カテゴリー
FXとは?

FXで退場してしまう原因・理由とは?初心者・経験者の退場事例と失敗・大損を回避する方法

FXでおきる【退場】とは、これ以上取引ができなくなる状態のことです。

通常FX会社は、資金が0になる前にロスカットが発生し強制決済されます。

自分の意志とは関係なく取引が全て決済されるのでFX取引を続けるのが厳しくなる人も居ます。

ロスカットが起きても借金になることはありませんが、稀にロスカットが間に合わないことがあります。

ロスカットが間に合わないとマイナスで強制決済となり、借金に繋がります。

今回はFXで退場しないための回避方法を説明します。

FX取引で中々結果をだせない人や、これからFXをはじめようとしている人も参考にしてください。

このページのもくじ

FXは自主的に退場するパターンと強制的に退場されられるパターンがある

FXの【退場】は強制的に退場させられるものもありますが、自主的に退場する人もいます。

自主的に退場する人はいろいろな理由がありますが、強制退場の場合理由が決まっています。

強制退場になると、FX取引することが難しくなってくるので気を付ける必要があります。

自分は投資に向いていないと感じた人は自主的に退場する

ある程度の損失が続いて向いていないと判断した人は自主退場してしまいます。

FXで利益をあげている人は全体の約60%います。

知識を身に着けたり、テクニカル分析を使ってチャート予想の技術をあげるとある程度収益をあげることができます。

自主的に諦めるまえに、収益を出す方法を考えていく必要があります。

証拠金がなくなったり資金がマイナスになったりしてしまうと強制退場になる

資金がマイナスになってしまったり、証拠金維持率が一定数を下回ったりすると強制退場になります。

ハイレバレッジをかけている人は、ロスカットがおきやすくリスクも高くなっています。

FXは小さな額で大きな取引をできる利点がありますが、リスクも高くなり強制退場になる可能性が高くなります。

大損失を回避する為にロスカットが発生する

FX会社は一定数の証拠金率を下回るとロスカットが発生する仕組みになっています。

ロスカットは全てのポジションを強制決済し、市場から退場させられる状態です。

FX会社によってロスカット前のマージンコールを通知しています。

マージンコールの時点で追証を支払わないとロスカットが発生してしまいます。

資金をマイナスにしないようにする最終手段ですが、かなりの損失になってしまうので取引を継続するのが難しくなります。

ロスカットは最終兵器

ロスカットは自分の資金をマイナスにしない為の最終兵器です。

ロスカットが間に合えば資金はマイナスになりませんが、間に合わないとマイナスになってしまいます。

マイナスの時点で強制決済されると資金がゼロになる上に支払いが生じます。

ロスカットに合う前に取引方法を改善して回避する必要があります。

FXのロスカット(強制決済)とは?証拠金維持率の計算方法と主要FX会社のロスカット条件

強制退場を防ぐ方法3選!

