カテゴリー
FXとは?

FXにおけるオセアニア市場の特徴を解説!オセアニア時間・シドニー・ウェリントン市場の取引時間・時間帯ごとの値動きの傾向をチェック

「豪ドルやNZドルってどうなんだろう?」「オセアニア市場の特徴ってなに?」という方も多いと思います。

この記事では、「FXにおけるオセアニア市場」について以下の順で詳しく解説していきます。

オセアニアの市場について詳しくなり、初めてのFXをオセアニア通貨で始めてみましょう。

この記事の内容
  • オセアニア市場の構成
  • オセアニア市場の特徴
  • オセアニア市場の開場時間
  • オセアニア市場で取引したい人向けのFX会社
  • オセアニア通貨で取引しよう

オセアニア市場はウェリントンとシドニーの市場で構成されている

オセアニア市場はニュージーランドにあるウェリントン市場とオーストラリアにあるシドニー市場で構成されています。

西太平洋にあるオセアニアは資源が豊富で鉄鉱石や石炭、農産物を、ニュージーランドは農産・畜産業が盛んで、農作物、畜産、乳製品などを輸出しています。

資源豊かなオーストラリアやニュージーランドのような国の通貨を「資源国通貨」と言い、オセアニア通貨は輸出する品目の価格市場や、最大の輸出相手国である中国の景気に値動きを左右されることが多いのが特徴です。

FXでの1日の始まりはオセアニア市場から始まる

外国為替市場は、1日の始まりになる日付変更線に一番近いニュージーランドのウェリントン市場、次にオーストラリアンのシドニー市場と開いていき、およそ5時から14時がオセアニア市場が開いている時間です。

オセアニア市場が開場してしばらくすると、各市場の中でも活発に取引が行われているNY市場が閉まります。

オセアニア市場の特徴を解説!スプレッドが開きやすくどの通貨ペアも値動きが鈍い

NY市場が閉まったあとのオセアニア市場は、取引をするトレーダーの数がぐっと減ります。

通貨の取引数が少ないと、通貨の流れが悪くなる流動性の低下が起こり、スプレッドが開きやすいという特徴があります。

またどちらの通貨ペアもトレーダーも少なく市場規模も小さいため、値動きが鈍くなるのも特徴です。

オセアニア市場の開場時間は6時~8時

ウェリントン市場は4時から14時、シドニー市場は6時から16時まで開いていますが、NY市場が6時に閉まり、東京市場が9時に始まることから、6時から8時に市場が開いているのは世界中でオセアニア市場だけになります。

このだいたい6時から8時の間の時間帯のことを「オセアニア時間」といいます。

基本的に値動きが鈍いのがこの市場の大きな特徴ですが、値が動くタイミングが二つあり、一つはニュージーランドの経済指標が朝の7時前後に発表されるため、指標の影響で値が動くことがあること、二つ目は週末に大きな経済ニュースがあると、週明けに値動きがしやすいことが挙げられます。

トレーダー参加者が少なく原則固定スプレッドの時間帯から外れていることが多い

このオセアニア時間に市場に参加するトレーダーは少なく、取引の流動性が低下する傾向にあります。

また、日本の各FX会社は「固定スプレッド」といって、相場の中でスプレッドが変動しても、それを会社が負担しトレーダーの支払負担を軽くするシステムを採用していますが、これには時間設定があります。

およそ8時から16時までを固定スプレッドの時間帯に設定している会社が多く、オセアニア時間である6時から8時の取引には固定スプレッドが適用されないことが多いのが現状です。

月曜日の朝は危険!土日での経済状況を大きく受ける

週明けのオセアニア市場には、いつもと違うことがあります。

平日はオセアニア市場が開場したあとに、活発な動きを見せているNY市場が閉まるという流れがあるのですが、月曜日はどの市場も開いておらず、オセアニア市場が1週間の始まりに初めて開く市場となるのです。

そのため、土日で大きな経済ニュースがあり、それが大方の予想と外れた時などは月曜のオセアニア市場の値動きが非常に活発になることが多くなります。

FX用語で「窓が開く」と言うのですが、レートが飛びチャートのグラフの線が途切れてすきまができることがあるのが週明け早朝のオセアニア市場の特徴です。

早朝の時間帯は基本値動きが鈍くなる

週明けは値動きが活発なる傾向がある一方で、火曜以降はNY市場も開いており、NY市場で取引していたトレーダーがいなくなると、取引量は少なく、値動きは鈍くなる傾向にあります。

