カテゴリー
FXの手法

ロールリバーサル手法で勝率を上げる方法やテクニカル分析に組み込むコツを解説

FXでのテクニカル分析は数多く存在します。

テクニカル指標を利用したりラインを描画したり、種類が豊富なので値動きを色々な観点から分析することができます。

今回はテクニカル分析で多くのトレーダーが利用しているロールリバーサル手法について解説します。

「そもそもロールリバーサルってなに?」、「ロールリバーサルの使い方を知りたい」という人は必見です。

テクニカル分析に取り入れると、勝率を上げることができるので参考にしてください。

FXのおすすめ手法をランキングで紹介!低リスク高利益を実現できる人気のトレードスタイル

ロールリバーサルとは

ロールリバーサル

ロールリバーサルとは何度も反発していた為替値をブレイクし、サポートライン・レジスタンスラインが転換する現象のことを言います。

サポートライン・レジスタンスラインとは多くのトレーダーが意識しているラインで、同じ為替値で抑えられていたりサポートされていたりする部分です。

ロールリバーサルが発生すると、今まで支えていた・抑えていたラインの効果が解消され、相場状況が一変します。

ロールリバーサルが発生した後は強いトレンドが起きることが多く、多くのトレーダーが意識してエントリーしています。

レジスタンスライン・サポートラインを抜けたタイミングで発生する

ラインブレイクによっ発生する

レジスタンスラインは為替値を抑えているラインで、サポートラインは為替値を支えているラインです。

長時間足で見ると短時間足より大枠のレジスタンスライン・サポートラインを確認することができます。

このレジスタンスライン・サポートラインをブレイクすると新しい相場展開になります

ロールリバーサルはトレンド転換のサインになるので、大きく稼ぐチャンスになります。

多くのトレーダーが意識しているラインを見つけるのがポイント

ラインブレイクがロールリバーサルと言っても、多くのトレーダーが意識しているラインでないとブレイクしても意味がありません

レジスタンスラインやサポートラインを引く時は、マルチタイムフレーム分析を利用しながら正確に引きましょう。

多くのトレーダーが引いているラインでブレイクすればするほど大きなリアクションを受けられます。

ロールリバーサル手法で勝率を上げる方法

ロールリバーサル手法で勝率を上げる方法は以下の通りです。

ロールリバーサル手法で勝率を上げる方法
  • テクニカル指標と併用
  • 市場心理を把握する
  • 値戻りを確認してエントリー

ロールリバーサル手法はブレイクした後の値動きを見極めることが重要です。

ブレイクを確認して即エントリーしてしまうとだましに引っかかる可能性があるので注意しましょう。

ロールリバーサル手法で勝率を上げたい人は、市場心理をしっかり把握する必要があります。

テクニカル指標と併用する

MACD

ロールリバーサルのみで取引することは可能ですが、根拠が少なくだましに引っかかる可能性があります。

他のテクニカル指標も利用して、強い根拠をもった取引をしましょう。

ロールリバーサル手法と相性のよいテクニカル指標はMACDです。

ゴールデンクロス・デットクロスとロールリバーサルを照らし合わせて、トレンド発生か否かを見極めましょう。

ロールリバーサル発生時の市場心理を読み取る

ロールリバーサルが発生したときの市場心理を把握しましょう。

例として、ポンド円のチャート画面を挙げます。

ポンド円

ポンド円では140円のラインが意識されており、何度も抑えが入っています。

レジスタンスライン付近では、再び値戻りすると考えて売るトレーダーとブレイクを予想して買うトレーダーがいます。

一度ブレイクが起きると売りトレーダーと買いトレーダーの均衡が崩れ上昇していきますが、値戻りが発生します。

売りポジションを持っていた人はなるべく損失しないように決済したいので、値戻りした時点でポジションを決済します。

結果一度ブレイクしたポイントに戻り大きく上昇しています。

為替相場は世界中のトレーダー達の売買で値動きが発生しています。

上記のように集団心理をとらえることによってロールリバーサル後の値動きを予想することができます。

ブレイク後しばらくは為替の値動きを見て、トレンド発生するか判断しましょう。

ブレイク直後の戻りを確認してエントリー

レジサポ転換

ブレイク直後は上昇・降下しますが、すんなりトレンド発生するわけではありません。

他の位置にレジスタンスライン・サポートラインを引いているトレーダーもいるので、値戻りが発生します。

ロールリバーサル手法で完璧なエントリーポジションをとらえるには、この値戻りを見てからエントリーする必要があります。

この値戻りで再び同じレート帯に戻ることもあります。

ブレイク直後は、値動きの様子をみてレジスタンスライン・サポートラインが転換してしっかり機能し始めたことを確認してからエントリーしましょう。

ロールリバーサル手法をバイナリーオプションに利用する方法

ロールリバーサル手法はバイナリーオプションでも活用できます。

FX取引と違い、上下を予想する取引なので、ロールリバーサルが非常に重要になってきます。

チケット購入するタイミングを判断するのに利用できるのでおすすめです。

バイナリーオプションとは?初心者にとってリスクがある理由・対処法

ブレイク後の上昇・降下トレンドに合わせてチケットを購入

ロールリバーサルが発生した後のトレンドに合わせチケットを購入します。

バイナリーオプションでも重要なのは、値戻り発生を見送ってからチケット購入することです。

バイナリーオプションでもだましは発生するので、ブレイクしたからといって安易にチケットを購入しないようにしましょう。

バイナリーオプションの攻略必勝法!プロが実践している勝率アップのポイント

国内FX会社は取引時間が決まっているので注意

国内FX会社はバイナリーオプションの取引時間が決められています

