カテゴリー
MT4

MacでMT4を利用する方法はある?Mac対応MT4やWindows版MT4を使う方法を解説

MT4は世界的に人気のある取引ツールです。

近年MT5を新しくリリースしましたが、インディケーターの種類はMT4の方が多く、未だ根強い人気を誇っています。

今回は人気のMT4をMacで利用する方法を紹介します。

MT4は一般的にWindowsで起動する人が殆どですが、Mac利用者はWindows版のMT4を利用できないので困ってしまします。

「MacでどうしてもMT4を利用したい」という人に必要な情報を詳しく解説するので、これからMacでMT4を使用する人は参考にしてください。

【2021年最新版】MT4が使えるおすすめ国内FX会社比較ンキング!MT4で高額を稼ぐ方法やメリット・デメリットも併せて解説

MacでMT4を利用する方法

MacでMT4を利用する方法はいくつかあります。

MacでMT4を利用する方法
  • Mac対応MT4を搭載しているFX会社で口座開設
  • VPSサーバーを利用する
  • MAcでWindowsOSを起動させる
  • M1チップ搭載のMacを利用する

FX業者によって対応方法が異なるので、MacでMT4を利用する人はFX口座選びの段階から、Mac利用を考慮した口座選びを行なう必要があります。

様々な方法があるので、ご自身に最適のやり方でMT4を利用しましょう。

Mac対応MT4を提供しているFX業者で口座開設する

一般的にMT4はWindows版のツールしか提供していないFX会社が多いです。

よってMac利用者は、Mac対応のMT4ツールを提供しているFX会社で口座開設する必要があります。

現在Mac対応のMT4を提供しているFX業者は少なく、MT5はフィリップ証券がMac版MT5を公式対応しましたが、MT4は対応していません。

Mac対応のMT4の条件は開設できるFX口座は狭まってしまうので注意しましょう。

GEMFOREX

GEMFOREX
GEMFOREXではMac対応のMT4ツールをダウンロードすることができます。

しかし動作推奨環境が、Mac OS Catalinaまでとなっているので、最新OSのMacは利用できない可能性があります。

GRMFOREXからMT4をダウンロードする方法は簡単で、公式サイトからMT4インストーラーを選択してダウンロードするだけです。

ウェブブラウザ版MT4を利用する

FXTFのMT4ウェブブラウザ画面

MT4はアプリをダウンロードして使う方法もありますが、ウェブブラウザ上でMT4を利用することも可能です。

ただし、アプリと違い自動売買や独自のインジケーターが追加できなかったり、機能面が劣ってしまいます。

簡単に利用したいという人には最適ですが、MT4の機能面を劣化させたくないという人にはおすすめできません。

FXTF

MT4搭載FXTF

FXTFはウェブブラウザ版のMT4を提供しています。

ウェブブラウザ版のMT4はインストール不要で利用できるので、面倒なダウンロード作業が不要です。

簡単に利用できる上に30種類以上のインジケーターで分析できるので、初心者にとってもやりやすい環境なのでおすすめです。

またFXTFはスプレッドが業界トップクラスの狭さで取引コストを抑えられるFX会社としても有名なので、MT4ツール以外にもメリットを活用できます。

FXTF MT4(ゴールデンウェイ・ジャパン)の評判・口コミは?メリット・デメリットやMT4の使い方・口座開設時の注意点を解説

FOREX.com

FOREX.com

FOREX.comはウェブブラウザ版のMT4を搭載しています。

シンプルで直感性に優れた内容になっているので、MT4の欠点である「初心者は使いにくい」が発生せず簡単に利用できます。

そしてFOREX.comは独自のブラウザ版FX取引ツールを搭載しており、70種類以上のインジケーターを搭載しています。

ブラウザ版MT4より高性能なウェブブラウザ版ツールを搭載しちているので、興味のある人は利用を検討してみてくだささい。

FOREX.com(ゲインキャピタル・ジャパン)の評判・口コミは?メリット・デメリットやMT4に関する注意点を解説

OANDA Japan

OANDA japan

OANDA Japanはウェブブラウザ版のMT4を搭載しており、Mac利用者ウェブブラウザ版でMT4を利用することができます。

しかしOANDA Japanの特徴であるオリジナル・インジケーターの利用が不可能になっているので、MT4の機能をフルに活用したい人は別の方法でMT4を起動してみましょう。

