カテゴリー
スキャルピング

NDD方式はスキャルピングに向いている?DD方式との違いとNDD対応のスキャルピング業者を紹介

FXは気軽に始められることから、近年未経験からの利用者が増加しています。

そのような初心者の人でも挑戦してみたいのが、スキャルピングによる取引です。

スキャルピングをする際には、一般的にはNDD方式のFX業者が利用するのが良いとされています。

ではなぜNDD方式がスキャルピングに向いているのでしょうか?

これらの理由やFX業者の選び方について知っておかないと、自分に有利なトレードができない場合があります。

そこで本記事ではNDD方式がスキャルピングに向いている理由やDD方式との違いについて解説するとともに、FX口座の選び方やオススメのFX業者に関しても紹介していきます。

NDD方式がスキャルピングに向いている理由

ループイフダンの含み損は問題ないのか解説

NDD方式はインターバンク市場と顧客の間にFX業者を介さずにトレードを行う方式のことで、顧客が直接インターバンク市場に注文を提示します。

NDD方式のFX業者がインターバンク市場で提示されたレートに手数料を踏まえることで利益を取る仕組みです。

そのためNDD方式では取引の回数が増えれば増えるほど、FX業者の利益につながります。

スキャルピングは短時間に何度も取引を行う取引方法なので、NDD方式のFX業者ではスキャルピングを認めていることが多く、NDD方式がスキャルピングに向いていると言えるのです。

DD方式とNDD方式は何が違う?

世の中に存在しているFX業者を2種類の業者に分別するとDD方式とNDD方式を採用している業者に分けることができます。

比較的日本国内にはDD方式のFX業者が多く、海外のFX業者はNDD方式を採用している業者が多い傾向です。
これら2種類の違いについて解説していきます。

DD方式とは

DD方式はDealing Desk、プロのディーラーが取引を行う方式のことです。

顧客とインターバンク市場の間にプロのディーラーが仲介として入ることによってトレードを成立させており、顧客はインターバンク市場に直接注文するのではなく、プロのディーラーに対して注文をするような形となっています。

DD方式のメリット

DD方式のメリットとしては、国内FX業者を通してトレードを行った際にはスプレッドが狭く設定されています。

そのためトレーダーにとっては利益が出しやすいです。

DD方式のデメリット

DD方式のデメリットとしてはスキャルピングが禁止されていることが多いということが挙げられます。

スキャルピングをして顧客が利益を出しすぎてしまうと、その顧客の口座が凍結されるというケースは良く耳にします。

なぜDD方式のFX業者がスキャルピングを禁止しているかというと、顧客が利益を多く出しすぎてしますと業者は損失を被り破綻してしまう可能性があるからです。

そのためスキャルピングを用いた取引を行いたい際には、DD方式のFX業者の利用を避けた方が良いでしょう。

NDD方式とは

NDD方式とはDD方式の逆で、顧客とインターバンク市場の間にFX会社を挟まないトレード方法のことを指します。

つまりトレードを行う際は、顧客がインターバンク市場に直接注文を行うというような仕組みです。

顧客とインターバンク市場の間にFX業者を挟まないことによって顧客へのメリットが大きくなります。

またNDD方式をさらに2種類の方式に分けることが可能です。

NDD方式の2種類の方式
  • STP:インターバンク市場のレートから顧客が最適なものを選択して取引を成立させる方式
  • ECN:インターバンク市場の顧客同士の注文がマッチしたところで取引が成立する方式

NDD方式のメリット

NDD方式のメリットとしては、DD方式ではできなかったスキャルピングを用いた取引が可能という点です。

そのため利益をどれだけ出しても口座凍結をされることもないため、顧客面背からすると非常に安心です。

またFX業者が仲介に加わらないため、取引に関しての透明性という部分も安心できるポイントですね。

NDD方式のデメリット

NDD方式のデメリットとしてはやはりDD方式のスプレッドよりも広いということが挙げられます。

しかしNDD業者の中にもスプレッドの広い業者もあるため、業者選びの際には注意が必要です。

NDD方式でスキャルピングに向いているFX業者の選び方

DD方式とNDD方式の違いについては、理解が深まりましたでしょうか?

