カテゴリー
LIGHT FX

LIGHT FXのレバレッジは25倍固定?実効レバレッジのかけ方や計算方法・倍率の設定変更のやり方を徹底解説

LIGHT FXは初心者向けFXサービスでトレーダース証券が提供しています。

スプレッド幅も狭く、スワップポイントも高い為どんなトレードスタイルでも柔軟に対応することができます。

取引ツールも直感的操作が可能なので、初心者から高い支持を得ています。

今回はLIGHT FXのレバレッジ設定について紹介します。

レバレッジは投資効率を上げるFXのメリットポイントなので、有効活用すれば効率良く収益をのばすことができます。

これからLIGHT FXで口座開設を考えている人は参考にしてください。

LIGHT FXの気になる口コミ・評判は!?メリット・デメリットと口座開設の流れを徹底解説

このページのもくじ

LIGHT FXはレバレッジを設定できない

LIGHT FXはレバレッジを設定して取引することはできません。

はじめから最大レバレッジ25倍に設定されているので、取引数量と資金によってかかってくるレバレッジが自動に変化します。

レバレッジコースでレバレッジを限定することもできるFX業者がありますが、LIGHT FXはレバレッジコースがないので、コース設定でレバレッジを決めることも不可能です。

実効レバレッジを確認することは可能

取引数量を決めてエントリー後、ポジションにかかっている実効レバレッジを確認することは可能です。

レバレッジは設定するというより、取引数量と資金を計算してあとからかかってくることを把握しておきましょう。

実効レバレッジはレート変動によって変化するので、ポジションを保有している間は随時チェックしてください。

LIGHT FXのレバレッジは最大25倍までかけられる

LIGHT FXのレバレッジは最大25倍まで自動的にかかるようになっています。

国内ではレバレッジを25倍までかけられるようになっており、25倍以上かけることはできません。

レバレッジは自分の投資金額より多く投資できるシステムなので、レバレッジ25倍かかっているということは資金の25倍投資している状態です。

例えば10万円の資金の人がレバレッジ25倍かける取引をすると250万円分の投資が可能ということです。

レバレッジ25倍の状態の証拠金が必要最低証拠金

レバレッジ25倍の状態で必要な証拠金が、投資する上で必要な最低資金金額となります。

LIGHT FXの場合1000通貨単位から取引可能なので、1000通貨単位の必要最低証拠金がLIGHT FXで最低限必要な資金金額となります。

LIGHT FXは1000通貨単位取引可能だから1万円でFXをはじめることができる

LIGHT FXは1000通貨単位取引可能なので1万円程度の資金でFXをはじめることが可能です。

LIGHT FXでの必要最低証拠金を主要通貨ペアで見ていきましょう。

LIGHT FXでの必要最低証拠金
通貨ペア 1000通貨単位 10000通貨単位
米ドル円:105.5円 4220円 42200円
豪ドル円:6.3円 3052円 30520円
ユーロ円:125.7円 5028円 50280円

上記で表示されている1000通貨単位の必要最低証拠金を入金すれば取引をはじめることが可能です。

LIGHT FXの公式サイトに実効レバレッジをシュミレーションできるコンテンツがある

実効レバレッジシュミレーション

LIGHT FXは初心者向けのFXサービスなので、レバレッジに関するコラムと実効レバレッジをシュミレーションしてくれるコンテンツを提供しています。

実効レバレッジをシュミレーションしてくれるコンテンツは、自分で計算する必要を省いてくれるので便利です。

取引をはじめる前に、だいたいどのくらい入金すれば良いのか把握しておきましょう。

自分で計算しなくても入力するだけで理解できる

実効レバレッジをシュミレーションしてくれるコンテンツを利用すると、自分で計算せずともレバレッジを計算することができます。

ただし、為替は変動し続けているので実効レバレッジは常に変化します。

エントリー後は取引ツールのポジション状況をみて実効レバレッジを確認しましょう。

LIGHT FXは証拠金維持率100%以下でロスカット執行!アラート機能がないので注意

LIGHT FXは証拠金維持率100%以下でロスカットが執行されます。

証拠金維持率というのは取引に必要最低限の証拠金と入金している金額によって変化します。

例えば資金10万円で1Lot(10000通貨単位)取引を米ドル円でしたとします。

必要最低証拠金は42200円なので、証拠金維持率は136%となります。

証拠金維持率の計算方法は有効証拠金(資金から必要最低証拠金を引いた金額)÷必要最低証拠金×100で計算することができます。

上記の場合は証拠金維持率が136%となっているのでロスカットは執行されませんがレート変動が起きると証拠金維持率もかわります。

レート変動によって必要最低証拠金が変動するので証拠金維持率も変化するという訳です。

米ドル円が100円の時に1Lot取引すると証拠金維持率は150%となりますが、レート変動により米ドル円が105円になると証拠金維持率は138%に落ちてしまいます。

