カテゴリー
FXとは?

FXと株の違い7点を徹底解説!初心者におすすめの投資ステップ

「初心者が投資を始めるならズバリFX!」こんなことがよく言われています。

とはいえ、「FXとか株とか、どれが初心者には向いているのかな?」という方も多いと思います。

この記事では、「FXと株の違い」、「初心者へのおすすめの投資ステップ」を解説していきます。

具体的には、以下の順に詳しく説明していきます。

  • FXと株の違い
  • FXが投資初心者におすすめ
  • 初心者がFXを始めるため4ステップ

このページのもくじ

FXと株の違い7つを徹底解説!初心者が始めるおすすめの投資

FXには初心者でも始めやすい環境や条件が揃っているので、おすすめです。

株もFXも「安く買って高く売る」ことには変わりありません。

でも、以下の理由で断然FXがおすすめです。

FXが初心者におすすめな理由
  • 投資の知識が乏しくてもやりやすい
  • 5000円程度から始められる
  • 平日24時間取引可能

FXと株の違いを7つ解説

投資をしたいと思った時に、「FXと株ならどちらが自分に向いているのだろうか?」と思いますよね。

知っておいて欲しいのはこの7つです。

項目 FX
投資の対象 各国の通貨 個別企業
銘柄の種類 実質20ペア前後 3500前後(東証)
気にするニュース 世界経済・為替 企業財務・業界状況
レバレッジ 25倍 3倍
売買以外の利益 スワップポイント(金利) 配当金・株主優待
取引時間 平日24時間
  • 平日9時~11時30分
  • 12時30分~15時
分析方法 テクニカル分析(為替チャートを分析) ファンダメンタル分析(業績や財務などの経済指標を分析)