強制退場があるなんておそろしい投資だ!と思う人もいますが、回避する方法はあります。

強制退場を防ぐ方法は以下の通りです。

  • レバレッジをかけずに取引する
  • 少額取引でリスクを抑える
  • 損切りのタイミングを見失わない

強制退場してしまうのは、損失を資金で補えないからです。

FXは少額で大金を動かすことができますが、リスクも金額分高くなるので注意が必要です。

これから上記にかかれている方法を詳しく説明していきます。

レバレッジをかけずに取引する

FXはレバレッジをかけて取引することができます。

国内でかけられるレバレッジは最大で25倍です。

証拠金率はFX会社によって異なりますが、大体25倍の場合は4%の証拠金で取引可能です。


1米ドルが100円の場合
証拠金4万円で100万円の取引が可能

4万円で100万円分の利益を出せるのは魅力的ですが、損失した時にロスカットに追い込まれる可能性が高くなります。

レバレッジをかけて証拠金ギリギリの資金で取引していると、損失した時に即ロスカットになるのでやめましょう。

レバレッジをかけずに取引すると、損失が膨らむ事はありません。

余裕のある資金をもって、レバレッジをかけずに取引しましょう。

レバレッジをかけるとしても、ハイレバレッジはリスクが高いので避けましょう。

少額取引でリスクを抑える

少額取引だと損失リスクも低くなります。

もちろん得る利益も低くなりますが、ロスカットに追い込まれることがほぼなくなります。

特に初心者は1000通貨単位取引からはじめることをおすすめします。

レバレッジをかけてもそこまで大きな損失にならないので、低リスクで取引することができます。

損切りのタイミングを見失わない

損切りのタイミングを見失うと、ロスカットに追い込まれる確率が高くなります。

損切りを早めにおこなって、損失を抑える必要があります。

損失しているタイミングでもしかしたらプラスになるかもしれないと考えることはやめましょう。

収益を得ることより損失を小さくすることを優先してください。

初心者は収益向上よりリスク管理を優先しよう!

初心者はまだ取引に慣れていない人が多いので、大損失してしまう可能性があります。

収益をあげることよりもまず、リスク管理をしましょう。

100万円儲けても200万円の損失を生み出すとマイナスになってしまいます。
大きな収益を生み出すことより、損失を小さくすることを優先させると自然と収益も上がっていきます。

初心者はレバレッジをよく理解してからかけよう

レバレッジの仕組みをよく理解せずにかけていると、気づかないあいだにロスカットになってしまうことがあります。

レバレッジをかけるときは資金に余裕をもってかける必要があります。

初心者の場合、レバレッジをかけるとしても2~3倍にしましょう。

損切りルールを決めておこう

損切りのタイミングを見失わない為に、損切りルールを決めておきましょう。

あらかじめルールを決めておけば、損切りに迷ったりすることもありません。

たらればを考える前に、機械的に損切りをおこなえるようにしておきましょう。

追証が頻繁に発生してしまう場合は取引を一旦やめよう

証拠金維持率の関係で追証が頻繁に発生してしまう場合は取引を一旦やめましょう。

追証を支払い続けても、損失が続けば資金がゼロになります。

追証を支払う為に借金してしまう人もいるので、注意が必要です。

ロスカット前の追証が発生してしまうという事は、取引と資金運用に問題があるということです。

取引を一旦やめて、自分の取引内容を見直しましょう。

損切りできずにロスカットに追い込まれる人に向いているFX取引方法

損切りタイミングをどうしても逃してします人に向いているFX取引方法があります。

自分でルールを決めても感情的になって損切りできない人は機械に任せてみましょう。

レンジ相場に強い自動売買システムや、有名トレーダーのストラテジを利用して取引する方法があります。

個人で取引するのが難しいと感じた人はツールに任せてみましょう。

自動売買システムを利用して機械に損切りをしてもらおう

自動売買システムは買うタイミングと売るタイミングの数値を設定して自動に売買してもらうシステムです。

損切りタイミングも設定できるので、自分で損切りしなくても機械がおこなってくれます。

個人の能力で取引する必要がないので、チャート予想する必要もなく初心者も簡単に取引可能です。

システムトレードで最適なストラテジを選択して取引しよう

システムトレードは自分に合ったストラテジを選択して取引する方法です。

FX会社によって内容は異なりますが、自分が数値を設定する必要がなく選択するだけで取引をはじめることができます。

機械的に取引するので、長期的に利用して収益を得る必要がありますが損切りのタイミングを気にする必要はありません。

ストラテジはテスト運用して収益を計算することもできるので計画的に取引することができます。

取引技術を向上させたい人はチャート分析に使えるツールを利用してみよう

取引技術を向上させて損失を回避したい人はチャート分析に使えるツールを利用してみましょう。

テクニカル分析をあまりわかっていない人でも簡単にチャート変動を予想することができます。

自分の取引を強力にサポートしてくれるツールなので、必要な人は有効活用して利益率を上げましょう。

チャート分析に使えるツール3選!