ロールリバーサルが発生しても、チケット購入して取引に参入できない可能性があるので注意しましょう。

取引時間に合わせてロールリバーサルが発生する可能性は低いので、ロールリバーサルが発生した後の相場なのか直前の相場なのか分析しましょう。

ロールリバーサルのパターン

ロールリバーサルには3つのパターンがあります。

それぞれ値動きの行方が違うので、把握しておきましょう。

ロールリバーサルのパターン
  • ブレイク後トレンド発生
  • 一回値戻りしてトレンド発生
  • ブレイク後一回伸びて再び同じレンジに戻る

ロールリバーサルが発生したからといって必ずトレンドが発生するわけではありません

上手くトレンドに乗るには、どのパターンか把握する必要があるので覚えておきましょう。

完全にブレイクする

実体でラインブレイク

レジスタンスライン・サポートラインをブレイクするには、ローソク足の実体が完全に抜ける必要があります。

実体で抜けずヒゲのみ抜けている状態は、完全にブレイクした状態とは言えません。

ヒゲが発生しているということは大きな抑えが発生しているのでトレンドは発生しないと考えましょう。

完全にブレイクしたパターンは実体がブレイクして、その後も素直に上昇・降下していきます。

実体が大きければ大きいほど強いトレンド発生の示唆になります。

一回反転することもなく大きく伸びていくので、トレンド発生ととらえてエントリーしましょう。

ブレイク後に一回反発して再び上昇・降下する

レジスタンスライン・サポートラインをブレイクした後に、一度上昇・降下してライン付近まで戻ります。

ライン付近に一度戻った後トレンドが発生し、上昇・降下がはじまります。

この値戻りは発生しやすく、多くのトレーダーが値戻りを確認してからエントリーにはいります。

値戻りによってだましに引っかかる可能性があるので注意しましょう。

ブレイク後伸び悩み元の状態に戻る

ラインブレイクし下落する

レジスタンスライン・サポートラインをブレイクした後に、一度トレンド発生のような動きを見せますが、再びライン付近まで戻り最終的に元の動き通りになってしまいます

ロールリバーサルはトレンド発生の示唆ですが、ブレイク直後の値動きを確認しておく必要があります。

ブレイクしても元の相場状況に戻る可能性があることを覚えておきましょう。

ロールリバーサルと併用できるテクニカル分析

ロールリバーサルと併用できるテクニカル分析を紹介
します。

ロールリバーサルはトレンドを見極める大きな指標となりますが、他の分析方法と組み合わせることによって勝率が上がります

エントリーポイントをより正確に見つけることができるので、併用してみましょう。

アセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルが上抜けする場合

アセンディングトライアングルは一定のレート帯で値動きが上下している状態で、アセンディングトライアングルをブレイクすると上昇トレンドが発生する可能性が高くなります

なんどもレジスタンスラインをタッチしますが、値下がる力がだんだん弱まっていくので高値・安値ラインを結ぶと三角形の形状ができます。

アセンディングトライアングルは、ロールリバーサルと同じレジスタンスラインを意識しています。

レジスタンスラインに加えてトレンドラインを引くので、より正確なブレイクポイントを把握することができます。

アセンディングトライアングルとは?使い方や発生した後のチャートパターンを徹底解説

ディセンディングトライアングル

ディセンディングトライアングル

ディセンディングトライアングルは、アセンディングトライアングルと逆のパターンです。

徐々に高値をさげていきながらもサポートラインでは反転している状態で、サポートラインをブレイクした場合大きく下落する可能性があります。

ただし、ブレイクしたからといって必ず下落するわけではありません。

ロールリバーサルと同じようにだましになる可能性もあるので注意しましょう。

ディセンディングトライアングルの使い方を理解しよう!

ロールリバーサルに関する注意点

ロールリバーサルに関する注意点をまとめました。

ロールリバーサルに関する注意点
  • だましかトレンドか見極めよう
  • マルチタイムフレーム分析は必須
  • ブレイク直後は様子見

ロールリバーサルは大きく稼ぐチャンスになりますが、間違ったエントリーをすると損失してしまいます

ラインブレイクした後もすぐエントリーせず、値戻りを確認してから取引を始めましょう。

だましをうまく回避しよう

ロールリバーサルでのだましに引っかかってしまうと、資金を大きく損失してしまう可能性があります。

だましに引っかからないためには、ブレイク直後のエントリーをやめて一度レジサポ転換を確認してエントリーしましょう。

値戻りが発生せず、急上昇していく場合はエントリーに乗っかり順張りトレードで問題ありません。

ブレイク後すぐエントリーするのは危険

ブレイク後即行動するのは危険です。

ローソクの実体でラインブレイクしていることを確認して、取引を始めましょう。

ヒゲ部分だけブレイクしても元に戻ってしまう可能性が高いので、ローソクの実体を意識しましょう。

長時間足でブレイクを確認して短時間足で直近の動きを確認しよう

マルチタイムフレーム分析はしっかりおこなう必要があります。

短時間足でブレイクしても、長時間足で見ると最終的にヒゲが伸びただけになってしまっている場合もあります。

長時間足チャートと短時間足チャートを見比べながらしっかりブレイクしたタイミングでエントリーしてください。

ロールリバーサルは大きく稼ぐチャンスになるのでうまく活用しよう

ロールリバーサルは大きく稼ぐチャンスになることがわかりました。

トレンドに乗って利益幅を大きく取る可能性があるので、ロールリバーサルを意識したトレードをおすすめします。

アセンディングトライアングルやディセンディングトライアングルを併用すると、より正確なブレイクポイントを見つけることができるので有効活用してみましょう。

関連記事