【違い1】FXは為替に投資!株は企業に投資

FXは「国の通貨」そのものに投資します。

各通貨で動きに特徴があり、各国の金融や政治の施策の影響で値動きが出ます。

株は「企業」に投資します。

企業の業績によって値動きが出ます。

経営破綻をした場合は株に価値がなくなることもあります。

【違い2】取引できる銘柄種類が違う

FXの銘柄は多くて30種類、株の銘柄は国内の上場企業だけで3500種類以上と大きな差があります。

なぜなら、FXは国の通貨、株は企業が投資対象だからです。

FXの銘柄は30種類程度ありますが、メジャーな通貨だと10種ほど。

10種から「ドルと円」等ペアを選びますが、取扱われる組み合わせは20種ほどです。

株の銘柄は3500種類以上あり、業種や事業規模で絞ることで、数は変わってきます。

【違い3】FXは金融政策・経済に依存!株は企業業績に依存

FXでは、持っている通貨の国で金融緩和が行われると、通貨の利率も下り売りに出される等、金融政策が値動きに影響します。

株は長期的には業績に左右されます。

業績は為替相場に影響を受けることがあります。

例えば、円高ドル安だと海外で日本製品の価格が高くなり、輸出産業の業績ダウン。

一方、海外からの仕入れは安くなり、輸入産業の業績はアップします。

【違い4】FXはレバレッジが最大25倍!株は3倍

レバレッジとは「テコの原理」のこと。

テコを使うと軽い力で重いものを動かせますよね。

投資でも、実際の手持ち資金以上の金額を取引がでます。

FXは最大25倍のレバレッジをかけられるので、少額の手持ち資金から始められます。

ただし、相場が急落したり判断ミスをしたりした場合、強制決済(ロスカット)がかかります。

すると、資金がゼロになったり、損失が出たりとリスクが高くなります。

株のレバレッジは3倍。

証券会社から実際に借入れるので金利の返済が必要で、損失が出て資金不足の時は、「追加保証金」も別途必要になります。

【違い5】金利差の受け取り方が違う

FXにはスワップポイントという仕組みがあります。

それぞれの通貨の金利差分を支払ったりもらったりします。

高金利のトルコリラと低金利の日本円のペアなど、組み合わせによっては収益になることがあります。

株は年1~2回、権利確定日まで株を持っていると配当金をもらえます。

その他、自社のサービスの優待や製品をもらえる「株主優待」はとても人気です。

【違い6】FXは平日取引24時間可能!株は取引時間が制限されている

FXは時差の関係で世界のどこかの国の市場が開いているので、24時間取引が可能です。

株の場合、国内の証券取引所が開いている時間のみの取引です。

時間は、9時から11時30分、12時30分から15時まで。

会社で働きながらトレードしたい場合、この時間がポイントになります。

【違い7】取引の分析方法が違う

FXは為替相場をグラフ化したチャートを見るテクニカル分析という方法で分析します。

一日・一週間と、期間で区切って見ていけるので初心者でも短期的な相場分析や傾向把握ができます。

株は企業の業績や財務状況などの経済指標を見るファンダメンタル分析という方法です。

業界や競合他社等の知識を持った上で、現在の業績や財務状況から今の株価が妥当なのか、どう上下していくのかを分析します。

初心者におすすめの投資方法はFXか株どっち?FXは少額取引できるから投資初心者に優しい

初心者には、24時間取引や少額投資が可能で、値動きが株より単純なFXがおすすめです。

働きながら、勉強しながら、家事の合間にトレードしてみたい方にはFXがおすすめです。

FXは平日24時間取引可能だから自由な時間で何時でもトレードできる

24時間どこかの国の市場が開いているので、平日はいつでも取引です。

また一番値動きの大きいニューヨーク市場とロンドン市場が同時に開くのは22時から。

仕事終わってから取引ができます。

レバレッジ最大25倍まで可能だから少額資金で投資できる

会社によりますが、5000円前後から始めることができます。

少額取引だと、損が出た時に強制決済の可能性が高くなるデメリットがあるので、額が多いに越したことはありません。

それでも数万円から始められると考えれば、気が楽になります。

相場状況の分析が株よりも単純

相場の動きを細かく見ていくと、各国の景気や金融政策によって、値が上がったり下がったりする特徴があります。

また、通貨を売り買いする人の大半が投資会社やトレーダー。

金利の高い通貨や価値が上がっている通貨を買う等の傾向もあります。

FXはマーケット情報が豊富だから初心者でも情報を読み取りやすい

デイリーレポートや通貨別売買データなど情報が多いのもFXの特徴です。

特別なスキルや知識がなくとも、簡単に情報収集できて学べるのです。

FX会社も、有名投資家の無料セミナーや動向予測、レポート配信等を積極的に行っています。

FX会社がデモ口座を提供しているので無料で練習できる

まずはデモ口座で実際のトレードに近い形で運用できるのもFXのよいところです。

デモ口座を提供しているFX会社はいくつもあります。

まずは口座開設をして、デモトレードで練習を積むことができます。

初心者がFXを始めるための4ステップ

基礎知識、トレードスタイル、口座開設、本番取引をしていく4つのステップが大切です。

ここでは、FXを始めるにあたってのステップを詳しく解説していきます。

FXの基礎知識を身につける

野球のルールも知らずに試合に出ても活躍できません。

FXもルールを知らずに本番でトレードするのは、とても危険です。

まずは、基本的な専門用語やトレードの方法をを知ることが大切です。

さらに「売り買いのタイミング」、「金融政策でどんな値動きするか」等の仕組みを学びましょう。

書籍や、各FX会社の学習コンテンツで学んでいくのがおすすめです。

トレードスタイルを確立する

「FXにどのくらいの時間がかけられるか?」「自分の考え方や性格にはどんスタイルが合っているか?」を考える必要があります。

トレードの種類 内容
スキャルピング 秒単位、分単位で小さい利益を何度も確定
デイトレード 分単位から数時間程度でトレードし、一日の中で利益を確定
スイングトレード 数日単位で相場の状況を見ながらトレードし、大きく利益を確定
長期トレード 数ヶ月から年単位かけて、金利や長期の利益を狙う
自動売買 独自ツールの用いて、あらかじめ設定されたとおりに自動売買を行い利益を確定

