カテゴリー
失敗

FXで強制ロスカットされても借金が発生する!ロスカットが間に合わないケース・追証を無視するリスク

FX投資は少額投資も可能で幅広い年齢層が投資しています。

FXは基本的に資金損失が出ると、借金しないようにする強制ロスカットが作動します。

借金しないようにするシステムがあるのになぜ借金する人がいるのでしょうか?

今回はFXで借金してしまう仕組みを解説します。誰にでも起こり得る事なのでFXを始めた人は知っておきましょう。

FX初心者にありがちな怖い失敗とは?失敗談から学ぶ!借金・破産を防ぐリスク回避方法

FX投資では強制ロスカットというシステムがある

FX投資では損失がある程度超えると強制ロスカットが行われます。

強制ロスカットとはもっているポジションすべてを決済し相場から強制退場させる事です。

これによって取引はすべて失いますが、借金は逃れられます。

本来強制ロスカットで借金は発生しない

強制ロスカットが正常に行われると借金発生のリスクはありません。

資金残金がゼロになってしまう事もありますが、それよりもマイナスにいくことは無いです。

ロスカットされて借金して再び投資を始める人もいますが、それはFXの問題ではなく個人の問題です。

強制ロスカットが間に合わないと借金してしまう

強制ロスカットが正常に作動しない場合もあります。

市場の急変で強制ロスカットが間に合わなかったり、強制ロスカットが作動する直前でマイナスを生んでしまったりします。

損失しても強制ロスカットでなんとかなると思ってはいけません。

強制ロスカットになるまで猶予がある

強制ロスカットになっても一定の猶予があります。

FX会社によって異なりますが証拠金が足りなくても取引を続行する事が可能です。

猶予がある間にマイナスを生み出してしまうと借金になってしまいます。

一定の猶予があるから取り戻せると勘違いせず、無理な取引は止めましょう。

強制ロスカットが相場に追いつかない場合資金以上の損失がでる

相場で大きな暴落が起きると強制ロスカットが追いつかなくなります。

一気に下がってしまっているので、損失も大きくなります。

強制ロスカットが追いつかない状態は、相当なマイナスが生まれます。

急な暴落は誰も予想出来なかったりします。損切りのタイミングを毎度考えながら慎重に投資する必要があります。

大きな変動で為替市場が停止してしまうと危ない

大きな市場変動で為替市場自体がダウンしてしまう事があります。

ダウンしてしまうとFX会社側も投資側もどうする事も出来ません。

結果強制ロスカットも出来ず、多額の借金を背負う事になります。

世界情勢を毎日チェックして暴落取引を回避する必要があります。

逆に売りに出て儲ける手段もありますが、リスクもそれなりにあるので注意して行いましょう。

強制ロスカットが発生する仕組み

ロスカットの仕組み

強制ロスカットは証拠金が不足して追証も払わなかった場合起きます。

一般的に強制ロスカットに追い込まれる事は大失敗であり、発生させてはいけないものです。

投資初心者は詳しくFXの事を知らず投資している人が多いです。

リスクケアをしっかり行っていないと一瞬で強制ロスカットに追い込まれます。

損切りのタイミングを見逃す

特に初心者に多いのが損切りのタイミングを見逃す事です。

もしかしたら急上昇してくれるかもと根拠の無い理論を展開してしまうと、損切りのタイミングを逃します。

根拠無く待つと一気に降下してしまう場合があるので気を付けましょう。

欲に負けずに早期判断で損切りしましょう。

マージンコールを見逃すとロスカット前に強制決済執行

マージンコールは証拠金維持率がロスカット値に満たしていないが資金がマイナスなっている時に執行されます。

マージンコールが執行されるまで猶予のあるFX業者の場合、執行日前に追証を支払えば執行されません。

マージンコールはロスカットと同じくポジションを強制決済されます。

ロスカットになる証拠金維持率になっていなくても資金が含み損でマイナスになっている時は注意しましょう。

初心者は強制ロスカットに追い込まれやすい

初心者は相場の判断力が無いので強制ロスカットに追い込まれやすいです。

経験も浅いので予想が付かず、ギャンブル性の高い取引をしてしまいます。

強制ロスカットに追い込まれると資金残金がゼロになって投資続行出来ない場合もあります。

大きな損失を生まないように分析して投資する必要があります。

強制ロスカットで借金しない為にはどうすれば良い?

