カテゴリー
DMM FX

DMM FXはスキャルピング禁止なの?口座凍結・強制解約されるか徹底調査してみた

DMM FXはスプレッドが狭く約定力も高いスキャルピング向きのFX会社ですが、「DMM FXはスキャルピング禁止」という声もちらほらあります。

数秒~数分の取引を連続しておこない利益を積み上げていくスキャルピングは、スピーディに収益を得られる立派な手法で違法性はありませんが、それを最大手のDMM FXが禁止しているなんて驚きです。

実際のところ、DMM FXはスキャルピングをどう扱っているのでしょうか?調べてみました。

FXのスキャルピングとは?勝つコツと注意点を分かりやすく解説

スキャルピングが原因でDMM FXの口座を凍結されたというSNSの書き込みは多数


上記のように、「複数回のスキャルピングが原因でDMM FXの口座が凍結された」という書き込みは少なからずいます。

こうした声をきくと、DMM FXはスキャルピングを禁止しているという噂が現実味を帯びてきます。

DMM FXはスキャルピング禁止を明言していない!ただし約款第7条の禁止事項に当てはまる可能性大

正確にいえば、DMM FXはスキャルピング禁止を明言してはいません。

これは単に、「スキャルピング禁止」という文言がDMM FXのどこにもかかれていないためです。

ただし、DMM FXの約款第7条の禁止事項(9)には、「短時間での注文を繰り返し行う行為」がNGだと書かれています。

スキャルピングという取引の手法は厳密に何秒、何分に1回トレードするかなどのルールがある訳ではありませんが、どのトレーダーが認識しているスキャルピングも、この禁止事項(9)にはあてはまるものと思われます。

DMM FXで口座凍結されるスキャルピングの基準は何秒?何回?

何秒に何回スキャルピングをすれば口座を凍結されているのでしょうか?

DMM FXはこうした基準を一切公表しておらず、SNSの口座凍結の報告も人によって内容が様々です。

スキャルピングをメインにおこなっていなくても、間違った動きがあった時に数秒で損切をするケースは良くあります。

これをスキャルピングとみなされて口座凍結されたら、損切も怖くてできませんよね?

ただ、このレベルで口座凍結がおこなわれるのであれば、DMM FXを多くのトレーダーに長年利用されている説明がつきません。

スキャルピングとみなされて口座凍結されやすいケース

厳密な基準ではありませんが、SNSの声などを見ていくと、DMM FXから口座凍結されやすいケースは以下の2点に大きく分けられます。

  • 値動きが大きい時にスキャルピングを複数回した
  • 継続的に10回以上のスキャルピングをしていた

①値動きが大きい時にスキャルピングを複数回した

重要指標の発表など、値動きが大きくなりやすい時にスキャルピングを複数回すると、DMM FXに口座凍結される恐れがあります。

恐らく値動きの多い時にスキャルピングをしたことで、故意の取引が目立ちやすくなるのが大きな理由と考えられます。

②継続的に10回以上のスキャルピングをしていた

毎日スキャルピングを10回以上おこなっている“常習犯”は、いつか口座凍結される可能性が高いです。

ただ、通常時に数回スキャルピングをするくらいでは凍結はされません。

あくまでもこちらの2点が重なった時に注意すれば良いだけです。

凍結されたDMM FXの口座はいつか解除できる?

一度凍結されてしまったDMM FXの口座を解除することは、ほぼ無理と思って良いでしょう。

更に口座凍結を食らってから時間が経っても、再度開設をすることはできません。

口座凍結をされたら、もうDMM FXを利用することは出来ないと考えましょう。

他人名義の口座開設(借名取引)は取引制限の罰則がある

FX口座の開設審査はそこまで厳しい訳ではないので、口座を凍結されてしまっても家族や友人の名義で取引を始める人はいます。

ただ、他人名義の口座で取引をするのは借名取引となり、本人確認の上、取引を制限されるので注意しましょう。

スキャルピングで口座凍結されたらスムーズに出金しよう

スキャルピングで口座凍結されると、登録したメールアドレス宛に口座解約メールが届きます。

このメールが来た後は、できるだけ早く出金することをおすすめします。

また、口座と凍結されたのちも出金をはじめ、決済注文やログイン・取引ツールの確認、期間損益報告書のダウンロードもできるので、焦らずに必要な手続きをすすめていきましょう。

スキャルピングを検討する方はDMM FXを使わないようにしよう

DMM FXがスキャルピングにどう対処しているのか分かったかと思います。

とにかく、DMM FXでスキャルピングをおこなうのは強制解約のリスクを伴うので控えましょう。

みんなのFXやFXプライムbyGMOのようにスキャルピングを公認しているFX会社もあるので、こちらを利用するようにしましょう。

関連記事