カテゴリー
スキャルピング

【2020年最新版】スキャルピング向けオススメFX口座5選!

FXにはいくつかのトレードスタイルがあり、スキャルピングは取引スパンが一番短いスタイルです。

数日~数か月ポジションを保有して取引するスイングトレードとは真逆の考え方で、数秒~数分程度で取引を簡潔させます。

今回はスキャルピングに向いているおすすめFX口座を5つ厳選して紹介します。

国内FXでスキャルピングを公認している会社は少なく、逆に口座凍結の要因になっていることが多いです。

スキャルピングをしたい人は公認しているFX会社を選びましょう。

これからFX取引でスキャルピングをはじめようとおもっている人は参考にしてください。

FXのスキャルピングとは?手法の特徴・勝つコツと注意点を分かりやすく解説

このページのもくじ

スキャルピング向けのFX口座を5つ厳選紹介

スキャルピングに向いているFX口座を5つ紹介します。

スキャルピングに向いているFX口座はもちろんスキャルピングを禁止していません。

短期売買が有利動くFXサービスを展開しているのでおすすめです。

スキャルピング向けのFX口座
  • JFX
  • ヒロセ通商「LION FX」
  • FXプライムbyGMO
  • GMOクリック証券
  • みんなのFX

スキャルピングをする人たちはFXサービス以外に取引ツールも注目する必要があります。

スキャルピングは操作がもたつくと損失してしまうので、シンプルに素早く取引できる取引ツールを利用しましょう。

JFXはスキャルピング制限なし!FXサービス内容が短期売買に特化している

JFX

JFXのサービス内容
スキャルピングおすすめ度 ★★★★★
約定力 高い
取引ツール
スプレッド(ドル円) 0.3
特徴 取引制限なし

 

JFXはスキャルピングに特化しているFX会社です。

連打注文しても口座凍結しないFX会社はJFXだけといっても過言ではありません。

スキャルピングトレーダーが気になる約定力・取引制限ですが、JFXは両方業界トップクラスの内容を提供しています。

JFXの約定スピードは0.001秒で、エントリーポイントがズレたり決済ポイントがズレたりすることはありません。

取引制限もないので、1日中取引チャンスを見逃さずトレードできます。

ヒロセ通商「LION FX」はスキャルピング公認FX会社だから安心

ヒロセ通商「LION FX」のトレードアプリの使い方

ヒロセ通商「LION FX」のサービス内容
スキャルピングおすすめ度 ★★★★
約定力 標準
取引ツール
スプレッド(ドル円) 0.2
特徴 トレードアプリが高性能

ヒロセ通商「LION FX」はスキャルピング公認しているFX会社です。

ヒロセ通商「LION FX」のトレードアプリは高性能で、スキャルピングに必要なテクニカル分析をしっかりおこなえます。

パソコンツールに劣らない機能性を持っているのでおすすめです。

ヒロセ通商「LION FX」の強みは豊富な通貨ペアで取引できるところです。

いろいろな通貨ペアのトレードチャンスを見て収益向上をめざしましょう。

ヒロセ通商「LION FX」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

FXプライムbyGMOは100%の約定力をもったスキャルピング公認FX会社

FXプライムbyGMOの口座開設方法

FXプライムbyGMOのサービス内容
スキャルピングおすすめ度 ★★★★
約定力 非常に高い
取引ツール
スプレッド(ドル円) 0.3
特徴 約定力100%

FXプライムbyGMOはスキャルピングトレーダーが一番気にしている部分を高水準に設定しているFX会社です。

FXプライムbyGMOは約定力100%でサーバーの安定感が高く、スムーズに取引をおこなえます。

スリッページの心配をする必要がないのでスキャルピングに向いているFX会社です。

FXプライムbyGMOは重要経済指標が発表されても約定100%だった記録をもっています。

トレンドが大きく動いてもぶれることなく約定できるので、取引の信頼度が非常に高いFX会社です。

FXプライムbyGMOの口コミ・評判は?メリット・デメリットとアプリの使いやすさ・口座開設のポイントを徹底解説

GMOクリック証券は業界最高水準サービスでスキャルピング可能!

