単位等と設定しています。

1ロット10000通貨で設定している場合(通貨の値が100円の場合)
  • 0.1ロット = 1000通貨 →1銭の値動きで、約10円の損益
  • 1ロット = 10000通貨 →1銭の値動きで、約100円の損益
  • 10ロット =100000通貨 →1銭の値動きで、約1000円の損益

FXのロット(Lot)はレバレッジと密接な関係

レバレッジは、「てこの原理」とも言われ、国内FX会社に預けた自己資金を担保に、最大25倍のお金を借りて取引をするという仕組みです。

自己資金が10万円であれば250万円、100万円あれば2500円まで取引することができます。

ロット(Lot)数の変化によってレバレッジも変化する

レバレッジはどのように変化するのでしょうか。

先ほどレバレッジのことを「自己資金の数倍のお金を借りて取引すること」と説明しましたが、直接お金を借りて元本を増やすのではありません。

自己資金の金額は変わらず、取引したロット数が多くなればなるほど、レバレッジの倍数は高くなっていきます。

実効レバレッジをコントロールするにはロット(Lot)数を調整する必要がある

FX会社に預ける自己資金のことを「必要証拠金」と言い、これを預け入れることで本番の取引をすることができるようになります。

そして、必要証拠金に何倍のレバレッジをかけるかで、取引するロット数は変わってきます。

レバレッジをコントロールするには、ロット数の調整が必要なのです。

初心者におすすめのロット(Lot)数は?投資資金によって異なる

ここでは初心者におすすめのレバレッジ倍数と、あなたの投資資金から割り出せるロット数や、ロスカットに関わる証拠金維持率について説明していきます。

まずは「必要証拠金」の計算をしてみましょう。

例を見ると0.1ロット、レバレッジ5倍で1回取引するのに必要な証拠金が2万円ということが分かります。

必要証拠金計算式 必要証拠金=現在値×ロット数×取引単位÷レバレッジ
例)
ドル円ペア、現在値100円、ロット数0.1、取引単位1万ドル、レバレッジ5倍
必要証拠金=100×0.1×10000÷5
=20000円

レバレッジを1倍~5倍に抑える計算でロット(Lot)数を割り出そう

初心者におすすめのレバレッジは低リスクの1倍から5倍。

例えば30万円の必要証拠金に対してレバレッジ5倍の場合は以下のような計算式になります。

例の計算式のようにレバレッジ5倍を維持するには、取引数量の合計を1.5ロットに調整する必要があります。

ロットを割り出す計算式 ロット数=必要証拠金÷(現在値×取引単位÷レバレッジ)
例)
ドル円ペア、必要証拠金30万円、現在値100円、取引単位1万ドル、レバレッジ5倍
ロット数=300000÷(100×10000÷5)
=300000÷200000
=1.5ロット

投資資金を全て使うとロスカットの危険性が高くなる

ロスカットとは、一定の損失が出た場合にこれ以上損失を拡大させないために取引を強制終了させることで、FX会社によりますが証拠金維持率が50%から60%を切るとロスカットが発動します。

必要証拠金をすべて取引に使うと、証拠金維持率が下がっていくのでロスカットの危険性が高くなっていきます。

例のように、30万円の必要証拠金で取引を始めて、12万円の含み損が出ていて、現在の資産評価額が18万円だとすると、証拠金維持率は60%となります。

証拠金維持率の計算式 証拠金維持率=資産評価額 ÷必要証拠金 × 100
例)
資産評価額18万円、必要証拠金30万円
証拠金維持率 =180000 ÷300000 × 100
=60%

FXのロット(Lot)に関する注意事項

ロットには注意事項が3つあります。

ロットのことを理解して、本番取引の時にもロットを確認しながら取引を進めていくと安全な取引をすることができます。

【注意事項1】ロット(Lot)の通貨単位はFX会社によって異なる

通貨の種類にもよりますが、各FX会社で1ロットの通貨単位を決めています。

あなたが口座を開くFX会社は、どのように通貨単位を設定しているか確認していきます。

通貨単位によって、あなたが維持したいレバレッジに必要な証拠金やロット数を割り出すことができます。

【注意事項2】ロット(Lot)数を増やせばレバレッジも高くなる

取引をすればするほど、ロットの総数は増えていき、ロット数の増加に伴いレバレッジも高くなっていきます。

レバレッジを低くしたい場合は、今ある注文を決済してロット数を減らすか、追加で必要証拠金を預入れ、ロット数に対する必要証拠金の割合を高めていきます。

【注意事項3】1回の取引で大量のロット(Lot)数で取引するとロスカットの危険が高くなる

さらに1回の取引で大量のロット数で取引すると、ロット数に対する必要証拠金の割合がどんどん低くなっていきます。

その分、証拠金維持率が低くなり、ロスカットの危険性が高まります。

FXでのロット(Lot)数はFX会社によって単位が異なる!ロットを調整してレバレッジをコントロールしよう

まず口座を開くFX会社の通貨の単位数を確認します。

その後、自分の必要証拠金と希望するレバレッジを維持するための、ロットを計算式で割り出し、取引のロット総量を調整していきます。

初心者はハイレバレッジ取引しない為にロット(Lot)数を少なくしよう

初心者はレバレッジを高くしないことを意識して、少ないロットで取引をしていきます。

例えば1回の取引を0.01ロットですることで、通貨の値動きがあった時にも損益が少なく済みます。

物足りないかもしれませんが、低いレバレッジで本番取引に慣れていくことが大切です。

ロット(Lot)数をしっかりコントロールできるトレーダーは資金管理をしっかりできる

自分の本番取引の中で、予め取引できるロット数を決め、コントロールできるトレーダーは、レバレッジや証拠金維持率をしっかりコントロールできるトレーダーです。

さらに言えば、資金管理ができるトレーダーとも言えます。

関連記事