ここからは実際にスキャルピングをする際のFX業者の選び方について解説していきます。

スプレッドが狭い

スキャルピングという取引手法は秒や分単位で取引を行い、1日に何回も取引を積むことで利益を生み出す手法です。

そのため取引回数の少ない取引手法より、相対的に手数料が高くかかってしまうというデメリットがあります。

そのデメリットを払拭するためにスプレッドの狭いFX業者を選ぶということが重要です。

そうすることにより必要最小限の取引手数料で取引を行うことができるため、利益もより出しやすくなります。

ロスカットの水準値が低い

ロスカットとは含み損が事前に設定されている水準をして回った際に、自動決済されるシステムのことを言います。

このロスカットの水準が高いと価格変動に弱く、すぐにロスカットされてしまう可能性もあります。

特に海外のFX業者などはレバレッジが比較的高いものが多いため、ロスカットに対する注意が必要です。

そのためロスカットの水準ができるだけ低い業者を選び、不本意なところでロスカットをされないようにしましょう。

スリッページ幅が小さく約定力が高い

スリッページとは注文時の価格レートと約定時の価格レートの乖離を表すものです。

もし、スリッページの幅が大きいと自分が注文した時の価格レートで取引をすることができません。

そのためには注文から約定までの時間がかからないことが決め手です。

約定までのスピードが早いことで、注文した時点の価格レートにより近い値で取引をすることができます。

スキャルピングを用いた取引を行う際には、非常に重要なポイントです。

スキャルピングを認めている口座

スキャルピングが禁止されている口座でスキャルピングを用いた取引を行ってしまうと、口座を凍結されたり、出金ができなくなったりする可能性があります。

そのような事態を避けるためにも、やはりスキャルピングが認められている口座で取引を行うことが安全です。

事前に、自分が使おうとしているFX業者がスキャルピング可能なFX業者なのか確認しておきましょう。

スキャルピング可能なNDD方式のFX業者

NDD方式やスキャルピングについての理解が深まったところで、スキャルピングを用いた取引ができ、かつNDD方式のFX業者を紹介していきましょう。

それぞれのFX業者で特徴などもことなるため、要チェックです。

スキャルピング可能なNDD方式のFX業者
  • 外為ファイネスト
  • サクソバンク証券
  • ヒロセ通商
  • EZインベスト証券

外為ファイネスト

外為ファイネストは10年以上FXサービスを続けているFX業者で、NDD方式を利用したスキャルピングが可能です。

またスプレッドが狭いという特徴もあり、DD方式の業者と比較しても引けを取りません。

外為ファイネストで利用されているツールはMT4で、世界中で愛用されているツールなので、安心して快適にトレードを行うことができます。

1回の取引上限額が最大1000万までというのも、大口トレーダーにとってはありがたいですね。

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券は通貨ペアの多さを約定までのスピードが大きなメリットとして挙げられるFX業者です。

通貨ペアは主要なものからマイナーな通貨まで幅広く取り扱っており、そのペア数は150種類以上にものぼります。

また約定までのスピードの業界トップクラスで、スリッページがほとんど発生しない約定力を誇っています。

このことからも分かるようによりプロで活躍しているトレーダーの人たちから愛用され続けているFX業者です。

ヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商「LION FX」のトレードアプリの使い方

ヒロセ通商は多くの顧客から絶大な信頼と実績を得ている国内FX業者です。

国内のFX業者のほとんどがDD方式を用いていますが、ヒロセ通商は日本国内ではあまり見られないNDD方式を採用しています。

なおかつスキャルピングの公認がされているため、日本においては重要なFX業者です。

ヒロセ通商の特徴としては、業界トップクラスのスプレッドの狭さや約定までのスピードも非常に早いことが挙げられます。

また様々なツールが用いられている点もオススメポイントです。

EZインベスト証券

EZインベストショウケン

EZインベスト証券もスキャルピングを公認しているFX業者です。

EZインベスト証券の特徴としては、まず約定までのスピードが非常に早いということが挙げられます。

国内に通信サーバーが設置されており、海外サーバーとやり取りをすることがないためこのスピードが実現できています。

また株価指数の取引もできる貴重なFX業者となっており、日経225先物やS&P500先物などを取り扱うことも可能です。

MT4のツールを使いながら株価指数を取引できる業者は中々ないので、チェックしておきましょう。

NDD方式のFX口座でスキャルピングをしよう

NDD方式やスキャルピングなどについての理解は深まめることで、より自分に有利なようにトレードを行うことができます。

知識がないまま、FXをしていても利益どころか損失を被ってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

NDD方式でスキャルピングが可能なFX業者を見つけて、利益が見込めるトレードを始めていきましょう。

関連記事