レート変動が大きくなっている時はロスカットの危険性があるので証拠金維持率に注意して取引しましょう。

LIGHT FXの取引ルールにアラート通知機能は記載されていない

LIGHT FXの取引ルールにロスカットを警告する通知機能について記載されていないので、自己管理する必要があります。

証拠金維持率100%以下になった時点でロスカットが即執行されるので、ハイレバレッジ取引する人はロスカットリスクを考えて行動しましょう。

証拠金維持率を調整して100%以下にならないようにしよう

証拠金維持率はレート変動でかわりますが、追加入金して100%以下にならないように調整することもできます。

ロスカットになる前にポジションを決済する手段もありますが、必ず利確できるポジションだと判断した場合は追加入金して証拠金維持率を上げましょう。

ロスカットを回避する方法は?証拠金維持率を上げるかポジションを決済しよう

ロスカットを回避する方法は2種類あります。

1つめはロスカットの危険性があるポジションをロスカットされるまえに決済する方法です。

損失はしてしまいますが、ロスカットによる損失よりも小さく抑えることができるのでおすすめです。

プロトレーダーは損切りといってはじめから損する幅を決めて取引しています。

取引する前に損切りを決めておくと、ロスカットを回避するだけでなく損失を最小限に抑えることができます。

2つ目は追加入金で証拠金維持率を上げる方法です。

2つ目の方法は初心者におすすめではありません。

1度取り返しのつかないレベルでレードが変動すると、勝てるレート帯にもどる可能性は低いので手放して諦める方が次に繋がるからです。

ただし、持っているポジションが必ず利食いできる確信がある場合は追加入金して延命することをおすすめします。

FXで強制ロスカットされても借金が発生する!ロスカットが間に合わないケース・追証を無視するリスク

有効証拠金を増やしても含み損が増え続けるとロスカットになる

追加入金をして証拠金維持率をあげても、レート変動が注文と逆の方向に進み続けるといずれロスカットになります。

追加入金する時は、確実にレートが変動するという根拠をもって行動しましょう。

損切り設定をしっかりしておく

ロスカットを回避する1番の方法は損切り設定を決めてロスカットになるまえにポジションを手放すことです。

最初から損する範囲を決めておくと、利益が出た場合と損失した場合両方予想して取引することができます。

予想の範囲内に損失を収めることができるので、ロスカットのように大損失トレードになりません。

証拠金維持率120%は危険信号

証拠金維持率120%はロスカット値ではありませんが、かなり危険な状態です。

レート変動が少しでもマイナスに動いただけでロスカットになる危険性があるので要注意です。

ポジションを手放すか追加入金してロスカットリスクを抑えましょう。

証拠金維持率が100%の時レバレッジは25倍かかっている

上記の説明からわかると思いますが、証拠金維持率100%の時はレバレッジが25倍かかっている状態です。

レバレッジ10倍以上かかっている状態は証拠金維持率100%に近い数値なので損失リスクが高くなります。

特に初心者は損失リスクを最小限に抑えた取引が必須なので、なるべくレバレッジを抑えて取引しましょう。

ハイレバレッジは損失リスクも高い

ハイレバレッジは自分の資金よりも数十倍の資金で投資することができますが、損失する金額も数十倍に大きくなっています。

ハイレバレッジは効率をあげると共に損失リスクも大きくなっているということを理解して取引しましょう。

レバレッジは適度にかけて損失リスクを抑えよう

レバレッジを全くかけずに取引する方法は損失リスクを抑えることができますが、投資効率が極端に悪くなってしまいます。

レバレッジは本来投資効率をあげる魅力的な方法なので、適度にかけて投資効率をあげましょう。

ギャンブルトレードにならない程度のレバレッジはロスカットの心配もないので、初心者におすすめです。

LIGHT FXはレバレッジを設定して取引することは不可能!証拠金と取引数量を調整して実効レバレッジをコントロールしよう

LIGHT FXはレバレッジを設定して取引することは不可能ということがわかりました。

レバレッジを設定して取引するのは不可能ですが、取引数量と投資金額をコントロールすることによって実効レバレッジはコントロールできます。

ロスカットに気を付けながら適度にレバレッジをかけて取引しましょう。

少額取引の場合ロスカットになっても大損失にはならない

1000通貨単位取引で資金運用していると、万が一ロスカットになっても大損失に陥ることはありません。

0.1Lot~0.5Lot辺りの取引であれば取り返しが付くので、初心者トレーダーは少額取引でFX市場に慣れていきましょう。

特に初心者はロスカットになりやすく、損切りすることになれていません。

プロトレーダーでも損切りは必ずしているので、稼ぐことより損失を抑えることを重視しましょう。

関連記事