カテゴリー
失敗

FXで破産する確率は?「バルサラの破産確率表」の見方や計算方法を徹底解説!

FXは為替取引のことで、為替変動で収益を得る投資です。

ネットでよくFX取引に失敗して破産したという体験談が沢山かかれています。

FXは借金するリスクが低い投資ですが、間違った取引方法を継続していると破産してしまいます。

今回はFXで破産する確率を知る方法を紹介していきます。

自分の取引を振り返りながら、今後破産してしまう確率があるのか見ていきましょう。

FXで破産して自殺をする人も…最悪の事態の前に利用できる自己破産の条件・注意点を紹介

自分がFX取引で破産するか確率をだすことができる?

自分のFX取引履歴を元に今後破産する確率をだすことは可能です。

破産確率を簡単に知りたい人は「バルサラの破産確率表」を使って破産確率をだしましょう。

「バルサラの破産確率表」を元に資金管理をおこなうと破産を回避することも可能なので、自分の取引内容に不安をもっている人は必見です。

過去の取引内容から計算して破産確率をだすことが可能

「バルサラの破産確率表」は自分の取引した履歴を元に計算して表に当てはめます。

取引内容をレコーディングしていない人は、これからしていきましょう。

「バルサラの破産確率表」で破産確率を確認する前に、いくつか計算する必要があります。

バルサラの破産確率表を見るために必要な数値
  • 勝率
  • 損益率
  • リスクになる資金比率

上記にかかれている数値を計算して、「バルサラの破産確率表」に当てはめてみましょう。

「バルサラの破産確率表」を利用して将来破産するか確かめよう

上記にかかれていた数値の各計算方法を紹介していきます。

勝率はそのままの意味で、自分がいままでの取引でどのくらい勝っているかがわかる数値となります。

勝率%=勝ちトレード数÷総合トレード数×100

例えばトレード成績が10勝2敗の場合、勝率は約80%となります。

次に損益率を見ていきましょう。

損益率は勝ったときの利益額と負けたときの損失額のバランスを数値化するものです。

損益率(倍)=トレードの平均利益額÷トレードの平均損失額

平均利益額や平均損失額が知りたい場合は以下の計算方法を仕様してください。

合計利益額÷勝ったトレードの回数=平均利益額

合計損失額÷負けたトレードの回数=平均損失額

例えば背筋利益額が4000円、平均損失額が5000円だとします。

損益率は0.8倍となります。

最後のリスクにさらす資金比率を計算します。

1回のトレードで口座資金の何%損失するのかを表すものです。

リスクにさらす資金比率=1トレードの許容損失学÷口座資金×100

例えば口座資金が100万円あって1トレードの許容損失額2万円だった場合、リスクにさらす資金比率は2%となります。

プロトレーダーはリスクにさらす資金比率を通常2%以下に抑えています。

2%以下を維持できていると安全度の高いトレードができると言われているので、比率を高く設定しないように心がけましょう。

「バルサラの破産確率表」の見方

上記の例で使った計算を元に表をみていきましょう。

勝率は約80%で損益率は0.8倍となり、リスクにさらす資金比率は2%となっています。

リスクにさらす資金比率 勝率
2% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80%
損益率 0.5倍 100 100 100 100 100 100 0 0
0.6倍 100 100 100 100 100 100 0 0
0.7倍 100 100 100 100 100 5.7 0 0
0.8倍 100 100 100 100 100 0 0 0
0.9倍 100 100 100 100 100 0 0 0
1.0倍 100 100 100 100 100 0 0 0
1.1倍 100 100 100 100 1.07 0 0 0
1.2倍 100 100 100 100 0.03 0 0 0
1.3倍 100 100 100 100 0 0 0 0
1.4倍 100 100 100 100 0 0 0 0
1.5倍 100 100 100 100 0 0 0 0
1.6倍 100 100 100 8.3 0 0 0 0
1.7倍 100 100 100 0.45 0 0 0 0
1.8倍 100 100 100 0.14 0 0 0 0
1.9倍 100 100 100 0.03 0 0 0 0
2.0倍 100 100 100 0.01 0 0 0 0

