カテゴリー
FXとは?

FXの勝率は実際のところ平均何%?利益平均と損失平均からわかる本当の確率

FXは為替変動で利益を得る投資で、近年学生や主婦まで初めている人気投資方法です。

年間約6割のトレーダーが利益を出していますが、1年で自主退場を選ぶ初心者が9割います。

今回はFXの勝率を上げる方法を紹介します。

FXの勝率は、FXトレードで利益がでたか損失がでたかで決まります。

勝った時の金額や負けた時の損失額は関係ないので、勝率が高くても負けてしまっているトレーダーもいます。

だからといって勝率は気にしなくていいというわけではありません。

勝率を上げることはFXで勝ちトレーダーになる方法の1つです。

FXで勝率を上げたいと思っている人は参考にしてください。

このページのもくじ

FXの勝率を6割維持すると勝てるって本当?沢山勝っても損失額が多いと無意味

よくネットで見る記事に、勝率6割維持すると勝てるという内容がかかれています。

たしかに勝率6割を維持している人は勝っている傾向にあります。

しかし、勝率6割を維持したからと言って必ず勝てるというわけではありません。

例として6割の勝率を持ったトレーダーがいるとします。

100回取引して60回勝っているトレーダーです。

一見利益をだすことに成功しているようにみえますが、損益部分を見てみると変わります。

60回勝った総合利益額が100万円だとします。残りの40回は負けているので損失額が発生しています。

40回の総合損失額が150万になってしまったとしましょう。

総合的に損益を見ると-50万となっています。

勝率を6割維持しても結果的に-50万となっているので、利益をだすことに成功していません。

上記の例を見てわかりますが、勝率6割超えているトレーダーでも損失額が大きいと負けてしまうのです。

勝率6割を維持すると、たしかに勝てるトレーダーになる可能性が高くなりますが100%なれるというわけではありません。

勝った回数が多くても損失額が利益を上回っていれば負ける

勝率をどんなにあげても、負けた時の損失額が利益を上回っていれば当然負けてしまいます。

勝率を上げることも重要ですが、それと同時に損失面もケアする必要があります。

特に初心者に多いのがコツコツ小さな利益を積み重ねていって一回の負けトレードで利益がすべて消えるパターンです。

損失を抑えることはFX取引において必須事項なので意識しましょう。

勝率も大事だが損益に注目しないと負けてしまう

勝率を上げても負けることがあると説明しましたが、だからといって勝率を全く気にしないのもNGです。

勝率が高い人は、勝つ確率が高いので投資効率がかなり良いトレーダーです。

勝率を上げて結果利益をだしている人は、損益も徹底管理してトレードしています。

勝率と同じくらい損益も重要なポイントです。

FXは勝率を上げるよりも損益を抑えることが重要

FXは勝率を上げることよりも損益を抑えることが大切です。

少ない勝ちトレードでも、損益を抑えることができれば結果利益を得ることができます。

1回の負けトレードで大損失してしまうと、利益をすべて失ってしまう危険性があるので損益は毎日チェックする必要があります。

勝率が低くても損益を抑えて利益が大きければ勝てる

勝率が低い人でも勝っている人はいます。

少ない勝ちトレードで大きく利益をだして、負けトレードの損失を抑えている人は利益をだしています。

勝率が5割以下でも、利益率が高く損失を抑えた負けトレードをしていれば勝つことができます。

損益に注目して損失を抑えた取引をするべき!

勝率を上げることよりも、負けている人はまず損失を抑えた取引を考えましょう。

どんなに利益をだしても、損失する額が大きいと意味がありません。

FXで資金運用をする人は、損失を抑えることから考えましょう。

利益平均と損失平均を計算すると本当の勝率が見えてくる

利益が出たことを勝ち1回と計算し、損失したことを負け1回と計算して勝率をだしても本当の勝率を計算することはできません。

利益額の総額が損失額を下回っている場合は、上記の様な計算をして勝率が高くても真の勝率は低く最終的に破産してしまいます。

利益の平均と損失の平均で真の勝率を計算する方法

自分の取引が破産するかしないかを知ることができるバルサラの破産確率表で利用して本当の勝率を計算することができます。

バルサラの破産確立表は単純な勝率と損益率をだします。

そして1回のトレードで口座資金の何%の損失を許容するかを自分で決めて表に当てはめます。

破産確率がゼロの場合は、このまま取引を続けていても大丈夫ですが破産確率が100の場合はこのままでは資金をゼロにしてしまいます。

単純な勝ち負けの勝率が高くても破産確率が100%となれば、本当に勝率が高いとは言えません。

FXで破産する確率は?「バルサラの破産確率表」の見方や計算方法を徹底解説!

