カテゴリー
スキャルピング

FXスキャルピングで勝てない理由と今すぐできる対処法

「スキャルピングでは勝てない」と巷ではよく言われています。

実際ちょっとやってみたけれど「うまく稼げなかった」という方も、いるのではないでしょうか?

まずは「スキャルピングとは何か?」という基本を確認し、トレードの手法を一緒に見直していきましょう。

FXのスキャルピングとは?手法の特徴・勝つコツと注意点を分かりやすく解説

スキャルピングとは?

そもそもトレードスタイルには、大きく分けて4つの取引スタイルがあります。

ここでは超短期売買である「スキャルピング」について詳しく説明していきます。

FXの主な取引スタイル
  • スキャルピング:数秒から数分で取引き
  • デイトレード:数分から数時間で取引き
  • スイングトレード:数日から数週間の間に取引き
  • 長期トレード:2週間から1年以上に渡って取引き

細かく早く利益が積み上がる

スキャルピングは取引時間が一番短い取引スタイルで、数秒から数分でトレードを完結させて、回数をこなして、利益を積み上げて行きます。

スキャルピングは取引時間がとても短く、取引回数も1日に100回以上行う人も多いですが、一方で取引回数を増やせない場合は他のトレードスタイルよりも利益が積み上げにくくなります。

失敗しても損失額が少ない

スキャルピング一回の利益が少ないため損失額も少なくて済みます万が一相場が大きく動いた時は損切りで今持っているポジションを切ることで損失を抑えることができます

初心者には難しい

世間一般では「スキャルピングは初心者には難しい」と言われています。

なぜなら、瞬発力ととっさの判断力が必要で、ごく短時間で相場を分析したり、売買の判断をしたりしなければいけないからです。

迫り来るチャンスを逃さないためには、秒単位分単位で分析や判断を行う冷静さと、相場への慣れが必要なので、「初心者には難しい」と言われることもあります。

スキャルピングで勝てないのはトレーダーの性格も原因

超短期売買のスキャルピングから1日単位数週間単位年単位と様々なFXのトレードスタイルがありますがライフスタイルや性格によってどのトレード手法があっているかは人それぞれ。

これからスキャルピング2向く人向かない人を解説していきますのであなたもスキャルピングも行きかどうかを考えてみてください

あなたの性格や気質がスキャルピングに向いているか、ここでは見ていきましょう。

スキャルピングに向いている人
  • 忍耐力がある
  • チャートを毎日長時間見ることができる
  • コツコツと続けることができる
  • 瞬発力や冷静な判断力がある

一方、以下の項目に当てはまる人は、記事の後半で対処法の解説をしているので、実践できそうか見てみてください。

スキャルピングに向いてない人
  • 単純な作業を繰り返すのが苦痛
  • 集中力が途切れがち
  • 「大きく儲けたい」という一攫千金を目指している
  • 決断力に自信がない

スキャルピングで勝てない良くある理由

スキャルピングに限らず、あらゆる投資において「勝つ時もあれば、負ける時もある」のが普通です。

失敗が続くからもうやめるか?それとも解決策を見出して。収益をあげるようになってやりたいか?

今、負けが続いてるからこそ、負けから学びを得てFXのスキルを上げていきましょう。

取引の時間帯や参照のニュース媒体などを見直す

基本的な項目からチェックしていきましょう。

「ドキッ!できてないかも」と思ったら、そこから対処していきましょう。

基本的なトレードのコツを掴めているか?チェック
  • スキャルピングでか今のあなたはスキャルピングに最適な通貨ペアを選んでいるでしょうか?
  • 流動性の高い時間を選んで取引してるでしょうか?
  • 口座開設したFX会社のFX関連の情報やニュースをチェックしてるでしょうか?

スキャルピングのルールと自分ルールは守ってる?10pips以上の利益を狙ってないかチェック

スキャルピングでは非常に細い値幅で確実に利益を出すのがコツです。

大きい利益を狙うあまり、10pips以上の利益を狙うと、スプレッドコストが大きくなり結果的にマイナスになることがあるので注意しましょう。

スキャルピングで勝てない時の対処法

これから解説する対処法は、すぐに改善できるものもあれば、多少時間がかかるものもあります。

一つずつ見過ごさずに、あなたの弱点を潰していくことで、だんだんとスキャルピングで勝てる体質になっていきましょう。

取引量が多い通貨ペアと時間帯を選ぼう

スプレッドが狭く、取引量が多い通貨ペアを選び、取引量が多くなる時間帯を選んで取引していきます。

取引量が多い通貨ペアと時間帯
通貨ペア 米ドル円、ユーロドル、ポンドドルなど
時間帯 日本時間の15時から夜中の1時まで(欧米・ニューヨーク・ロンドン市場が開く時間帯)

ニュース配信でFX関連ニュースをゲットしよう

重要な経済指標や国同士の武力衝突などは相場に大きな影響を与えます。

そういうニュースがあるときには、取引のチャンスの時もありますし、その日は取引自体しないという判断もできます。

アプリなどでFX関連ニュースが毎日配信されている場合もあるので、自分で調べて日々の情報をキャッチできるような環境を整えていきましょう。

欲に負けず10pipsで利確する習慣付けをしよう

そもそもスキャルピングは小さい儲けを積み上げるスタイルなので、大きい利益を出したいのなら取引スタイルを変えるのも一つの手です。

スキャルピングを続けるなら、利益の幅は1pipsから10pips以内で1回の取引を終えましょう。

利確と損切りの自分ルールを徹底しよう

あなたは、自分なりのオリジナルルールを作っているでしょうか?

ルールに基づいて動くことで、損失を最低限に抑えられ、コツコツと稼いでいくことができます。

オリジナルルールの例
  • 1回の取引で1pipsから5pipsで取引する
  • 取引に失敗しマイナスになってしまった注文は「いくら以上」になったら損切りする
  • 損失額が全体の資金の2%に収まるよう損切りする
関連記事