カテゴリー
アイネット証券「ループイフダン」

ループイフダンの資金目安はどのくらいか徹底解説!目安資金表やレート変動幅確認表で最適の資金額を調べよう

ループイフダンはアイネット証券やひまわり証券が提供している自動売買で、80%以上のトレーダーが利益を出すことに成功しています。

今回はループイフダンの資金目安はどのくらいか徹底解説します。

アイネット証券が提供している目安資金表の見方についても詳しく解説していくので、どのくらいの資金が必要なのか知りたい人は必見です。

ループイフダンは自動売買システムなので、長期運用する必要があります。

裁量トレードの資金目安とは異なるので把握しておきましょう。

アイネット証券「ループイフダン」の口コミ・評判と実績を徹底解説!

このページのもくじ

ループイフダンの資金目安は?理想的な資金は30万円から

ループイフダンの理想的な資金は30万円程度で、安全に資金運用したい人は40万円からはじめることをおすすめします。

30万円~40万円であれば初心者におすすめの設定でループイフダンを利用することができます。

資金は巨額になればなるほど利益率が高くなり損失リスクも減らすことができます。

なので、ある程度資金を用意なければループイフダンははじめられないと把握しておきましょう。

40万円資金で運用すると1日1回の取引回数で資金を運用することができます。

コツコツ誠実に稼ぐことができるので初心者におすすめです。

損失リスクを徹底する場合は40万円で資金運用をはじめよう

30万円が必要と説明しましたが、リスク軽減してしっかり稼ぎたい人は40万円がおすすめです。

30万円は資金運用最低らいんだと理解しておきましょう。

ループイフダンは自動売買システムなので、自分で取引して調整することはできません。

レバレッジを抑えた取引が必要となるので、資金額は40万円がベストです。

少額資金運用も可能だが収益を得る可能性が低くなる

30万円以下でループイフダンを使用することは可能ですが、収益率が低下するうえに損失リスクも高くなります。

ロスカットの可能性も出てくるので、なるべく30万円を目安にして資金運用を考えましょう。

ループイフダンの運用テストをしてみたい人は30万円以下でも充分にテストできます。

40万円はループイフダンでしっかり稼ぐ目標を立てている初心者におすすめの資金額ということを覚えておいてください。

ループイフダンの最低資金はいくら?1000通貨単位取引可能なので5000円以下で運用可能

上記では資金目安を紹介しましたが、30万円以下でも資金運用は可能です。

これからループイフダンでの最低資金を紹介します。

最低資金額は損失リスクや収益率をすべて無視している金額なので、最低資金でループイフダンをはじめないようにしてください。

資金目安はリスクを考えることを前提にしています。

最低資金額が安い=少額資金運用可能と思わないようにしましょう。

ループイフダンはアイネット証券・ひまわり証券で提供している!少額資金取引するならアイネット証券

ループイフダンはアイネット証券とひまわり証券が提供しています。

どちらも同じ自動売買システム内容ですが、FXサービスが異なるので最低資金額も変わります。

アイネット証券はレートの低い通貨ペアでの運用も可能なので、少額取引できるのはアイネット証券です。

これからアイネット証券の最低資金額を紹介します。

アイネット証券での一番安い必要最低証拠金は550円

アイネット証券はトルコリラ円を1000通貨単位から取引できるので、550円で1Lot取引することが可能です。

なので、1000円で取引を始めることも可能です。

しかし、資金が少ないと予想と反するレート方向に動くと即ロスカットになるので少額資金運用はおすすめできません。

マイナー通貨と組み合わさっている通貨ペアは証拠金が安い

トルコリラ円以外にもレートが低い通貨ペアは存在します。

レートが低いので1000通貨単位取引だとトルコリラ円より低い金額で資金運用可能ですが、アイネット証券は1000通貨単位取引非対応としています。

アイネット証券が1000通貨単位取引不可能にしている通貨ペア
  • 南アフリカランド円
  • メキシコペソ円

上記の通貨ペアは1000通貨単位取引の場合、500円以下で取引することができます。

しかし、アイネット証券が10000通貨単位取引から対応にしているので、約2500~3000円必要となります。

アイネット証券は目安資金表を公開している!目安資金表の使い方を解説

ループイフダンの資金目安表

アイネット証券は目安資金表を公開しています。

資金目安表はリスクを軽減して資金を運用したい人におすすめの表です。

特に新しい通貨ペアで運用するときは、確認しましょう。

目安資金表以外にレート変動幅確認表もあるので、併用してリスクを徹底的に抑えた運用をめざしましょう。

目安資金表は変動幅や取引回数・必要資金が分かる表

目安資金の分かりやすいやつ

目安資金表は変動幅や取引回数・必要資金が分かります。

まず通貨ペアを選択し、想定する変動額を確認します。

変動額はこれからどのくらい動くかを予想している金額です。
次にループイフダンで設定する予定の値幅を確認します。

変動額と設定する値幅を確認すると表に書かれている損失額や取引証拠金・目安必要資金・ポジション数が分かります。

狙う利幅の変動と変動額によってみる場所が異なるので、まず変動額と利幅を決めて確認しましょう。

表に書かれている内容は、損失合計金額・取引証拠金・目安必要資金・ポジション数です。

自分の想定設定で予想される損失合計金額と目安必要資金が把握できるので、どのくらい資金を用意すれば分からない人は表をつかって確認しましょう。

レート変動幅確認表を使って変動幅を想定しよう

