カテゴリー
失敗

FXで資金を溶かしてしまうのはなぜ?有り金全部溶かす人の特徴と絶対に溶かさないコツ

FXを始めたばかりの人やFXを始めたけどなかなか利益を増やせないという方にありがちなのが、「資金を溶かす」ことではないでしょうか?

自分のお金を増やしていく為にFXを始めたのに一度に多くのお金が無くなってしまうのは、経済的にも精神的にも大きなダメージになります。

「資金を溶かさないためにはどうしたら良いの?」という疑問を持つ方や、「安定して利益を生んでいきたい」という方も多いと思います。

そこで、今回はそんなFXに関する悩みにこたえるために、資金を溶かしてしまう原因と安定して利益を生むコツを解説していきたいお思います。

FX初心者にありがちな怖い失敗とは?失敗談から学ぶ!借金・破産を防ぐリスク回避方法

投資家の判断がFXの変化に対応できないと溶ける

なぜ、FXで資金を溶かしてしまうのでしょうか?

それは、端的に言うと、投資家の判断がFXの変化に対応できないからです。

まあ、当たり前といえば当たり前ですが、これを本当の意味で理解できていないとFXで資金を溶かすことになります。

対応できないのは価格が動く要因が多いから

投資家の判断がFXの変化に対応できないというのは、どういう事でしょうか?

対応できない理由としては、価格が動く要因が多いというのが挙げられます。

FXは、経済指標や要人の発言など、価格が動く要因がかなり多いです。

そのため、FX初心者は「どれに注目したらいいのか分からない」という状況に陥りやすい傾向にあります。

対応できるようにするには、しっかり相場や市場の動きを読けるようになる事とルール決めが大切です。

「予測不能な事態」もある

「予測不能な事態」による損失はある意味仕方ない側面もあります。

FXを長く続けていれば、これまでの経験やルールが通用しないような「予測不能な事態」に遭遇することもあるでしょう。

しっかりルール決めをして、FXに慣れているような人でも、少し油断すると大損してしまう事もあるという事です。

例でいえば、地震などの天変地異や「戦争危機」などの国際的な摩擦が挙げられます。

ルール決めをしていても、価格の急激な変化や暴落による損失はやはり出てしまうものだという事を、まずは知っておく事も大切です。

特に「戦争危機」の状況に気を付けよう

「予測不能な事態」による損失をさらに具体例で説明していきます。

2017年、北朝鮮とアメリカが「戦争危機」の状況になった時がありました。

この時多くの人が以下のような流れで損失に至ってしまいました。

  1. 相場を分析して、ドル相場が堅調に上昇していくと予想し、ドルを購入。
  2. トランプ(大統領)が『北朝鮮がアメリカを脅すなら、炎と怒りに見舞われる』とコメントする。
  3.  戦争リスクの増大で、ドル安になる。
  4. 多くの投資家が「2~3日で元に戻るだろう」と損切りをしないまま持っていた。
    (国際的な摩擦を原因とした相場変動は2~3日で元に戻るケースが多い)
  5.  トランプと金正恩の舌戦がヒートアップして、ドル円相場が暴落する。
  6. 一瞬にして暴落したため、損切りが間に合わず最安値で売ることを余儀なくされた。

このように、FXの相場はいきなり暴落して、損失になる事も少なくありません。

しかし、損切りラインやルールをしっかり決めて、それを厳密に守る事が出来れば、「予測不能な事態」にも対処できるようになります。

FXで資金を溶かす人の特徴

「予測不能」な事態を除いて考えてみても、普段から資金を溶かしてしまう人もいます。

普段のFXの取引の中でも、溶かしてしまう人は何がいけないのでしょうか?