リスクリワードレシオ(損益比率)で現状を知ろう

リスクリワードレシオは損益比率という意味で、利益が出たトレードの利益額と損失が出たトレードの損失額の比率を確認することができます。

勝ちトレードの平均利益を負けトレードの平均損失で割るとリスクワードレシオがでます。

勝ちトレードの平均と負けトレードの平均が同じ数値であれば1となり、利益が大きくなればなるほど数値が高くなります。

損益比率と勝率をだして損益分岐点を見る

FXの利益はリスクリワードレシオと勝率をみればでてきます。

リスクワードレシオが低くても勝率が高ければ利益をあげることできます。

逆にリスクワードレシオが高い場合は勝率が低くても利益をあげることができるということです。

勝率/リスクワードシナリオ
損失比率
0.3 0.5 1 1.5 2 3
勝率 25% -68% -63% -50% -38% -25% 0%
33% -57% -50% -33% -17% 0% 33%
40% -48% 40 -20 0% 20% 60%
50% -35% -25% 0% 25% 50% 100%
67% -13% 0% 33% 67% 100% 167%
77% 0% 16% 54% 93% 131% 208%

この表をみてみるとわかりますが、0%となっているのが収益±0の状態でマイナス%になっている状態は損失が出てしまっている状態です。

リスクリワードレシオと勝率をかけ合わせると、自分のトレード方法で利益が出ているか出ていないかはっきり知ることができます。

損益比率を大きくするには、利益を大きくして損失をへらす必要があります。

勝率も重要ですが、損失をへらすことも大事というのは数値にだすとはっきり理解することができます。

実際に損益比率と勝率で利益を確かめてみよう

実際に表と計算式を使いながら計算してみました。

100万円の有効証拠金を使って100回トレードして40回勝っているトレーダーがいるとします。

40回の勝ちトレード平均利益が30万で負けトレードの平均損失が10万だとします。

リスクリワードレシオは3となります。

勝率は100回中40回勝っている状態なので40%です。

表をみると利益率が60%となっているので、このトレーダーは利益をだすことに成功しています。

勝率が低くても利益を出しているということは、利益額の平均が損失額の平均を上回っているからです。

勝率も大事ですが、利益額の平均と損失の平均をだしてリスクリワードレシオの数値も見て本当に自分の取引で勝てるのか考えましょう。

年間で利益を出しているトレーダーは6割だが数年連続で勝っているトレーダーは1割

1年で利益を出しているトレーダーを見てみると6割となっており、勝てている人が約半分いることになっていますが、5.6年連続で勝ち続けているトレーダーの割合を見るとたった1割に減少します。

FXは勝ち続けないと利益を出し続けることはできません。

プロトレーダーでも数年連続して勝つことは相当難しいことがわかります。

FXで勝率を上げて勝ち続けるのはかなり難しいことですが、数年連続で勝てなくてもトータルで見たときにプラスになっていれば問題ありません。

数年連続で勝てているトレーダーが1割だからといって怖がる必要はない

数年連続で勝てているトレーダーは1割ですが、数年間トータルで考えてプラスになっている人の割合は1割以上居ます。

FX取引は総合的に見つつ、細かい箇所を修正する力が必要です。

1割という現実を受け止めて怖がるのではなく、トータルでプラスになることを考えましょう。

最善の取引方法はこれだ!勝率を上げつつ損益を抑えるトレード

FXで最善の取引方法は、勝率を上げて損益を抑えるトレードです。

上記にかかれたトレードを実践できれば勝てるトレーダーになります。

勝率を上げつつ損益を抑えるトレード方法をまとめました。

勝率を上げつつ損益を抑えるトレード方法
  • 無駄なトレードをやめる
  • 損切りルールをきめる
  • トレンドが予想以上に動いても欲張らない
  • 重要指標前後はエントリーせずに様子見

上記にかかれている方法は、損益を抑えたトレード方法となっています。

重要指標前後は相場の動きも激しくなっており、大きな利益を得るチャンスでもありますが、リスクも大きいので損益を抑えたトレードをしたい場合は様子見しましょう。

FXで成功した事例まとめ!成功談から学ぶFX攻略法を徹底解説

無駄なトレードをやめる

数撃ちゃ当たる戦法でFX取引をはじめても、損益を増やしてしまいます。

しっかり勝てるエントリータイミングを見計らって取引する必要があります。

無駄なトレードが多い人は、その場の雰囲気でエントリーしている可能性があります。

自分の取引ルールが雰囲気で変わってしまうと取引内容にブレが生じ損失リスクを高くしてしまいます。

1回1回の取引をしっかり見定める必要があります。

損切りルールをしっかり決める

負けトレードの損失が多きい人は損切りルールを確立していない人が多いです。

損切りは負けトレードに必須の作業です。

損切りを早めにおこなって切り替える人は、損益を小さく抑え利益を大きくするチャンスがあります。

損失すればした分だけ自分に不利になってしまうので、損切りルールをしっかり確立して取引しましょう。

トレンドが予想以上に上昇または降下しても予定通りのレートで決済する

トレンドが予想以上に上昇または降下して大きな利益を儲けるチャンスがあっても予定通りのレートで決済しましょう。

欲張った行動は損失リスクが高くなるので、取引ルールを守って資金運用しましょう。

トレンドの勢いが良くても、いつ反転するかわかりません。

自分が予想したレートでしっかり利益を得て次のタイミングを分析しましょう。

テクニカル指標を使ってチャートを分析する

テクニカル指標を使ってチャート分析するのはかなり重要なことで、チャート分析できない人はまず勝つことができません。

チャート分析をおこなうと取引タイミングを見つけることができるので、必ずテクニカル指標を利用してレート変動を把握しましょう。

重要指標前後はエントリーせずに様子見

重要指標前後は、予想しているトレーダーや結果をみたトレーダーが一気に動き出すので相場が荒れます。

自分が予想していた状況と違った場合、大損失を引き起こす危険性があります。

重要指標発表後、相場状況をテクニカル指標で読み取って確実に1円でも利益をだせる取引タイミングでエントリーしましょう。

FXで勝率を上げるコツを紹介!

