カテゴリー
FXとは?

投資家に向いている人の5つの特徴と向いていない人の5つ特徴を徹底比較

これから投資家になりたい人だけでなく、始めてからも自身の適性に不安になることはあります。

しかし投資はすぐに結果が出ないため、利益が出ていないことに焦る必要はありません

ただし適性はハッキリと分かれています。

この記事では投資家に向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

もし投資家に向いていない場合でも改善することで、じょじょに投資家向きの考え方になれるので安心して読み進めてください。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

投資家に向いている人の5つの特徴

投資家に向いている人の特徴は以下の5つです。

投資家に向いている人の特徴
  • ギャンブルを好まない
  • 貯金するのが趣味
  • 持続的に勉強できる
  • お金に執着しない
  • 自立精神がある

投資はギャンブルではないので、堅実な取り組みが必要不可欠です。

一攫千金を狙う人よりも、貯金好きな人の方が向いています

また市場のあらゆる要因から値動きを予測しなければならないので、学びを続ける習慣がないと投資家になることは難しいでしょう。

さらに会社員や公務員のように安定した収入ではなく、自分で稼ぐ強い意識を持つ必要があります。

投資は楽に稼げる世界ではなく、真面目にコツコツと取り組む人が利益を出している世界だといえます。

ギャンブルを好まない

ギャンブルが嫌いな人は投資家の資質があります。投資は娯楽でお金を稼ぐのではなく、小さな努力の積み重ねが必要です。

相場の分析や業界の研究など、日々の学びやトレードを改善し続けることは、ギャンブル感覚で取り組むことは難しいでしょう

一発逆転を狙うのではなく利益を堅実な手法で、リスクを減らして投資に取り組まなければ、安定して利益を出せません。

貯金するのが趣味

貯金が趣味の人は、数字をコツコツと積み重ねることが好きな場合が多いので、投資に向いているといえます。

毎月貯まっていくお金を見て楽しめる人は、投資においても数字の積み重ねにやりがいを感じるでしょう。

そもそも投資は、相場の数字を操作して上限させてお金を稼ぐ手法です。

相場は常に動き続けているため、貯金のような地道な取り組みが必要になります。

そのため貯金好きで数字管理が得意な人は、損切りや戦略の立て直しなどに対応することは容易だといえます

持続的に勉強できる

投資は勉強せずに利益を出し続けられないので、学びを継続できる人が投資家の適性があります。

なぜなら市場の動きは常に変化しており、企業の業績や経済状況などを把握しなければならないためです。

例えばネットの情報や書籍で情報を得るだけでなく、セミナーに参加するなど学び続けなければなりません。

投資は明確な答えがない世界なので、学習を継続できる人が向いています

お金に執着しない

お金にこだわりがない人は投資家に向いています。なぜならお金に執着しすぎると市場の動きに気持ちが左右されて、冷静な判断ができなくなるからです。

ただしお金にまったくの無頓着ではなく、目先の利益を追わない姿勢が必要になります。

例えば、損をしたときに気分が落ち込みやすい人や、長期目線で利益を考えられない人は投資家の適性がありません

自立精神がある

会社員として働くよりも、独立してお金を稼ぎたい人は投資家に向いています。安定した給料を捨ててでも、投資で利益を出す姿勢が求められます。

しかし投資は安定して利益を出すことが難しいので、自分の力で稼ぐためには努力が必要です。

また損失を出しても自己責任として考えて、けっして他責思考に陥らずにトレードに取り組まなければなりません

投資家に向いていない人の5つの特徴

スイングトレードで4時間足を使った最強手法

投資家に向いていない人は以下5つの特徴を持っています。

投資家に向いていない人の5つの特徴
  • ギャンブルが好き
  • 欲が大きい
  • 勉強より行動で覚えるタイプ
  • お金に余裕の無い人
  • SNSの情報に流されやすい人

