カテゴリー
ノックアウト・オプション

ノックアウトオプションの実質レバレッジが1000倍超える仕組み・計算方法を解説

ノックアウトオプションはIG証券が提供している取引方法で、実質レバレッジ25倍以上で取引することができます。

IG証券はイギリスに本拠地を置いている大手FX会社で、信頼度が高くプロトレーダーから支持を得ています。

今回はノックアウトオプションのレバレッジについて解説していきます。

実質25倍以上のレバレッジはどのような取引で可能なのか、最大レバレッジは何倍なのか詳しく説明していくので必見です。

これからノックアウトオプションを利用しようと考えている人は参考にしてください。

ノックアウトオプションとは?メリット・デメリットや取引方法・対応FX会社を徹底解説

このページのもくじ

ノックアウトオプションのレバレッジは何倍かけられる?レバレッジ計算方法を解説

レバレッジ計算方法

ノックアウトオプションは裁量トレードと違い、損失金額を最初に設定します。

取引に必要な資金は、ノックアウトレベルによって変化するので裁量トレードのようにレートで左右されません。

レートの高い通貨ペアでも少額で取引できるので、実質レバレッジ25倍以上の取引が可能となっています。

これからノックアウトオプションのレバレッジの仕組みを詳しく解説していきます。

ノックアウトオプションはオプション料を支払って取引する

ノックアウトオプションの必要証拠金は裁量トレードと違う計算方法になっています。

ノックアウトオプションの証拠金はオプション料とよばれており、ノックアウトレベルによって価格がことなります。

オプション料の計算方法

現在のレートとノックアウト設定した価格の差額+保証料

ノックアウトオプションのオプション料は取引する通貨ペアのリアルタイム価格から設定したノックアウトレベルの差額となっています。

例えば米ドル円110円で1lot取引するとします。

ノックアウトレベルを109円に設定した場合、差額が1円となり10000通貨単位取引で1円損した時の損失金額がオプション料となります。

つまりオプション料は1万円で、米ドル円を1lot1万円で取引できることになります。

ノックアウトレベルによってオプション料は変わりますが、裁量トレードの場合44000円かかるので、少額で取引できることがわかります。

オプション料を使ってノックアウトオプションのレバレッジを計算する方法

レバレッジの計算方法を使って、ノックアウトオプションの実質レバレッジを計算する方法を紹介します。

レバレッジの計算方法は以下の通りです。

レバレッジ=レバレッジ1倍の証拠金÷オプション料

先程例で挙げた米ドル円の取引を上記のレバレッジ計算に当てはめてみましょう。

ノックアウトレベルを109円に設定した場合110-109円=1円になるので、1万円のオプション料となります。

レバレッジ1倍の証拠金は110円×10000=1,100,000円となります。

1100000÷10000=110となりレバレッジ110倍がかかっていることがわかります。

オプション料によってレバレッジが変化する

ノックアウトオプションはノックアウトレベルを変更することによってレバレッジが変化します。

ノックアウトレベルを狭めればハイレバレッジ取引可能ですが、現在のレートとの間隔が狭いので、少しでもレート変動が予想と反する方向に向かうとノックアウトになってしまいます。

ハイレバレッジをかけた取引をする場合、価格とノックアウトになる確率を考慮した設定を心がけましょう。

ノックアウトオプションは実質1000倍以上のレバレッジをかけられる

ノックアウトオプションはオプション料によって実質1000倍以上のレバレッジをかけることができます。

ノックアウトレベルによってかかるレバレッジを表にまとめました。

ノックアウトオプションの実質レバレッジ表(米ドル円が110円の場合)
ノックアウトレベル オプション料 レバレッジ
0.1円 1000円 1100倍
0.2円 2000円 550倍
0.4円 4000円 275倍
0.5円 5000円 220倍
0.7円 7000円 157倍
0.8円 8000円 137倍
1円 10000円 110倍
1.5円 15000円 73倍
2円 20000円 55倍