表を見てみると破産確率は0になっています。勝率が高いので破産する可能性がかなり低く、安心してトレードできる状態となっています。

自分の取引履歴を利用して計算する必要がある

「バルサラの破産確率表」は取引履歴を計算する必要があるので、過去の取引内容をまとめておくと便利です。

過去の取引履歴が全くわからない人は、これから自分の取引をレコーディングしていきましょう。

勝率と損益率を計算して表に当てはめる

「バルサラの破産確率表」は勝率と損益率がわかれば、簡単に破産確率を調べることができます。

「バルサラの破産確率表」で破産確率がすこしでもある人は、リスク管理に問題がる可能性があるので取引方法を変える必要があります。

破産確率が0%でも油断してはいけない

「バルサラの破産確率表」で破産確率が0%であっても油断してはいけません。

為替変動は予想外に動くことがあります。

「バルサラの破産確率表」は予想外の損失リスクまで細かくわかるものでは無いので、0%でも完全に破産しないというわけではありません。

1度でも取引の損失を軽視して一気に大損失すれば、破産する可能性は一気にあがります。

予想外の大損失で一気に破産する可能性もある

為替市場は重要指標によって大きく変動することがあります。

レートが急変したときに、一気に大損失になりロスカットが間に合わず破産してしまう人もいます。

今の取引状況が破産確率0%でも、気を抜かずに損失リスクを管理してください。

コロナショックでFXの退場者が急増!今後のリスクと回復時期について徹底解説 

過信せずにあらゆる損失リスクを考えておく必要がある

「バルサラの破産確率表」の破産確率は色々な可能性を考慮していない状態の確率です。

いままでの取引状況から破産確率を見るので、将来的に雑なFX取引をしていれば破産してしまう可能性が高くなります。

破産する確率がある人は損失原因を追求しよう

破産する確率がすこしでもある人は、損失している原因を追求する必要があります。

なでマイナスになるトレードをしてしまったのか原因を突き止めましょう。

損切りができない人は損失も多くなる

損切りを早くできない人は、損失額が大きくなる傾向にあります。

曖昧な判断はすてて、自分が決めた損切りルール通り取引をおこないましょう。

損切りができない人はロスカットになる可能性も高くなります。

大損失に繋がるので、損切りは徹底しておこないましょう。

ハイレバレッジでロスカットになる人はリスク管理が甘い

FXで失敗した人の体験談
ハイレバレッジでロスカットになる人は、取引を甘く考え過ぎています。

資金ギリギリまで注文してしまうと、変動に対応しきれなくなってロスカットする可能性が高くなってしまします。

ハイレバレッジをかける時は、資金に余裕をもたせて取引する必要があります。

長期取引にハイレバレッジはリスクが高いので、なるべくレバレッジを抑えて取引しましょう。

FXのレバレッジとは?その魅力とリスク・注意点を徹底解説 

根拠の無い取引では絶対勝てない

根拠のない取引をしていると、勝率はあがりませんし収益もあがりません。

テクニカル分析を使ってチャートを正しく読み取る必要があります。

なんとなくではなくて、分析をしっかりして今後どうなるか見通しを立てて取引してください。

FXで破産しない為に自分の取引レポートを作ろう

「バルサラの破産確率表」は自分の取引履歴から見出すことができます。

自分の取引レポートを作成して、常に破産確率を把握しておきましょう。

自分で計算するのが面倒だという人は、自動で計算してくれるツールを利用しましょう。

失敗から学ぶことは沢山ある

失敗してしまった取引から学ぶことは沢山あります。

全く振り返らないままでいると、損失を増やしてしまいます。

同じミスを繰り返さない様に、自分の取引内容を振り返る必要があります。

「バルサラの破産確率表」で破産確率を知ることはできるが過信してはいけない

「バルサラの破産確率表」で破産確率を知ることはできますが、0%でも過信してはいけません。

FXは予想外のレート変動が起きます。

リスク回避するために破産確率だけでなく、ファンダメンタル分析もしっかりおこなって全体像を把握しておきましょう。

「バルサラの破産確率表」で破産確率が少しでもある人は、自分の取引方法を見直して損失を抑える取引を目指しましょう。

関連記事