週明けは活発な動き、火曜以降は値動きが鈍くなるというのがオセアニア市場の値動きの特徴と言えます。

オセアニア市場の時間帯で取引したい人におすすめのFX会社

この朝早いというのがポイントで、ほかの仕事をしながらFXをやりたいと考えている人にとっては、日中の仕事に向かう前にトレードできる絶好の時間帯です。

朝起きた直後、または通勤の電車やバスに乗りながら、FXトレードができるとしたらすごくいいですよね。

ロンドン市場やNY市場などは夜に活発になりますが、夜の時間帯はトレードが難しいという方には、オセアニア市場での朝のトレードがおすすめです。

ここでは、オセアニア時間で取引したい人におすすめのFX会社を3社といちおしポイントご紹介します。

【2020年最新】おすすめFX会社ランキング!初心者に人気の優良会社・口座を徹底比較

GMOクリック証券は土曜メンテナンスだからスムーズに取引可能!

GMOクリック証券

いちおしポイント
  • 月曜7時から土曜7時まで取引可能
  • オセアニア市場の特徴
  • 国内FX取引高第1位
  • スプレッド以外の手数料無料

高い取引高が8年連続で続いており、取引を約定する力がとても強いことを表しています。

ツールも秒単位で正確な取引ができる上に、スマホやPC画面だけでなくアラート機能のついたPCツールバーなど種類も充実しています。

取引高が高いということはトレード数も多いので、トレードの約定力と信用を重視するなら、GMOクリック証券がおすすめです。

GMOクリック証券「FXネオ」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

DMM FXは平日メンテナンスが無いから早朝取引可能!人気NO.1だから信頼性も高くて安心!

DMMFX

いちおしポイント
  • 月曜7時から土曜5時50分まで取引可能
  • 国内口座数75万口座突破で人気NO.1
  • 業界最狭水準のスプレッド

口座開設数の多さは、サービスの良さに多くの人が魅力を感じて開設を決めているとも言えます。

たとえば、スプレッドが業界最狭水準だからコストをかけずにトレード可能で、しかも24時間休まずに電話・メール・LINEでサポートしてくれるので、FX初心者にも安心です。

人気の高いところ、信頼度が高い会社でFXをするならDMM FXがおすすめです。

DMM FXの評判・口コミ!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

LINE FXは気軽さNO.1原則固定スプレッドなのでおすすめ!

LINE FXはデモ口座ある?ない?について解説

いちおしポイント
  • LINEで急変動や経済指標などのFX情報を通知
  • 平日7時からほぼ24時間取引可能
  • 大手証券会社と連携しているのでセキュリティも安心

LINE通知からすぐにFXアプリにアクセス可能と、チャンスを逃さない仕組みに加え、原則固定スプレッドで各種手数料も無料で、スマホで気軽にしかもコストを抑えてFXを始められます。

また、「スマホひとつでできるなんて逆に不安」という方も安心できるのが、野村證券の親会社である「野村ホールディングス」との共同開発のサービスであることと、お客様から預かった資金は分別管理して保全しており、万が一のことがあってもお客様にお金が戻ってくるところ。

スマホで気軽に始めたい、ちょっとやってみたいという方にはLINE FXがおすすめです。

LINE FXの評判・口コミと気になるメリット・デメリットを徹底解説!

オセアニア市場は早朝にオープンする!豪ドル・NZドルをメインに取引しよう

早朝にオープンするオセアニア市場は規模も参加トレーダーも少なく値動きも鈍いですが、その鈍さが通貨の強い安定性につながっています。

長く持っていても価値が変わりにくく、ローリスクで運用することができるのが豪ドル・NZドルのいいところです。

豪ドル・NZドルは低金利政策の続く日本の円に比べると断然金利が高く、日本の金利とオセアニアの金利の差分を毎日もらえる「スワップ運用」におすすめの通貨です。

ここではオセアニア通貨の特徴からくる注意点を解説します。

スプレッド幅が広がっている時は取引を控えよう

オセアニア市場はこれまで書いてきたとおり、スプレッド幅が広がりやすい傾向にあり、FX会社によっては固定スプレッドの2倍3倍に開くことも。

スプレッドが広がると取引にかかる実質手数料が増えていくので、スプレッド幅を確認しながらトレードをしていきましょう。

早朝は広がりやすいので、スプレッドが広がりすぎている時には、しばらく待ってからトレードするのも一つの手です。

土日に経済状況が大きく変わっている場合月曜日早朝取引は控えよう

週末に大きなニュースや経済指標が出た次の月曜日は値動きが激しくなる可能性が大。

経済指標などはなるべく欠かさずチェックするようにして、大きい動きが出そうな時は月曜日早朝の取引は差し控えることが大切です。

普段は大きい値動きがない分、週末は情報をチェックすることが、オセアニア通貨を安心してトレードする上で大切なルールになります。

関連記事