GMOクリック証券

GMOクリック証券のサービス内容
スキャルピングおすすめ度 ★★★★★
約定力 高い
取引ツール
スプレッド(ドル円) 0.2
特徴 8年連続取引高NO.1

GMOクリック証券は取引高が8年連続NO.1のFX会社です。

GMOクリック証券が提供している通貨ペアのほとんどが業界最瀬間スプレッドに設定されており、サーバーも安定しているので素早く取引することができます。

GMOクリック証券のシステムは業界トップクラスの安定感を維持しているので、スキャルピングに最適の環境となっています。

トレーダーへのサポート体制もしっかりしているので、初心者もおすすめできるFX会社です。

GMOクリック証券「FXネオ」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

みんなのFXはスプレッドが短期取引向き!スキャルピング初心者におすすめ

みんなのFX

みんなのFXのサービス内容
スキャルピングおすすめ度 ★★★
約定力 標準
取引ツール
スプレッド(ドル円) 0.2
特徴 初心者向けコンテンツ豊富

みんなのFXはスプレッドが業界最狭水準で、約定力も高いのでスキャルピングに向いているFX会社です。

みんなのFXは総合的に評価が高く、初心者のメイン口座に最適です。

スキャルピング以外のトレードスタイルにも対応しているので、これからどんなトレードスタイルで稼ぐか模索したいという人におすすめのFX会社です。

みんなのFXはスキャルピングを禁止していませんが、公認もしていません

スキャルピングをして口座凍結になった事例はほとんどありませんが、公認ではないので注意しましょう。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

スキャルピングでFX会社を選ぶポイント

スキャルピングをするトレーダーが見るべきサービス内容を紹介します。

スキャルピングをするにあたって重要視すべき項目
  • 約定力
  • スプレッド
  • サーバー
  • 取引ツール

スキャルピングは1秒1秒が重要になってくるので、スムーズに取引できる環境が必要です。

スキャルピングは1回の取引利益が他のトレードスタイルに比べて低いので、取引コストも抑える必要があります。

約定力が高い

約定力は、取引操作に大きく関わってきます。

例えば約定力の低いFX会社で取引すると、エントリーボタンを押しても時間がたってからエントリーしたり、決済しても自分の思っているポイントと大きくずれていたりします。

スイングトレードやデイトレードの場合、多少約定力が低くても大きな問題になりませんが、スキャルピングは利益幅が細かいので、取引操作をスムーズに進行させる必要があります。

上記の理由からスキャルピングをするトレーダーは約定力が高いかしっかりチェックする必要があります。

スプレッドを狭く設定している

スプレッドは取引コストに直結しています。

近年スプレッドが狭くなったり、手数料がすべて無料になったりしています。

しかし、スプレッドが広がりやすいFX会社もあるのでしっかり判断する必要があります。

スプレッドが広いとスキャルピングトレードしても利益を得られなくなります。

利益幅の広いトレードをメインにしている人はスプレッドが広くても対応できますが、スキャルピングはなるべくスプレッド幅の狭いFX会社で取引しましょう。

FX会社サーバーの安定力が高い

FX会社サーバーの安定力が高くないと、スキャルピングをして口座凍結してしまう恐れがあります。

スキャルピングは短期間に何度も取引するので、FX会社のサーバーに負荷をかけてしまいます。

安定力の無いサーバーでスキャルピングすると、他のトレーダーが約定できなくなったりログインできなくなったりするので注意しましょう。

スピード感のある取引ツールを搭載している

取引ツールの操作性にもたつきのないものを選びましょう。

取引ツールによって損益が大きく変わることもあるので、スキャルピングをする人はスピード注文可能なツールを選びましょう。

スピード注文はチャート画面を見ながら取引できたり、ワンクリックで取引開始したりする注文方法です。

スキャルピングはチャート画面を見ながら取引できる環境が必須となっているので、口座開設する前に取引ツールの機能を確認しましょう。

国内にはスキャルピングを禁止しているFX会社がある!

国内ではスキャルピングを禁止しているFX会社があります。

FX業者の負担を軽減したり、サーバーを安定させたり理由は様々ですが、スキャルピングを禁止しているFX会社でスキャルピング取引をすると口座凍結してしまいます。

スキャルピングトレードをしたいと思っているトレーダーは、スキャルピング禁止していないFX会社を選びましょう。

スキャルピングを禁止しているFX会社一覧

スキャルピング禁止のFX会社一覧

スキャルピング禁止を公言しているFX会社を紹介します。

スキャルピングを禁止しているFX会社
  • DMM FX
  • SBI FXトレード
  • FXTF

FXTFは秒スキャを禁止しています。

取引の区間が1分以上空くスキャルピングであれば問題ありません。

秒スキャルピングは、多くの国内FX会社が禁止しています。

スキャルピングを公認しているFX会社でも秒スキャを禁止しているところもあるので、口座開設する前に規約を読んでおきましょう。

禁止されているところでスキャルピングをすると口座凍結する

規約内でかかれている禁止事項をすると、口座凍結の原因となります、

多くのFX会社は口座凍結の理由を開示していませんが、サーバーの負荷がかかった為口座凍結しているケースがほとんどです。

スキャルピングを禁止しているFX会社でスキャルピングをする行為は当然違反なので、FX会社の規約を必ず読んでスキャルピング公認のFX会社でスキャルピング取引をしましょう。

