カテゴリー
FXとは?

FXの枚数とは何のこと?重要性や通貨単位で選ぶFX会社を紹介

FXをやっているとトレードの中で、枚数という言葉をよく耳にします。

「枚数ってトレードではお札は使っていないけど……。」

「FXの枚数ってどういう意味?」

FXの枚数に関する疑問は非常に多いです。

しかし別に気にも留めずトレードを続けている人も多く、必要のない知識だと思ってそのままにしていることもあります。

実は枚数はトレードにおいては非常に重要な言葉なので、しっかりと理解しておかないと大きな損失を被ってしまう可能性も考えられます。

そこで本記事ではFXの枚数とは何のことなのかを解説していくとともに、枚数の重要性や通貨単位で選ぶFX会社を紹介していきます。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

FXの枚数とは?

FXとは何か

FXにおける枚数とは、取引する通貨量のことを表します。

FXでトレードする際には通貨量という単位をもちいて、取引をおこないます。

取引に直接関係してくる言葉なので、トレーダーの人は必ず理解しておかなければなりません。

ここからは枚数についてより詳しく説明していきましょう。

枚数はトレードする通貨量のこと

上で枚数とはトレードする通貨量のことと解説しました。

枚数という言葉はあまりなじみのない言葉かもしれませんが、ロットということは知っているはずです。

枚数とロットという言葉は同じ意味です。

一般的には1枚は1万通貨をさし0.1枚は1000通貨、0.01枚は100通貨を表しています。

しかし枚数やロットが表す通貨量は、FX会社によっても異なります。

FX会社を選ぶ際には、枚数やロットが表している通貨量はいくらなのかをしっかりと確認しておきましょう。

トレードで枚数を意識する重要性

バイナリーオプションは危険性の高い取引方法か解説

冒頭でも説明しましたが、FXトレードにおいては枚数という概念は非常に大切なものです。

実際のトレードでは枚数という単位を使って、取引をおこなうことがあります

枚数の意味を理解していないのに取引を行ってしまっては、誤った単位で取引をおこなってしまい損失を生じさせてしまうことも考えられます。

その他にもトレードの中で枚数を意識しなければならない理由が複数あります。

それではFXトレードにおいて枚数を意識する重要性について解説していきましょう。

リスク管理をおこなうことができる

FXトレードにおいて枚数を意識することによって、リスク管理をおこなうことが可能です。

FXは勝敗がつく取引なので、どうしてもリスクがついて回ります。

リスク管理をしっかりとおこなっていないと、すぐに資金を使い果たしてしまい借金生活というような事態になってしまうことも考えられます。

枚数は1万通貨という単位であり、通貨量を勘違いしていると意図せず大金の取引をおこないかねません。

どれぐらいの通貨量であれば取引してもリスクに耐えられるのかは日ごろのトレードから考えておくようにしましょう。

精神的負担を和らげることができる

枚数という単位をもちいていると本当の通貨の単位があやふやになってきます。

あやふやな状態のままトレードをおこなっていると、もしかして大金とつぎ込んでしまっているのではないかという錯覚に陥りやすくなります。

錯覚から精神的な負担になってしまうことが多いです。

精神的負担を避けるためにも、枚数についてはしっかりと理解しておきましょう。

適切な枚数の選択方法

トレードをおこなう際に、枚数の単位で取引をすることがあります。

枚数をもちいたトレードを進める前に、どれぐらいの枚数で取引をしていけばいいのかを判断していかなければなりません。

そこでトレーダーが知っておきたいのが、取引における適切な枚数の選択方法です。

適切な枚数の選択方法を知っておくことによって、リスク管理もおこなえて精神的負担を少なくすることができます。

それではトレードにおける適切な枚数の選択方法に関して詳しく見ていきましょう。

損失に重点をおいて考える

トレードにおいて適切な枚数を考える際に必要なこととして、損失に重点をおいて考えることが挙げられます。

取引において損失を被った際に、自分がいくらまで耐えられるのか知っておくことは非常に重要です。

損失に対してあまり耐えられないのにも関わらず、大きな損失を抱えてしまっては精神に来る負担がはかり知れません。

やはりFXトレードは損失を被るケースが多いので、普段から意識的に自分が損失にどれぐらい耐えられるのかを把握しておきましょう。

トレード手法によって変える

FXには様々な取引手法があります。