投資はギャンブル好きが成功する世界ではありません。欲や感情に振り回されると、損切りや値の動きを予測できなくなるからです。

また勉強を避けたい人は、投資の技術が向上することは見込めません。

何事も体で覚える人は、お金を失う機会が増えるはずです。

さらに投資は情報精査が成功するために必要なので、自分の判断軸がない人やSNSの情報を鵜呑みにしやすい人も投資家には向いていないといえます

ギャンブルが好き

ギャンブルが好きな人はお金を稼ぐことはもちろんのこと、ギャンブルそのものが好きな場合が多いです。

また一時的な興奮とスリルが同時に味わえるため、非日常の空間を楽しむことを目的としています。

しかし投資に求められる資質は、娯楽ではなく利益を優先する姿勢です

プロのギャンブラーのように、計画的に利益を出さなければなりません。

投資家も同じように業界の研究やデータの積み重ねなど、日々の勉強が欠かせません。勝ち負けにされない冷静な判断力が求められます。

FXはギャンブルと同じ?投資・ギャンブルではない理由・違いとギャンブルにしないための心構え

欲が大きい

一度の取引で大きく稼ぐために、欲を出してしまう人は投資家に向いていません。

なぜなら投資は損切りのタイミングを逃してしまうと、損失を招く可能性が高いためです。

とくに相場が上がっている状態は危険です。

相場が伸びることを期待しすぎると、急な転落により利益を逃してしまいます

欲が出ることでデータや相場の動きではなく、勘や楽観視による判断が増えるため投資を行うと損失を出しやすくなります。

勉強より行動で覚えるタイプ

投資は市場分析や業界知識を学ぶことが求められるため、勉強をせずに投資を行う人は投資に不向きです。

また相場の値動きを予測するためには、最新の業界知識や経済を把握する必要があります。

行動してから学ぶ姿勢で投資を行うと、いたずらにお金が減るだけです

投資は行動前の慎重さが大切なので、データや相場の動向から戦略を立てることを意識が必要です

お金に余裕の無い人

投資は余裕資金で行いましょう。けっして、生活に必要な資金を投じてはいけません。

生活で使うお金と投資で使うお金を分けて考えなければ、ギャンブルで身を滅ぼすことと同じになってしまいます。

またお金に余裕がないと、投資を行う中で損切りのタイミングを逃すことが増えます

焦って損した分を取り戻そうとすると、冷静な判断ができなくなるでしょう。

SNSの情報に流されやすい人

SNSの情報を信じてしまう人は、投資家に向いていません。

SNSは個人が好き勝手に発言できる場所なので、情報の信憑性が低いです。

また投資は正解のない世界なので、必ずしも専門家の意見が正解というわけではありません

例えば「ニュースで専門家がおすすめしていたから」、「本に書いてある通りにした」などは投資する根拠にはなりません。

自分の意見がなく、他の人の意見に流されやすい人は投資家には向いていないといえます。

投資家に向いている人の性格

利食い千人力とはなにか解説

投資家に向いている人は、以下4つの特徴いずれかに該当します。

投資家に向いている人の性格
  • 細かいところまでチェックする几帳面な人
  • 決断力のある人
  • 将来性を考えられる人
  • 新しい物事にチャレンジしたいと思う人

基本的に真面目でコツコツと取り組める人が投資家に向いています。

分析や調査などはの緻密な作業は、几帳面な性格の人が適任です。

また将来の利益を見越して決断できる勇気があると、利益を得ることに成功しやすくなります。

投資は未来に対してお金をかける行為なので、目先の利益を追いすぎずに活動しなければなりません

細かいところまでチェックする几帳面な人

真面目で几帳面な人は投資家の適性があります。

少しでも成功確率を上げるために、相場の変動や株価の情報のチェックが必要になるためです。

投資の日々の移り変わる相場や値動きのデータを収集し、小さな改善を積み重ねる人が利益を出し続けられます。

また市場分析には、投資先だけでなく業界全体や関連する職種に関してのデータが必要になる場合があります

そのため調べることや分析調査など、地道な作業が苦にならない性格の人は、投資で失敗する確率を抑えられるでしょう。

決断力のある人

投資は不確実な未来に対してお金を投じるため、決断力が必要不可欠です。

もし決断を先延ばしにすると、損することが増えます。

もちろん決断するために調査や仮説を立てる必要がありますが、決断が遅くなるほど時間をかけてはいけません

投資に絶対の正解は存在しないので、成功確率を高める工夫を行った後は、すみやかに売買の決断を行いましょう。

さもないと損切りや利益を得るタイミングを逃してしまい、判断力を欠いたまま投資を続けることになります。

将来性を考えられる人

利益を上げる投資家は長期目線で投資先を決めています。

将来を値上がりを見越して売買を行うことで、安定した収益を得られるわけです。

値上がりするタイミングは10~20年先になることも考えられますが、それでも価値が上がると判断しなければなりません。

逆に短期的な利益を追い求めて売買を繰り返し、結果として損をする投資家は多いです。

短期トレードは機関投資家や経験値豊富なプロが参入しているので、勝率を高めることは難しいです

投資家として成功するためには、計画的な判断で長期目線をもって投資に取り組む必要があります。

新しい物事にチャレンジしたいと思う人

投資の世界は移り変わりが激しいので、挑戦するマインドと好奇心が強さを持つ人に適性があります。

なぜなら投資は将来の可能性に対してリスクを取ることなので、決断力と好奇心をもって投資先を決める必要があるためです

反対に自分の興味のあることだけを追求する人は、投資家の適性は弱いといえます。

投資で利益を出すためには、他の人が見向きしない可能性を信じて、挑戦する人が大きく成功に近づくでしょう。

投資家に向いている人になる為には忍耐力と努力が必要

投資家に適性のある人は、真面目にコツコツと投資に取り組めます。けっして大きく稼ごうとして、博打のような決断はしません。

もしも利益が出ない時や損切りが続いても、地道な努力と研究を重ねなければ成功することは難しいでしょう

投資をする際は目先の損益にとらわれずに、仮説と検証を少しずつでも取り組める人が向いています。

FX初心者におすすめの勉強法をプロが徹底解説!知識習得と実践はどちらが重要?

関連記事