カテゴリー
FXとは?

FXでのストリーミング注文とは?有効活用できる手法やメリット・デメリットを解説

FXのストリーミング注文はリアルタイムのトレードに適している注文方法です。

短期的な投資に強く、小さな利益を確実に積み上げられるメリットがあります。

しかし、必ずしも取引が成功するわけではなく、損失を生むことも少なくありません。

そこで本記事ではストリーミング注文を有効活用するためのコツや、使い方の注意点を解説します。

FXでのストリーミング注文とは?

疑問 とは ?

ストリーミング注文とは、任意のタイミングで取引を確定させる注文方法です。

リアルタイムで提示されているレートの価格をクリックすることで注文が確定します。

成り行き注文のようにスリッページが起こった場合でも、指定した値より大きい時は約定の停止が可能になります。

ストリーミング注文は、その場で注文を確定させたい時に価格を安定させる有効な方法です。

リアルタイムで提示されているレートで発注できる

ストリーミング注文はその場で売買が決定するため、リアルタイムで提示しているレートの価格で取引できます。

注文を実行するとレートの価格での取引が成功するか、もしくは約定せずに取引が始まらないかのどちらかになります。

基本的にリアルタイムのレートで発注させたい場合は、値動きがゆるやかな状態の時に注文を入れなければなりません。

またリアルタイムのレートは更新し続けるため、注文を確定させたい価格が決まった場合でも、必ず約定できる保証がないことに注意が必要です。

トレンドの動きが一定方向の時は、ストリーミング注文を使うことをおすすめします。

成行き注文のような滑りが発生しない

ストリーミング注文はスリッページが発生せずに注文価格のまま約定させることが可能になります。

スリッページとは注文時にレートが不利な方向に変動することを指し、相場の変動が激しいときに頻繁に発生します。

ストリーミング注文の約定価格を設定をすると、レートが不利な方向に変動した時に約定を止めることが可能になります。

ワンタップ操作で注文できるから初心者におすすめ

ストリーミング注文は簡単な操作が特徴で、ワンクリックで発注が可能です。

初心者でも操作がしやすいので、誰でもFXの運用を開始できます。

またスマートフォンの操作もシンプルなため、運用時にストレスなく使える点も魅力の一つです。

現在はスマートフォンで投資を行う人の増加に伴い、アプリの開発に開発費を多く投じているFX会社が増えています。

ストリーミング注文を有効活用できる取引手法

取引 チャート 手法

ストリーミング注文は、成り行き注文のように決済価格がズレることが少ないので短期間の投資に向いています

瞬時の判断による利益確定や損切りを行うことで、利益を積み上げられるでしょう。

さらに短期間の投資により、取引ごとのリスクを抑えることも可能です。

しかし瞬発的な判断や集中力や必要になるので、誰でも利益を出せるわけではありません。

ストリーミング注文を行う際は、1回ごとの取引コストを抑えるために、スプレッドの狭い環境で取引を行わなければなりません。

そのため短時間で効率よく利益を出すには、相場の動きが活発な時間を狙って取引を行うことをおすすめします。

スキャルピング

スキャルピングとは、短期間に売買を繰り返す手法です。

レートの値動きを瞬時に判断して取引を行うことで利益を上げます。

集中力を高めて利益と損切りを行える人でないと、為替相場の動きに対応することは難しいでしょう。

トレードの時間が限られており1日にFXの運用に取り組む時間を決めている人に適しています。

会社によってはスキャルピングを禁止している可能性があるので、取引を行う前に確認が必要になります。

滑りを無くしたい時に有効的

ストリーミング注文は、滑りをなくしたい時に有効な手段です。なぜなら約定する価格のズレを防ぎ、意図した価格で取引ができるためです。

さらに約定力の高いFX会社を選ぶことによって、ストリーミング注文が確定する確率を高めることができます。

しかし、FX会社によってスリッページのタイミングや発生率が変わるため、口コミや評価の確認しなければなりません。

スキャルピングには短期間にストリーミング注文を確定させるので、スリッページが頻繁に起こると利益を出す機会を失います。

小さい利益を確実に取得できる

スキャルピングは短期間に売買を行うことで、小さな利益の積み上げが可能になります。

相場の大きな変動に左右されないことも有効に働きます。

例えば、相場が大きく動く際やトレンドの変化が起こった場合でも、ポジションの保有期間が短いので影響を受けません。

長期間のポジション保有の場合、運用する上でスキャルピングより多くのリスクを負っています。

スキャルピングはスイングトレードより損失リスクが低い為レバレッジをかけることが可能で、短期間に利益の額を増やすこともできます

