カテゴリー
トライオートFX

トライオートFXの手数料は高い?取引手数料や入出金手数料を徹底解説

トライオートFXはインヴァスト証券が提供しているFXサービスで、自動売買と手動取引両方利用することができます。

24時間自動で取引してくれるので、初心者でも収益を望めるFXサービスです。

今回はトライオートFXの手数料について詳しく解説します。

取引手数料だけでなく、サービス全体の手数料を細かく紹介するので必見です。

トライオートFXの手数料に関する情報
  • 自動売買は取引手数料がかかる
  • 外貨出金の手数料は無料ではない
  • 入出金は方法次第で完全無料

トレーダーによって手数料がすべてかからない人と手数料を支払うひつようのある人に分かれるので、どんなトレードスタイルで資金運用するか決めておくと把握しやすいです。

これからFXトレードをトライオートFXで始める人は参考にしてください。

トライオートFXの口コミ・評判と運用実績を徹底解説!

トライオートFXの手数料一覧

トライオートFXの手数料をまとめました。

トライオートFXの手数料一覧
  • 取引手数料
  • 入出金手数料
  • 受渡決済手数料
  • 口座開設・管理手数料

これから上記の手数料について詳しく説明していきます。

トライオートFXのマニュアル注文は売買手数料無料!

無料

トライオートFXはマニュアル注文と自動売買を利用することができます。

トライオートFXでマニュアル注文をする場合、取引手数料は無料です。

スプレッドのみ取引コストとして加算されるので、スプレッド幅を確認して取引しましょう。

自動売買手数料は取引数量によって手数料が変化

自動売買手数料

トライオートFXの自動売買は、取引数量によって手数料が変化します。

自動売買手数料について
取引数量新規決済1000通貨あたり
1万通貨未満2.0pips2.0pips片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満1.0pips1.0pips片道10円(対外貨は0.2外貨)
10万通貨以上50万通貨未満0.5pips0.5pips片道5円(対外貨は0.05外貨)
50万通貨以上無料

取引数量が大きくなれば大きくなるほど手数料は安くなっています。

手数料の計算を実際にしてみましょう。

例えば30000万通貨取引をしたとします。

新規約定注文した時点で1000通貨あたり10円の手数料が発生します。

30000通貨の取引なので合計で300円手数料がかかります。

注文約定後、設定している数値に到達したので決済したとします。

トライオートFXは決済時にも同じ金額かかる設定になっているので、合計600円の手数料が発生することになります。

取引内容によっては手数料の損失額が大きくなってしまうこともあるので注意しましょう。

自動売買注文を手動決済しても手数料は発生するので注意

自動売買注文の手数料は、途中で手動決済しても手数料がかかります。

自動売買注文を途中で手動決済する時は、手数料金額も換算して慎重に判断しましょう。

スプレッドも取引コストに加算されるので、トライオートFXの自動売買は取引コストが高くかかってしまいます。

入出金手数料は基本無料!方法によって手数料が発生

入金手数料

トライオートFXの入金手数料は即時入金サービスを利用すると手数料が無料になります。

ただし、振込入金の場合各金融期間の振込手数料を負担する必要があります。

振込手数料を支払いたくないという人は、即時入金サービスを利用しましょう。

トライオートFXの出金はすべてインヴァスト証券が負担してくれるので無料です。

外貨出金する時に受渡決済手数料が発生するので注意しよう

出金手数料はすべて無料と紹介しましたが、外貨出金はことなります。

外貨の受渡決済の時にかかる手数料は1000通貨あたり1000円かかります。

10000通貨未満の場合1件あたり10000円となっているので注意しましょう。

口座開設費・管理費すべて無料!