スキャルピングにおすすめのFX口座に関するQ&A

Q&A

スキャルピングにおすすめのFX講座に関するQ&Aをまとめました。

スキャルピングについての質問や、自分に合っているFX口座の見つけかたなど詳しく書いているので必見です。

スキャルピングにおすすめのFX口座に関するQ&A
  • Qスキャルピング用のツールを利用することは可能ですか
  • Qスプレッドが狭い=スキャルピング向きと捉えて良いですか
  • Q初心者におすすめのスキャルピング口座を教えてください

Qスキャルピングのツールを利用することは可能ですか

スキャルピングのツールは違法ツールになっていることもあります。

裁量トレードのFX会社でツールを使って取引することは不正とみなされます

スキャルピングは手動取引の場合のみ有効としているFX会社がほとんどです。

もし、ツール購入を考えている場合はやめておきましょう。

取引ツールの詐欺も年々増加しているので注意してください。

Qスプレッドが狭い=スキャルピング向きと捉えて良いですか

スプレッドが狭い=スキャルピング向きということは合っています。

しかし、スプレッドが狭いだけですべて決めるのは安易です。

スプレッドを狭く提供していても広がりやすかったり、約定力が低かったりすると取引コストを抑えることができません。

スプレッドが狭いというのは大前提で、最適のFX口座を見つけるために必要なポイントはスプレッド以外のサービスもスキャルピングに適しているかどうかです。

Q初心者におすすめのスキャルピング口座を教えてください

上記で5社紹介しましたが、スキャルピングトレード一本で稼いでいく決心がある人は「JFX」がおすすめです。

FX初心者の場合、色々なトレードスタイルを実践してどれが一番自分に合っているか確認する必要があります。

スキャルピングトレードをまだ体験したことがないという人は、柔軟に対応できるFX会社をおすすめします。

FXでスキャルピングをする時の注意事項

FXでスキャルピングをする時の注意事項をまとめました。

FXでスキャルピングをする時の注意事項
  • スキャルピング公認でも口座凍結する場合がある
  • コツコツドカン!に注意しよう
  • 取引環境をしっかり整えておこう

スキャルピングを公認していても、スキャルピングの内容によっては口座凍結してしまうこともあります。

スキャルピング特有の損失コースに気をつけながらコツコツ利益を伸ばしていきましょう。

スキャルピング公認でも口座凍結する場合がある

スキャルピングでも秒スキャと言われている部類は口座凍結になる恐れがあります。

スキャルピング公認FX会社だからといって安心せずに、禁止事項に目を通してお起きましょう

上記で紹介したGMOクリック証券はスキャルピング公認FX会社ですが、秒スキャは禁止となっています。

コツコツドカン!に注意しよう

コツコツドカン!というのはスキャルピングにありがちな損失コースで、小さく利益を積み重ね1回の損失トレードで利益をすべて失うことを言います。

スキャルピングは利益幅を小さくしてコツコツ稼ぎ、損失も小さく抑えるトレードスタイルですが、予想外の下落や損切りタイミングをのがしたりすると大きな損失トレードとなります。

大損失してしまうと、積み重ねてきた利益がすべて無意味になってしまうので、損切り管理を徹底して損失を抑えられるようにしましょう。

取引環境をしっかり整えておこう

FX会社側のサーバーも重要ですが、自分が取引に利用するネット環境や媒体をしっかり整えておく必要があります。

ネット接続が遅いと感じている人は、契約している回線を新しいものに更新するか一番速い回線を提供している会社に変更してみましょう。

国内ではスキャルピング公認のFX会社がある!取引コストを抑えてスムーズな取引をしよう

国内ではスキャルピングを公認しているFX会社があることがわかりました。

スキャルピングは取引コストを抑えて利益を積み重ねるスタイルです。

損失トレードを連発しないように自分のトレードスキルも磨いておきましょう。

 

関連記事