レート幅変動表わかりやすい

ループイフダンの資金目安表は想定する変動額とループイフダンで設定する値幅を決めることによって表を利用できます。

想定する変動額は、プロトレーダーなら大方頭に入っていますが初心者の人は分からない人が多数います。

アイネット証券はレート変動幅確認表を提供しており、10年・5年・3年・1年・3ヶ月の変動した幅を確認することができます。

ループイフダンが提供している通貨ペアすべて確認できるので、トレード経験がない人は必ず確認しましょう。

直近の値幅も細かく分かるので、これからループイフダンを設定する人に最適の表となっています。

損失リスクを考えた必要資金で取引するのが理想

目安資金表は損失合計金額を含めて必要資金を表示しているので、損失リスクをしっかり考えている資金です。

提示している目安必要資金より低い金額で運用することは可能ですが、損失リスクをしっかりケアすることができていないので資金を失ってしまう可能性があります。

ループイフダンを安全に運用したいけど資金が40万円もない人はレートの低い通貨ペアで運用しよう

ループイフダンを安全に運用したいけど資金が40万円もない人はれーとの低い通貨ペアで運用しましょう。

一番ポピュラーな通貨ペアは米ドル円ですが、米ドル円よりレート価格が低い主要通貨ペアは存在します。

元値が低いというだけの理由なので、損失リスクをしっかり考えつつ少額資金運用が可能になります。

主要通貨ペアでもレートの低い通貨ペアはある

主要通貨ペアは100円以上の価格がついているのがほとんどですが、NZDドル円や豪ドル円は100円以下の価格帯で取引されています。

主要通貨ペアなので、レート変動も激しくなく初心者におすすめです。

40万円なくても安全に運用しやすい通貨ペアなので、資金額が40万円以下の人は豪ドル円やNZDドル円で取引しましょう。

高金利差通貨ペアはレートが低いが値動きが激しく自動売買向きではない

高金利差通貨ペアはレートが上記で挙げた通貨ペア以上に低いですが、ボラティリティが非常に高いのでおすすめできません。

ループイフダンはレンジ相場で本領を発揮する自動売買システムなので、高金利差通貨ペアのような値動きの激しい通貨ペアで取引すると大損失してしまう可能性があります。

資金額の低さを追求すると高金利差通貨ペアは最適の通貨ペアですが、リスクを考えるとかなり危険な運用となるのでおすすめできません。

必要証拠金が一番低いトルコリラ円はレート配信を停止しているFX会社がある

トルコリラ円は値動きが安定しておらず5年以上右肩下がりの通貨ペアです。

スプレッドも開きやすく、リスクが高いため経済状況によってはレート配信を停止しているFX会社もあります。

2020年9月現在トルコリラ円のレート配信を停止しているFX会社は存在しています。

コロナショックでもレート配信を停止していましたが、再び停止している状態です。

証拠金が一番安く、少額取引向きの通貨ペアですが上記のようにレート配信を停止しています可能性があるので注意しましょう。

ループイフダンの必要最低証拠金の見方を解説!資金目安の判断材料に利用できる

ループイフダンでの資金目安について解説していきましたが、自分なりにリスクを考えた資金額を編み出して取引したいという人は通貨ペアの必要最低証拠金を元に考えましょう。

必要最低証拠金は計算して確認することができます。

必要最低証拠金はレバレッジが25倍かかっている状態の金額です。

何度も説明していますが、必要最低証拠金=一番安く運用できる金額ではないので把握しておきましょう。

必要最低証拠金はレート価格が分かれば計算できる

必要最低証拠金は提示されているレート価格を見て確認することができます。

今回は米ドル円を利用して確認してみましょう。

米ドル円のレートは現在105.6円です。

必要証拠金の計算方法
レート価格×取引通貨単位×0.04(レバレッジ25)=必要最低証拠金

上記の計算方法で米ドル円の証拠金をだすと、105.6×1000×0.04=4224となり米ドル円の必要最低証拠金は4224円ということがわかります。

1000通貨単位取引する場合4224円があれば取引できることがわかるので、自分の資金額と必要証拠金を見比べてループイフダンを設定しましょう。

ループイフダンは1000通貨単位取引できない通貨ペアがあるので注意

ループイフダンは1000通貨単位取引できない通貨ペアがあります。

計算方法を間違えると、間違った資金運用をしてしまいます。

これから取引する予定の通貨ペアは1000通貨単位取引対応か非対応か確認してから計算しましょう。

ループイフダンの資金目安は30万円~40万円!目安資金表を有効活用して最適の資金額を見つけよう

ループイフダンを安全に稼働するには資金が30万円40万円必要ということがわかりました。

アイネット証券では資金目安表を公開しているので、細かく運用資金を知りたいという人は確認しましょう。

レート変動幅確認表も併せてみると、より収益を得る設定が可能なので併用してください。

少額資金運用はリスクが高くなるのでおすすめできない

少額資金運用はループイフダンで可能ですが、おすすめできません。

テスト運用をしたい人は少額資金でも構いませんが、しっかり稼ぐことを目的にしている人は控えてください。

少額資金運用は収益率を低下させるだけでなく、損失リスクも高めてしまいます。

ボラティリティの高い通貨ペアは損失金額が大きくなるので要注意

ボラティリティの高い通貨ペアは資金額関係なく損失リスクが高くなります。

ループイフダンはレンジ相場向きの自動売買なので、ボラティリティの高い通貨ペアには向いていません。

トレード経験者でも収益をコンスタントに得るのは難しいので初心者はなるべく避けましょう。

関連記事