自分に最適のFX口座を開設する

自分のトレードスタイルが決まったら、それに合ったFX会社の口座を開設していきます。

例えば、短期に取引を何回もする場合はスプレッド(取引の際に必ず支払う売買価格差)が狭い会社や、約定力(指定した価格で売買できる精度)が高い会社などです。

また、FX取引に不安があれば、情報発信量の多い会社や、問い合わせができるコールセンターがある会社もおすすめです。

本番取引で実践しながら勉強する

FX会社で口座開設が済み、デモ口座でトレードの練習をします。

準備が整ったら、本番取引でトライ&エラーをくり返し勉強していきましょう。

最初から大きく取引せずに、少しずつ取引して行くことが大切です。

大きな利益より、大きく負けずに続けていくのがFXのコツと言えます。

初心者が投資を始めるならFXの方が有利!まずは基礎知識を身に着けてデモトレードで練習しよう

デモトレードは資金を使わずに練習できるツールで、各FX会社が提供しています。

実際の相場と同じ状況で練習できる場は、ほかの投資ではなかなかありません。

FX会社も、使い方を詳しく説明しているので、安心して始められます。

初心者がいきなり資金を使って本番トレードするのはNG!ノーリスクで取引ツールに慣れよう

どんな投資でも、余裕資金でやるのが鉄則。

大切な資金ですから、いきなり本番のトレードをするのはやめたほうが賢明です。

まずは資金を使わずに練習できるデモトレードを繰り返し、慣れていくことが大切です。

「準備が整った」と感じたら、本番トレードを始めましょう。

デモトレードから本番トレードに移行する際は計画的な資金運用を心がけよう

実際に本番トレードに移る際は注意が必要です。

それが資金計画です。

投資は当分使わない予定の余裕資金でやるのが鉄則です。

どのくらいのお金をFXに使えるのか、始める前に決めておきます。

また、その資金をどう運用していくかマイルールを決めます。

ルールの例
  • 月間の収益目標を何%と決める
  • 一定額の利益が出たら、確定する
  • 一定額の損が出たら、損切りする

このルールはあくまでも例ですが、一攫千金を狙うとトレードの過程で頭が熱くなり、大きな損失を出すリスクがあります。

長く続けるためにも、資金計画や運用ルールを作ることが大切です。
リード文
「初心者が投資を始めるならズバリFX!」こんなことがよく言われています。

とはいえ、「FXとか株とか、どれが初心者には向いているのかな?」という方も多いと思います。

この記事では、「FXと株の違い」、「初心者へのおすすめの投資ステップ」を解説していきます。

FXと株の違い7つを徹底解説!初心者が始めるおすすめの投資

FXには初心者でも始めやすい環境や条件が揃っているので、おすすめです。

株もFXも「安く買って高く売る」ことには変わりありません。

でも、以下の理由で断然FXがおすすめです。

FXが初心者におすすめな理由
  • 投資の知識が乏しくてもやりやすい
  • 5000円程度から始められる
  • 平日24時間取引可能

FXと株の違いを7つ解説

投資をしたいと思った時に、「FXと株ならどちらが自分に向いているのだろうか?」と思いますよね。

知っておいて欲しいのはこの7つです。

【違い1】FXは為替に投資!株は企業に投資

FXは「国の通貨」そのものに投資します。

各通貨で動きに特徴があり、各国の金融や政治の施策の影響で値動きが出ます。

株は「企業」に投資します。

企業の業績によって値動きが出ます。

経営破綻をした場合は株に価値がなくなることもあります。

【違い2】取引できる銘柄種類が違う

FXの銘柄は多くて30種類、株の銘柄は国内の上場企業だけで3500種類以上と大きな差があります。

なぜなら、FXは国の通貨、株は企業が投資対象だからです。

FXの銘柄は30種類程度ありますが、メジャーな通貨だと10種ほど。

