カテゴリー
FXとは?

FXの塩漬けとは?内容と初心者におすすめできない理由

FXを勉強していると、塩漬けという専門用語を多く目にします。

実は塩漬けという言葉自体は、FXだけでなく幅広い投資取引で用いられる用語です。

塩漬けに関しては、決して損をする方法ではありません。ただし、FX初心者がおこなうのは絶対にやめたほうが良いです。

今回は、FXの塩漬けとは何か、なぜ初心者におすすめできないのかを詳しく解説していきます。

FXの塩漬けとは損失を放置すること

FXの塩漬けとは、含み損が大きくなっても決済をせずに放置し続けることを指します。

つまり、このまま買いポジションを決済すれば確実に損失が確定するという状況で、何もしないことです。

FXの塩漬けをしているのには様々な理由があります。中には損失が怖くなって決済ボタンを押せないという方もいますし、またチャートが回復する奇跡を待っている方もいます。

現在も塩漬けをしているトレーダーの数は、想像以上に多いと考えられます。

FXの塩漬けは破滅への最短ルート

FXの塩漬けはどんな方にもおすすめできるものではありません。

確かに前述の通りチャートが回復するという奇跡の現象が起きるかも知れません。

しかし、大抵の場合は損失を放置したら、そのままドンドン損失は膨れ上がります。

塩漬けをした結果、損失額が考えられない金額になってしまう可能性が高いです。

損失を軽く済ませるのもトレーダーの力量

100万円の損失と1000万円の損失は、どちらも普通の給料の方にとっては大損失と言えるでしょう。

特に取引している最中のトレーダーからしたら、損失額が900万円違ったとしても、間隔がマヒして「行くところまで行け!」と思う気持ちは理解できないでもありません。

ただ、今でも高額だと思っている損失が10倍、100倍になれば、そのまま人生そのものを破滅に導く金額になってきます。

今まで金欠の時や借金を持った時も、金融機関や国・自治体の力でなんとかなっていたかも知れません。

しかし、FXの塩漬けで生まれる損失はそれとは次元が違います。サービスや好意で処理しきれない損失というのもあるのです。

FXの塩漬けに失敗したら自己破産まっしぐら

FXの塩漬けに失敗して負債を抱えた時、よくあるのが返済額をカードローンで借金するといった負のスパイラルに陥るケースです。

このスパイラルに陥れば、負債は雪だるま式にどんどん増えていきます。

信用情報もどんどん傷ついていき、最終的にはどこのローンも融資してもらえなくなります。

こうなった時に最悪のケースが闇金などの非正規業者に手を出すパターンです。裸の写真を担保にされる、暴力をふられるという2次、3次被害で家族・友人にも被害が及ぶようになります。

借金が膨らみすぎたら、自己破産をして借金を全て帳消しにすることをおすすめします。

ほとんどの自己資産を失いますが、借金も0になって新たな生活をスタートさせることができます。

ただ自己破産をすれば、今後10年はFXを利用することができなくなります。

1度でもFXの塩漬けをすべきでない理由

FXの塩漬けをしている最中に、前述の通りチャートが回復する可能性も十分あり得ます。

ただ、FXの塩漬けはトレーダーであれば、1度でもやることはおすすめしません。

FX以外の分野にも支障が出る

FXを塩漬けしているということは、リアルタイムで借金が膨らみ続けているということでもあります。

そんな状態で仕事や趣味などが出来るかと言えば、そんなことはありません。必ずパフォーマンスに支障が出ます。

中には塩漬け状態が精神的に大きな負担で、入院してしまう方もいます。

でも、塩漬け状態を解消しておかないと、入院中も借金は膨らみ続けているかも知れません。

結局、タイムリーに塩漬けしている状態だと、病院や公共機関も逃げ場にはなりません。

トレーダー自身ができるだけ早く塩漬けを解消すべきです。

塩漬けを一度おこなうと何度も繰り返してしまう

FXの塩漬けはたまに上手くいく可能性があるだけでなく、現実の損失から目をそらすという効果もあります。

実際は取引を放棄しているだけなのですが、塩漬けをすることで一時的な心の平安を得られるという効果があります。

実際には取引に全く良い効果がないのに、一度塩漬けという方法を覚えてしまうと、メンタルがやられた時に何度も繰り返してしまう傾向にあります。

1度の塩漬けでFXを引退する方も多い

FXの塩漬けによって損失が膨らみすぎると、強制ロスカットを受けてエントリーできなくなります。

その時の印象で「FXは儲からない。損ばっかり」という認識を受け、トラウマでもう二度とFXをしなくなる方も多いです。

ただ、実際はFXは派手な投資ではなく資産運用なので、賢く使えば無理なく資産を増やすことができます。

また、FXは相場の変動に乗じることによって利益を得る仕組みなので、その反面、揺り戻しで損失が出るのは覚悟しなければいけません。

一度損失が出たら、塩漬けをせず損切をすれば、FXを続ける資金を守ることができます。

また、損失を少なく抑えられればロスカットを受けず、また再スタートすることができます。

失敗を恐れている人ほどFXの塩漬けをおこないやすい

FXの塩漬けをおこなうのは、一度の失敗でダメージを受けた人が多いです。

ただ、将来的にFXで成功するためには、ある程度の失敗を繰り返していく必要があります。

大事なのは失敗しないことではなく、損失を出来るだけ減らすことです。

まずは手数料が安くスプレッドの狭いFX会社を選ぶこと、損失が出たら早めに損切りすることを徹底しましょう。

関連記事