ストリーミング注文のメリット・デメリット

FX自動売買システムのメリット・デメリットを解説

ストリーミング注文のメリットは約定のタイミングがずれないことで、価格に誤差が生まれない取引が可能になります。

FXはシステムの都合上、発注時の価格に差が生まれることがあるので、ストリーミング注文によって避けられる点は大きなメリットです。

しかしデメリットとして値動きが激しい場面では約定拒否されることがあります。

必ずしも自分の希望する取引にならない点に注意が必要です。

約定力はFXの取引において利益や損失に大きく関わるので、ストリーミング注文を行う際はFX会社の約定率を参考に選びましょう。

【メリット】約定タイミングがずれない

ストリーミング注文は、約定のタイミングがずれないメリットがあります。

スリッページの指定により、大きく損失を出す取引を避けることが可能です。

さらに短期売買で利益を確定しやすく、損切りのタイミングもずれることなく取引を行えるでしょう。

また急な為替変動が起こる場合は注文がキャンセルになるので、成り行き注文よりもリスクを抑えて運用できます。

ストリーミング注文はスリッページの指定で約定タイミングを指定することで、取引額に誤差が生まれない取引が可能になるのでおすすめです。

【デメリット】値動きの激しい場面では約定拒否されることもある

ストリーミング注文は値動きの激しい場面の取引において、約定がキャンセルになる可能性があります。

約定されないと決済ができなくなり、そのまま損失が出続けることになるので注意が必要です。

また注文がスリッページの範囲内に収まらないことで、約定しないまま流れてしまうことも少なくありません。

スプレッドが狭い時間帯でも約定拒否は発生するので、ストリーミング注文における滑りの発生を避けることは困難だといえます。

なるべく滑らない取引をしたいという人は「約定率」を参考にしてFX会社を選ぶと、ストリーミング注文のスリッページを避けることができるでしょう。

約定率の高さを重視する場合は、取引システムやサーバーの環境が整っているFX会社を選ぶことをおすすめします。

ストリーミング注文を利用する時の注意点

注意事項

簡単に取引ができることが大きなメリットですが、逆に誤注文をしてしまいデメリットになってしまうこともあります。

注文や取引数量など、単純なミスを繰り返さないようにしましょう。

また約定拒否により取引を行えなくなることもあるので、成り行き注文を入れることで対処できます。

他には、あらかじめ損切り設定を決めると損失の額を減らすことができるので、ストリーミング注文は損切り次第で利益の額が変わる点に注意が必要です。

誤注文をしないようにしよう

ストリーミング注文はクリック一つで発注が開始してしまうので、買い注文と売り注文を間違えやすいです。

また通貨ペアの誤注文をする場合もあるので、ボタンを押すなどの単純な作業ほど慎重に行わなければなりません。

他には取引数量の間違いにより、損失を大きく出してしまう可能性があるので取引数の確認も欠かせません。

なによりFXの取引に慣れてきた時に誤注文をする人が多いので、油断していると損失額を増やすことになるでしょう。

とくに利益が少しずつ出始めた段階が最も油断しやすいため、行動前の確認を徹底することをおすすめします。

約定拒否されてしまう時は成行き注文で試そう

ストリーミング注文は、値動きが激しい時は約定拒否をされるやすくなるので、成り行き注文を行うことで対処しましょう。

もちろん成り行き注文でもスリッページが起こりますが、約定拒否のような取引が始まらないより無難な選択です。

しかし、成り行き注文は約定しない場合があります。

例えば、極端に流動性が低下している為替相場は約定拒否されることが多いです。

それでもストリーミング注文に比べて約定しやすいため、値動きが激しい相場などは注文の方法を変えましょう。

損切り設定をあらかじめ決めておこう

損切り設定は、早い段階で損失を最低限に抑えるために必要になります。

為替相場の動きは読めないので、損失を見越して投資を行わなければなりません。

1回の取引で損失の許容量を決め、ルールを徹底することで大きく損をせずに済むでしょう。

FXでのストリーミング注文は初心者でも簡単操作で発注できるのでおすすめ

FXのストリーミング注文は、初心者でもワンクリックで取引ができるので、積極的に利用しましょう。

短期的な取引の投資に強く、さらにスリッページによって価格に誤差が生まれにくいため、成り行き注文よりも手堅い投資が可能になります。

しかし値動きの激しい相場に弱く、約定拒否されることがあるので、投資のタイミングを計らなければなりません。

それでもストリーミング注文は、シンプルな操作で投資を行えて利益を積み上げやすいので、初心者にとってメリットの大きい投資といえます

関連記事