米ドル円が110円の場合、0.1円の損失想定で取引すると1100倍のレバレッジで取引することができます。

ここで分かるのは、ノックアウトオプションの実質レバレッジはレートの高い通貨ペア程レバレッジが高くかかるということです。

想定損失金額はどの通貨ペアも共通しているので、レートの低いマイナー通貨ペアで取引するとレバレッジが主要通貨ペアより低くなります。

例.
米ドル円が110円の時1000円取引した場合レバレッジは1100倍
南アフリカランド円が6円の時1000円取引した場合レバレッジは60倍

レートの低いマイナー通貨ペアで取引するとレバレッジは必然的に下がります。

ノックアウトオプションのレバレッジは通貨ペアのレート帯・想定損失金額で常に変化します。

実質レバレッジ1000倍はノックアウト発生率が高くなるので注意

実質レバレッジ1000倍以上の取引は損失想定幅が10pips程度での取引となっています。

ノックアウトレベルを狭く設定するとオプション料を安くすることができますが、成功率が低くなります。

ノックアウトになる確率が高いので、TPOを考えてノックアウトレベルを設定しましょう。

オプション料をできる限り抑えて取引したいという人は、強いトレンドが発生している最中にエントリーすると成功する確率が上がります。

ハイレバレッジ状態でも損失リスクを抑えられる

ノックアウトオプションのハイレバレッジ状態は、裁量トレードのように損失する金額が上がるわけではありません。

ノックアウトオプションの損失金額はオプション料になるので、ハイレバレッジになればなるほど損失金額は減ります。

ノックアウトになる可能性とオプション料のバランスを考えて取引すると効率よく稼げます。

オプション料の特徴
ノックアウトレベルを狭くした場合 ノックアウトレベルを広くした場合
必要証拠金 安い 高い
ノックアウト発生率 高い 低い
ノックアウトでの損失額 安い 高い

取引する通貨ペアの変動状況によって、オプション料を決めましょう。

ノックアウトオプションのレバレッジの特徴3つ

ノックアウトオプションの特徴

ノックアウトオプションのレバレッジの特徴を紹介します。

ノックアウトオプションのレバレッジの特徴
  • ノックアウトレベルとリアルタイムレートによって変動する
  • ハイレバレッジ取引でも損失を抑えられる
  • 実質レバレッジは理論上無限にかけられる

ノックアウトオプションの証拠金は、裁量トレードと違い想定損失金額によって決まるのでレバレッジを無制限にかけることができます。

レバレッジ1000倍以上かけられる状態は海外FX並の資金効率を発揮させられるので魅力的です。

国内FX会社ならではの安全性をもって海外FX並のトレードを可能としているので、少額資金で稼ぎたい人に最適です。

ノックアウトレベルによってレバレッジは変動する

レバレッジはノックアウトレベルによって変動します。

裁量トレードと違ってハイレバレッジ=損失が大きくなるわけでは無いので、資金を守りつつハイレバレッジ取引することができます。

ノックアウトオプションのハイレバレッジ取引は、損失金額を抑えられるので損失したとしても少額損失で済ませられます。

損失金額を決めて取引するからハイレバでも安心

ノックアウトオプションはノックアウトレベルに到達した時の損失金額=オプション料となっているので、損失金額をあらかじめ把握することができます。

従ってハイレバレッジ取引をしても、損失金額を想定できるのでハイリスクになりません。

ノックアウトオプションはローリスク・ハイリターン取引を実現できるので、少額資金の人は1000通貨単位取引するより、ノックアウトオプションで10000通貨単位取引するほうが稼げます。

実質レバレッジを1000倍以上に設定できる

取引する通貨ペアにもよりますが、レートの高い通貨ペアで取引すると実質レバレッジ1000倍の状態で取引することが可能です。

裁量トレードの場合、少額取引したい人に低レートのマイナー通貨ペアをおすすめしますが、ノックアウトオプションの場合逆です。

支払うオプション料は一律しているので、レート変動が安定している主要通貨ペアで少額取引することをおすすめします。

主要通貨ペアは本来レートが高いので、必要最低証拠金も高くなりますが、ノックアウトオプションの場合ノックアウトレベルを狭めて実質レバレッジ10000倍以上の価格で取引することができます。

ノックアウトオプションのレバレッジに関する注意事項

注意事項

ノックアウトオプションのレバレッジに関する注意事項をまとめました。

ノックアウトオプションのレバレッジに関する注意事項
  • ノックアウトレベルは途中変更不可
  • ノックアウトオプションは保証料がある
  • バイナリーオプションとは違う

