カテゴリー
FXとは?

FXのストップ狩り(ストップロス)とは?2種類あるって本当?発生する原因と対処法を徹底解説

ストップ狩り(ストップロス)とはヘッジファンドのような巨額の資金で投資しているトレーダーが利益をあげようとしている行為で、マーケット上で多くのトレーダーが設定しているストップロス注文にあわせて狩るのがストップ狩り(ストップロス)です。

レジサポラインでは多くのトレーダーがレートの行く先をチェックしているので、多くのストップ注文が入っている可能性が高くなっています。

ヘッジファンドはストップ注文に多く設定いているレートに到達した時、よりレート変動を激しくするために巨額資金を投入します。

今回はストップ狩りの発生する原因と対処法を解説します。

ストップ狩りで大損失してしまう人は、対処法を理解して同じことが起きないようにしましょう。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

ストップ狩り(ストップロス)は多くのトレーダーを大損失させる現象

ストップ注文は損切り設定のことで、トレーダーが予想している変動と逆の変動をした時損失を最小限に抑える為に設定しています。

ストップ注文が起動すると、ポジションを自動的に決済するのでロスカットを回避することができます。

ストップ注文の設定が多いレート帯を超えると多くのトレーダーがストップ注文するので大きなトレンド相場が発生します。

ストップ注文を設定していない人は、最悪の場合ロスカットとなり強制退場してしまいます。

トレーダーの損切り設定にあわせてヘッジファンドが動く

ストップ狩りはストップ注文にあわせてヘッジファンドが巨額資金を投入するので、トレンド相場が強化されます。

レートが上がっている場合でも、ヘッジファンドが巨額資金で逆張りをしてストップ注文が殺到しているレート帯まで下げることができるのでトレーダーは為す術もなく損失してしまいます。

FXで退場してしまう理由と対処法を徹底解説

ヘッジファンドは相場を動かす力を持っている

ヘッジファンドは巨額資金を持っているので、レート変動を操作することが可能です。

ヘッジファンドの投資によってレート変動が大きく変わるので、ファンダメンタル分析でも予想できない方向に変動してしまいます。

ストップ狩り(ストップロス)は2種類ある!

ストップ狩りは通常ヘッジファンドが操作して発生するものですが、ネット界隈ではFX業者が引き起こしていると噂されています。

FX業者が提示するレートは各FX業者によって異なるので、トレーダーは疑心暗鬼になりやすい傾向にあります。

FX業者がストップ狩りをおこなっている証拠はありませんが、あきらかにおかしいレート変動をしていたFX業者があるのも事実です。

ヘッジファンドがストップロスにあわせて取引する

ストップ狩りは通常ヘッジファンドのレートコントロールによって発生します。

ストップ注文が作動して強烈なトレンドがおきると、参加していないトレーダーも動きにあわせて注文するのでトレンドが加速します。

ストップ狩りから強烈なトレンドが発生することもあるので注意しましょう。

FX会社が操作している可能性もSNSで囁かれている

FX業者が提示するレートはそれぞれ多少異なるので、ストップ狩りでFX業者が稼いでいるという噂が囁かれています。

インターバンク市場で配信されているレートとは違う価格を提示してストップ注文を誘発させるとFX業者でもストップ狩りをおこなうことができます。

インターバンク市場のレートとFX業者が提示するレートが正確に合っているか合っていないか確認することができないので、あくまでも噂となっています。

ストップ狩り(ストップロス)に合わないようにする方法

ストップ狩りに合わないようにする方法を紹介します。

ストップ狩りはトレードしていると必ず発生します。

しかしストップ狩りが発生してもエントリーしていなければ問題はありません。

ストップ注文が入りやすいレート帯になった時は、一旦様子をみて相場状況にあわせてエントリーしましょう。

トレンド相場になっている状況で順張りしよう

ストップ狩りはレジスタンスライン・サポートラインでおきやすいので、ストップ注文が多く入っていると予想できる価格帯でエントリーしないようにしましょう。

ストップ注文が発生するとトレンド相場が一時的に発生するので、トレンドに乗って順張りトレードで稼ぎましょう。

レジスタンスライン・サポートラインでの取引は控えよう

レジスタンスラインは上値を阻むラインで、サポートラインは下値を抑えるラインとなっています。

何度も同じ価格で反発しているところはストップ注文が多くはいっている可能性があるのでエントリーせずに様子見しましょう。

無理に参加して、反対方向にレート変動すると取り返しの付かないことになります。

逆張りはテクニカル分析をしっかりおこなって設定しよう

逆張りを考えている人はテクニカル分析をしっかりおこなってからエントリーしましょう。

逆張りは大きく稼ぐことができますが、多くのトレーダーと反対の注文をするのでリスクが高くなります。

ヘッジファンドが動くとストップ狩りに巻き込まれてしまうので、逆張り注文をする人はしっかりテクニカル分析をおこなってエントリーしましょう。

ストップ狩り(ストップロス)を利用して稼ぐ方法

ストップ狩りは損失してしまう現象と認識されがちですが、ストップ狩りを利用して稼ぐことも可能です。

ストップ狩りによって発生したトレンド相場に乗れば上手く稼ぐことができます。

ストップ狩りに合うのではなく、ストップ狩りを利用して稼ぐ方法を考えましょう。

ヘッジファンドの取引と同じ方向で注文する

ヘッジファンドの思考を完全に読み取ることが不可能ですが、レート変動によって予想することは可能です。

ストップ注文が多く入っているであろう価格帯をねらって、ヘッジファンドが注文した方向にあわせてエントリーしましょう。

ストップ狩り(ストップロス)が起きると強力なトレンド相場になる

ストップ狩りが起きると強力なトレンド相場になります。

エントリーしていないトレーダー達も、トレンド発生と認知した人は取引を開始するので変動が加速します。

トレンド相場は裁量トレードにとってチャンスなので、素早く参入しましょう。

ストップ狩り(ストップロス)はヘッジファンド・FX業者が原因!流れに上手く乗ると稼ぐことが可能

ストップ狩りはヘッジファンド・FX業者が原因ということがわかりました。

FX業者のストップ狩りは回避することが難しいのですが、ヘッジファンドによるストップ狩りは上手く利用することができます。

ストップ狩りから発生したトレンドにエントリーして大きく稼いでいきましょう。

FXはピンチがチャンスになる

FXは予想外のレート変動時、ピンチになっている人もいれば大きく稼ぐチャンスになっている人もいます。

歴史的暴落の時は誰かが必ず大きく稼いでいるので、ピンチはチャンスと認識してトレードしましょう。

ストップ狩りも同じでトレンドが発生するチャンスなので、上手く稼げるようにエントリータイミングを見計らいましょう。

ストップ狩り(ストップロス)でおきたトレンドに上手く乗れるようにしよう

ストップ狩りにおきたトレンド相場に上手く乗れるようになると、利益率がぐっとあがります。

トレンド発生初期段階からエントリーしているので、大きい収益を臨もうことが可能です。

トレンド相場で稼ぎたいという人はストップ狩り(ストップロス)を上手く利用してみましょう。

関連記事