            チャート分析ツール
FX会社名 チャート分析ツール名
インヴァスト証券 らくらくテクニカルFX
FXプライムbyGMO ぱっと見テクニカル
セントラル短資FX みらいチャート

 

インヴァスト証券のらくらくテクニカルFXは。テクニカル分析に関する知識がなくても高度なテクニカル分析することができます。

FXプライム byGMO ぱっと見テクニカルは選んだ通貨ペアの、現状チャートを元に過去のチャートから似ている形状を探し未来の為替レートを予測してくれます。

未来の為替レートを簡単に予測してくれるので、自分で予測する必要がありません。

セントラル短資FXのみらいチャートはぱっと見テクニカルと似ていて、未来チャートを予想してくれるチャート分析ツールとなっています。

予測チャート以外のチャート機能もあるので、多方面から予測した人におすすめのチャート分析ツールです。

個人の取引内容に問題がある人はレポートツールで改善方法をみつけよう

個人の取引内容に問題があり、改善したいと思っている人はレポートツールを利用して改善方法を見つけましょう。

過去に取引した内容を見直して、今後の取引内容に役立てましょう。

取引内容を見直せるツール3選!

 

           取引内容を見直せるツール
FX会社名      ツール名
マネーパートナーズ トレードレポート
FXプライムbyGMO 勝ちパターン分析
セントラル短資FX パーソナルレコード

マネーパートナーズのトレードレポートは色々な観点から自分の取引内容を分析してくれます。分かりやすいグラフで表示してくれるので、改善するべき点を素早く理解することができます。

FXプライムの勝ちパターン分析は、名前の通り自分の過去に勝ったパターンを細かく分析しどういう取引をすれば勝てるのか教えてくれるツールです。

勝ちパターンだけでなく、自分の負けた時の分析もおこなってくれるので、今後の取引に役立ちます。

セントラル短資FXのパーソナルレコードは、自分の取引履歴から問題点とクセを分析してくれるツールです。取引のクセを理解して改善点をツールから学ぶことができます。

FXで退場しない為の回避方法についてまとめ

FXで強制退場になると、大きな損失が発生します。

最悪の場合資金が足りなくて借金してしまう人も居ます。

FXはもともと借金しにくい投資方法ですが、リスク管理が甘いと取り返しのつかない事になります。

退場してしまう前に、自分の取引内容を見直して改善していきましょう。

損失を小さくすることが大切

大きな損失が起きる原因として、自分の資金よりも膨大な資金で取引してしまっていることが挙げられます。

FXの強みは少額資金で大金を得ることですが、大きな取引はハイリスクで損失も大きくなってしまいます。

大きい利益を考える前に、損失をへらすことを考えていきましょう。

リスクをへらすと収益も低くなりますが、損失リスク低くなります。

こつこつ収益を貯めて資金を大きくしていきましょう。

損失を連発してしまう人はデモトレードで練習しよう

損失を連発してしまう人は一度初心にもどってデモトレードをはじめましょう。

デモトレードは無料でFX取引の練習ができるので便利です。

仮想資金運用で収益をだしてから、本番で取引しましょう。

借金してしまうと最悪の場合自己破産しなければならない

FXで膨大な借金をしてしまうと、最悪の場合自己破産になります。

自己破綻は自分だけでなく、周りにも迷惑がかかってしまいます。

数年間ブラックリストにのってしまうので、自分の人生に影響が出てしまいます。

膨大な借金を抱えてしまう前に、FX取引のリスクをよく理解して取引をおこなう必要があります。

借金で悩んでいる人は弁護士に相談しよう

FX取引で借金を抱えてしまった人は、取引を一旦止めて借金返済しましょう。

借金を返すことが困難な状況にある人は、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士を通して自己破産すると、債務許可がおりやすくなっています。

FXはギャンブルのようなものと一般的に捉えられているので、債務許可がおりにくいものとなっています。

自己破産するときはまず弁護士に相談して決めましょう。

関連記事