FX自動売買のやり方

FXで勝率を上げるコツを3つ紹介します。

FXで勝率を上げるコツ
  • レンジ相場で勝負しない
  • 全体的な経済状況をしっかり把握する
  • トレンド発生タイミングを見逃さない

勝率が高いトレーダーは、トレンドライン引いてエントリータイミングを見計らっています。

トレンドが発生すると大きく利益を上げることも可能なので、エントリータイミングを見逃さないようにしましょう。

【コツ1】レンジ相場で勝負しない

レンジ相場は利益を出しにくい状況となっています。

同じ数値を言ったり来たりしているので、利益をだす取引ができません。

レンジ相場に強い自動売買等を利用しながら、裁量トレードは様子見しておきましょう。

【コツ2】全体的な経済状況をしっかり把握する

世界の経済状況をしっかり把握しておけば、全体的に上がるのか下がるのか把握することができます。

ざっくりとした内容でも把握しているのとしていないのでは、かなり取引内容が変わってくるので経済状況はしっかり把握しておきましょう。

【コツ3】トレンド発生タイミングを見逃さない

トレンド発生タイミングを見逃さない人は勝率を高く維持できます。

レンジ相場を抜けてトレンドが発生するタイミングをチャート画面で確認しましょう。

トレンドラインやテクニカル指標を利用するとトレンド発生タイミングを理解することができます。

裁量トレードで勝率を上げられない人は自動売買ツールがおすすめ

裁量トレードで勝率を中々上げられない人は、自動売買ツールを試してみましょう。

裁量トレードと違って自分で判断する必要がないので、精神的にもラクに取引することができます。

自分に合った自動売買ツールを見つけて口座開設してみましょう。

FX自動売買(システムトレード)は儲かる!稼ぐためのポイントと知っておきたい注意点・リスク

裁量トレードに向いていない人はループイフダントレードでレンジ相場を狙おう

裁量トレードに向いていない人は、ループイフダンを搭載している自動売買ツールでレンジ相場をねらいましょう。

レンジ相場は為替変動で必ず起きます。

特に信頼の高い通貨同士の取引は値動きが鈍くなっている場面もあります。

ループイフダンは売り買いを細かく自動で取引してくれるので、レンジ相場でコツコツ利益を上げることができます。

システムトレードは優秀なトレーダーの取引方法をコピーできる

ループイフダンはある程度自分でレートを設定しなければいけませんが、システムトレードという自動売買ツールはレート設定も全く不要で取引を開始することができます。

優秀なトレーダーが考えたトレード方法をそのまま利用できるので、初心者におすすめです。

裁量トレードと自動売買トレードを同時進行する方法もOK!

裁量トレードと自動売買トレードを同時進行する方法もあります。

自動売買ツールを使ったトレードは、自動で24時間トレードしてくれるので自分が取引する必要はありません。

自動売買ツールを利用しながら裁量トレードをする方法で勝率を上げる事も可能です。

FXの勝率は重要だが損益も大事!勝率向上を目指しつつ損失を抑えた取引をしよう

FXの勝率は重要ですが、損益管理も大事ということがわかりました。

ベストな取引方法は勝率向上を目指しつつ損失を抑えることです。

小さな利益をコツコツ積み上げて勝率を上げても、一回の損失トレードで失ってしまっては意味がありません。

利益と損益をみながら、最終的に勝つトレード方法を考えましょう。

FXで大損失は命取り

FXで大損失は資金を全部失ってしまう可能性があります。

ロスカットが発生してしまうと強制決済となるので

FXを続けることが難しくなる場合もあります。

損切りをしっかりしてリスクを下げた取引を意識しましょう。

FXで強制ロスカットされても借金が発生する!どんなトレーダーにも潜む借金の可能性

損失トレードをどれだけ小さく抑えられるかが重要

常勝しているプロトレーダーはいません。

必ず負けトレードをしていることがあります。

勝てているプロトレーダーは負けた時の損失を小さくしています。

損失を抑えることによって利益をだすことができるので、損失面をケアしつつ取引しましょう。

勝つことも大事だが負けを小さくすることを第一に考えよう

勝率を上げる取引は、利益を向上する可能性がありますが、損失面をケアしないと結果的に勝率だけ上がることになります。

損失と勝率を同時に把握して、結果的に利益がでるトレード方法を選択しましょう。

関連記事