10種から「ドルと円」等ペアを選びますが、取扱われる組み合わせは20種ほどです。

株の銘柄は3500種類以上あり、業種や事業規模で絞ることで、数は変わってきます。

【違い3】FXは金融政策・経済に依存!株は企業業績に依存

FXでは、持っている通貨の国で金融緩和が行われると、通貨の利率も下り売りに出される等、金融政策が値動きに影響します。

株は長期的には業績に左右されます。

業績は為替相場に影響を受けることがあります。

例えば、円高ドル安だと海外で日本製品の価格が高くなり、輸出産業の業績ダウン。

一方、海外からの仕入れは安くなり、輸入産業の業績はアップします。

【違い4】FXはレバレッジが最大25倍!株は3倍

レバレッジとは「テコの原理」のこと。

テコを使うと軽い力で重いものを動かせますよね。

投資でも、実際の手持ち資金以上の金額を取引がでます。

FXは最大25倍のレバレッジをかけられるので、少額の手持ち資金から始められます。

ただし、相場が急落したり判断ミスをしたりした場合、強制決済(ロスカット)がかかります。

すると、資金がゼロになったり、損失が出たりとリスクが高くなります。

株のレバレッジは3倍。

証券会社から実際に借入れるので金利の返済が必要で、損失が出て資金不足の時は、「追加保証金」も別途必要になります。

【違い5】金利差の受け取り方が違う

FXにはスワップポイントという仕組みがあります。

それぞれの通貨の金利差分を支払ったりもらったりします。

高金利のトルコリラと低金利の日本円のペアなど、組み合わせによっては収益になることがあります。

株は年1~2回、権利確定日まで株を持っていると配当金をもらえます。

その他、自社のサービスの優待や製品をもらえる「株主優待」はとても人気です。

【違い6】FXは平日取引24時間可能!株は取引時間が制限されている

FXは時差の関係で世界のどこかの国の市場が開いているので、24時間取引が可能です。

株の場合、国内の証券取引所が開いている時間のみの取引です。

時間は、9時から11時30分、12時30分から15時まで。

会社で働きながらトレードしたい場合、この時間がポイントになります。

【違い7】取引の分析方法が違う

FXは為替相場をグラフ化したチャートを見るテクニカル分析という方法で分析します。

一日・一週間と、期間で区切って見ていけるので初心者でも短期的な相場分析や傾向把握ができます。

株は企業の業績や財務状況などの経済指標を見るファンダメンタル分析という方法です。

業界や競合他社等の知識を持った上で、現在の業績や財務状況から今の株価が妥当なのか、どう上下していくのかを分析します。

初心者におすすめの投資方法はFXか株どっち?FXは少額取引できるから投資初心者に優しい

初心者には、24時間取引や少額投資が可能で、値動きが株より単純なFXがおすすめです。

働きながら、勉強しながら、家事の合間にトレードしてみたい方にはFXがおすすめです。

FXは平日24時間取引可能だから自由な時間で何時でもトレードできる

24時間どこかの国の市場が開いているので、平日はいつでも取引です。

また一番値動きの大きいニューヨーク市場とロンドン市場が同時に開くのは22時から。

仕事終わってから取引ができます。

レバレッジ最大25倍まで可能だから少額資金で投資できる

会社によりますが、5000円前後から始めることができます。

少額取引だと、損が出た時に強制決済の可能性が高くなるデメリットがあるので、額が多いに越したことはありません。

それでも数万円から始められると考えれば、気が楽になります。

相場状況の分析が株よりも単純

相場の動きを細かく見ていくと、各国の景気や金融政策によって、値が上がったり下がったりする特徴があります。

また、通貨を売り買いする人の大半が投資会社やトレーダー。