トライオートFXの口座開設費用は無料です。

口座開設する時に支払いは発生しません。

口座管理費用も無料なので、口座維持費等支払う必要もありません。

トライオートFXの取引手数料は高い?他のFX自動売買と徹底比較

トライオートFXの取引手数料は高いのか他のFX会社と徹底比較します。

全て1000通貨あたりの手数料となっています。

トライオートFXの取引手数料とFX自動売買を徹底比較
サービス名取引手数料
トライオートFX無料~片道20円
(対外貨は0.2外貨)
トラリピ無料
ループイフダン無料
トラッキングトレード片道20円or200円
iサイクル2取引片道20円
シストレ24無料
セントラルミラートレーダー無料
みんなのシストレ無料

FX自動売買でも取引手数料が無料なFX会社はある

FX自動売買は、無料で自動売買システムを提供しているので取引手数料を発生させているFX会社が多数存在しますが無料で提供しているFX会社もあります。

しかし、取引手数料を無料にしている所はスプレッドが変動性だったりスプレッドを広く提示していたりするので実質かかる取引コストはあまりかわりません。

取引手数料のみ抑えたい場合は手数料無料のFX会社がおすすめですが、全体の取引コストを抑えたいという人はスプレッドも確認しましょう。

トライオートFXのスプレッドは狭めだから取引コストを抑えられる

トライオートFXは取引手数料がかかりますが、スプレッドを狭めに設定しているので取引コストを結果的に抑えられる仕組みになっています。

取引手数料を無料にしているFX会社のスプレッドは米ドル円でも2銭以上幅を取っているので取引手数料以上にかかってしまう可能性があります。

トライオートFXの手数料に関する注意事項

トライオートFXの手数料に関する注意事項を紹介します。

トライオートFXの手数料に関する注意事項
  • 手動取引は手数料無料だが自動売買は手数料がある
  • 外貨出金の場合手数料が高いので気をつけよう
  • 取引コストを徹底して抑えたい人は取引手数料無料の自動売買を利用しよう

トライオートFXの手数料はトレーダーによっては完全無料ですが、FX自動売買メインのFX会社なので取引手数料が発生してしまう人がほとんどです。

自動売買の手数料は取引数量が多ければ多いほど少なく済むので、自動売買を始める際はどうやって取引手数料を抑えるか考えて取引しましょう。

【注意事項1】手動取引は手数料無料だが自動売買は手数料がある

手動取引は無料ですが、自動売買は手数料が発生します。

少額投資であればあるほど、取引コストがかかってしまうので少額取引したい人は向いていません。

ある程度資金をもった状態で自動売買を運用することをおすすめします。

【注意事項2】外貨出金の場合手数料が高いので気をつけよう

外貨同士の通貨ペアで取引している人は、出金する時に手数料がかかるので注意しましょう。

10000通貨未満の場合、1件10000円とかなり高額になっているので出金するときはまとまった金額で出金しましょう。

【注意事項3】取引コストを徹底して抑えたい人は取引手数料無料の自動売買を利用しよう

取引コストを徹底して抑えたい人は取引手数料が無料で、スプレッドの狭い会社を選びましょう。

取引手数料無料のFX会社はスプレッドが広い傾向があります。

取引手数料だけでなく他のコストも考えて総合的に判断しましょう。

トライオートFXの取引コストは手数料以外にかかるものはスプレッドだけ

トライオートFXの取引コストは手数料とスプレッドということがわかりました。

スプレッドは狭く設定しているので、総合的に考えると取引コストを抑えているFX会社ですが少額投資の場合取引手数料が高くなります。

少額投資するより、ある程度の取引数量で取引するほうがお得に資金運用できるので少額取引を考えていたトレーダーは考え直しましょう。

トライオートFXのスプレッドは狭い

トライオートFXのスプレッドは他のFX自動売買とくらべてスプレッドを狭く設定しています。

スプレッド縮小キャンペーンもおこなっているので、キャンペーンを利用して取引コストを抑えましょう。

【2020年最新】トライオートFXのキャンペーンは新規口座開設で最大12万円プレゼント!条件や参加方法を解説

トライオートFXの手数料は自動売買注文の場合手数料がかかる!決済する時に取引手数料を計算しよう

トライオートFXの手数料は自動売買注文の場合手数料がかかるということがわかりました。

決済する時に取引手数料を計算して、取引しましょう。

取引手数料は損失金額に加算されるので、リスク管理を徹底した資金運用を心がけましょう。

取引手数料がある分スプレッドは狭い

トライオートFXは取引手数料がある分スプレッドを狭く雪堤しています。

他のFX自動売買より狭く設定しているので、結果的に取引コストを小さく抑えることができます。

取引数量を増やすと手数料が無料になることもあるので、FXトレードを始めるまえにどのくらいの資金ではじめるかしっかり考えましょう。

関連記事