資金を溶かす人の共通点を以下に挙げて解説していきます。

高いレバレッジで取引したがる

まず、多いのが必要以上に高いレバレッジで取引をしようとする人です。

高いレバレッジで取引する事で、数銭動いただけでもロスカットになる危険があります。

レバレッジというのは、少ない証拠金で大きな通貨取引をすることができるというFX特有の仕組みです。

早く稼ぎたくても、何も考えずに高いレバレッジで取引するのは辞めましょう。

レバレッジはしっかり考えて設定しないとすぐに資金を溶かすことになります。

FXはコツコツと資金を増やしていくビジネスモデル

FXはコツコツと資金を増やしていくビジネスモデルとなっています。

そもそものビジネスモデルがそうなので、すぐに資金を増やしたいトレーダーにとってはリスクが高いです。

初心者は早く大金を稼ぎたい故に高いレバレッジを選びがちですが、目的のあっていない行為となり、損失が大きくなりやすいという事ですね。

つまり、FXでは焦らずにコツコツと資金を増やしていくというスタンスが重要です。

利益を出しているトレーダーは5倍から10倍のレバレッジ

世の中の、利益を出しているトレーダーのレバレッジは小さくて5倍、大きくても10倍までです。

「それだけ?」と思うかも知れませんが、リスクを抑える事を優先すると、これくらいになってしまいます。

FXで重要なのは自分の資金に見合ったレバレッジをかけてリスクは最低限に抑える事です。

国内口座では25倍、海外口座では1000倍近くレバレッジを使うことができますが、実際の勝っているトレーダーたちはこれだけのレバレッジは使うことはありません。

なので、取引の際のレバレッジは5倍から10倍までにすると覚えておきましょう。

初心者は2~3倍のレバレッジから始める事をおススメします。

損切りができない

損切りができないという事も、資金を溶かす原因としてかなり多いです。

損切りができないと損失が広がり、強制ロスカットで資金を溶かすことになります。

エントリーがすべて自分の思った通りになるトレーダーはいません。

違ったことを認めることのできないトレーダーが損切りを嫌う傾向にあるので、自分の予想が違った事を素直に認める事がまず大切です。

つまり、損切りは自分の思惑と外れた時には、必ずするようにしましょう。

トレードルールがない

損切りにも関わる話ですが、トレードルールがない人も資金を溶かします。

目先の為替レートの動きに気をとられやすくなってしまうからです。

特に、トレードルールがない人は、予想したことが当たらなかった時の対処を考えていないことが多いです。

明確な基準がない故に、含み損が増えてきてもなかなか損切りができなかったり、利益を狙いにいきすぎて売るタイミングを逃すという事にもなりやすいです。

つまり、「こうなったらこうする」という明確なトレードルール作りが大切です。

利益を安定させるコツ

ここまでは、資金を溶かしてしまう人の特徴を挙げてきました。

では、どうすればFXで安定した取引を行う事が出来るでしょうか?

以下に安定して利益をだすコツを紹介していきます。

FXの分析方法を知る

まずは基本として、しっかりとFXの分析方法を把握しましょう。

チャート分析やエントリーポイントを理解する事で、各段に勝てる回数が増えていきます。

分析方法には2つあって、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。

それぞれの、基本となる考え方をしっかり身に着けましょう。

トレードルールを設定しよう

安定して利益を生んでいく為には、トレードルールを明確に設定することが大切です。

「FXで資金を溶かす人の特徴」でも説明しましたが、トレードルールを設定しないと、損切りのタイミングと、利益を確定させるタイミングを逃します。

基準のルールがあることで、「ルールの分析」と「ルールの改善」を行う事ができます。

つまり、トレードルールを日々更新することで、FXで勝てるようになります。

さまざまな対応策を考えておくことで、どんな状況になっても対応ができるようにしておきましょう。

エントリーする時に損切り価格を決めておく

エントリーする時に「この価格になったら損切しよう」と決めておきましょう。

それにより、どんな変化が起きても、落ち着いて判断可能になります。

この時、損切りの価格を狭めることはあっても、広げないということが大切です。

明確に損切り価格を決めて実行出来れば、必ず損失は抑えられます。

損切りの金額は自己資金の2%にしよう

損切りの金額は自己資金の2%で考えるようにしましょう。

多くの利益を上げているトレーダーが損切り価格を資金の2%に設定しています。

2%損切りで相場の急変にも対応できるようになります。

2%ルールは短期間での損失額を限定させる役割を持っているという事です。

2%の損切り価格で損切りをするようにしましょう。

デモトレードで経験を積む

デモトレードで経験を積むことも勝つためにはたいせつです。

ルールを設けたうえでデモトレードを行うことで、ルールの検証になり、トレードの技術の向上が可能になります。

逆に、これで利益を上げられないと実際のトレードでも利益は上げられません。

目標とする金額がデモトレードで稼げるようになるまで、やりましょう。

自分との約束は必ず守る

FXの取引において、自分との約束は必ず守るようにしましょう。

たとえ、どんな状況でも自分が決めたルールを守れない人は相場に足元をすくわれます。

FXにたいする真摯な姿勢を持って、精神面を鍛えて、ルールを意識した行動をしましょう。

安定的に利益を出しているトレーダーは自分との約束は必ず守っています。

FXはギャンブルではない

FXの取引にたいする姿勢として、「FXはギャンブルではない」という意識は非常に大切です。

FXはギャンブルではなく1つのビジネスです。

ギャンブルと言っているトレーダーは、「市場は常に運で決まる」と言っているようなものです。

FXで安定的に利益を出したいのであれば、市場のせいにしてはいけません。

安易な気持ちでトレードすれば、それだけ資金を溶かす危険が増えるということを覚えておきましょう。

FXで資金を溶かしてしまうのは何故?安定して利益を生むコツを解説!まとめ

という事で、資金を溶かしてしまう原因と安定して利益を生むコツを解説してきました。

資金を溶かさないようにする上で大切な事は、いかに厳密にルール決めをして、しっかり「損切り」が出来るかという所ですね。

利益を出しているトレーダーは「損切り」を徹底しています。

逆に、しっかり自分と向き合って、「損切り」やルール改善、分析方法の改善に努められる人はFXでどんどん利益を上げていくことができるでしょう。

今回の記事を参考に堅実なFXの取引を目指して頂けたら、幸いです。

関連記事