金利の高い通貨や価値が上がっている通貨を買う等の傾向もあります。

FXはマーケット情報が豊富だから初心者でも情報を読み取りやすい

デイリーレポートや通貨別売買データなど情報が多いのもFXの特徴です。

特別なスキルや知識がなくとも、簡単に情報収集できて学べるのです。

FX会社も、有名投資家の無料セミナーや動向予測、レポート配信等を積極的に行っています。

FX会社がデモ口座を提供しているので無料で練習できる

まずはデモ口座で実際のトレードに近い形で運用できるのもFXのよいところです。

デモ口座を提供しているFX会社はいくつもあります。

まずは口座開設をして、デモトレードで練習を積むことができます。

初心者がFXを始めるための4ステップ

基礎知識、トレードスタイル、口座開設、本番取引をしていく4つのステップが大切です。

ここでは、FXを始めるにあたってのステップを詳しく解説していきます。

FXの基礎知識を身につける

野球のルールも知らずに試合に出ても活躍できません。

FXもルールを知らずに本番でトレードするのは、とても危険です。

まずは、基本的な専門用語やトレードの方法をを知ることが大切です。

さらに「売り買いのタイミング」、「金融政策でどんな値動きするか」等の仕組みを学びましょう。

書籍や、各FX会社の学習コンテンツで学んでいきます。

一つおすすめの書籍を紹介します。

相場の仕組みと共に、トレードに必要なメンタル面についても詳しく書かれています。

『デイトレード』オリバー ベレス (著), グレッグ カプラ (著), 日経BP社

トレードスタイルを確立する

「FXにどのくらいの時間がかけられるか?」「自分の考え方や性格にはどんスタイルが合っているか?」を考える必要があります。

自分に最適のFX口座を開設する

自分のトレードスタイルが決まったら、それに合ったFX会社の口座を開設していきます。

例えば、短期に取引を何回もする場合はスプレッド(取引の際に必ず支払う売買価格差)が狭い会社や、約定力(指定した価格で売買できる精度)が高い会社などです。

また、FX取引に不安があれば、情報発信量の多い会社や、問い合わせができるコールセンターがある会社もおすすめです。

本番取引で実践しながら勉強する

FX会社で口座開設が済み、デモ口座でトレードの練習をします。

準備が整ったら、本番取引でトライ&エラーをくり返し勉強していきましょう。

最初から大きく取引せずに、少しずつ取引して行くことが大切です。

大きな利益より、大きく負けずに続けていくのがFXのコツと言えます。

初心者が投資を始めるならFXの方が有利!まずは基礎知識を身に着けてデモトレードで練習しよう

デモトレードは資金を使わずに練習できるツールで、各FX会社が提供しています。

実際の相場と同じ状況で練習できる場は、ほかの投資ではなかなかありません。

FX会社も、使い方を詳しく説明しているので、安心して始められます。

初心者がいきなり資金を使って本番トレードするのはNG!ノーリスクで取引ツールに慣れよう

どんな投資でも、余裕資金でやるのが鉄則。

大切な資金ですから、いきなり本番のトレードをするのはやめたほうが賢明です。

まずは資金を使わずに練習できるデモトレードを繰り返し、慣れていくことが大切です。

「準備が整った」と感じたら、本番トレードを始めましょう。

デモトレードから本番トレードに移行する際は計画的な資金運用を心がけよう

実際に本番トレードに移る際は注意が必要です。

それが資金計画です。

投資は当分使わない予定の余裕資金でやるのが鉄則です。

どのくらいのお金をFXに使えるのか、始める前に決めておきます。

また、その資金をどう運用していくかマイルールを決めます。

一攫千金を狙うとトレードの過程で頭が熱くなり、大きな損失を出すリスクがあります。

長く続けるためにも、資金計画や運用ルールを作ることが大切です。

関連記事