強制ロスカットになる時点で投資は失敗しているので、強制ロスカットにならない方法を考えましょう。

強制ロスカットで借金しなくても、立て続けに損失を生み出していると借金してしまいます。

投資を甘く見ず、慎重に取引していきましょう。

FX会社とのルールを変更する

強制ロスカット時のルールを変更する事によって猶予なしで強制ロスカットする事が出来ます。

猶予を持つとその間に借金してしまう可能性がありますが、即時ロスカットすれば借金は負いません。

借金する可能性が怖いという人はFX会社と相談しで即時発生させるようにしましょう。

マージンコール時に追証を払う

マージンコール時に追証を払いましょう。

追証を払えばポジションを維持する事ができます。

維持するだけでは原因解決になっていないので、損失を生み出さない方法を模索しましょう。

大きな損失を立て続けに出してしまう場合は少額に切り替えて慎重に投資しましょう。

損切りのタイミングを見逃さない

大きな利益を出したいのも分かりますが、リスクを考えて損切りを早めに行いましょう。

損切りのタイミングを早くする事によって利益を逃す事もありますが、損失を大きくする事はありません。

勝率を上げたい場合は早めに行動して切り替える事が大事です。

早期取引をしている人は損切りのタイミングが非常に重要となって来るので分析しましょう。

強制ロスカット以外でも借金する可能性はある

FXでは強制ロスカット以外でも借金する可能性はあります。

借金してしまう原因として投資者が大きな利益を求めすぎている事があります。

一気に大きな利益を得る手段は、同時に大きな損失を背負う手段という事です。

特に初心者はリスク管理が甘いので大きな取引は止めましょう。

レバレッジをかけすぎてしまう

国内では最大25倍レバレッジをかける事ができます。

レバレッジは少額で大きな金額を動かすシステムです。

10万円の資金で250万円投資する事が可能になります。

25倍の額で投資すると利益も25倍ですが、損失も25倍です。

損失時の事を考えてレバレッジしましょう。充分な資金がない場合はレバレッジをかけないようにしましょう。

ハイレバレッジで借金ができる可能性も理解しておいて下さい。

追証が払えなくなる

マージンコールが頻繁におこなわれると追証を払い続けなければなりません。

普通の場合は損切りを早めに行って切り替えます。

初心者に多いのはポジションを長く持ちすぎて損失が大きくなってしまう事です。

追証を払い続けていると資金が追いつかなくなります。

ある程度見切りをつけて投資しましょう。

追証で借金して自己破産に追い込まれた主婦もいますので、損切りは早めにして下さい。

資金損失を借金して取り返そうとする

資金を全て溶かした後、借金して投資再開する人が居ます。

資金を取り返そうと考えている人が殆どですが、危険な行為なので止めましょう。

借金して投資を始めると焦りが出てまともな投資が出来なくなります。

逆に負債が大きくなって取り返しのつかない事になります。

リスクを理解して投資しよう

FXはノーリスクの投資ではありません。損失する可能性もあるのでリスク管理を徹底しましょう。

もし、FXの事をちゃんと理解せずやっているのであれば基礎知識を学びましょう。

勘で取引をやっていると自滅します。

借金に追い込まれるような損失を生み出す前にリスクを減らす投資方法を考えましょう。

少額投資だと借金する可能性は低い

初心者の人には少額投資をオススメします。

少ない投資なので利益も大きくありませんが、損失も少量で済みます。

まだ慣れてない人は大きな取引よりも小さい取引から始めてみましょう。

大きく利益を出したい人も、最初は少額取引で経験を積んでからにしましょう。

少額取引で損切りを覚えていくと後々有利になります。

分析能力も上がれば勝率もアップします。

ビギナーズラックを狙うより着実に学んで利益を生み出しましょう。

レバレッジを必要以上にかけない事が大事

レバレッジは過度にかけないようにしましょう。

資金を倍にすると利益も大きくなりますが損失する額も上がります。

投資経験者でもレバレッジを扱うのは非常に難しい事です。

ギャンブル精神でレバレッジをかけると必ず失敗するのでやめましょう。

レバレッジをかけず、自分の資金範囲内で投資する事が大切です。

FXは借金してしまう恐ろしい投資ではない

FXで自己破産してしまう人も居ますが、慎重に挑めばそんな事にはなりません。

FXは借金する投資だと思わないで下さい。

借金してしまう人はやり方に原因があります。

市場の急変はどうする事も出来ませんが、大半はリスク管理の甘さから損失を生み出しています。

市場の急変も社会情勢の情報収集や早期損切りで回避できます。

欲を持ちすぎず、堅実に投資していれば問題ありません。

根拠をもつ事によってリスクを減らす

借金してしまう人は利益ばかり考えている人が多いです。

利益の裏に損失する可能性が潜んでいます。プラスの事柄ばかり追わず、マイナス面もケアしていきましょう。

リスクを減らす事によって損失を抑え、小さな利益を積んで行きましょう。

プラス1000円でも10回繰り返すと1万円になります。小さな積み重ねが大事です。

大胆な取引も必要な時がありますが、通常時は慎重に取引していきましょう。

利益を大きくするより損失を抑えよう

FX投資をしている人は損失を抑える事を第一に考えましょう。

損失を抑える事によって小さな利益もプラスにする事が可能です。

特に初心者はレバレッジをかけず経験を積む事が大切です。損失を全く生み出さない投資家はいません。

必ず損失する時はあるので、損失を小さくする事が重要です。

FX投資は危ないものではない

FX投資自体危険な取引ではありません。為替の変動とスワップを狙って取引するまともな投資です。

日本だけでなく、世界全体で行われている取引なので不正などありません。

FXで借金してしまうのは自分の責任です。投資方法をしっかり学んで損失を減らす投資をしましょう。

関連記事