OANDA Japanの評判と口コミは?メリット・デメリットや口座開設時の注意点を解説

VPSサーバーを利用する

Macから安全にMT4を起動したい人やEA自動売買を起動したいという人はVPSサーバーがおすすめです。

VPSは仮想ネットサーバーをレンタルするサービスで、ネット内でもう一つのパソコンを作ることができます。

クラウドサーバーのWindowsでMT4を起動するので、MAcからでも利用できます。

更に推奨環境も満たしている為、サクサク操作をすすめることができます。

名前.com

名前.com

名前.comはGMOグループが提供しているVPSサーバーサービスで、サーバー稼働率が驚異の99.99%です。

サポート力・年間のやすさ・処理速度ランキングすべて1位を取っており、VPSサービスの中でも非常に人気のある商品です。

名前.comは初期費用が無料で、メモリ2GBプランだと1ヶ月1,446円と安いです。

上場企業のサービスであることから、安心安全に稼働できるのでおすすめです。

ABLENET

ABLENET

ABELENETはVPSサーバーやレンタルサーバーを提供しており、2021年4月8日からプランwin1・win2の初期費用が無料になるキャンペーンを実施しています。

メモリの容量も増量されているので、キャンペーン中にお得に利用したい人は早めに登録しましょう。

メモリ2GのWin2は月々1815円で利用可能です。

MacにWindows対応のMT4を起動できるアプリをインストールする

MacにWindowsアプリケーションを実行できるようにするアプリをインストールすれば、MacでもWindows版MT4を利用できます。

Windows版MT4を利用できるようになると、FX業者の選択も広がるのでおすすめです。

サーバーを借りて継続的にコストを増やしたくない人は仮想化ソフトをダウンロードしてみましょう。

Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop for Macは初期費用が2万円以上かかってしまいますが、一度支払うとVPSサーバーのように継続的にお金を支払う必要がありません。

Parallels Desktop for MacはWindowsOSをMacに導入することができるアプリケーションで、Windows版MT4をMacで利用することができます。

しかし、MacOSとWindowsOSを同時に動かすスペックが必要なので、低スペックなMacだとラグが生じて使えなくなるケースもあります。

更に常に最新版を利用したい人は毎年5000円のアップグレード費用がかかるので、コストをとにかく抑えたいという人は注意しましょう。

Boot Camp

Boot Camp

Boot Campアシスタントは、MacにWindowsOSをインストールすることができます。

Boot CampはMacに元々インストールされているツールなので、無料で利用できますが、Windows OSのライセンスを購入する必要があります。

Parallels Desktop for Macよりコストを抑えてWindows OSを起動できるので、Boot Campアシスタントが搭載されている人はそちらを利用しましょう。

M1チップ搭載のMacでMT4ipad版アプリを起動する

M1チップ搭載のMacは、iPad版MT4アプリを利用することができます。

MT4はApp storeからダウンロード可能で、M1チップを搭載しているMacであればダウンロード後利用できます。

しかしiPad版のMT4なので、Windows版MT4より機能が劣ります

カスタマインジケーターやEAの利用に対応していないので、MT4の機能をフル活用したい人はVPSサーバーかWindowsOS取得しましょう。

MacでMT4が文字化けした時の対処法

MacでMT4を利用する時に文字化けしてしまうケースが多発しています。

文字化けしてしまうと操作に支障がでてしまうので、これから説明する対処法を把握していつでも直せるようにしておきましょう。

MT4は様々な言語に対応しており、日本語化することもできます。

しかし日本語化すると文字化けが発生してしまうケースがあります。

これはWindowのロケール表示言語が日本語以外の言語になっていることが原因で、表示言語を日本語にすれば解消することができます。

文字化けは他の海外ツールでも起こり得るトラブルなので、柔軟に対応できるようにしておきましょう。

MT4をMacでサクサク操作したい人はVPSがおすすめ

MT4をMacで利用するのにおすすめなサービスはVPSです。

ウェブブラウザ版でMT4を起動することもできますが、機能面が劣化しているバージョンなので、MT4を最大限に活用して利用することができません。

VPSサーバーは個人のパソコンが低スペックであっても、高性能な環境でMT4をサクサク操作できます。

WindowsOSを組み込むよりトラブルが発生しにくいのでおすすめです。

また、FX業者選びの幅が広がるので、MacでMT4を起動したい人はVPSサーバーの取得を検討してみてください。

関連記事