重視する時間足に合わせて、スキャルピングやデイトレ―ド、スイングトレードなどを使い分けています。

一般的にはスキャルピングなどは短期間の間に何度も取引をおこなうため、リスクが高く取引に対する精神的な負担も大きいです。

スキャルピングなどの場合は1取引当たりの負担が大きいので、取引枚数は低く設定しておくことをオススメします。

スキャルピングに比べスイングトレードは取引期間が長く、期間に応じて取引回数も少なくなります

取引回数が少ないと精神的負担も少なくなるので、枚数は比較的多めに設定しても構いません。

初心者が陥りやすい罠

日銀砲でのヘッジファンドの反応

FXにおけるに関係して、取引の際に初心者が陥りやすい罠について説明していきます。

FX初心者の人はFXについての知識があまりないため、トレードに関して誤った決断をしてしまうことがあります。

実際に陥りやすい罠について解説することで、どのようなことに気を付ければいいのかを確認することが可能です。

それでは、具体的にFXトレードにおいて初心者が陥りやすい罠を解説していきましょう。

最低通貨単位が大きいFX会社を選んでしまう

FX会社を選ぶ際に、最低通貨単位が大きいFXを選んでしまうケースがあります。

最低通貨単位とは、いくらからならトレードをすることができるかです。

初心者の人はトレードを始めたての時、通貨単位が大きいと初めから大きなリスクを抱えてしまいます。

大きなリスクを抱えないためにも、初心者のうちは比較的通貨単位が小さいFX会社でトレードをおこなうことをオススメします。

FX会社を選ぶ際には、最低通貨単位に着目して会社を選ぶようにしましょう。

自分のリスク許容度を甘く見る

トレードに関してほとんど知識のない始めたての頃は、自分がどれぐらいのリスクに対してなら耐えられるかというリスク許容度を理解していないことがよくあります。

FXはどうしてもリスクが伴うものです。

FXトレードをおこなう際には必ず自分のリスク許容度を把握しておく必要があります。

初心者の人は「これぐらいのリスクなら多分耐えられる」という甘い考えでリスク許容度を考えている人が多いです。

自分のお金に生活に関わる重要なことなので、必ず注意しておくようにしましょう。

通貨単位で選ぶFX会社

「初心者が陥りやすい罠」でも解説しましたが、FX会社を選ぶ際には最低取引単価で判断することも重要です。

最低取引単価が少ないことによって、少額からの取引が可能になります。

リスクをできるだけかけたくないという人は、なるべく取引単価が低いFX会社を選ぶようにしましょう。

「LION FX」1000通貨単位

LION FXは1000通貨単位から取引をすることができるFX会社です。

1000通貨単位からトレードをおこなうことができるFX会社は、日本国内にも非常におおいですがLION FXのメリットは他の点にあります。

LION FXはスプレッドが非常に狭いため、取引コストを低く抑えることができます。

また通貨ペアの種類やトレーダーのために催しているキャンペーンなどが非常に多いため、通貨単位以外のところで魅力が多い会社です。

「マネーパートナーズFX」100通貨単位

マネーパートナーズFXで提供されている「nano口座」を利用すれば、100通貨単位からトレードをおこなうことが可能です。

通貨単位の低さも魅力的ですが、スプレッドの狭さやツールの良さにも引き付けられます。

かんたんトレナビという未来予測できるツールを無料で利用することができ、過去のチャートから未来のレートの値動きを予測することが可能です。

初心者の人にとっては非常に使いやすいFX会社なので、検討してみてください。

「OANDA Japan」1通貨単位

最後に紹介するのがOANDA Japanです。

OANDA Japanは何といっても最低通貨単位が魅力的です。

OANDA Japanが提供しているfxTradeを利用すれば、なんと1通貨単位より取引をおこなうことができます

ここまで通貨単位を抑えているFX会社は、日本でも数社しかありません。

また80種類を上回るインジケーターを利用することもでき、初心者だけでなく本格的にトレードをしている人にもオススメできるFX会社です。

FXにおける枚数を理解してトレードをおこなおう

チャネルブレイクアウト戦略とはなにか解説

FXトレードにおいて枚数という言葉への理解は非常に重要です。

枚数をよく理解していないと、トレードをおこなう際にトレーダーの負担になってしまう可能性があります。

FXにおける枚数についての知識を深め、無理のないトレードをおこなっていきましょう

関連記事