ノックアウトオプションはバイナリーオプションと同じだと勘違いしている人が居ます。

バイナリーオプションは単純にレート変動の上がり下がりを予想する取引方法ですが、ノックアウトオプションは裁量トレードと同じでレート変動の幅で利益を得ます。

バイナリーオプションのように取引時間・判定時間も決まっていないので、自由度が高いです。

バイナリーオプションの感覚で始めようとおもっている人は注意しましょう。

ノックアウトレベルを途中で変更できない

ノックアウトオプションはノックアウトレベルを途中で変更することができません。

ただし、ノックアウトレベルを狭めることは可能です。

広げることはできないので注意しましょう。

ノックアウトオプションは、ノックアウトになる前に損切りすることができます。

取引する際にはノックアウトレベルとは別に損切りラインをきめて取引しましょう。

ノックアウトになると保証料が発生

IG証券のノックアウトは、ノックアウトになった場合保証料を支払います。

エントリーする際に保証料を支払っているので、追証とはなりません。

ノックアウトレベル到達前にポジションを決済すると保証料は返金されます。

保証料を支払うと取引コストが高くなるので、なるべくノックアウト前に決済して損失を抑えましょう。

バイナリーオプションとノックアウトオプションは異なる取引方法

バイナリーオプションとノックアウトオプションは異なる取引方法です。

バイナリーオプションとノックアウトオプションの違い
バイナリーオプション ノックアウトオプション
取引時間 限られている 平日24時間
取引回数 最大11回 無制限
判定時間 FX会社によって異なる 好きなタイミングで決済できる
損失金額 チケット代 オプション料

ノックアウトオプションはバイナリーオプションのように細かいルールが無いので、好きな時間帯にはじめて好きな時間帯に決済することができます。

バイナリーオプションは予想を当てる取引方法ですが、ノックアウトオプションは裁量トレードと同じでレートの変動幅で稼ぐ取引方法なので同じ感覚で取引しないように注意しましょう。

海外FXのハイレバ取引とノックアウトオプションどちらがおすすめ?

ノックアウトオプションがハイレバレッジ取引できることを説明しましたが、海外FXでもハイレバレッジ取引することが可能です。

ノックアウトオプションと海外FXどちらのほうがお得に取引できるのか比べてみました。

ノックアウトオプションと海外FXの違い
ノックアウトオプション 海外FX
入出金手数料 無料 有料
スプレッド 狭い 広い
ハイレバレッジ取引 可能 可能
サポート体制 万全 FX会社によって日本語対応不可
MT4ツール 対応 対応

 

基本的に海外FX口座は国内保証されていないので、預託金の安全性が低く信頼できないFX会社もあります。

ノックアウトオプションは国内FX会社のIG証券で利用可能なので、安心してハイレバレッジ取引することができます。

ノックアウトオプションは国内保証があるから安心

ノックアウトオプションは国内FX会社で利用することができます。

海外FX会社は国内保証適応外ですが、ノックアウトオプションは国内で保証されている状態で利用できます。

安全を第一に考えている人はノックアウトオプションを利用しましょう。

海外FXは入出金トラブルが多数発生しています。

海外FXで口座開設する人は、会社を事前に調べて安全性を確かめましょう。

海外FXの場合取引コストが高くなる

海外FXは入出金手数料が高く、国内FX会社の場合無料です。

大口取引の場合、手数料が若干かかっても利益をしっかり得ることができますが、数万円程度の出金をする場合得る利益が減ってしまうので注意しましょう。

IG証券の入出金手数料は無料です。

取引コストを考えるとノックアウトオプションの方が効率良く稼ぐことができます。

効率よく稼げるのはノックアウトオプション

色々な観点から比べた結果、投資効率が良いのはノックアウトオプションです。

実質レバレッジ25倍以上の取引で、リスクを低く抑えられるのはノックアウトオプションの最大メリットです。

ノックアウトオプションは海外FXの欠点と国内FX会社の欠点を補いつつ、各FX会社のメリットを寄せ集めた取引方法です。

下手に海外FX会社で取引するより稼げるので、海外FXで口座開設する前にノックアウトオプションを試してみましょう。

ノックアウトオプションのレバレッジは実質1000倍以上かけられる

ノックアウトオプションはレバレッジを実質1000倍以上かけられる取引方法ということがわかりました。

日本ではレバレッジ規制がかかっているので、裁量トレードでは25倍までしかかけることができません。

ノックアウトオプションは少額取引を低リスクでできるので、ハイレバレッジ状態でも安心して取引できます。

ハイレバ状態でも損失コントロールできるから安全

ノックアウトオプションは損失金額が決まっているのでハイレバ状態でも損失が大きくなることはありません。

裁量トレードのハイレバレッジ取引で良く言われるデメリットが一切ないのでおすすめです。

ノックアウトレベルを狭く設定すると負ける確率が上がるので注意

オプション料を安くするとノックアウトになる確率が高くなるので注意しましょう。

オプション料とノックアウトになる確率をバランス良く考えてエントリーしてください。

通貨ペアの変動状況によってはオプション料を抑えて大きく稼ぐことができます。

強いトレンド発生時は、ノックアウトレベルを狭く設定して大きく稼ぐチャンスなので見逃さないようにしましょう。

関連記事